’00.Sep.24(Sun)

涙にむせび雨のこまち路をゆく
( 秋田100km 敗戦記 ) 


星野 晴夫

N山CJ のみなさま。
初ウル「秋田内陸リゾートカップ100kmチャレンジマラソン」、 おかげさまでなんとか完走してまいりました。

レース前、みなさまにメールで
「無理をしないで気持ちよく走れるペースで行けるところまで行き、そして当然つぶれるだろうけど、あとは這いつくばってゴールを目指す」
と言っておりましたが、まさに予想通り(予定通り)のレース展開となりました。

9月24日(日)、角館広域交流センター前、まだ夜も明けきらぬAM5時、漆黒の闇の中、降りしきる雨をついて1,214名がスタートしました。
怖いもの知らずの初ウル星野は、予定通りキロ5分ちょっとで入り、30kmあたりまで5km/25〜26分のペースで、持参した『こいのぼり』など打ち振りながら気持ちよ〜く走っていました。 「もしかしたらこのままいけるかな〜? いやそんなに甘くないはず。まして、いろいろあって秋田に向けての充分な走り込みもできなかった。いずれつぶれて、どっかでみんなに抜かれるだろうけど逃げられるところまで逃げよう。」 と走っていましたが、35kmあたりから早くもペースが落ち始め、40km過ぎの大覚峠の山越えのあたりからはもうヨレヨレでした。    50kmを過ぎると、も〜悲惨!

しかし、私にもランナーとしてのプライドがあります。   どこかの根性〜のない、名犬?小太郎の父(野田市在住 Mr.S)とは違います(!?)。「絶対完走する!」「絶対歩かない!」と心に誓い、歯を食いしばり、苦しさと、「やめたい、歩きたい」という誘惑と闘いながら走っていました。もうとっくに過ぎた限界のなか、ほとんど『意地』と『執念』だけでゴールを目指しました。
(と言っても、あちこちでへたり込んでいましたが。 (><)°。)

やはり、私にはキロ5分はオ〜バ〜ペ〜スだったようです。
悔しくないといえばウソになりますが、こうなることは覚悟のうえだったし、あまり後悔していません。
初ウルの私にとって、自分のウルトラの力がどんなものか、ウルトラの走り方とは、ウルトラの苦しさとはどんなものかを知ったという意味で、そして自分のウルトラに対する今後の課題を知ったという意味で、充分意味のあるものだったと思っています。
レースでも練習でも「(休みはしても)歩かない」が私のポリシーです。 (歩いたら『完走』でなく『完歩走』になってしまいます。  他人は騙せても、自分が許さない。 (おんなじようなもんか?))
あんな状態でも最後まで歩かず走りきれた、ということも今後の自信につながります。

まア、しかし所詮、私の実力なんてこんなもんでしょう。 (12°08' )
次回またがんばりま〜す。

もうお聞きおよびのことと思いますが、N山CJ の出場選手は全員無事完走しました。

優勝候補の聖人K谷選手は、足を痛めて55kmからすべて歩いてゴール。
(決してムチャをしないその決断力と、ゴールへの執念に脱帽です。)
20km過ぎ(?)、W加チャン(奥さん)からの情報で10位ぐらいと聞き(そのころ私もなんと30数位)、後半強いK谷さんのことだから、これはいけるかも…… しかし、スタートして7時間余り、「もうまもなくゴールする頃かな〜」って思った70km過ぎで K谷選手の後ろ姿をみたときはびっくりしました。
しかし『歩く』といっても、そのスピードの速いこと K谷さんを抜いても、次のエイドで食ったり飲んだり、へたり込んだりしてると、すぐにやって来て先に行ってしまいます。   そしてまた、やっと抜いても、次のエイドでまた同じこと。  何度かそれを繰り返していましたが、そのうちもう諦めました。「なんとか時間内にはゴールできそうだし、タイムなんてどうでもいいや」と、「こうなったら K谷さんと一緒にゴールしよう。」 
K谷さんには迷惑だったかもしれませんが、エイドで K谷さんを待って、また次のエイドで待ってと、 結局 一緒にゴールまで行かせてもらいました。
優勝タイムは7時間50分とのこと。 「 K谷さんが本来の調子なら優勝できたかもしれないのに!」と、ちょっと悔しい…

しかし、千葉県民でありながら「聖人K谷」の秋田での名声にはあらためて驚かされました。
K谷選手がエイドに到着するたびにエイドの中から「 K谷さ〜ん、ど〜したんですか〜?」「あっK谷さん、お久しぶり」「その節はど〜も〜」などと、次々に声がかかります。
過去、秋田2度優勝、富士117km4連覇等々という実績もさることながら、やはりその人柄によるものではないでしょうか。   (と、ちょっとヨイショ)
一歩先にゴールした私の横を、TVカメラがス〜っと K谷選手に寄っていきます。
さすが、秋田の英雄 日本のK谷

文豪S木選手は、例によって 『東におばあちゃんあれば駈け寄りて手を取り、西にうら若き乙女あれば手折りて胸に抱きしめん(?)』とご多忙だった様子で、ジグザグと富士117kmならぬ秋田100数kmを完走されたようであります。
K谷さんと二人で「S木さん、えらく来ないね〜。こりゃ〜また、あっちこっちでよっぽど遊んでるな〜。」と噂をしてたら、90km過ぎですっかり遊び疲れた様子でやって来ました。 「私ももう限界だから、ゆっくり一緒に行こうよ〜」と言いながらなんのなんの、ピョンピョンと飛び跳ねながら行ってしまいました。(11°47' )

現地人K藤〜選手(ゴール地点鷹巣町の隣町、二ツ井町原産)は、ほぼ予定通りのゴール。(11°04' )
さすがベテラン  しかし60km地点で私を抜くとき、もう笑顔は消えていました……
抜かれるときに「30kmぐらいまで5km25分台で行って、しっかりつぶれちゃいました〜 ははは〜」と笑ったら「ばかめ〜!」と、きついお叱りを受けてしまいました。

初ウル、H田E子選手も粘り強い走りで歓喜のゴールでありました。
さすが (12°46' )

Aクラブ、O黒M子選手は45km前後に、さすがの軽〜い走りで私を抜いて行きました。 そのフォームを見て「こりゃ〜抜かれて当然だな」と感心してしまいました。
女子5番(9°46' )、さすがです。

もちろん、T田のK美ちゃんも余裕のゴール。 (12°15' )
ダンナの、初ウル、S苗氏も50kmの部を見事にゴール。 (6°52' )

こうなると、去年70kmであえなくリタイアしたどこかの小太郎の父は、恥ずかしくて来年とても出場できないだろうな〜   ( だよね〜 フツ〜 )

かくして、夜のとばりもやがて降りようとする鷹巣・阿仁広域交流センター、PM5時8分、私の長い長い 「初めての旅」は終わりました。


秋田100kmを終えて一句。  題して

夢追い人の詩(うた) 《ウルトラランナーのうた》
                                  ( 臭〜いタイトル )
   このみちの
     はるかなはてに ゆめをおう
       あふるるなみだ あめにかくして
        
         このそらの 
           はるかにとおく ゆめをおう
             なにゆえゆくと われにといつつ

                はるかなる
                  たびじのはてに ゆめをおう
                    そこにもなにも ないとしりつつ

                              な〜んちゃって…
〜 FROM
           かくして、大はしゃぎをした秋田100kmも終わり
              『 祭りのあとのさみしさ 』 をかみしめている    星 野



(注) 個人のプライバシーのため、登場人物、走友会名は匿名としました。
    でも、ウルトラマラソンに詳しい人が読めば「K谷」さんが誰か すぐ
    わかっちゃうか…   反省。


(あとがき)
文豪S木選手は、ウルトラマラソン大好き人間で、いつも「いや〜 ウルトラマラソンは楽しい!」と言いながらあちこちのウルトラマラソンを飛び回っています。 特に秋田は地元のボランティアのおばちゃん達が明るくて、沿道のおばあちゃん達の声援が暖かくて最高だ!とのこと。
文豪S木が、『ウルトラMを楽しむ秘訣』を教えてくれました。
 (1) エイドでは、出されたものを「うまい!うまい!」 と言って食べろ。
 (2) そして「これ、ど〜やって作ったの?」 と聞け。
  ☆ そうすればおばちゃん達も喜んで、「これも食べてけ、あれも食べてけ」
  ☆ それによって、『心の交流』 が生まれる。 楽しい!
なるほど〜!  まさにウルトラの達人!


《 特別付録 》

ちょうど秋田100kmは、2000 シドニーオリンピック女子マラソンの当日でした。
自分のことより、女子マラソンのことが気になり、途中のエイドや応援の人たちに「高橋尚子、どうですか〜!?」って聞いても、みんな「さア〜?」 「なんで〜? なんでこんな国民的一大事、知らないの〜!?」 やっと50km過ぎに『金メダル』を知り、「やったー!!」    「よ〜し、俺もがんばろう!」と奮い立ったものの、哀しいかな、もはや体が言うことを聞いてくれませんでした。
しかし、高橋尚子はよくがんばってくれました。 あれだけのプレッシャーの中でちゃんと結果を出す。たいしたもんです。

それに比べて、 惨敗! 男子マラソン !
日本代表 川島選手(21位)、佐藤選手(41位)、犬伏選手(棄権)の「ふがいない走り」に涙して一句。

  最後には カワシマしょうと 走れども
   ワイナイナ いないな 見えないな
        (作戦通り日本人1位にはなったんだけどね〜 でも21位じゃ〜ね )
     
      世界3位? バブルに浮かれたサト〜くん
       名前も 走りも 甘すぎる  
            (ついでに、顔まで甘い)
          
           エネル減 Oh!つかの間の夢も果て
            負け犬 伏して 男泣きかな
                 ( 負け犬だなんてスミマセン。つい言葉のあやで… ) 

尚、読者の中に旭化成、大塚製薬関係者の方、3選手のご親族・ご親戚・ご友人の方等がおいでになりましたら何卒ご容赦ください。 文面に不見識な表現のありましたことを深くお詫びいたします。

とは言え、みんな一生懸命がんばったのです。 次に期待しましょう。 NEXT!
 
また、日本ではたいしたこと無いくせに、なぜかオリンピックになると急にがんばる、日本第4代表? 《コニカ》 エリック・ワイナイナ(ケニア)の終始レースをリードした果敢な走りに感動して一句。

   ワイナイナ 銀メダル取り
     わ〜いいな いいな!
              (字余り)


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ