’89東京国際マラソン完走記 

1989年 3月 19日   

丹代 政俊   

1989年3月19日、東京国際マラソンに出場しました。
僕にとって、おそらく一生に一度の体験です。
走りそのものについては反省する点も多いのですが、幸運にも完走することができました。
完走記(感想記)を書きます。


下見

 3月9日(木)休暇を取ってコース下見に行った。 デイパックに必要な物を全部入れた筈だったが、千駄ヶ谷の駅に着いてコース案内図を忘れたことに気付いた。 諦めて帰ろうか、とも思ったが出直してくる時間はなかったので予定通り走ることにした。 コースはかなり頭に入れていたし、なんとかなるだろう!と出発。
 まず国立競技場へ、修学旅行以来の2度目で、やはり東京オリンピックのいくつかのシーンが浮かんできたが、工事をしている人が数人いるだけで選手のいない競技場はすごく寂しく見える。 競技場周辺の周回は省略し青山通り→赤坂見附→新橋→平和島口(ここの折り返し点はコンビニエンスストアで聞いて確かめておいた)→日比谷通り→水道橋→四谷見附→四谷四丁目→競技場と走った。
 コースを大きく間違えて引き返したのが2度、歩道橋を登ったり降りたりが度々で腰につけた歩数計は5万歩をこえていた(所要時間は約6時間)。 上り坂は細かいのが何箇所もあったが、気になるのは八ッ山橋陸橋ぐらいで殆ど平坦に思えた(実はこれは完全な誤解であった。レースでの難所はジョグでは気がつかないのである)。

 なにしろよく道を聞いたが交番で聞くのが一番良いことがわかった。 四谷見附を右折しないで間違えて迎賓館の周回道路に出てしまったときに警備員に「この道は東京マラソンのコースですか?」と聞いても「違う」というだけでどこでどう間違えたのかがわからない。 そうだ、向こうからジョグをしてくるあの背の高いアンちゃんに聞いてみよう!と近付いたらエスビー食品の金井選手だった。 聞くのは遠慮して会釈をしてやり過ごし、次に来たメガネをかけた青年に聞いたら今度は「ボクアメリカ人、ワカリマセン、スミマセン」とのこと、メガネをかけていると日本人に見える。この後また交番を捜した。

 しかし、どうにかこうにか、たった一人の東京マラソンは無事完走することができた。 これで当日はコースに関する不安がなく走ることができる。


前日

 3月18日、受付、健康診断、および開会式出席のため国立競技場へ行ってきた。 玄関のドアに出場者名簿が張り出されていた。 ゼッケン番号は173だった。 自分の名前を見つけて入試の合格発表のときのようなうれしい気分、しかし誤字があったので受付で訂正をお願いした(これは再三言ったにも関わらず最後まで直らなかった、政利はウソで政俊が正解、まあサンケイスポーツの”丹沢政利”よりはマシか!?)。
 健康診断は無事通過、別大に比べてやはり多人数に慣れていない点での手際の悪さを感じる。 しかしスペシャルのボトルを支給する点やゼッケンを5枚もくれる点とかのサービスの良さに驚き、感謝する。国立競技場のトラック1周400mをゆっくりゆっくり走った(本日の総走行距離は0.4km)。

 青梅若草RRCのSさん、Yさん、Iさん、秋川市役所のTさん、IHIのMさん、西多摩青梅勢がかなりいる。流山CJのKさん、東芝のHさんとSさん、ハートブレイクのNさん、大和銀行のTさん等の懐かしい方々にも会えた。
 旭化成の谷口選手と西選手は、宗たけしさんと一緒にかなりコワイ顔(真剣な顔)をしていたのでサインが欲しかったのだが遠慮した。
 食事は、朝食、蕎麦、うどん、定食、夕食と5食+ゲータロード280+ピットイン+和菓子+ジュースと予定通り食べることができた。


レース

 3月19日、朝7時半頃出発、国立競技場には9時前に着いた。スペシャルドリンクを作って預け、準備OK!。 スタンドで青梅若草RRCのKさん夫妻と会った。手作りの応援幟を用意してきていた。うれしくなって、ガンバラネバ!と気合いがはいった。
 12時10分、東京国際マラソンはスタートした。 流れの中で自然に走った。 驚くほど冷静だった。 競技場を出てすぐのところでランナーズの下条さん、橋本さんの声援を受けた。橋本社長と「手と手でパッチン」をやった、かなり良い気分(下条さん、橋本さんは、この後もあちこちに出没して声援をしてくれた)。
 5km地点を18'22"順調!、しかし10km地点を37'03"、15km地点を55'40"と、ペースは上がらず焦りが生じてきた。

 チームメートのSさんとずっと一緒に走っている。 僕のペースが落ちてくるとSさんが「落ちてきたよ」と言って、前へ出て引っ張ってくれた。 しかし、20km地点が1゚14'26"と「自己ベスト」の夢はどんどん薄くなっていった。 ここで頬に触ってゾッとした。塩がジャリッとふいていた。 「脱水状態には強いんだ」という自信が水をとらずにここまで追風と直射日光の中を力づくで走らせてしまった。 自己ベスト、自己ベストと数字だけを追い過ぎたようだ。

 折り返してからは突風の向い風、信じられないほどペースが落ちて行く。 中間点が1゚18'40"、25km地点が1゚34'、30km地点が1゚54'・・・・ この後のラップは不明、31kmあたりでKさん夫妻が大声援をしてくれたが残念ながら僕の力はあまり残っていなかった。 33km過ぎの白山通りにぶつかる手前で右太ももの裏側が激しくけいれんし、立ち止まってガードレールに手をかけてストレッチングをした。 そして、リズムを大切に、ペースを一定にと、だましだまし走る。
 38km地点を過ぎたあたりでずっと先行していたKさんがチラリと見えた。 そして、四谷四丁目交差点の手前で抜いた。 この時なにか言って前に出たのだが、何と言ったのかは不思議なことに覚えていない。 そして千駄ヶ谷のガードをくぐった直後今度は両足のふくらはぎがけいれんした。 また立ち止まる、でも完走するんだ!という執念がこの疲れた足を動かしてくれた。
 国立競技場に帰ってきた。 トラックに入って時計を見た。 2゚44'.... 自己ベストどころじゃない、45分も切れない.... しかし、なぜか、うれしかった。 フラフラとトラックを一周したのだがゴールラインはガッツポーズで走り抜けた。 2時間45分40秒、112位であった。

 青梅若草RRCの3人のチームメートも壮絶な苦闘を強いられたようだ。 Iさんが3゚00'02"でゴールイン。 ずっと並走したSさんは35km地点過ぎでリタイヤ、Yさんは35kmの関門でカットオフとのこと。 残念!(全員サブスリーの実績があり、特にSさんは、びわ湖毎日マラソン完走の実績を持つレーサーなのに...  きびしい結果であった)。

 板橋区に住む兄がカメラを持って応援に来てくれた。 初めてだったので、すごくうれしい。 また、IHIのOさん、青梅走ろう会のIさん、そして東芝青梅のYさん、Kさん、Nさんの、役員として働きながらの声援、感謝感激!である。 


サヨナラパーティー

 夜、表彰式を兼ねたサヨナラパーティーがあった。
 京王プラザホテルで高級食の食べほうだい飲みほうだい、と豪勢な内容に慣れない僕達はすっかり有頂天、ランシャツに宗兄弟、谷口選手、金選手、小出監督、そしてなぜか楠田枝里子サン、他たくさんのサインをもらい、握手をしてきた。
 今年限りだと思うと寂しいが、良い経験をしたと思う。


反省

 東京国際マラソンは自己ベストを意識して走ってみごとに挫折したレースであった。 これからは、条件が悪くてもしっかり走れるという谷口選手を研究し、見習うことが大切だと思う。
 もっとたくましさが必要だ。 レベルの差は別としてどんな気象条件でも自己ベストに近いタイムで走れるようになりたい。 今の僕はすごくひ弱に見える。

以 上

記:1989年3月22日

 
 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ