1995年 ホノルルマラソン
1995年 12月 8日 〜 12月 13日

丹代 政俊
12月8日(金)、出発
東京:晴れ、ホノルル:晴れ時々俄雨

長い一日でした。
朝、ゆっくり起床、、 のつもりが早起きしてしまい、時間は十分、、 と思っていたのですが、あっという間に昼になって、どたばたと11時50分に家を出て12時01分の東京行きに乗る というスレスレでした。
しかし、その後は余裕があって、のんびりの電車旅。 スカイライナーは快適だし、ルンルンで成田空港第2ターミナルビルに到着。

空路ホノルルへホノルルには早く着きすぎ(まだ暗い)、そのあとの市内観光、コース下見、食事、プレゼンテーションが、すごく長い。眠くてきつい。

3時をかなり過ぎて、やっと部屋に入れました。 でも、またまたあわててFWELNS(NIFTY−Serveのパソコン通信会議室)のホノルルオフへ、ネット上で交流をしている走る仲間が13人も集まって、一緒に夕食。 ほとんどの方々が初対面。 しかも、初めてお会いする場所がホノルルということが、すごくおもしろい。
他にも、空港で、ショップで、道路で、、日本で普段お会いできない方々と、しっかり出会ってしまう、ホノルルって不思議なところです。


12月9日(土)、大会前日
雨のち晴れ(少々蒸し暑い)

朝、5:45起床、6:15に集合してカピオラニ公園へ、有吉先生と、赤木一恵さんと、深尾真美さんのストレッチ講義のあと、カピオラニ公園を2周のジョグ。 写真を撮るときに「早くしろー」とどなっている人がいました。 いろんな人がいます。 ツアーのスタッフがもたもたしていることもたしかにありましたが、もう少し言い方を考えてほしいなと思いました。

朝食は、日本食レストラン「初花」、ウェートレスは日本人、全然、米国の雰囲気がありません。 違いを感じるのは、ナプキンがあることと、サラダのドレッシングと、お米がちょっと細いかな?という程度。 食事の面では、全然不自由しません。

10:00からは、高石ともやさん、増田明美さん、有吉先生、中川先生、赤木一恵さん、深尾真美さんという豪華な講師陣でのランナーのつどい。 ともやさんのすてきな歌とトークが、明日のマラソンに向けて、みんなの走る心を盛り上げてくれました。 ともやさんは、「サロマ湖100キロの初代チャンピオン」と言って、たんだいを紹介してくださり、単純なたんだいは、大喜び。 増田さんには、「ランニング大会のテレビ中継での解説が素晴らしいので、いつも楽しみに見ています。」とお伝えすることができました。

ダイヤモンドヘッド山頂にて午後は、ダイヤモンドヘッドへ、1:00過ぎに出掛けたので、山頂に着いたときには2:40頃になっていたのですが、みんなうれしそうに登っていて、気分は最高! 山頂でしばらくくつろいでいて、帰ってきたときには4時を過ぎていました。 そのあとスーパーマーケットへ、野菜もいっぱいあって包丁とまな板と台所があればかなりの料理ができると思うのですが、今回はそのまま食べられそうなものと野菜ジュースを主にした買い物。 しかし、20$+20$+19$+税金=62$、高い買い物になってしまいました。

今日の昼食は雑炊+コーヒー、夕食はカレー+赤飯+サラダ+味噌汁。 これでカーボローディングはバッチリのはず。 さぁ明日は早いぞ!


12月10日(日)、第23回ホノルルマラソン大会当日
晴れ(朝から蒸し暑く、その後どんどん暑くなった)

朝2:00にモーニングコール、昨夜はなんだか眠れず、あまり寝た気がしないのですが、とにかく起きて準備。 朝食のお弁当はおにぎり3個+甘塩鮭(ほとんどしょっぱくない)。 たんだいは3個食べたのですが、利和子さんは相変わらずの小食で2個しか食べられないとのこと、、しかたがないです。

スタート前スタート地点に向かうバスは3:15発の予定が例によって行方不明の方がいて3:30になってしまいました。 でもスタート時間には十分な余裕を持って間に合いました。 手をつないでスタート地点をうろうろ。 トイレに行ったり、荷物を預けたり、、ここでもサロマ仲間と出会ったりネット仲間に出会ったり、スタート前から盛り上がっていました。

5:30、スタート。 花火が良かったです。 そして、朝の暖かさがうれしくてうきうきのスタートでした。 しかし、スタートしてにすぐに利和子さんが「トイレに行きたい」とさわぎだしました。 ホテルはあいていないし、仮設トイレも見あたらないしで困ってきょろきょろ走っていましたが、やっと使えそうなトイレを発見。 でも、順番待ちで10分かかってしまい、最初の5kが40分、、、 ここでサブフォーは無理、目標を4時間半としました。 しかし、途中でもう一度トイレ。 そして、さらに暑さのせいかペースはどんどん落ちていきます。 30k地点で目標をサブファイブに再設定。 しかし、ペースはさらに落ちて、サブファイブもあぶなくなってきて、ついにたんだいは鬼コーチに変身! ムチでビシバシ追い立ててラスト3kをペースアップ! 4時間58分28秒のサブファイブでした。

ゴール後あとで大会当日の気温が33℃もあったと聞いて、このタイムは立派!と喜んでいます。 利和子さんはホテルに戻ってからも30分くらいは「オニ!オニ!」とさわいでいましたが、そのうちやっと愛の無知?否、愛の鞭に気づいてくれて、感謝の目になりました。 でも、そんな走りのなかでも、スマイルポイントでは二人でにっこり。 応援には、大きく手を振って応えます。 特に、フィニッシュライン近くのともやさんには、利和子さんも両手をあげて応えていました。

ゴール後、ホテルに戻ってからビデオカメラを持ってもう一度ゴール地点まで行って、 仲間のゴールシーンをいっぱい撮りました。 そして、午後はFWELNSの仲間が集まるスモーギーというお店へ。 スーパーでビールを買って持ち込んで6$で3:30まで楽しいおしゃべりの時間をすごしました。

夜はツアーの完走パーティーに出席。 ここで偶然にも所沢のえみこさんという若い女性と知り合いました。 たんだいが海宝さんのトランスアメリカのTシャツを着ていたので話しかけてきてくれたのです。 えみこさんはその後さくら道270kmウルトラマラソンに出場することになります。


12月11日(月)、自由行動日
晴れ(暑い!)

朝、ゆっくり寝ていて、明るくなってから起きました。 本当に久しぶりによく(長く)寝たと思います。 8:00頃、初花で朝食。 アジの開き+αでおかわり自由で味噌汁が美味しいのですが、利和子さんのウケはいまいちでした。

アウトリガー・リーフ・ホテルにて9:00、アウトリガー・リーフ・ホテルへ、まずTシャツを5枚購入。 だいたいが9$、すごく安いです。 それにしてもニューヨークほどではないが入り口で並んで長い時間待つことになりました。 また気に入ったデザインのTシャツがほしくても欲しいサイズがなくてがっかりです。 SサイズやMサイズはほとんど売り切れていてXLが多く残っています。 やはりマラソンエクスポは初日に行くべきだと思いました。

帰りには免税店に寄ったり、スーパーに寄ったり、デパートに寄ったり、アラモアナショッピングセンターへ行ったりしてお土産をいっぱい買い、アラモアナ公園をのんびり歩いてきました。 途中で利和子さんのお腹の具合がまたおかしくなり、またまたトイレをさがしながらの歩きになって忙しかったりしたのですが、よく歩きました。

ホテル近くまで戻ったときに夕陽が海に沈む寸前でした! 早く歩けない状態の利和子さんを路上に待たせておいてあわててホテルの部屋に戻り、ビデオカメラを持って引き返して撮りました! ギリギリセーフで日没の瞬間を撮ることができました。

今日受け取ってきた完走証、たんだいが4時間58分27秒、利和子さんは4時間58分28秒でした。 二人で手をつないで一緒にゴールしたのになんで1秒も違うのか、すごく不思議。 でも、翌日に男女別、年代別、そして全体の順位と名前入りの記録証が手に入るということには感心させられました。

夕食は中華丼と味噌汁とカップヌードルとコーヒーとフルーツとアップルジュース。 この4日間、ずっと食事の支度はたんだいがやって利和子さんには休んでもらいました。 普段と正反対の状態です。 ほんの少しだけ妻孝行ができたかなと思っています。


12月12日(火)、帰国

短い一日でした。 12日の朝ホノルルを出たのに、あっという間に東京は13日の午後になっていました。
朝5:30起床。 昨夜も遅かったので眠い! 6:00には荷造り完了。 朝食の前にチェックアウト、毎日子供たちに電話をしていたためか電話代が大きかったです。 朝食はまた初花へ。 昨夜から帰宅の準備をしていて朝も早く起きたので、その後は時間の余裕が十分にあってのんびりとすごすことができました。

帰りの飛行機ではA席とB席で大喜びだったのですが、3人並んでいるのでトイレに行くときなどにはちょっと不便でした。 「雲の中で散歩」というすてきな映画が上映されていました。 こんなやさしい男がいたらいいなと思わせられました。

成田には2:00過ぎに到着したのですが、スカイライナーは3:22発。 のんびりのんびりです。 途中、上野で食事をして家に着いたのは7:00でした。

ホノルルで、利和子さんとじっくり話すことができました。 今回のホノルルは結婚して20年、新婚旅行以来20年ぶりの二人だけの旅でした。 ホノルルマラソンのフィニッシュラインは20年目の再出発のスタートラインでもありました。


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ