完走記、敢走記、感想記

大会に参加したときの完走記(感想記だったりします)を掲載するページです。
手記の投稿についても歓迎いたしますので、よろしくお願いします。 投稿の際には「投稿記事」であることを明記のうえで、たんだい宛MAILrunner.tandai@nifty.ne.jpにて送信をお願いします。
ファイル形式は、テキスト(*.txt)がベストですが、htmlでも、Micrsoft WordでもOKです。
なお、文書中に写真を挿入したいという場合には、文書中に貼り付けないで、写真挿入位置を文書中にメモし、別ファイル(*.jpg)にて お送りください。

 
完走記、敢走記、感想記 目録

2016 広島−長崎リレーマラソン (2016.08.05〜09)
平和を願い、走りました
「チーム絆」のタスキをみんなで繋ぎました

4度目の参加です。「チーム絆」は今年もチームの力で広島から長崎までタスキを繋ぎました
 丹代 政俊 NEW !
 
2015 広島−長崎リレーマラソン (2015.08.06〜09)
平和を願い、走りました。 走れました。

2年ぶり3度目の参加です。
広島から長崎まで8人でタスキを繋ぎました。
 丹代 政俊
 
マリオ(11歳4か月)の
フルマラソン完走への軌跡 (2013.12.01)

マリオくんがフルマラソンを完走しました。
 宮地 高照
 
2010年さくら道ウルトラ遠足
はじめてのさくら道 (2010.04.30〜2010.05.02)

あきらめないで金沢ゆめのゆまで完走した
こがみちゃんの、激走の記です。
 こがみちゃん
 
2010さくら道270kmウルトラ遠足完走記
(2010.04.30〜2010.05.02)

宮地さんの夢を果たした さくら道完走。
そして、その後の身体修復の努力の記録です。
 宮地 高照
 
「行こか、やめよか。やめよか、行こか。」の
2010年サロマ湖100キロ(2010.06.27)

笑わせて、そして泣かせてくれる。
和田さんの2010年サロマ湖100kmウルトラマラソンには、また特別な感動がありました。
 和田 晃二
 
2010さくら道国際ネイチャーラン完走記(2010.04.17〜18)
進化が止まらない島田さん、あの厳しい制限時間で知られるさくら道国際ネイチャーランを素晴らしい記録で完走です。
 島田 正悟
 
NYCマラソン伴走記(2009.11.01)
NYの素晴らしさ、NYCマラソンの素晴らしさ、そして大きな感動の完走。 宮内さんの伴走記、心があたたかくなります。 そして、走りたくなります。
 宮内 和江
 
丹後100kmウルトラマラソン完走記
〜初100km、初サブテンを目指して〜(2009.09.20)

目標に向かって緻密な計画を立てて着実に実践。 待っていたのは素晴らしい記録のゴールでした。 藤原さんの感動の手記です。
 藤原 恵一
 
第26回 黄金街道100kmマラソン 完走記(2009.09.13)
鶴岡で黄金街道100kmマラソンの素晴らしさを知ってしまった和田さんです。
 和田 晃二
 
山口100萩往還マラニック 第21回大会 A.250km 完踏記(2009.05.02〜04)
記録を意識して臨んだ2009年の萩往還250km、
見事な目標達成の記です。
 島田 正悟
 
第16回日本山岳耐久レース(長谷川恒男CUP)完走記(2008.10.12〜13)
"自分の限界に挑戦する大会"日本山岳耐久レースを完走! 目標を着実にクリアしていく島田さん、次の挑戦がたのしみです。
 島田 正悟
 
〜やっぱりウルトラっておもしろい!〜
第22回サロマ湖100キロウルトラマラソン完走記
(2007.06.24)

ウルトラとは、感謝のレース。
和田さんのサロマ湖激走の手記です。
 和田 晃二
 
フル3:58:06/100km12:52:36が自己記録!
武器は粘りとゴールへの執念のみ!
エントリー316人中316番目?の男の
第19回山口100萩往還マラニック大会
A 250kmの部 完踏記(2007.05.02〜04)

宮地さんの長い長い道への夢は果てしなく続きます。
読めば走りたくなります。 そして、
読めば250km完踏への道が見えてきます。
 宮地 高照
 
山口100萩往還マラニック 第19回大会
B140km 完踏記(2007.05.03〜04)

萩往還初挑戦の記。
そして250km完踏の夢への第一歩です。
 島田 正悟
 
別府大分毎日マラソンの奇跡(2007.02.04)
大深さんのうれしい自己ベストの完走記です。
 大深 哲也
 
山口100萩往還マラニック 第18回大会
B140kmの部 完踏記(2006.05.03〜04)

ウルトラマラソンランナーとして進化を続ける宮地さんの、さらに感動的な手記です。
 宮地 高照
 
〜体重100kgからサロマ湖100kmへ夢の挑戦!〜
第20回サロマ湖100kmウルトラマラソン完走への軌跡(2005.06.26)

夢を持って、その夢を実現すべく長い長い期間に渡って努力をして、そして達成! 読めば幸せな気持ちになれる完走記です。
 宮地 高照
 
ちょっと後悔の残る2005年萩往還完踏記
(2005.05.02〜04)

大橋さんから山口100萩往還マラニック大会(250km)の素晴らしい完踏記が届けられました。
 大橋 正彦
 
完全復活か? 第43回延岡西日本マラソン完走記(2005.02.20)
大深さんの、うれしい復活の完走記です。
 大深 哲也
 
村岡88km完食記。もとい!完走記(2004.10.31)
2000年9月24日に開催された
第3回『村岡ダブルフル・ウルトラランニング』
ひろこさんの笑いと感動のドラマです。
 吉冨 洋子
 
寒い!眠い!きつい!長い!
和歌山城〜高野山往復110kmウルトラマラソン完走記
(2004.10.17)

サロマ湖100kmウルトラマラソンの完走を目標に、そしてさらに遠くまでと走り続ける宮地さんが、難コースの高野山110kmに挑みました。
 宮地 高照
 
第10回四万十川ウルトラマラソン完走記 (2004.10.17)
ブラインドランナー源気さんの5年越しの夢:100km時間内完走! をメイン伴走者・すずやんと一緒に叶えた大家美穂子(むいむい)さんの完走記(サブ伴走記)です。
 大家 美穂子
 
夢を乗せて えちご・くびき野100kmの旅へ
(2004.10.09)

ウルトラマラソンの素晴らしい世界に、足を踏み入れてしまった中島さんの、えちご・くびき野100kmマラソン完走記です。
 中島 勉
 
めぐり合い そして しまなみへ (2004.07.19)
中山さんの汗と涙の手記です。読むと無性に100kmを走りたくなってしまう"魔力"を持つ内容となっておりますので、ご注意ください。
 中山 玲子
 
2004年 しまなみ海道100kmウルトラ遠足完走記
(2004.06.05)

宮地さんからドラマチックな完走記が届けられました。 100kmウルトラマラソンを目指すランナーの方々は必見です!
 宮地 高照
 
癌患者ひろこの「恥往還、もとい!萩往還記」
(2004.05.02〜04)

病気との闘いに勝ち、そして激しい雨の2004萩往還マラニック(250キロ)の見事な完踏を成し遂げたひろこさんの感動の手記です。
 吉冨 洋子
 
ラスベガスの地で、再度マラソンに惨敗する
(2003.02.02)

甘粕さんの海外マラソン完走記です。 海外旅行のノウハウ文書としても役立つ内容となっています。
 甘粕 昭
 
秋田内陸リゾートカップ(第14回)
☆ ☆ ☆ 100キロの部への挑戦 ☆ ☆ ☆
(2002.09.22)

初めての100キロ挑戦で見事に完走!
吉町さんから感動いっぱいの完走記が届けられました。
 吉町 克己
 
幸福論(2002.09.10)
ランニングのベテラン、人生のベテラン、
甘粕さんの、ランニングを通じた幸福論です。
 甘粕 昭
 
第23回全日本マスターズ陸上競技選手権大会
「島根大会」(2002.08.30〜2002.09.01)

大深さんのトラックレース。
ご家族との旅行を兼ねての参加で見事優勝です♪
 大深 哲也
 
さくら道 時間無い〜! もとい、時間内完走記
(2002.04.28〜30)

思い出一杯の『2002年さくら道270kmウルトラマラソン』。一緒に走ったり、遅れたり、また一緒になったりの旅走りでした。ひろこさんの完走記です。
 吉冨 洋子
 
『視覚障害者健康マラソン東京大会』伴走レポート (2002.03.24)
青梅若草RRCの片倉さんから視覚障害者健康マラソン東京大会の伴走体験記が届けられました。
 片倉 好子
 
延岡西日本マラソン(2002.02.24)
2度目のフルマラソンです。大深さんは大失敗のレースと仰っていますが、それでもしっかりとサブスリーです。
 大深 哲也
 
防府読売マラソン(2001.12.16)
10kmロードレースで見事な花を咲かせた大深さん。
次回のフルマラソンが楽しみになってきました。
 大深 哲也
 
暑いぞサロマ!アツいぞ関門閉鎖!
(第16回サロマ湖100Kmウルトラマラソン初体験記) (2001.06.24)

じゅんさんの、初めての100km完走記です。
スリリングで、そして感動が、いっぱいです♪
 平尾 順一
 
夢、挑戦そして友情の桜道270km
(2001.04.30〜2001.05.02)

大韓民国の李さん("り"と、"い"の間のような発音で
"イーさん"、日本語だと"り"さん、英語だと"Lee"さん)の2001年さくら道270kmウルトラマラソン完走記です。
日本語に翻訳して送ってくれました。
 李 鎔植
 
2001年さくら道270kmウルトラマラソン完走記
(2001.04.30〜2001.05.02)

2001年さくら道270kmウルトラマラソンまでの日々、
名古屋 → 金沢の記、そして、
さくら道270kmウルトラマラソン後の日々の記録です。
 丹代 政俊
 
『走れ! タカリュウ』 「名古屋→金沢,さくら道2001編」
(2001.04.30〜2001.05.02)

鶴沼ウルトラマラソンの主催者でもあるウルトラマラソンランナー、高田さんのさくら道完走記です。
 高田 龍二
 
1. 大垣ハーフマラソン奮闘記(2000.10.29)
2. 東員町マラソン完走(乾燥、感想)記(2000.11.26)
3. 一色マラソン激走、奮闘、完走記(2001.01.28)
4. 泉州国際市民マラソン完走(感想)記(2001.02.18)
学生時代は長距離ランナー。 社会人になって9年間のブランクがありましたが、また走り始めました。再び記録更新へのチャレンジを開始した木村さんの、完走・乾燥・感想記集です。
 木村 正樹
 
愛媛マラソン完走記(2001.02.18)
大深さんが、防府読売マラソン参加資格を得る
サブスリー! 初マラソンでの快挙です。
 大深 哲也
 
涙にむせび雨のこまち路をゆく
( 秋田100km 敗戦記 ) (2000.09.24)

星野さんが、ウルトラマラソンに初挑戦し、初完走!
笑いと感動の完走記です。
 星野 晴夫
 
再 び ス パ ル タ へ (2000.09.29〜30)
壮年ウルトラマラソンランナーの星、八重樫さんの
2000年 スパルタスロン 完走記です。
 八重樫 智彦
 
** 富士の樹海に消ゆ **
 ( 富士登山狂騒 完騒記 ) (2000.07.25)

星野さんが、五合目打ち切りとなってしまった今年の富士登山競走を、すごく楽しい完走記にしてくれました。
コミカルな文章の中にも、しっかり、シリアスに、富士登山競走に賭ける心が見えます。
 星野 晴夫
 
2000年サロマ湖100kmウルトラマラソン(2000.06.25)
結婚25周年記念の旅行を兼ねて、利和子さんと二人で参加したサロマ湖の、旅日記&完走記です。
 丹代 政俊
 
サロマ湖100kウルトラマラソンを走り終えて(2000.06.25)
市田さんの100kmウルトラマラソンへの初挑戦完走記。緻密な計画と 着実な努力による 見事なサブテン達成の記録です。
 市田 進
 
2000年さくら道270kmウルトラマラソン
(2000.04.30〜2000.05.02)

7度目の完走記です。つらく長い走りの向こうに、
深く、でっかく、暖かな、歓喜のゴールが ありました。
 丹代 政俊
 
第3回宮古島100キロウルトラマラソン「完走記」
(2000.03.05)

100kmウルトラマラソンに初挑戦で、初完走!
けんすけさんのうれしい完走記です。
 けんすけ
 
兵庫レディースマラソン完走記(2000.02.20)
雨あがりのスタートとなった2000年の兵庫レディース。
なおこさんの出逢い、ふれあい、そして快走の手記です。
 いとう なおこ
 
「シュリ・チンモイ 12/24時間ラン」 参加記
(1999.11.06〜07)

第12回シュリ・チンモイ12/24時間ランの参加記です。 苦しい走りとなることが多い24時間走を楽しく走り、総合優勝を果たした前田さんには脱帽です。
 前田 達哉
 
村岡町ダブルフルウルトラランニング感想記(1999.09.26)
小学生時代は走るの大嫌い、今は走るの大好き!!! いとうなおこさんの、めっちゃ楽しい村岡ダブルフル感想記です。
 いとう なおこ
 
野辺山ウルトラ50キロ(1999.09.12)
自称「未熟者」篠原さんの、さわやかな、野辺山ウルトラ完走記。 彼女は、今年の富士登山競走で、初参加にもかかわらず、余裕の完走を果たしている実力派ランナーです。
 篠原 みゆき
 
第16回鶴岡100キロマラソン大会(1999.09.12)
こまつ ともやくん( 鶴岡100km Marathon Association )の11回目の鶴岡100キロマラソン。
今年はランナーとして参加し、100kmを完走しました。
 小松 智弥
 
99サロマ湖100kmウルトラマラソン(1999.06.20)
初めて利和子さんと一緒に参加した、サロマ湖。
旅日記と完走記です。
 丹代 政俊
 
ウルトラの世界へ('99サロマ湖100km) (1999.06.20)
素晴らしいウルトラマラソンの世界を知ってしまった橋本さんご夫妻の、サロマ湖100kmウルトラマラソン「完走記&応援記」です。
 橋本 雄二&悦子
 
山口100萩往還マラニック完走記(1999.05.02〜04)
走るお医者さん、日医ジョガーズの中村さんから萩往還の完走記が届けられました。 中村さんとは、偶然、サロマで2度も同宿・同室となりました。 縁を感じています。
 中村 集
 
'99さくら道270kmウルトラマラソン
(1999.04.30〜1999.05.02)

1999年、 6度目のさくら道 完走記です。
 丹代 政俊
 
長野オリンピック記念長野マラソン完走記(1999.04.18)
神戸PIJC のTomiさんから 感動の完走記が届けられました。 読んで、人生にもランニングにも、まさに悲喜こもごものドラマがあることを、あらためて 考えさせられました。
 Tomi
 
'98 スパルタスロン 完走記(1998.09.25〜26)
関家さんからギリシア、スパルタスロン(アテネ〜スパルタ246km)の完走記が届けられました。 涙うるうるです。
 関家 良一
 
野辺山はるかなり(1998.09.12)
さわやかカップル"のうてんきぃーず"の後藤 拓さんから感動の野辺山100k完走記が届けられました。
 後藤 拓
 
第15回 鶴岡100キロマラソン40km完走記(1998.09.06)
暑い一日をあたたかい心の中で過ごした記録です。
 丹代 政俊
 
第1回立山登山マラ二ック歓踏記(1998.09.05)
ぎふ長良川走ろう会の武藤さんから海抜0m→3003mに至る立山登山マラ二ックの歓踏記が届けられました。
 武藤 彰
 
ゴールは遠く('98飛騨ウルトラマラソン)(1998.06.12〜13)
視覚障害者ランナー本山さんの飛騨敢走記です。
 本山 康夫
 
'98奈良かぎろひロマンチック街道132キロ(1998.05.23〜24)
ウルトラランナー大塚さん(サロマンブルーメンバー)から奈良かぎろひの完走記が届けられました。
 大塚 芳郎
 
'98さくら道270kmウルトラマラソン
(1998.04.30〜1998.05.02)

1998年の完走記録です。
大阪の門さん提供の写真を挿入しました。
 丹代 政俊
 
'97四万十川ウルトラマラソン100km完走記(1997.10.26)
さくら道ウルトラマラソンで、毎年心を込めたサポートと応援をしてくださっている富山県福光町の波多さんから初めての100km完走の手記が届けられました。
 波多 美稚子
 
'97さくら道270kmウルトラマラソン(1997.04.27〜29)
1997年の完走記録です。
 丹代 政俊
 
’96さくら道270kmウルトラマラソン(1996.04.28〜30)
さくら道から帰ってきたあと、パソコン通信(NIFTY-ServeのフォーラムFWELNS)でいただいたメッセージや質問に対する私のコメント(1996年5月1日〜5日の書き込み)を再編集したものです。
 丹代 政俊
 
1995年 ホノルルマラソン (1995.12.08〜1995.12.13)
利和子さんと結婚して20年、新婚旅行以来20年ぶりの二人だけの旅でした。
 丹代 政俊
 
奥武蔵ウルトラマラソン完走記(1994.08.07)
利和子さんの初めてのウルトラマラソンは
真夏の坂道だらけのあの奥武蔵でした。
 丹代 利和子
 
第43回別府大分毎日マラソン感想記(1994.02.06)
フルマラソンで、初めての途中棄権をし、くやしかった大会です。 当時、「完走記」とも「敢走記」とも書けず、敢えて「感想記」と書いています。
 丹代 政俊
 
'93 NEW YORK CITY MARATHON (1993.11.14)
本山さんと、ニューヨーク・シティ・マラソンに参加したときの日記をまとめたものです。
 丹代 政俊
 
第5回シュリ・チンモイ24時間ラン(1992.09.26〜27)
レーサーだったころの、凄絶な走りの記録です。
 丹代 政俊
 
第41回別府大分毎日マラソン完走記(1992.02.02)
記録が伸びなくなってきた時期、30歳代最後のフルマラソン完走記です。
 丹代 政俊
 
第3回 シュリ・チンモイ24時間ラン(1990.10.06〜07)
初めての24時間ラン。私にとってロングタイプウルトラマラソンへの出発点となった印象深い大会です。
 丹代 政俊
 
’90サロマ湖100kmウルトラマラソン(1990.07.1)
100kmを走るうえで転機となった思い出の大会です。
 丹代 政俊
 
第39回別府大分毎日マラソン敢走記(1990.02.04)
フルマラソンの自己ベストを記録した思い出の大会です。
 丹代 政俊
 
雲取山タイムトライアル感想記(1989.10.22)
地元、奥多摩で行われていた 東京都の最高峰、雲取山頂を折り返す山岳レース 『 雲取山タイムトライアル 』 の感想記です。
このころの私は、まだレーサー。 無謀にも、出場する大会すべてで優勝を目指していました。
 丹代 政俊
 
’89 東京国際マラソン完走記(1989.03.19)
一度だけ出場させていただいた東京国際の完走記です。このときの優勝者は、旭化成の谷口浩美さん。暑くてきびしい条件のなかで2時間09分34秒、2位に2分42秒の大差をつけての力強い走りでした。
 丹代 政俊
 
87サロマ湖100kmマラソン(1987.07.05)
サロマンブルーメンバーの大塚さんから、なつかしい
1987年のサロマ湖100km完走記が届けられました。
 大塚 芳郎



ホームページへ