村岡88km完食記。もとい!完走記

2004年 10月 31日(大会は、2000年 9月 24日)

吉冨 洋子
〜 前書き 〜

この『村岡88km完食記。もとい!完走記』は4年ぶりに思い出して書き直しています。 あの頃は丁度癌になる前で、走れば自己ベスト! 国際資格目指して怖いもの無しで、バリバリ走りこめていた時で、今から思うと自分の人生で一番上昇気流に乗っていたときかもしれません。

この村岡の2ヶ月後に癌の宣告を受けました。 もう、思い出の中の出来事ですが、あれ(癌の発病)がなければ、私は今のガイドヘルパーの仕事をすることもなかったかもしれません、、 その意味では、前ほど無理のできない身体になり、レースもほとんど自粛している身ではありますが、今の自分に充分満足していますし、なんとか走れることに心から感謝しています。 あの元気だった頃の自分に戻りたいという後向きの気持はありませんが、懐かしい思いで書き直してみました。 読んでいただければ幸いです。


☆ レース前夜〜スタート前 ☆

今回の村岡88kウルトラは、ネットで知り合って仲良くなったなおちゃんの紹介で出ることになり、また自分の所属している北摂いてまえ軍団(また名前を勝手に替える!)本当は「北摂URC」です! の皆で襲撃ということもあり、行きのバスの中から盛り上がりまくり! 前夜祭、宿泊先のペンションでも大はしゃぎで、テンション上がりまくり! ペンションのオーナーが村岡実行委員をされていて、留守を預かる奥様が忙しいのをいいことに、お洒落なリビングで狼藉の数々、そこに進くんがマスカットを手土産に乱入で大賑わい! その後もサッカーの試合をテレビで遅くまで観戦したりと、とてもレース前とは思えないお遊びモードで村岡の夜は更けてゆくのだった・・・

それでも、3時には起床、3時半から朝ご飯。 ペンションというだけにトーストにベーコンにスクランブルエッグにコーヒーおかわりOKで目がばっちり覚める。 いつもはブタになるので、コーヒーは砂糖抜き、トーストもバター・ジャム無しで辛抱してるのだけど、「レース前は何を食うても良い!」というお約束で、マーマレードをデロデロと塗って食べる。 ああ、毎日レースなら好きなもんカロリー気にせんと食べまくれるのにな〜と幸せな私、、 コーヒーも砂糖入りでおかわりしちゃえ! とご機嫌な私の前でチームメイトのM田君(女性です)が一言「たらへんわ〜、蒸しパン食べよ」。。。
まいったあ。。。

さあ、送迎をしてもらって会場へ、昨日オフしておなじみになった人たちやら、前からのお仲間やらがひしめく中、ますます、テンション上がってお祭り気分は最高潮! まるでレースという緊迫感がないのが笑えるけれど、楽しくってしょうがないもん、ええやんね〜。 たまゴンさん皆に「光る輪っか」を配ってくださり足首にはめてると「両方したら?」ともう一個余分にいただく、、 きらきらして足元がきれい! ますますうれしい! コルディアも飲んだし、アミノものんだし、ゴールドメダリストは昨日から1リットルくらい飲んだし、キャベ2もワカマツもバームもバナナのPIT INも食べたし、薬物完了! そしてゴールを待つ!

まだ暗い中いよいよスタート! さあ、長い旅路は始まる!
何時間でゴールできるかな? いってきまあす!

今回は初めての山ばかりのコース。 おまけにウルトラ2度目ということで、どんなペースで行くか悩むところ、、 記録や順位を狙って本気でいくのか、無理せず楽しくゆっくり走るのか、考えつつ走り出すが、結構気分的にも乗っているし体もかるいので、最初から楽しめるエンドルフィン大放出ペースで行く事にする。。 しかし、いきなり上りである。 タッキーやゴンちゃんやネット仲間が同じペースなのでおしゃべりしながらのラン♪ 結構話も弾んで楽しく走る。 と下りが続くので今のうちに稼いどこうとペースを速める。 でも、おしゃべりも十分楽しめるペースでまあまあ余裕。 途中の民宿街で44kの部の進くんが応援してお写真を撮ってくれるのでタッキーとポーズ!(後にこれは巻いてなくて写ってないことが判明!)

しかし、そのうち上りが始まる。 タッキーがいつのまにかいない? すると黄色のTシャツの女性がくるのでなおちゃんかな? と思うが違う人だった。 並んでしばらくしゃべりながら走るが、去年前半をキロ5分で走り、トップで行くもオーバーペースでリタイヤしたとのこと、凄い人やん! こらついていくん、やんぴ! と先に行ってもらう。 次に紺のノースリーブのウエアの人とならんでしゃべる「ほんまにきついコースですねえ」「こんなんばっかりよ〜、飛ばすとしんどいからマイペースでね」とアドバイスをもらう、う〜んよう知ってはるなあ、先行ってもらお。。(後に去年2位のAさんと判明)

M田君としおりんさんもいつのまにかやって来て抜いていくが、次の下りで追いついたのでいけるとこまでついていこうとがんばる。 おおお、ここでエイドの夢にまで見た「とってもゼリー」と出会う!(泣  早速食べるがM田君半分でもういっちゃう〜  私はいじましく最後まで食って後を追う。 と村岡の町に入って折り返すコースになる。 いつのまにか、後ろで怪しい声がすると思ったらタッキーとゴンちゃんが追いついてきた。 でも、エイドでゼリー食べてないって? もったいない。 そのまま、M田君、しおりんさん、タッキーらと並走、平坦なコースで楽しい♪ そこへ折り返した今長さんがトップでやって来た!! なんと速い! 驚きつつも声をかけあう。 後続のウィローさんやT.Aoyagiさんとかも続々と折り返す。 ほんまに速い!

意外と長い街中を応援の人らに手を振りまくって走ってるとほんまにレースかという楽しさ! うわさ以上の声援に驚き! なおちゃんやスポックさんや副会長やすえくんらと折り返すと、街とはお別れ!
さあ〜いよいよ、標高1000mの上りか〜!


☆ 蘇部岳の恐怖と高橋尚子金メダル ☆

いつのまにかタッキーもごんちゃんもいないし、M田君としおりんさんは山をがしがし登っていくしと、一人になってしまう。 だんだん鬼のような急坂になり、歩きと走りとを混ぜ混ぜしながら登ると、先ほどのAさん発見! 抜けるかな〜と思うがなんとか頑張って抜く。 どうも、この頃から順位を意識しだす? ちょっとがんばろうかな・・  でも、どんどん傾斜は激しくおまけに雨まで降るし、と思うと道がトレイル砂利道に! しかし、意外な事に私はこの道が気にいってしまう?!

傾斜も砂利のほうが楽でペースが上がり、とうとう、頂上前にエイドが見えた! とバンサ〜イ! バンサ〜イの声が! まあ、私を迎えてくれてるのね♪ と思いきや、高橋尚子金メダルの知らせ! おお! やったあ!  私も思わず両手を上げて大喜び! ますます、元気がでて、やるぞおお! 「女は競ってこそ花! 負けて落ちれば泥!」と訳のわからんことを言いながらエイドでまたもゼリーを食べ(今度は桃味)フルーツも平らげ、エイドの人にお礼を言いつつ下りに入る。

またまたすごい下りに雨だが、異常なハイに陥ってしまい、「こんな雨のトレイルを走る私って凄いじゃ〜ん」とロッキーのテーマソングまで幻聴のように聞こえてくる有様! う〜んアミノとクエン酸と同時に摂るとトリップするのか〜? と笑いながら爆走する。 ようやく砂利道も終り、つまんな〜いと思ってると食べ過ぎのせいでトイレにいきたくなる。 う〜、エイドはまだかあ、とそこにエイドが! トイレ付きだ! 助かった! と思うと使用中! 前でがんばり入道みたいに待つのもやらしいので、エイドで又も爆食! ゼリー3個目か? フルーツもおいしいわ〜と食べてると、出てくれたのでトイレですっきり!

はあ〜もうちょっと食べよ。 と梨をほおばると、なんと抜いたAさんが前方50m先を走ってる! うぎゃ〜と梨を飲み込みあわてて後を追うが、なかなか追いつけない。 おまけにのぼり、こちらが走ると向こうも走りこちらが歩くと向こうも歩く? 44kのゼッケンのランナーもちらほら見かけられ、600mも登る44k組はしんどいやろな〜でも、うちらもしんどいで〜と思うとやっと下り! でも、この下りはコンクリートのうえに傾斜が強くかなりきつい、、 レース前に北摂URCの副会長から教わった下りを実践するも結構足にきている〜! それでも辛抱しつつ、44kランナーやAさんをやっと抜く! ここらで引き離そうと必死でスピードアップ! やああっと怒涛の下りを過ぎるとそこはレストエイドであったあ!


☆ 進くんに励まされなおも続く、上りの連続 ☆

昨日ブドウを持参してくれた44kの部の進くんがとっくに到着でお待ちかね。 なんと30分も待ってくれてた! う〜ん遅くなってもうしわけな〜い早く支度しよう! と見ると! なんとそこはパラダイス!(これは探偵ナイトの桂小枝風に言う事) 食べもんの山! バイキングかスモーガスボード状態! うそ〜!  進くんがお待ちかねなのも忘れ、そうめんに突進し、ドリンクのように一気飲み! 「まあ、いい食いっぷり!」とボランテイアの人にお褒めに預かる。 それで気をよくして、次々と平らげる。 おにぎりにアンパン、クリームパン、梨にりんごにジュースに梅干、う〜ん口すっぱい。

しばしの極楽後、ようやく我に返る?! おお、いかん早く着替えねば、と急いで体育館へ、、 入って靴下を替えるが、右の足底筋の痛み止めに貼ったキネシオテープが雨でぐちゃぐちゃでとれちゃったあ。 仕方ないなと日焼け止めを塗り、王龍ローヤルドリンクを飲み、アミノゼリーを食べ、キャベ2を飲んでお腹いっぱい、、 満腹で気持いいが、こんなに食ってまた走るんか〜、昼ねしたいぞ! と怠惰な気分に、、 これはいけないと反省しいきなり、ランニングモードに切り替える! 進くんお待ち〜! と走ろうとしたところへ、チタンのブースが? これ幸いと足裏に幅広の分を貼ってもらう。 これで安心。 ショップの方、感謝します〜

さあ、あと28k。レディーGO!
が、大仏さまを抜けると早速、坂が登場! うう、400mの上りが始まるう、、、 最初、あまりに急激なので大また歩きでのぼるとだらだらの上りが続く、、 なんとか走るが、めちゃのろい、、 進くんに申し訳ないなあと思いつつ、励まされのぼり続けるが、途中からかなりきつくなり歩きが入る。 すると「もうすぐ山頂ですよ」とボランテイアの人が励ましてくださる。 うううれしい。。 と思いつつさっき食べ過ぎたのでトイレにいきたくなる。 トイレに行きたし、坂はきつしと拷問のような苦しみのなか己のいやしさを呪いながら登ると「トイレ」の表示が! ああ、ありがたや〜! トイレに駆け込みすっきり! トイレからでると、なんとそこはまたご馳走の山。

今の苦しみも忘れ、またゼリーに手をだす。 う〜ん全種類制覇するぞ! と食べてると、なんと距離を離したつもりのAさんが横で「ゼリーばかり食べてるね〜」「げげ! もう追いつかれた?」 まだ私はゼリーちゃんを食べているところなのに、もうAさんはスタート! うう、一度ならず二度までも、うXXをしてる間に抜かされるなんて、私も
運の尽きか〜!? と下らんことを考えつつ、梅干食べてる進くんをせかして後を追う! 幸い得意の下りなので、なんとかかんとか抜いてそのまま距離をかせぐ、、 そして平坦な道のりでしばしの安息。。

おお! 前方に黄色のTシャツさんが? 抜けるか? 抜いておくともう一人抜かされても入賞は確実、とピッチを上げ、並ぶ。 黄色Tシャツさんは「もうあと二山やね〜」とコースを周知してるみたいだ。 わたしは「知らぬが仏でいけるとこまで行ってラストの坂は歩きますわ」と今の内に抜かす(まあ、追い越されるやろな〜。との予感)。。 いよいよまだ登り、300mほどか〜! と進くんと登りに備えてアミノバイタルを飲む。 後一袋しかない、、 ゴール後においておこう。。 でも、かなりのきつさ。 大また歩きとチョコチョコ走りでごまかすも、だんだん歩きが増えてくる。 進くんが「あの坂を越えれば平坦な道が!」と、だまくらかし作戦でなんとか引っ張ってくれる。

登りきるとエイドがあり、カルピスやらヤクルトやら梅ジュースやらをがぶ飲みしてる間に黄色Tシャツさんに抜かれるが、もう追う気力が残ってない。。 これ以上は絶対抜かれんようにせな! と言い聞かせ走り出すが、わずかな下りですぐ登り! うそやろ〜と最後のアミノも飲んでしまう。。 でも、3kしか持たない・・・
足重い、痛い。。
今、怪しいおやじが現れ「200円のアミノバイタル1000円にまけたる。 どや?!」と言われても買ってしまうやろな〜、というくらい辛い状態が続くが、幸いそんなおやじは登場せず(当たり前じゃ)。 のろのろ歩きで頭はもうろう、あと2k、あと1kの表示に励まされるが、いつまで続く? 坂地獄! と、そこに進くんが「あ! ピンクゼッケン追ってきた!」と叫ぶので振り向くとなんと後ろ10メートルまで迫られてる!? 「あかん、逃げな〜!」しかし、もう体力が無いよう〜、絶体絶命!
もはやこれまで?

と、天は我に味方した〜! 坂の終りが見え、あとは下りのみ! 「ファイト!いっぱ〜つ!!」と最後のちからを振り絞り! チームリーダーの浪速の小出監督MARIO君先生にしごかれたインターバル走を見よ! とばかりにラストスパート! 「乳酸が怖くて、ヤクルトが飲めるか〜!」とばかりにキロ4分ペースで爆走! そのままゴールに一気になだれ込む!!!! やったあ! 5位入賞!

表彰式 ゴールの向こうには銀メダルのM田君と44k銅のチームメイトえいじくんが「やったあ! ひろこさん! 」と大喜びで迎えてくれたあ! お〜し! 北摂パワー爆発! 9時間52分、と10時間も切れたし、なんとか北海道の雪辱が果たせて満足ううう!

ホントに本当に辛く長い88k! でもゴールできたのも、エイドのごちそうに、心からの応援の山! 途中道しるべをしてくれた消防の人達に、バイクで巡回して励ましてくれた人達、多くのボランティアの方たちのサポートで成り立ってる、この素晴らしい大会に本当に感動しました。 途中めげて文句ばかりの私を励まし続けてくれた進くん、本当に感謝でした。 何よりこのレースに誘ってくれたなおちゃん! 本当に感謝! たくさんの人がなおちゃんの人柄で集まり、お互いに親交を深め、同じレースで苦楽をともにできて、とてもうれしかったです。
このレースにでられて本当によかった!

しかし、
あれだけ食うておいて、ゴール後またブタ汁2杯にしるこにトマトに梨にまたゼリーを食べた私は翌日体重1kg増えていた、、、 ウルトラで太る私っていったい。。。


〜 後書き 〜

本当にこの大会はきついけど楽しい、素晴らしい大会です。
地元の人の応援に準備されたエイドがすばらしいです。

このコース、最後の上って上ってゴールがなくなり、上って下ってゴールになり、また、トレイルの砂利道が舗装され、かなり楽になりました。 それと、88kにプラスされて100kの部もできました。 でも、88kが普通の100kに相当するコースなので、100kは120k相当になると思います。 タイムが2時間近く悪くなるのは覚悟してください(笑

けっして記録を狙うという大会ではありません、、
でも、本当に出る価値のある大会です。
特に山好き、上り下り大好きの変わり者ランナーには、お勧めです(爆


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ