ウルトラの世界へ('99サロマ湖100km) 

1999年 6月20日
橋本雄二&悦子

今回、ウルトラマラソンに初出場して 感動の余韻が まだ続いています。
若輩者ですが、丹代さんのご好意で 完走記&応援記を投稿させて頂きました。
これから、ウルトラの世界へ足を踏み入れる方が一人でも増えればいいなと思います。


≪ 初ウルトラ完走記( 雄二 ) ≫

【 自己紹介 】
 現在40歳。 1996年11月24日の河口湖でフルマラソン初体験初完走(タイムは 4時間10分、両膝がやられてボロボロの状態でゴール)。 '97の河口湖ではタイムを20分縮め膝もまあまあ無事だったが、左足の親指の爪が数日後に はがれた。
 '98の河口湖は更にタイムを20分縮め 膝も爪も無事で筋肉痛だけで済んだ。 「このペースでいくと、2000年には3時間を切れるのでは!」 と非常に甘い単純計算をしながら、ランナーズ('98末から購読開始。こんなに面白い雑誌があったのかと夢中!)を読んでいるうちに、"ウルトラマラソン"、"100km"という文字が頭の中に・・・ 気がつくと大好きな北海道のウルトラマラソン(サロマ湖)に申し込みをしていました。

【 出発まで 】
 今まで月間100km程度しか走っていなかったため、5月から通勤(往復12km)をランに変えて月間300km超を達成。 朝(am5:00過ぎ)の通勤ランは車も人も少なく、朝日を浴びながらの浅川沿いの土手はとても気持がいい(もっと早く始めればよかった)。 しかし大会本番まであとわずか、走りこみがまだまだ足りないと後悔しながらも、友人に応援FAXをお願いしている(半強制的?)自分でした。

【 出発〜大会前日 】
 3泊4日のツアーに申し込み、応援(観光?)の妻(悦子さん)と共に6/18に羽田を出発。 到着した北海道(女満別空港)は寒い! バスで大会受付会場へ行き(応援FAXありがとう)、小雨の中で食べた"カニ汁"はとても暖まった。 小型の飛行機と長時間のバスの旅でかなりグロッキー状態の二人は、ホテル(東急リゾート)に着いてダウン。
 6/19(大会前日)も天気は曇りで寒い。 サロマ湖は初めてなので、ワッカ原生花園をジョギングで散策することにした(ワッカの森まで約8km)。 まだ花はそれほど咲いていなかったが、とても爽快で気持ちがいい!ワッカの水を飲んで一息ついた。 90kmの折り返し地点の三角錐の標識を見つけると、「明日はここまでこれるのかな?」と思いつつとりあえず記念写真。 自転車で散策中のご夫妻にお会いしてホテルへ戻る(詳細は応援記を)。
 さー、明日はいよいよ本番だ! 不思議に100kmという距離に対する不安はなく、未知の世界への期待でワクワクでした。

【 大会当日 】
 朝1:30の朝食を済ませ(何でこんな夜中にご飯を食べているんだ?)、バスでスタート地点へ向かうが、何と小雨が・・・路面も濡れている(不安)。 am5:00 いよいよスタート、寒いが雨はそれほど強い降りではない。 100kmという距離をどう走っていいのか全くわからないので、完走が第一目標と6分/kmのペースで走ることに決めた(調子が上がれば10時間切れるかもと、とっても甘ーい考えを持っていた)。
 25km地点はほぼ予定通りの時間で通過、雨も上がり応援バスツアーに参加の悦子さんに励まされて更に進む。今までの目的、ゴールであった42.195kmの地点は予定よりやや遅れたものの、あっけないほどアッという間に通りすぎた(「42.195」が通過点の一つになったことは精神的にとても大きな変革だ)。 またまた悦子さんの応援に励まされて、いよいよ未知の世界へと出発!
月見ヶ浜(42.195km)
 いきなり延々と登りが続くが割りと軽快に足が運ぶ。 55km地点のホテル緑館に到着、さすがに身体が疲れ始めてきている。 預けておいた荷物を受け取り 着替えを始めるが、5本指の靴下がなかなか脱げない。 無理に脱ごうとすると、ふくらはぎがつりそうになる、「脱げない!」「足がつる!」を繰り返しながら半分意地になって履き変えた。 悦子さんに見送られて、後半の道のりへと出発!
 60kmを過ぎると、足は動くのだが頭がボーっとして脳がやられてきた。 「糖分は補給し続けてきたのに・・・ やばいなー」 と思いながら、給水所、トイレ以外で初めて立ち止まってしまった。 歩きながらウエストポーチに入れておいたクッキーを食べると、味が違うのがよかったのか、突然と視界が開けて脳が復活!(単純なのか?)。 「走れる、走れる!」 と喜び、かなり重くなってきている足をひきずりながら再び走り始める。 やっと75km地点の東急リゾートが見えてきた。 「ここを過ぎれば、後は昨日行ったワッカだけだ!」 と、最後の旅へと出発。 次に悦子さんに会うのは輝かしいゴール(のはず)だ!
 ワッカ原生花園への左折分岐点までは5km程のはずなのに、すーごく遠い。 さすがにこの辺りからは、苦しそうにストレッチしている人や、歩いている人の姿が目立ちはじめる。 自分はというと、心配していた膝は大丈夫であったが、右足首が痛く太ももの筋肉がパンパン、大声をあげてやっと屈伸できるような状態だった。 やっとのことで左折(右折するとゴールなのに)すると、景色が一変して森の中。 90km地点で折り返して来た人とすれちがいながら、とにかく「気力」のみで進むだけ。 でも「応援FAX届いてるんだろうな・・・ 完走できなかったら何と言い訳しよう?」 などと考える力はまだ残っていたようだ。 ワッカ原生花園は走っている人も勿論いたが、この時間だとほとんどみんな歩いていた、マラソンなのに不思議な世界だ。 みんなとても苦しそう、でも頑張っているみんなを見てると何だかとても嬉しくなる。 ノロノロのスピードで走りながら(9分/kmぐらいに落ちていた)、90kmの関門をpm4:00頃に通過した。 「残り10kmで2時間もらったのか、何とかなるかな」 と気力!気力!気力!のみで走る。 「残り9km、8km、7km・・・ 」 と90kmを過ぎてからはいよいよカウントダウン、100kmという距離が だんだんと現実に近づいていく。 国道に入ると残り3km程、足取りも少し軽くなってきた。 50kmと100kmのゴールが左右に分かれていて右に誘導されて右折すると ゴールが見えた・・・
 12時間30分、何とか完走、初めてゴールで泣いてしまった(サングラスをかけていてよかった)。 再会した悦子さんの第一声は「写真撮るの失敗しちゃったー!」 でした(笑)。
ゴール直後

【 大会後記 】
 帰ってきてからも感動と興奮はますます大きくなるばかりです。 さすがに筋肉痛でしばらくは走れませんでしたが、「来年は夕日を見れるかな?」 と既に来年の出場を決意しているような・・・
 「自分で決めた限界を超えたとき、その苦しみは感動と強さに生まれ変わる」 と実感しています。 サロマ湖100km、ウルトラマラソン、とても素晴しい出会いでした。


≪ 初ウルトラ応援記( 悦子 ) ≫

【 自己紹介 】
 妻の悦子です。 自転車も乗れないほどの運動オンチの私が、雄二さんの影響で走り始めました。 何とか12kmを走れるまでになり本人としてはビックリ。 最近では「長距離に向いているのかしら?」 とまで思うようになっている(かなり単純な)私です。

【 大会前日のすごい出会い 】
 前日、ワッカ原生花園をジョギングしている時(私が自転車に乗れないのもあって)、仲良くサイクリングされてるご夫妻に写真を撮って頂きました。 その時の会話で、お互い明日のウルトラに出場する人なんだなと分かりつつ、お別れ。
 ホテルに戻り、大会プログラムを見ていた妻の悦子はビックリ! なんと、今さっきお会いした人が「ブルーメンバー」(10回以上完走している人)に載ってるではありませんか、しかも前日に気をつける事が「走らない事」・・・ ガーン!
「走ってはいけなかったのか、やばい!」 と雄二さんは冷や汗がタラタラ。 ちょっと得意になってご夫妻と話していた顔を今思うと・・・(^^;)。 そうです、私達は丹代さんご夫妻にお会いしたのです! 初出場にしてすごい人に出会ってしまったと、嬉しいやら恥ずかしいやら、もう大変な前日でした。

【 大会当日 】
 初のウルトラマラソンでドキドキ、ワクワクの私は、お弁当付応援バスツアーで参加。 バスは先回りをする形で応援です。 最初に雄二さんに会えたのは25km地点、すごく元気そうで一安心。 この地点で、かなり前に丹代さんの姿を見つけ 思わず声援していた私に、丹代さんは笑顔で答えて下さいました。 でも、あまりに早い丹代さん、この時が最初で最後の応援でした・・・残念。 実は、ここで同じ会社の西山さんとも偶然お会いして応援しました、ガンバレ!
 次に雄二さんに会ったのは42km地点。予定より遅いのでちょっと心配、「何かあったのでは・・・」 と思った瞬間、姿を確認!良かった。聞けば、「ロスタイム、ロスタイム、トイレに行っていた」 と、心配して損しました、でも無事でなにより。
 次はホタテおにぎりの55km地点、さすがにキツそうな顔。 膝が弱いので心配していましたが、膝は大丈夫そう、ただ太ももが痛いと辛そうでした。 それでも着替えをしてホタテおにぎりを食べ(新鮮な味でとても美味しかったみたい)、少し元気になって出発! 途中で雄二さんを追い越す形になり、バスの中から大きな声で声援(届け、この声援!)。
 そして次は私達の宿泊ホテル「東急リゾート」の75km地点。 ここでは相当キツそうで、それでも食い意地は張っているようで、一目散に「お汁粉、お汁粉・・・」 と呪文のように唱えながら、すぐさまお汁粉を手にしていました、コワ!。 さっ、あとはゴールでの再会を残すのみ、無事完走!の願いを込めて「いってらっしゃ〜い!」 の一言を。
 応援バスはゴール目指して走り出し、またしても雄二さんを発見!今度はバスの窓をあけて大きな声で「橋本雄二さん、ガンバレー!」、 その声にビックリしながらも嬉しそうに手を振ってました。 その後も、選手のみなさんに声援を送り続けました。 皆さん一番辛い時なのに、ほとんどの人が手を振り笑顔で答えてくれました、感激です!
 バスはゴールに到着。寒い日でしたが、いつゴールしてもいいように準備万全、デジカメでゴールの瞬間を逃してなるものかと必死の私。 先に西山さんがゴール(おめでとうございます)。 しかし、待てども待てども雄二さんの姿は見えない、どうしたのかな・・・ 待つ事約3時間、来たー ! 見えたー ! ゴールだ ! やったー ! おめでとうー !
 無事完走出来て本当に良かった。 でも、涙の再会と思いきや、シャッターチャンスを逃してしまい、ただただがっかりの私は、ゴールしたばかりの雄二さんに出た言葉が「写真が撮れなかったよー」 でした、ごめんなさい。
悦子さん

【 その後 】
 あれから数週間が経ちますが、まだ昨日の事のように思い出されます。 雄二さんは現在、ますますウルトラの世界にはまっているようです・・・
 来年は私も応援記ではなく完走記を書きたいかな、なんて無謀にも思っていたりして。
 来年の大会では私達、前日は「自転車」でワッカ原生花園をサイクリングしているはずです、きっと !・・・

以 上


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ