第41回別府大分毎日マラソン敢走記 

1992年 2月 2日   

丹代 政俊   

 2年に一度出場をしている別府大分毎日マラソン、今年も、今持っている自分の力を全て出し切る走りができました。
 自己ベストには届かなかったものの、2時間38分51秒は、全力を尽くした完全燃焼の走りでした。


出発

 1月31日、雨、霧雨、ずっと雨、、、 朝食のあとR・J(RUN RUN JOURNAL)346〜348の配達へ、そして、11時頃からいつものコースをジョグ、最初太ももの上部が痛かったりしたが30分程走っているうちに直った。調子は悪くなさそうだ。 なんとなくうまく走れそうな気がしてきた。しかし、なにしろ寒いので家に帰ると、まず炬燵で暖まる必要がある。

 出発、前回は利和子さんと次男が河辺駅で見送ってくれたが、今年は学級閉鎖になっていないので、一人で出発。
 中央線でWAさんにバッタリ会った。電車の中でしばし歓談、仕事に打ち込んでいて時々走ることさえもおろそかになるとのこと。ちょっとうらやましさを覚えた(彼女はデザイナー)。
 午後6時20分、富士号は定刻通り発車、外は霙まじりの雨。

 今年は、30kmロードのタイムも、トラックのタイムも、前回より悪い。また、走り込みの量も少ない。しかし、できる範囲でのやるべきことは、全てやった。あとは、体調を整えること、カーボローディングをすること、そして気力を充実させることである。マラソンの本番で最も大切なのは集中力である。


前日

 2月1日、朝、6時頃目が覚めるが、寝台の中でゴロゴロ、7時頃に起きて食堂車で朝食(ビーフカレー)。電話をしてからまた寝た。よく眠れた。10時近くまで寝ていた。
 10時46分、寝台特急富士は定刻通り別府駅に到着、寒い!山は淡く白い化粧をしていて、強い風が吹きつけ、ときおり雪が舞う。

 まず別府市中央公民館へ、いつものように合格発表を見る受験生の気分で張り出してある選手名簿を見て、自分の名前を捜す。248番であった。
 さて、食事である。定食屋で豆腐とほうれん草をおかずに御飯を食べてから、いつもの蕎麦屋で特製鍋焼きうどんを食べる。この蕎麦屋には、毎回必ず顔を出すので、マスターもおかみさんもしっかり僕を覚えていてくれる。隣の席に山梨学院大学や、新電元の選手がいる。みんな一流選手、流石にビビッてしまう。
 午後1時、再び公民館へ、まず健康診断、血圧が130-70とやはり高め、寒いときに、たらふく食べた直後だから高めになると思う。健康診断は合格!さあ、明日は走れるぞ!
 開会式では、いつものように大会役員が一通り挨拶をしてから、招待選手を紹介したのだが、外国招待選手は、ちゃんと一人ずつプロフィールを紹介していたのに、国内招待選手は、かたどおり名前を呼んで壇上に並んでもらっただけである。やはり、全員きちんと紹介してほしかった。新日鉄の西村義弘さんが一般参加だったのにはびっくりしたが、声をかけたらニコニコして元気に握手をしてくれた。ホテルに向かう途中で、京都のSIさんに久しぶりの再会!雪で電車が遅れて遅くなったとのこと、明日の健闘と、9月の鶴岡での再会を約して別れた。
 青梅若草RRCのチームメートのIZさんが来ていない。ホテルにチェックインのあともう一度中央公民館へ行ってみようと、出かけるときに、ホテルのエレベーターでバッタリと顔合わせ!東京の雪のために電車と飛行機が遅れ、ギリギリの到着だったとのこと。間に合ってよかった。 6時に夕食、御飯を山盛り2杯たいらげた。バナナが2本もついていたので一本は食べて、一本は部屋に持ち帰った。
 8時半、今日最後の食事を食べるために外へ、とろろ昆布蕎麦を食べた。 食いだめは、うまくいったと思う。食事以外に、ゲータロード280を3杯、そして農協100%ジュースと青森のあの台風で落ちた林檎の100%ジュースを飲んだ。
 あとは眠るだけである。


当日の朝

 2月2日、晴、7時起床、セットしておいた筈のモーニングコールが作動しない。このホテルは6Fまではボロである(前回泊まった7Fはgoodであった)。利和子さんから借りたLAP MEMORY30のアラームが、しっかりピピッピピッと起こしてくれた。まずトイレ、そしてゲータロード280を作っておく。
 IZさんが、7時25分に、食事に行こうと迎えに来てくれた。ご飯と味噌汁と鯖の切り身の朝食、ご飯は一杯だけ、そして、生卵は食べない。朝食後、ゲータロード280を飲む。そして、もう一度トイレ、そのあと、ゲータロード280をもう一杯飲んでから出発。
 別府発8時29分の電車で出発、大分駅で余分な荷物をコインロッカーに預け、バスで大分市営陸上競技場へ、時間の余裕が十分で落ちついて準備をすることができる。まず、スペシャルドリンクを作って預け、記録証用切手を届けて、タックシールに住所を書いて準備OK! ここで、すいているうちにトイレへ。
 10時から11時の間に、農協ピーチジュース、林檎ジュース、ビタミンCとリポビタンD、そして、宮下さんが持たせてくれた手作りカステラケーキと飴を食べる。 あとスタートまでの1時間は飲食物を一切とらない。今日は寒いのか、暑いのか、よく分からない。でも空気の冷たさが気になるので脚の裏側と膝にタプソール8を塗っておいた。そして、足指と股に擦れ止めの石鹸を塗り、オッパイには絆創膏を貼った。
 ゼッケンコールを終え、11時20分からウォームアップラン、ウインドブレーカ無しでも、かなり汗が出る。今日は、本当に暑いのか、寒いのかよく分からない。時折、100mずつのウインドスプリントを加えながら25分のジョグ、そして、10分前、ランシャツに着替えてスタートラインへ。


レース

 12時スタート、トラック1周は1分30秒、やや遅い、しかし、まわりのペースに合わせないと危ない。流れに乗って走った。暑い!すぐに汗が出てきた。5kmを17分58秒で通過、やはり遅い。10kmは36分05秒、またまた遅い。汗は、あまり出なくなった。もしかしたら、今日は寒い、、、。
 15kmを54分13秒、なんとか18分の前半で走ってはいるが、自己ベストは絶望的、と思ってしまうと、やはりペースがさらに落ち始めた。おまけに、16km地点でスペシャルドリンクが見つからず、タイムロスとイライラで走りのリズムがさらに狂ってしまった(僕のゼッケン番号は248、「210〜320」と表示してある赤のテーブルクロスのテーブルに有る筈だったのに、まちがえて「321〜430」のテーブル上にあった。この類のミスは本当に困る)。
 20kmは1時間13分ジャスト、15km〜20kmのラップは18分47秒、気だけが焦って身体がついてこない。中間点が1時間17分06秒、25kmの関門は1時間31分34秒で通過。折り返してから、往路をすれ違う選手の中にIZさんを捜しながら走った。IZさんは来なかった。1時間35分が過ぎた。関門の一点を見つめて走って来るIZさんを見たのは、その直後であった。1分位のオーバー、厳しい。市民ランナーには、完走することすら許してくれないのだ。

 僕だけでも完走しなくては、と闘志を再投入!しかし、ペースはガタガタ、19分30秒ペースになってしまっている。これ以上のペースダウンは絶対に許されない。気合いでペースを維持、30km:1時間51分00秒、35km:2時間10分32秒、35kmの関門を通過、これで完走はできる!
 あと7.195kmを29分27秒で走らなければならない。今回の目標は、2時間40分を切ることであった。2時間40分を切らないと、次回この別大マラソンに参加することができないのである。残り時間と脚や身体の状態とを考え、身体に問いかけ、必死で計算して走った。35km〜40kmは19分32秒でクリア、あと1kmの地点でまだ2時間35分、ここでやっと40分が切れる!と確信した。

 マラソンゲートをくぐって競技場に入った。もう時計は見ない。余裕は全然なかった。全力であった。2時間38分51秒は今の僕の実力である。


考察

 前回(一昨年)に比べて今は、実力が低下している。これは、レース前から判っていたことではあるが、あらためて残酷な実証をしたことになる。奇跡を期待したのだが、やはり、この世界に「まぐれ」や「奇跡」は、無いようだ。
 しかし、次回がある。辛うじて次回の参加資格だけは得た。身体と技術を再点検して、また挑戦したい。
 今年は別大マラソンに於ける連続自己ベスト更新という記録がストップした。悔しいことだが、やはり、これは、いつか来るべき結果なのである。成長や向上は直線的に行くほど簡単で単純なものではない。

    <<< 僕の別府大分毎日マラソン全記録 >>>

    第33回 1984年2月5日 2時間42分53秒 (31歳)
    第35回 1986年2月2日 2時間40分29秒 (33歳)
    第37回 1988年2月7日 2時間38分19秒 (35歳)
    第39回 1990年2月4日 2時間34分25秒 (37歳)
    第41回 1992年2月2日 2時間38分51秒 (39歳)


[良かった点]

 1.風邪をうまくかわしたこと。
 2.故障をうまくだましたこと。
 3.カーボローディングがうまくいったこと
  (急激なペースダウンは無かった)。
 4.大会の選択が良かった(やはり、別大のコースは最高!)。
 5.シューズが足に合っていた(アシックス ソーティUL130S、
   しかし、このシューズ、1986年12月20日に購入したもので、
   もうボロボロのツルツル。次のレースシューズを真剣に捜す必要あり)。
 6.トレーニングのなかでLSDを重要視してきたこと。
   故障が癒えてもすぐに激しいトレーニングを開始せず、
   LSDを中心に据えて体調を作り上げてきた。


[失敗したこと、悔しかったこと]

 1.スペシャルドリンクを作ってボトルに入れるときに、
   26km用と36km用の中身を逆に入れてしまった。
    レモンティー → ガス抜きコーラ の筈が、
    ガス抜きコーラ → レモンティー の順番になってしまった。
   しかし、これの影響は、無かったと思う。
 2.何キロ地点だったかは忘れたが、スポンジを取るときに手袋を脱ぐこと
   を忘れ、その後すごく寒くなった。
 3.16km地点のスペシャルボトルを見つけるのに時間がかかったこと。
   自分のミスではないだけに腹がたつ。
   しかし、今後はこういうことも有り得るということを認識し、
   短時間捜して見つからないときはすぐ他のテーブルに目を移すことも
   必要かと思う。


 今年の結果は走りの世界の厳しさを強く感じさせられるものであった。しかし、厳しさゆえに、さらに、それに立ち向かおうという闘志が、わいてくる。
 限界は心が「限界だ」と思ったときにやってくる。 自分の可能性についてあくまでも信じ続け、夢を無くさずに生きて行きたい。

以 上

記:1992年2月8日

 
 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ