2016 広島-長崎リレーマラソン
  平和を願い、走りました
「チーム絆」のタスキをみんなで繋ぎました
2016年 8月 5日 〜 9日
「 チーム絆 」  丹代 政俊

 核兵器と戦争のない平和な世界の実現を願って広島から長崎まで走る「広島-長崎リレーマラソン」は、被爆60年の2005年に始まりました。
 それ以降毎年開催されて今年は第12回目となります。

  私は
   2012年に初参加、そして2013年にも参加をしました。
     鈴木代表、凛峰副代表の「チーム絆」の一員として走りました。
   2014年は参加申し込みをしていたのですが、膝の怪我で断念。
   2015年、3度目の参加をしました。
     直前に怪我(肋骨にヒビ)で心配しながらの走りでした。
   2016年、今年は4度目の参加になります。
     今年も「チーム絆」の一員として走りました。
     今年は怪我がありません。今年は心配要素がありません。体調もいいです。


◇ 8月5日(金)晴れ ◇

 6:40 起床、ゆっくりトイレ、ゆっくり食事、メダカに餌をやって、コーヒーを淹れて、歯磨きをして出発。9:40の青梅特快、混んでいてやっと座れた。
 東京駅で駅弁を買って新幹線へ、待っているときは暑かったが車内は涼しい。品川で鈴木さんと凛峰さんが乗ってきた。地図の話、コースの話、メンバーの話、区間変更の話、宿泊の話、ずっと話していた。

 15:52 広島に到着、暑い。路面電車で胡町へ。歩いてホテル28広島に向かうのだが、暑い。
 17:30 「チーム絆」はロビーに集合し、海奏〜KANADE〜新天地店での顔合わせ説明会&飲み会へ。生ビールをいっぱい飲んだ。ホテルに戻ったのは21:00ごろだったと思う。ポロシャツと下着シャツを温水洗濯して部屋に下げておいた。荷物の分別(小さなデイパックと大きなデイパックへの収納品の分別)は簡単に(玖波に着いてからでも大丈夫)。


◇ 8月6日(土)晴れ ◇
スタート前
 5:45 起床、トイレへ、昨日買っておいたおにぎりを2個食べ、お茶と水とポカリスエットをいっぱい飲んだ。そしてもう一度トイレへ。

 7:30 ロビーに集合し、みんなで歩いて原爆ドーム前へ。蝉時雨、今年はおとなしく感じた。折鶴のうずらさんに今年も会えた。S田さんファミリーが来てくれた。S田さん、西広島まで走るとのこと。今年も蚊に刺された。防虫スプレーをかけていたが腰から上は無防備だった。

 8:15 黙祷。
 9:00 みんなでスタート、暑い、荷物が重い(小さなデイパックを大きなデイパックの中に入れて背負っているので重い)、汗がランパンからポタポタ落ちている。
 西広島から電車に乗り、宮島口まで。みやさんと一緒にフェリーで安芸の宮島に行った。厳島神社のあとで食堂に入り、昼食を摂った(穴子飯定食とノンアルコールビール)。チラシを渡して話して、ゆっくりしていた。そのあとみやさんは時間があるので山の方へ、私は11:40ごろフェリーで戻って玖波へ。12:15 玖波に到着、Y田さんと合流した。

 13:30 凛峰さんからタスキをもらってY田さんと一緒に錦帯橋へ。玖波での中継、今年は予定時間通りである♪ 苦の坂と小瀬峠越えのこのコース、私は3度目だったが、初めてのY田さんの方がコースを詳しく知っていてびっくり。Y田さんは地図を見てストリートビューで確認し、さらに越田さんの注意書きを読んで高低差のチェックをして坂道まで熟知していた。苦の坂を越え国道に出ると暑い。小瀬峠は歩いて上った。歩く方がダメージが少なく峠を越えてからの走りが良くなることを知っているから。

 15:17 錦帯橋に到着、みやさんにタスキを渡した。
錦帯橋
 鈴木さん、凛峰さん、Y田さんと一緒に錦帯橋を渡って川西駅へ。歩いていて疲れがドッと出て飲み物が欲しくなったが駅には自販機がない。ここで私の消耗ぶりを見かねたうずらさんが C1000 Lemon Water を凍らせたボトルをくれた。助かった。
 川西から徳山へ、徳山では乗り換え時間が1分だったので心配していたのだが、新山口行きの電車が待っていてくれた、ありがたい。新山口に着いてみやさんの荷物をα1に預けてからアムゼ新山口へ。
 チェックインをして、まずシャワー。ウエアと一緒に浴槽に浸かって一緒に洗った。ホテル近くのコンビニへ買い物に。明日の朝食と今夜のビールとツマミとカップラーメンを買ってきた。


◇ 8月7日(日)晴れ、時々曇り ◇

 3:50 起床、トイレへ、おにぎりとサンドイッチとお茶と水で朝食、余裕だと思っていたらあっという間に5:00、もう一度トイレ。5:38 の電車で嘉川へ。

 6:22 みやさんが笑顔で走ってきた。厚東までの11.9km、涼しくて走りやすいと思って走っていた。タイム短縮ができると思って走っていた。しかし、おいはぎ峠あたりでつらくなってきた。汗がすごいので自販機でスポーツドリンクをと思うのだが、自販機がない。もうすぐ中継、というところで国道に入ったら後ろに自販機があった。ちょっと戻ってスポーツドリンクと水を買った。水は頭にかけた。助かった。

 7:58 厚東に到着、K本さんにタスキを渡した。
 厚東からK本さんの荷物を持って厚狭へ、厚狭で凛峰さんに会った。凛峰さんからIW田さんの体調が戻っていないこと、昨夜は天の助けで運良くタスキが繋がったこと、を聞いた。凛峰さん、心配で考えて眠れなくて寝不足状態である。様々なトラブルの対策で情報収集をして分析して区間変更やメンバー変更や荷物受け渡し変更の指示を行う凛峰さん、頭が下がる。
 厚狭でK本さんの到着を待って、凛峰さんのスタートを見送って門司港へ移動。下関から門司、門司から門司港へ、難しい。山陽本線で出会ってチラシを渡したおじさんが乗り換えの方法を教えてくれた。

 門司港に着いたのが11:00、時間がありすぎである。外にいるといるだけで熱中症になりそうなので、まずラーメン屋へ。ネギラーメンを食べた。去年行った喫茶店「とらや」をさがしたが見つからず。コンビニで「とらやという喫茶店がこの辺りにあったと思うのですが」と聞いたが分からないとのこと。「とらや」は閉店したのかもしれない。豆から淹れるコーヒーを飲みたかった。バナナフリッター、食べたかった。
 しかたがないので大通りの喫茶店へ。会計のときにチラシを渡したら「私はなにもできないから」と言いながら小銭を集めてちり紙に包んでくれた。カンパをいただいた♪ あとで数えてみたら 807円だった。
 レトロ街へ行った。外を歩いていたらまた暑さで参りそうになったのでエアコンの効いている店内へ。トイレを借りたり、ウインドウショッピングをしたり、それでもまだ時間があるので別の喫茶店へ。コーヒーが美味しかった。まだ時間があるのでレモンスカッシュも頼んだ。

 15:27 みやさんが笑顔で到着。タスキを受け取って門司へ。門司までの道は分かりやすく、また日差しも弱くなっていて快走♪
 鈴木さんにタスキを渡して黒崎へ移動。黒崎のU村さんが内科クリニックを大エードステーションにして、飲ませてくれて食べさせてくれて休ませてくれた、大感謝! ここにいっぱい集まった。「チーム絆」が一番遅くまでお世話になったと思う。
 鳥栖に着いたのは21:00すぎだったと思う。コンビニで明日の朝食と今夜のビールとツマミとカップラーメンを買って、サンホテル鳥栖にチェックイン。明日の確認をやっていたら寝るのが遅くなった。


◇ 8月8日(月)晴れ ◇

 5:00 起床、トイレ、朝食のあとでもう一度トイレ。
 みやさんと一緒に中原へ。我がチーム、遅れているとの情報、予定していた電車から1時間以上遅らせて出発した。鳥栖から中原は10分、時間があるので中原駅で休憩。

 9:07 F見さんIW田さんペアからタスキを受け取り、神埼までの7.2km、暑いが休憩なしで走り 9:59 凛峰さんにタスキを渡した。

 吉野ヶ里歴史公園に行くことができる区間配置をしてくれている。みやさんと一緒に神崎駅から歩いて吉野ヶ里歴史公園へ。しかし公園入口まで歩いているだけでも暑い。公園に入ったがその広さに圧倒され、暑さに負け、すごすごと退散した。ここで体力を消耗してはならない。吉野ヶ里歴史公園には涼しい季節に一日中歩き回る時間をとって行くべし、という教訓を得た。

 神崎→肥前山口→武雄温泉と移動。武雄温泉で昼食の店をさがしたが、ない。やっと見つけた食堂でチャンポンを食べたがいまいち。諫早駅近くの食堂のあのチャンポンが食べたい。
 駅に戻ったら駅の中に食事ができるコーナーがあった。ここで食べればよかったとつくづく思った。ここで凛峰さんと合流、今日のこれからの区間変更について相談をした。ここからはみやさんが走る予定だが、嬉野温泉から彼杵への最終バスに乗り遅れないようにするためには武雄温泉を16:10で中継することが必要。それができなかったら私が彼杵までの25kmを走るという結論に達した。

 武雄温泉駅前から鈴木さんが見えた! みやさんが走れる♪ 凛峰さんが迎えに行った。16:07みやさんがうれしいスタートを切った。私はバスで嬉野温泉へ移動。暑い。嬉野温泉も暑い。エアコンの効いているバスセンターの事務所に入ってチラシを渡して話してテレビのあるところで休ませていただいた。彼杵行きのバスの発車場所を確認し、ここまで走ってくるのはみやさんという女性ランナーですと説明をしておいた。

 18:04 みやさんが元気に到着、速い! 最終バスの心配は無用だった。嬉野温泉から彼杵宿郷の10.1kmを走った(この区間はIW田さんが走る予定だったが、IW田さんが竹松から大村を含む15.3kmの夜間走になるため私が走ることになった)。この区間、走ったことはあるがマイ地図を作っていない。凛峰さんが越田さんの注意書きを貼った地図を貸してくれた。途中で暗くなる可能性があるのだが夜間走の準備はしていない。みやさんがライトを貸してくれた。
 俵坂峠、案外きつかった。正規のコースは363.6km地点で地方道へ入るのだが、分かりにくいところがあるので距離は長いが安全な国道を走った。

 19:20 彼杵宿郷交差点でK本さんにタスキを渡した。彼杵駅まで歩いた。駅前で電車が来てしまった。駅に入って駅員さんに「乗れますか?」と聞いたら「乗れます。そこを渡って」と言うので電車の前の線路を横切ってホームにかけあがり電車に飛び乗った。みやさんが乗っていた。みやさんはバスから私が走っているところを見かけたとのこと。
 諫早でホテルに行く前にコンビニで明日の朝食と今夜のビールとツマミとカップ麺を買った。諫早グリーンホテルでまず洗濯、体とウエアとシューズと一緒に洗った。


◇ 8月9日(火)曇りのち晴れ ◇

 3:30 起床、おにぎりとサンドイッチの朝食。トイレ。荷物を二つのデイパックに分別してつめて準備OK。昨夜洗濯をしたウエアはほとんど生乾きだが着ていたら乾いた。シューズも問題なし。

 5:10 フロントでタスキを受け取り、凛峰さんに持って行ってもらう荷物を預けた。
 5:15 みやさんと一緒にスタート。まだ暗い、東京と長崎では明るくなる時間に差がある。順調に走れた。しかし汗がすごい。雲が多くてよいのだが、それでも暑い。囲交差点を左へ。やがて上り坂になってきてきつい。時間は十分にある。上り坂は歩いた。それでも早すぎる。6:30ごろあと2km地点まで来てしまった。ゆっくり行きたかったがみやさんに引きずられて走った。

 6:55 肥前古賀のセブンイレブンに到着。Y崎さんK本さんペアにタスキを渡した。
 セブンイレブンでまずノンアルコールビール、そしてガリガリ君、それからソーダ水、いっぱい飲んだ。
 しばし休憩して松原バス停からバスで公会堂前まで移動。このバスには広島−長崎リレーマラソンのランナーがいっぱい乗っていた。バスの中でOK山さんと漫才で大さわぎ。みんな途中で降りて歩くというが私は公会堂前(眼鏡橋の近く)まで。サリーさんが一緒だった。
眼鏡橋
眼鏡橋には凛峰さんF見さんIW田さんF井さん鈴木さんが到着していた。ビール(350ml)を1本飲ませてもらった♪ 9:03 Y崎さんK本さんペアが到着。もう一度ビールを買いに行ってきてくれて、もう1本(500ml)飲むことができた♪

 9:50 みんなで歩いてゴール地点に向かう。心はもうゴールした気分、しかし歩きがつらい。荷物が重い、今日はまだましと思うのだが、暑い。 原爆落下中心地公園・浦上天主堂遺壁前  10:50 原爆落下中心地公園・浦上天主堂遺壁前にゴール。みんなで423.4kmの道を走った。

 今年も武雄のY口さんに会えた♪ K橋さん夫妻に会えた♪

 11:02、黙祷。71年前の惨禍を憎み、殺された7万4千人余の魂に思いを馳せ、平和への願いを、祈りを 捧げる。

 タクシーに分乗で「ふくの湯」へ。今年はタクシーがすぐつかまった。ビールを大ジョッキで2杯飲んだ。いっぱい食べた。ジュースも飲んだ。コーヒーも飲んだ。

 13:45「チーム絆」の仲間に来年の再会を約束して帰途についた。14:00のシャトルバスで長崎駅へ。
 長崎からは14:46の特急。博多から 17:04の新幹線。ホームの安全確認とのことで出発は遅れたが東京には予定通り22:13に到着。
 24:00帰宅した。


◇ 平和を願い、走りました。「チーム絆」のタスキをみんなで繋ぎました ◇

 4度目の「広島−長崎リレーマラソン」、戦争反対の意思を込め、平和への祈りを込めて走りました。とんでもなく暑かったけど、走りました。今年もいろんなことがありましたが、大きく遅れることもありましたが、「チーム絆」はその全部をチームワークで乗り越えました。

 この旅走りのなかで多くの方々との出会いがあり、多くの方々の励ましがあり、そして多くの方々の助力がありました。大会実行委員の方々の気遣いに感謝、素晴らしい出会いに感謝、「チーム絆」の力に感謝、そして、いま生かされ走ることができることに感謝。


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ