雲取山タイムトライアル感想記 

丹代 政俊

 1989年10月22日(日)第3回奥多摩集中登山、雲取山タイムトライアルに参加した。 私は昨年初めて参加をして優勝し、新聞紙上で大宣伝をしていただいたことで 少々テングになり、"2連覇"を意識しての参加であった。

 レースは定刻の7時を10分以上過ぎてスタートした。 去年とは勝手が違い、スタートしてすぐ凄いスピード、まるでロードレースのスタートである。 田中友道さんがトップを軽やかにひっぱって行くのが見える ( みんなついて来ないんだもの.... 田中さんゴール後の談、 ・・・正確にはみんなついていけなかったのだが... ) 。

 急坂を登っているうちに峯尾さん ( 昨年2位 ) に追いつき、暫く並走した。 今年の峯尾さんは元気がなく、去年とは逆に私が前に出てそのまま序盤で振り切ってしまった。 しかし今年は猛者揃い、背後に下嶋さんが迫って来ているのが分かった。
 七ツ石の分岐点でポカリスエットをいただいた。 今年は主催者 ( 奥多摩観光協会 ) が飲物を用意してくださっている。 場所が場所だけに、ありがたい。
 雲取山への急坂にとりつく手前で、折り返してきた田中さんとすれちがった。 「転んじゃったー」 と言っていたが飛ぶようなスピードで駆け降りて行く。 差は5〜6分かなぁ、などと考えているうちに下嶋さんにサッとかわされ、そのままジリジリと離されてしまった。 雲取山頂は4位で折り返した。 前の4人は折り返してから驚異的なペースアップをしたようで、全く見えなくなってしまった。
 七ツ石のピークを目指して登り始めたとき、急坂にとりついている坂本さんと下嶋さんの姿が見えた。 しかし、このあと行けども行けども追いつけない、こっちも全力で走っているのだが誰も見えない。
 自信がない、どんどん弱気になってくる。

 ・・・・今日は4位キープかなあ、まあ、悪くても5位の入賞ラインには入ろう。     もう引退をした方がいいかなぁ、いや、アマチュアに引退はない!
     でも、レーサーの心を捨てることはできるぞ。
 などと考えながら、しかし、かすかに残っているレーサーの心でペースを上げろ! ペースを上げろ! と自分に言い聞かせながら走り続けた。

 レースは何が起こるかわからないものである。 六ツ石のチェックポイントの手前で下嶋さんが見えた。 チェックポイントは小差で通過、またレーサーの心が全身を支配し始めた。 追った、そして下嶋さんも坂本さんもかわして、2位入賞であった。
 ゴールして1分も経たずに坂本さんが来た。きわどい2位であった。

 優勝の田中友道さんは3時間02分という驚異的な大会新記録、素質もあるとは思うが、並の努力で達成できるタイムではない。 ランナーとして学びとるべき点多大! 田中さんは 「調子が良かったんですよ」 などと謙遜をしていたが、私も決して不調だった訳ではない、私も3時間20分と大会新で自己記録を更新しているのである。
 こんなとき、私は1988年の年賀状に書いた 『 ( 相手には ) 勝てなくても ( 自分には ) 負けないランニング 』 という言葉を自分自身に言い聞かせる。 レースは相手がいるので、いくら自分が精一杯の努力をしても、それ以上に強い人がいれば勝てないのである。 しかし私は負けたのではない。 勝てなかっただけである。

 雲取山タイムトライアルは2年前に10人にも満たない参加者で始められたが、今年は123人の申し込み者を数え、さらに驚いたのは、3位の坂本さんが浜松から、4位の下嶋さんは世田谷区から一泊しての参加ということである ( 両者共、優勝狙いだったようである )。
 奥多摩町のローカルな大会から全国大会へとひろがりつつあるのを感じる。 このことの是非はともかく、RUNRUNジャーナル読者でもあり、秋留台トラックで一緒にトレーニングをしている田中さんが優勝、私が準優勝と、西多摩勢で上位を占めることになったのは、うれしい。
1989.10.23 記


あとがき

 この感想記に登場している下嶋先生は、1999年8月15日、スイス・アルプスのマッターホルン登はん中に滑落。 還らぬ人となりました。 突然の悲報でした。 もう、お会いできなくなりました。 無性に悲しくなります。
 雲取山タイムトライアル完走後、三河屋の浴場で歓談したこと。 さくら道ウルトラマラソンを一緒に走ったこと、、、 寡黙でしたが、印象の深い方でした。

 雲取山タイムトライアルは、数年前に開催中止となり、現在は、開催されていません。 雲取山に単独で登ることは、今も続けていますが、 ときどき、淋しくなります。
1999.10.30 記


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ