平和を願い、走りました。 走れました。
2015 広島-長崎リレーマラソン
2015年 8月 6日 〜 9日

「 チーム絆 」  丹代 政俊

 核兵器と戦争のない平和な世界の実現を願って 広島から長崎まで走る「広島-長崎リレーマラソン」は、被爆60年の2005年に開催され、それ以降毎年開催されて 今年は第11回目となります。
 この大会、2005年当時から参加したいと思っていました。 しかし数日間にわたる休暇が必要で断念していました。

 2012年3月31日、会社を定年退職しました。
 4月16日の夜、サロマで毎年お世話になっている鈴木さんから電話がありました。 広島−長崎リレーマラソンに「チーム絆」で参加をしましょうというお誘いでした。 越田さんが「チーム絆」代表の鈴木さんに私が参加可能という旨を連絡してくださったのです。 「体力には自信がないけどがんばります。参加させてください」と返事をしました。 翌日、凛峰さん(「チーム絆」副代表)から丁寧なメールが届きました。 急がなくてはならない宿泊の予約をすぐに入れました。 コース、ペース、距離、ウエア、着替え、仮眠所、移動手段、広島までと長崎からの交通手段、等々、当日までずっと凛峰さんが教えてくれました。

 2012年、2013年と参加をしました。
 2014年は参加申し込みをしていたのですが、膝の怪我で断念。
 2015年、3度目の参加をしました。
 これは、2015年の広島−長崎リレーマラソン(423km)完走記です。

子の権現のお守り(足腰守り)  2015年の「チーム絆」は8人のランナー(代表の鈴木さん、副代表の凛峰さん、F見さん、I田さん、Y崎さん、F井さん、K本さん、丹代)でタスキを繋ぎました。

 「チーム絆」のタスキは埼玉県の「子ノ権現」のお守り(足腰守り)です。 凛峰さんが安全を祈願して買い求めてきてくださったものです。 子ノ権現は足腰守護の神仏として広く信仰を集めており、日本一の鉄のワラジが有名です。


◇ 直前に怪我 ◇

 昨年は膝の怪我で参加を断念。 今年こそはと思っていた。 しかし「広島−長崎リレーマラソン」に向けた気合と情熱が不足していた。 田舎(宮城県:利和子さんの実家)に行った7月28日の夜、家の中で転倒。テーブルの縁に左胸を打ち付けてしまった。 最初は呼吸困難、走ってみたら腹筋に力がかかると激痛、3日間経過して走ってみたら激痛が普通の痛みに変わっていた。 背中側も腹側も押すと痛い状態。 深く息を吸い込むと痛い。 横になるときと起き上がるときに激痛、という毎日だった。
 肋骨を痛めたのは3度目なので、症状から様子が理解できる。 普通は軟骨にヒビの場合、10日間で治る。 場所が場所だけに固定もアイシングも難しい。 浅い息をしていれば痛くならないのでそのままにしておいた。
 10日目は8月7日、「広島-長崎リレーマラソン」の二日目である。 その前日の6日から走る。 6日には治っていることを祈る。治っていなくても走るのに支障がないことを祈って広島へ。


◇ 8月5日(水)晴れ ◇

 6:30 起床。 メダカたちへの餌やりを利和子さんに頼んで出発。 新幹線のぞみ109号では鈴木さん、凛峰さんと一緒。事務連絡や会費の支払いやコースの話や仮眠場所の事等をずっと話していた。 広島には16:00前に到着。 暑い! ホテル28広島へは路面電車で。 ホテルのロビーに「チーム絆」のメンバー8人全員が集まった。 中継場所等の打ち合わせができた。
 17:30 にロビーに集合し、海奏〜KANADE〜新天地店での顔合わせ説明会&飲み会へ。 初めての方、2年ぶりの方、1年ぶりの方、いっぱいお会いできた。

 左胸、走っても痛くない状態になっている。 ただデイパックの中身が背中にあたると痛い。 でも走るときに使うデイパックには硬いものを入れないので大丈夫。
 ホテルに戻って荷物の分別(小さなデイパックと大きなデイパックへの収納品の分別)にずいぶん時間がかかった。 今22:30、さあ寝よう。


◇ 8月6日(木)晴れ ◇
スタート前
 朝4:00ごろ目が覚めてしまったが、トイレに行ってきてまた寝て6:00までベッドの上。昨夜買っておいた蕎麦とおにぎりで朝食。痛めている足の指にテープを巻いて乳バンを貼って皮膚保護クリームを塗って、もう一度トイレへ。 7:30 ホテルのロビーに集合、みんなで歩いて原爆ドーム前へ。 今年も蝉時雨。 8:15黙祷。 今年は人が多く、いつもの場所で写真を撮ることができなかった。

 9:00 みんなでスタート。 荷物を全部背負っているのでこの区間はきつい。 9:30 西広島に到着。 ここでデイパックに見慣れないものが下がっているのを発見! デイパックのポケットに部屋のキーを挿したまま出発していた(ホテル28広島でチェックアウト手続きをせずに出てきてしまった)。 ホテルに「走り出してしまい、もう戻れません。長崎に着いて家に帰るのが9日の深夜なので10日に発送させてください」と頼んで宿泊予約が入っていないことを確認していただいて、いちおう一旦解決(8月9日の朝、速達で送った。ごめんなさいの手紙を入れて)。
 西広島からは鈴木さんF井さんペアが走る。凛峰さんと私は宮内串戸へ。

 11:38 Y崎さんが宮内串戸に到着。宮内串戸から大野浦まで凛峰さんと二人で走った。 暑くてたいへん。 ペースが上がらない。 冷たい水を買って頭からかぶったりしていた。
 13:05 大野浦で鈴木さんF井さんペアにタスキリレー。 この時点で予想タイム(予定タイム)から25分の遅れ。 大野浦からI田さんとF井さんの荷物を持って玖波へ移動。 玖波でF井さんに荷物を返し、I田さんの荷物を持って周防高森へ。

 19:09 I田さんからタスキをもらって周防高森をスタート。 1時間24分の遅れ。 高水発20:21の岩徳線に乗れたら早く新山口のホテルに行くことができるのだがタスキをもらったときには無理だと思っていた。 でも走ってきてY崎さんに「あと2km」の電話をしたときにY崎さんが「がんばれば20:21に間に合うかも」と言ってくれたのでペースアップ! 20:15高水でY崎さんにリレー。 20:21の岩徳線に間に合った。 電車に乗ったら、みんないた♪

 22:00 過ぎに新山口に到着。 明日の朝食と今夜のビールを買ってホテルα-1小郡へ。 風呂に入って洗濯をしてビールを飲んで寝た。


◇ 8月7日(金)晴れ ◇

 5:00 起床。 朝が早すぎて寝不足感を覚える。 トイレ、朝食、荷造りであっという間に6:30。 フロントに自分の荷物を預け、F井さんの荷物を持って出発。 7:00厚東に到着。 厚東でF井さんを待つ。

 9:00 F井さんからタスキを受け取って厚狭を目指す。 暑い。 3kmほど走ったところですでに頭がボーっとしていたので自販機で休憩。 このあと道が分からなくなってうろうろ。 152.7km地点の三叉路で左の旧山陽道へ入ったつもりだった(本当は入っていなかった。宇部興産専用道路高架下が記憶にない)。 旧山陽道入口を見落としていた。 一里塚跡のあたりに左に入る道があるはずだとさがした。 うろうろ行ったり来たりしてさがしたが、一里塚跡も旧山陽道も見つからない。 左側の歩道を走り続けた。 道路工事の方に道を聞いたら、もうすぐ茶屋の交差点だと教えてくれた。 国道2号を走っていた。

 158km地点で鈴木さんに「あと2キロです」と電話をしたら「コンビニで休んで体を冷ましてきてネー」と言ってくれたのだが、休まずに早く行こうと思って道を見落として大きなタイムロスを生んでしまった。 158.7km地点の加藤交差点で左折しそのまま新幹線の下まで走ってしまった。「左折し、80m先で右折」という記述があったのだが、なぜか私の頭の中で「800m先で右折」になっていた。 地図を見れば800mではないことは簡単に分かるのだが、頭がおかしくなっていたようである。 新幹線の下まで行ってから気付いて引き返した。 右折ポイント(この時点では左折ポイント)はすぐ分かった。
 10:47 鈴木さんにタスキを渡し、鈴木さんの荷物を持って門司港へ向かった。 小月からF井さんが乗ってきた。 ここからしばらくF井さんとの二人旅になる。

とらやのバナナフリッター  門司港駅で時間があったのでラーメンを食べた。 「リレーマラソンへのサービスです」と言って鶉の卵2個セットのトッピングをくれた。 めっちゃうれしい。 なによりも平和を願うリレーマラソンを応援してくれることがうれしい。
 門司港駅でさらに時間があったので喫茶店をさがした。 すぐ近くに"とらや"という喫茶店があった。 お母さんと娘さんの二人でやっているお店で、レトロな雰囲気の暗めの店内、豆から淹れるコーヒーとバナナフリッターがあった。 モカを頼んだ。 ゆっくり淹れてくれたのだが、まだ時間があるのでバナナフリッターを注文した。 バナナフリッター、初めて食べた。

 15:57 K本さんから桟橋通り交差点でタスキをもらった。 ここから門司までの道は分かりやすく、16:44無事にF見さんにタスキを渡した。
 F見さんとY崎さんの荷物を持って小倉へ移動。 小倉でF見さんに荷物を返して八幡へ移動。 八幡でY崎さんを待つ。 夕陽がきれいだった。

 19:03 Y崎さんが到着。 八幡から黒崎までの2.7km、ハイスピードでカバーしようと思っていた。 しかし、信号が多すぎる。 右側の歩道の信号が少ないと判断して右側を走った(これが間違いだった)。  黒崎駅で道に迷ってしまった。 中継場所は「南口エレベーター下、アーケード付近」なのだが、途中から地図を見ないできてしまい、頭の中では「黒崎駅前」になっていた。 左側の歩道を走っていれば、待っているF井さんが見えたと思う。 駅前でうろうろして大きなタイムロス(F井さんにタスキを渡したときには19:33になっていた)。 大反省である。


◇ 8月8日(土)晴れ ◇

 昨夜は黒崎から鳥栖まで急いで移動してサンホテル鳥栖には遅くならずに到着。 しかし今日も起床は5:00。 また朝が早すぎて寝不足感を覚える。
 鳥栖発6:42の電車で中原へ。 中原でY崎さんと二人でF見さんを待つ。

 9:06 F見さんからタスキをもらって神埼を目指す。 時間がない(遅れが大きい)ので休憩は自販機前のみとした。 神崎には10:01到着。 I田さんにタスキを渡した(この時点で予定タイム1時間30分以上の遅れ)。 次の中継点、佐賀へ移動した。
 佐賀でF井さんと二人でI田さんを待つ。 暑いのでコンビニに何度も入って体を鎮める。

 11:37 I田さんが到着。 F井さんと二人で牛津まで走った。 道は分かりやすかったが暑い。 休憩をとりながら走った。 途中でデイパックのポケットを確認したときタスキがない! と私はパニック状態になった。 落としたと思い込んでいた。「ない、ない」とさわいでいたらF井さんが「タスキは私が持っています」と言った。 I田さんからタスキをもらったのはF井さんだった。 暑くて頭が誤動作を起こしているようだ。 13:11なんとか牛津に到着。 鈴木さんK本さんペアにタスキを渡し、自分の荷物とK本さんの荷物を持って肥前山口へ移動。
 肥前山口でK本さんに荷物を渡して駅の外に出た。 暑い。 ラーメン屋があった。 ラーメンを食べた。 豚骨スープに細麺でチャーシューも入っている。 スープを全部飲んだ。 このスープ、熱中症対策に効くような気がする。

 「チーム絆」は大きく遅れていた。 このまま遅れが加算されると武雄温泉から嬉野温泉まで走るF井さんが彼杵駅行の最終バスに間に合わなくなる。 更に大村まで走る凛峰さんF見さんペアが諫早に行く最終電車に間に合わなくなる。 ここでチーム絆のチーム力を発揮。 夜間走の連続で疲れているはずのI田さんが武雄温泉から彼杵宿郷の25kmを続けて走ってくれる。 F井さんが彼杵宿郷から松原までの2区間を走ってくれる。 K本さんが松原から大村までの2区間を走ってくれることになった。

 私の次の中継所は大村。 大村での中継は深夜になる見込みで諫早到着が24:00を過ぎることが予想されるため、まず諫早に移動して諫早グリーンホテルにチェックイン。 そして明日の朝食と今夜のビールを買いに出掛けた。 駅前の西友は閉まっていたのでスーパーへ。 夕食は駅近くの食堂へ。 チャンポンを食べた。 メニューにチャンポンとしかない(チャンポン麺ではない)。 600円ですごいボリュームで野菜が麺と同じくらい入っていてタコが入っていてすごく美味しい豚骨スープで大満足。 またスープを全部飲んだ。
 諫早からコースを電車で逆走し大村へ。 電車の中で大村在住の若者と話が弾んだ。 東京にもいたことがあるという。 ラッシュアワーに物価高、東京は住みにくいところだと言っていた。 この若者、大村駅で応援と激励をしてくれた。

 22:40 K本さんからタスキをもらい、諫早を目指す。 今日のラストランである。 コースは分かりやすく道も走りやすい。 391.8kmの分岐を間違えないようにと思って注意をしていたのだが大きな道で、見落とす方が難しい分岐だった。 394km地点を過ぎてから長く感じた。 行けども行けども諫早駅が見えない。 期待感覚が実際の距離を無視していたようだ。 やっと諫早駅の西側を通過した。 永昌町交差点を左折してガードをくぐって諫早グリーンホテルへ。 24:15になっていた。
 風呂に入って洗濯をしてビールを飲んで、今はもう2:00を過ぎている。 明日も早い。 目覚ましを二つセットして寝ることにする。


◇ 8月9日(日)晴れ ◇

 5:00 起床。 トイレへ。 買っておいたカップラーメンとパンの朝食。 もう一度トイレへ。
 6:54 の電車で肥前古賀へ向かった。 一緒に走る予定のK本さんから遅れる旨のメール。 7:30 まで待って来なかったら先に出発をすると電話をした。

 7:25 鈴木さんY崎さんペアが肥前古賀に到着。
 7:30 一人でスタートした。 肥前古賀から眼鏡橋の区間、2年前に走っているが自信がなかったので細かい地図を2重に用意した。 409km地点を過ぎた辺りで「ピース・アイチとその仲間たち」と一緒になった。 上り坂では歩きを入れ、ゆっくりゆっくり走った。 日見トンネルに向かう上り坂で「チーム新ゆり」と一緒になった。 トンネルを抜けて自販機の前で休憩。 休憩していたらみんな行ってしまった。 一人で走った。 凛峰さんに「あと2kmです」と電話。
 9:24 眼鏡橋に到着。 眼鏡橋の向こうから入ってしまい、眼鏡橋を渡って正規のコースで鈴木さんにタスキを渡した。 凛峰さんがビールを買って待っていてくれた。「折鶴」の うずらさんに会った。 2010年のさくら道以来5年ぶりである。

 9:50 みんなで歩くラストの3.9km。 これでゴールができる、と精神的にはらくなのだが歩きがつらい。 荷物が重い。 またずいぶん汗をかいている。
 10:50 原爆落下中心地公園・浦上天主堂遺壁前にゴール。 今年も武雄のY口さんに会えた。 暑い。 70年前の惨禍を憎み、殺された無数の魂に思いを馳せ、殺したくない、殺されたくない、平和への願いを、祈りを、捧げる。 11:02 黙祷。

「チーム絆」浦上天主堂遺壁前にて  タクシーに分乗で「ふくの湯」へ。 タクシーがなかなかつかまらなくて困った。 ビールを飲んだ。 料理をいっぱい食べた。 お菓子も食べた。 ジュースも飲んだ。 コーヒーも飲んだ。

 13:45 「チーム絆」の仲間に来年の再会を約束して帰途についた。 14:00シャトルバスで長崎駅へ。 長崎駅前でライブをやっていた。 暑かったが、しばらく座って聴いていた。 長崎からは14:53の特急。 一昨年はシューズのにおいがひどくて周りに迷惑をかけたが今年は草履持参で大丈夫♪ 博多から17:04の新幹線。 やたら眠い、かなり眠った。
 23:55 帰宅した。


◇ 平和を願い、走りました。 走れました。 ◇

 2年ぶり3度目の「広島−長崎リレーマラソン」、昨年の走れなかった思いも力にして走りました。 戦争反対の意思を込め、平和への祈りを込めて走りました。 走れました(打った左胸はまだ痛い。でも暑さとのたたかいが酷すぎて案外胸のことは忘れていました)。

 この旅走りのなかで多くの方々との出会いがあり、多くの方々の励ましがあり、そして多くの方々の助力がありました。「チーム絆」の力に感謝、大会実行委員の方々の気遣いに感謝、素晴らしい出会いに感謝、そして、いま生かされ走ることができることに感謝。


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ