2000年 さくら道270kmウルトラマラソン 

2000年 4月30日〜5月2日   

丹代 政俊   

名古屋へ

4月29日(土)晴れ

朝8時前に起床、食事をして(胚芽米に、大好きな茄子の油みそシソ風味)、電子メールと電子会議室のチェックをしていたら9時を過ぎ、9時20分近くに、どたばたと出発。
髭を剃り忘れました。
やはり、何かを必ず忘れてしまいます。 これ以上何か大切なことを忘れていなければいいのですが、、、

東京駅で醤油ラーメンを食べて(税別で750円、たかい!)
新幹線ホームへ。 こだまの禁煙車に空席があるので乗車。 ひかりよりもかなり遅いが、電車が好きだし、時間の余裕も十分。 こだまは、11時10分に東京駅を発車。 ときどきうつらうつら、でも、あまり眠くない。 案外体調は良いのかもしれません。

名古屋には、2時ちょっと過ぎに着いたので、ホテルのチェックイン前に昼食。 食べたのは、もちろん『八丁味噌きしめん』(750円、やすい!)。 ホテルでは、まずメールのチェック。 そして、「名古屋に着きましたー」と、発信。

3時半には、UMML(ウルトラ・マラソン・メーリング・リスト)の仲間が、集まるとの情報をネットで知って、名古屋駅ハイウェーバス乗り場へ、 UMMLの仲間が明るい顔で集まっていました。 マッちゃん&Wandaさんにも、久しぶりに会って、いつものギャグに大笑い。 うれしい!

ホテルで明日のデイパックの中身を考えていて、なんだか、すごく不安になります。 今年は、準備をしていて、ことごとく不安。 わくわく感より、不安感の方が大きくなっています。 自信がありません。

家に電話。

ビールを500cc飲んで、 さぁ眠れるかなぁ、 今、9時を回ったところ。




4月30日(日)曇りのち雨

4時に、電話(モーニングコール)と、目覚まし時計とが、けたたましく鳴って、しっかり起きることができました。 外は真っ暗。 しかし、星が見えません。
やはり、今年は、雨のようです。

昨夜買っておいた蕎麦とおにぎりで、ちょっと寂しい朝食。 食べながら、名古屋での、最後の電子メールと電子会議室のチェック。 そして、「行って来ます」と書いて送信。
5時半にスタート地点行きバス乗り場へ。 しかし、バスに乗れたのは6時過ぎ。 あと30分寝ていれば良かったなぁ などと思いました。


絶好の条件でのスタート

スタート時点での天候は絶好! これ以上何を望むのか! と言いたくなるほどの気象条件。 これで雨が降って来なければ、、、
今年もスタート地点で意外な応援の方に驚いたり、なつかしい人との再会でうれしくなったりで、すっかり、昨夜までの不安は、消えていました。

今年は、すごく調子がいいです(この時点では絶好調でした)。 身体が軽くて、すいすい走れる。 一宮裁判所前(27.3km)を、9時23分に通過! 今までで一番早かったような気がします。
一宮裁判所に到着


身体は正直です。本当に。

しかし、やはり、身体は正直で、ペースが目に見えて落ちてきました。 ウルトラマラソンの場合、準備不足(走りきる身体を作るための練習と調整の不足)のまま快走をすることは、できません。

全身に疲労感を覚え、私設エイドステーションでの休憩が本当に助けになりました。 疲労が眠気を呼んで、走れなくなるので、明るいうちから、トンネルの脇とか、バス停を利用して短時間の仮眠を積極的にとりました。

夕方になって、雨が降ってきました。


顕彰碑前での誓い、プリクラ撮影!?

佐藤良二さんの顕彰碑に向かい、今年も完走を誓いました。
雨は、止む気配がなく、疲労感はますます大きくなってきていました。
白鳥町の皆様の私設大エイドステーションでは、暖かい部屋のストーブで暖をとることができました。 このとき、携帯電話が鳴って、電話から明るい激励の声! うれしくなりました。 携帯電話って便利なものです。
雨は、降り続いていますが、大きな力をいただいて、「行ってきまーす」と言いながら、また走り出すことができました。
ここのエイドでは、プリクラ撮影!? をしました。
思い出のツーショットです


しかし、夜になって、一晩中山の中で冷雨にさらされたダメージは、大きかったです。 ヤッケを上に羽織っているのですが、シャツまでびしょびしょになりました。 着替えのシャツも背負っていたのですが、これも濡らしてしまうわけにはいかず、朝までびしょびしょでした。 普通の大会であれば、リタイアさせる原因として十分なものがありました。 でも、この大会は、この大会では、リタイアしたくないんです。 前へ、前へ、脚を進めました。

身体が冷えて胃をやられて、走ると胸焼け、痰を出そうとしても吐いてしまいそうになる、という状況で、歩くのですが、歩いていると睡魔に襲われて道路端を蛇行してしまう危ない状態。 しかし、びしょぬれの状態で眠ると、もっと寒くなります。 動き続けました。

雨の夜を乗り越えました。
夜が明けて雨が小降りになったり止んだり、、、 着替えて、私設エイドで、何度も眠らせていただきました。 どこで何分眠ったのか、思い出せません。 10分だったり、30分だったり、1時間だったかもしれません。 でも、その都度、毛布をかけていただいたことだけは、しっかり覚えています。 暖かさが、また走り出す力を生み出してくれました。


暗くなってからの金沢市内、道に迷いながらゴールへ

体力の消耗を最小限にくいとめるために、急坂は、歩いて登りました。 登りきって、また走り出しました。 昼になっても、エイドステーションでは、座らせていただいたり、横にならせていただいたり、、、 そして、また走り出しました。
長い、長い時間が経って、ついに、金沢市内に入りました。
2日目の夜になっていました。

夜の金沢市内を一人で走るのは、初めてでした(去年までは、明るいうちに金沢に入っていました)。 金沢の街灯は、暗くて、歩道の凹凸がよく見えず、再び懐中電灯を取り出しました。 兼六園には、何度も行っているのに、道が分からなくなりました。 交差点で、道を聞きました「兼六園下の交差点はどこですか?」、すると、「ここです」。 よく見ると、道の反対側に、兼六園の入り口が見えました。
武蔵交差点、武蔵西、白銀、六枚、中橋、二口町、、、 交差点の名前が、交差点の名前を書いているプレートが見えなくて、暗くて見えなくて、また、通りすがりの方に聞きまくりました。
でも、ペースは上がっています。 不思議なことに、脚が前へ前へと出ていきます。兼六園からゴールのルネス金沢まで1時間かからずに走ったのは、久しぶりです。

ゴールのルネス金沢に到着しました。 7度目の完走の瞬間です。 あの、初参加のときのような、長い長い旅走りの終点に着いた、という感慨がありました。 困難を乗り越えた自分への感慨が、ありました。 タイムは、37時間58分。 自己ワーストでしたが、やはり、ゴールは暖かく、歓喜に満ちた瞬間でした。 
7度目の歓喜のゴール、、、



ダメージは、大きかったです

ゴールして、しばらく座っていて、そして、立って、歩いて、浴場に向かったのですが、ただ立っているだけでもふらふらするので、簡単に洗うだけのお風呂にして、すぐに仮眠所で寝ました。
あんなに眠かったのに、深い眠りに落ちることができません。 1時間経って、2時間経って、起き出してしまいました。 もうふらふらすることはありません。 ラーメンとビールを胃に入れました。 やはり、脱水状態で口が焼けていて、あまりおいしくはないのですが、やっと水以外の食べ物を口にし、心も身体も落ち着きました。

完走をすることができて、よかったと、本当に思います。 今年は、危なかったです。 あの、初参加のときの絶望感に比べれば、まだ余裕はあったのですが、少なくとも体力的には、あのときよりも落ちています。 身体の受けたダメージはかなりひどいものがあると思っています。
今年は、あらためて、ダメージを少なくするためには、練習と体調管理が、もっと必要だと強く感じました。


データ

エントリー者数 : 239名(出走:214名)
時間内完走者 :  81名(制限時間:48時間)
時間外完走者 :  32名

・・・ たんだいのチェックポイント通過記録 ・・・
JR東海バス名古屋営業所(スタート) 30日7:00
一宮裁判所前27.3km9:23
美濃市役所前66.4km14:24
郡上八幡駅前95.5km17:58
佐藤良二さん顕彰碑(白鳥町)116.2km20:43
ひるがの分水嶺139.6km1日00:32
荘川桜(エイド)154.7km2:38
御母衣ダム163.0km4:10
白川郷分岐179.7km7:04
下梨(富山県平村)209.7km11:45
福光橋(富山県福光町)231.7km15:16
富山石川県境241.7km17:05
金沢兼六園・佐藤桜259.3km20:00
ルネスかなざわ(ゴール)266.0km20:58



付 録

これは、2000年4月30日〜5月2日に開催された大会に参加したときのFWELL(パソコン通信 NIFTY SERVE のフォーラム)、および、UMML(ウルトラマラソンメーリングリスト)への書き込みと、関連メールを抜粋、編集したものです(4月2日〜年5月8日に渡る)。


00/04/02 08:56

花粉症との戦いが後半戦に突入します。
これからは、毎週毎週、症状が改善されていきますので、うれしいです。
たんだいも、飲み薬は使っていません。
点鼻薬と点眼薬を使って、なんとか生きています。
マスクも、常時着用しています。

走るときには、大会ではサングラスを着用しています。
本当は、マスクも有効なのですが、さすがに人の目を気にして、使っていません。
練習では、マスクを着用しています。
マスクをしたままで5時間以上走ると、かなりきついのですが、走り終えてからのくしゃみ、鼻水、鼻づまりの発作が低減できるので、しばらくはマスクトレーニングです。

今月末には、名古屋に行きます。
正月に怪我をして、2月にぼちぼち走り出して、3月には、花粉症と戦いながらやっと300kmを越えました。
4月は、強化練習をするわけにはいきませんので、休日ごとのLSDを実行していく予定です。

では、月末になって、花粉症が治って、さくら道のスタートラインがある名古屋に行くのが、すごく楽しみです。


00/04/23 21:43

たんだいも、よく夢を見ます。

スタート地点に向かっているのですが、道が分かりません。
路地を歩いていたり、田舎の道を歩いていたり、川を渡ったり、しています。知らない家に入って電話をしたり、します。

スタート時間に遅れる夢も多いです。
誰もいないスタート地点に立っています。
走り出します。
今度は、コースが分かりません。
そのうち、みんなと一緒に走っています。
しかし、道が分かりません。
みんなで悩んでいます。

なぜか、一日、足止めをくらっています。
牢獄のような宿にいます。

いっぱいいっぱいあります。
よく変な夢を見ます。
やっぱり、不安なのだと思います。

でも、目が覚めると安心します。

また、長い長い道への挑戦です。
さまざまなトラブルが、必ずあります。
絶対に苦しくなります。
絶対に脚が痛くなります。
絶対に眠くなります。
絶対に食欲が無くなります。
昼は、絶対に暑くなります。
夜は、絶対に寒くなります。
でも、
絶対に金沢まで行って、笑顔でゴールをしたいです。

今年の花粉症は長いです。去年はとっくに終わっていました。
本当につらいです。
今日は、短時間ですが、走ったところ、午後から夕方にかけてひどい発作に襲われました。
いまも、目薬と点鼻薬で、やっと生きています。


00/04/23 22:27:10

毎年、スタート地点に来てくれて、
毎年、役に立つ差し入れをしてくれて、
ありがとうございます。
今年は、一緒に金沢を目指すんですね。
お互いに、良い走りになりますように。

みんな不安です。
でも、スタートラインに立ったとき、
ランナーとして、そこに立てた喜びの方が勝ります。
先に訪れる苦しみも喜びも予想を超えるものだということを知って、
開き直りと怖いもの見たさの心と慣れてしまった現実生活からの脱却と、

案外楽しい気分になります。
そして、なによりも大切なこと。
自分で決めたこと。
自分で決めた道。
自分で決めたがんばりが、
自分で決めたゴールへと
自分を運ぶ。
そして、
大きな完走への夢が実現する歓喜のゴール。

一緒に、歓喜のゴールを目指しましょう。
ずっとずっと走っていられるランナーのパラダイスで。

さくら道270kmウルトラマラソン、
たんだいのゼッケンNo.は、134です。
名古屋から金沢まで共走をするランナーのみなさん、よろしくお願いします。


00/04/25 20:35

さくら道は、
濃尾平野を走って、そして、長良川をさかのぼっていきます。
水のきれいな郡上八幡を越え、佐藤良二さんの白鳥町を越え、
北濃が、鉄道の終点です。
ここから源流近くまでずっとずっと上って行きます。
暗い山道をゆっくりゆっくり上ります。
分水嶺を越えて、山道を、ずっとずっと行くと、御母衣ダムです。
荘川桜との7度目の対面です。
荘川桜、今年は、咲いているかなぁ

白川郷は、暗いうちに通ったこともありますが、このごろは、朝靄のなかで通ります。
早朝の、静かな白川郷です。
峠を越えたはずなのに、五箇山では、行けども行けども登りが続く道。 3kmの長い長いトンネルを越えると一気に城端(じょうはな)まで下っていきます。

こんなに上ったり下ったりして、やっと石川県、と思う間もなく、こきざみにアップダウンが続きます。

本当に人生のようです。
たいらなところもある
上り坂もある
下り坂もある
そして、簡単には、終点に辿り着かない。

ひたすら、前に進みます。

テレパシーでの応援が、ありがたいです。
おもいっきりあてにしています。
ぎりぎりの状態になればなるほど、人の心が身体を動かしてくれます。


00/04/28 23:02

こんにちは。たんだいです。
明日、名古屋に向かいます。
今年は、今までの6回とは違い、花粉症が治る前に、さくら道が、やってきました。 いつも目薬は持って走っていますが、今年は、点鼻薬も持参で走ります。

たんだいは、おもいっきり臆病なのですが、今年は特に臆病になっています。 自信満々で参加したときに、一番苦しい走りでした。
苦しくて、つらくて、当たり前と思って参加すると、案外耐えられたりします。 今年は、思いっきり、つらい走りになるのだと、自分で決め込んで、走ります。

楽をすると、本当の楽しみを味わうことができないような気がします。 今の私には、苦労せずに完走できる体力がないことを知っているので、敢えて苦しむつもりです。
この大会だけは、リタイアしたくないです。
なにがなんでも、という気持ちが自分には大きな負担にもなっています。
でも、この大会ほど、完走の意味を自分の中に大きく位置づけている大会は、ありません。
走れなくなったら歩きます。
歩けなくなったら休みます。歩けるようになるまで。
歩き続けます。走れるようになるまで。

今年も、パソコンと携帯電話持参で行きますので、この会議室に、できるだけ報告を書きたいと思います。
30日の朝から1日の夜までは、走っていますから無理ですが。

旅に出ると、まとまった自由時間ができて、普段よりも書き込むことが簡単になります。
では、行ってきます。


00/04/29 18:18

こんにちは、たんだいです。
明日はさくら道270kmウルトラマラソン。
さっき、新幹線で名古屋に着きました。

名古屋は快晴です。
日向は真夏、日陰は早春、という感じです。
天気予報では明日からくずれていくとのことですが、
案外、晴れている方がきついかもしれません。
いずれにしても、金沢を目指して走っていきます。

明日の朝7時にスタートです。
金沢には、明後日の夜までにはたどり着きたいと思っていますが、案外、明々後日の朝になっちゃうかもしれません。
いずれにしても、あきらめずに完走をしたいと思っていますので、テレパシーでの後押しをお願いします。


00/04/29 20:33

ありがとうございます。
実は、走るたびに不安が大きくなっています。
なにしろ、走るたびに時間がのびているものですから、、、
距離は変わっていないのですが、変な話です(^^;

今年は、花粉症が、まだ続いています。
今日の名古屋も風が強くて、ホテルに帰ってきて、さっそく 目薬と鼻シューシューをやっています。
報告は、余力があれば、2日の朝までには書きたいです。
1日の夜に書ければすごいんですけどね。


00/04/30 04:45

今、まだ外は真っ暗です。
星が見えません。
曇っているようです。
雨対策が必要です。

花粉症は、雨でも出ますので、あまり関係ないのですが、
暑さがこたえます。
昼の雨は好きです。
地図は、ポリ袋に入れて持つことにしていますので、
なんとか、見ることができます。


00/05/02

夜の山の中で、冷雨はこたえましたが、テレパシーのおかげで、完走できました。
今年は特に、練習と体調管理をきちんとしていないと、いかにひどい目にあうかを、また思い知らされました。

簡単な報告をホームページに書きました。
見てみてください。


00/05/02

花粉症は、どうも、一旦花粉を吸い込んで発作を起こすと、2〜3日は、続き、朝晩特にひどい症状が出るようです。
たんだいの場合、日曜日に大会で走ると、その日の夜から翌朝にかけて、もっともひどい状態になります。
また、雨の日は、気温のせいかどうかよく分からないのですが、鼻づまりの症状が晴れているときよりもきついです。
今回は、夜、寝ていて鼻づまりで苦しかったです。

雨の中では、雨滴がついたりして地図が見えにくいです。
たしかに完全防水じゃないし。
山の地図みたいに合成樹脂シートの地図だといいんですけどね。


00/05/02

夕方から降り出しました。
奥美濃の、これから山、というあたりでした。
雨は一晩中降り続きました。
夜が明けて雨の回数が減ってきて、陽がさしてきました。
富山に入ったあたりでは、日射しで首筋が焼け、痛いほどです。
気温は低い(20度Cくらいだった)のですが、暑さがこたえました。

夜の雨の中では、下着シャツ+Tシャツ+防水スプレー処理のヤッケ+ロングタイツでしたが、シャツまですべてびしょびしょで、休むとどんどん寒くなる状態でした。長袖シャツも持っていましたが、これは、走れなくなったときの非常用で濡らすわけにはいきません。

朝になって、雨が上がってからは、Tシャツ+短パンになりました。 濡れたシャツやタイツやヤッケを全部背負って、今度は荷物の重さも、かなり負担になりました。


00/05/03

あの時点(郡上八幡から出たところ)では、いつもペースアップをするポイントだったので、全然寒くなかったんです。
しかし、たしかに、あの時点で濡らしたシャツが敗因だったと思います。
もう一枚シャツを持つべきでした。

ライトゴアというのが、良いみたいですね。
たんだいは、安くて軽いという条件で買ったヤッケを2回目から使っていますが、体力のあるうちは良いのですが、そろそろ考えなければ、と、思っています。
重いポンチョも、さくら道用に持っているのですが、よっぽどの寒さでなければ背負って走ろうという気にはならないほどの重さです。

仮眠をとったのは、びじょびじょになっていない時間帯のみです。
びじょびじょのときには、眠るためには着替えが必須でした。
動き続けていればしのげる程度の寒さだったこともあって、朝になって着替えるまでは動き続けていました。

実は、帽子が眠気の原因かと思えることがありました。
雨対策のために帽子をかぶるのですが、かぶると眠くなる。
とって、頭を冷やすと目が覚めるってなぐあいです。
たんだいの場合、寒いときよりも暖かいときの方が眠気を感じるようです。


00/05/04 21:50

今日の昼は、まだ胃が治っていませんでしたが、今は、かなりいいです。
昨日までは、塩味が感じにくくて、なんでも醤油をかけたくなったり、甘味が感じにくくて、せっかくの加賀のお菓子の味が薄く感じたりしていましたが、これも、今日は大丈夫です。
脚のほうも、筋肉痛はとれて、深部に疲労感が残っているのみなので、今週末から、また、チャレンジ皇居50キロを意識して、走り始める予定です。

では、良い走りを!


00/05/05 11:23

さくら道は、たしかに、100kmロードレースとは違う世界ですね。 また、それぞれの参加の姿勢もエントリー者239人の239種類があると思います。
タイム短縮を目標にする人、「優勝」を目標にする人、時間外であっても、とにかくゴールを目標にする人、時間内完走を目標にする人・・・
さくら道は、ロードレースとは違いますね。さくら道は、さくら道です。

たんだいは、時間内完走を目標にしています。
それが、佐藤さんと小野さんの遺志を引き継ぐために自分ができることだと、勝手に思っています。

たんだいの初参加(1994年)のとき、かなり厳しい状況になりました。
一晩中雨に打たれ、体温もエネルギーも気力も奪われて、自動販売機横のベンチにうずくまって、奥歯をがちがち言わせていました。
他のウルトラマラソン大会で、リタイア経験が無いわけではないし、やめてもよかったのですが、「この大会は完走しなくてはならない」という決定が、心の中で、なされていました。
白鳥のエイドで町の方々や佐藤さんのゆかりの方々に完走を誓ったことも大きかったです。
朝になって、スタッフの方からポンチョを貸していただいて、とことこ歩いていて、とことこ走れるようになって、、ときどきバス停で死んだように眠って、寒さで目が覚めて、またとことこ歩き出して、、
当時のゴールは金沢駅前でした。
涙を隠さずにゴールしました。
雨が、だいぶ涙を隠してくれましたが。

身体に悪いです。
さくら道は、すごく身体に悪いです。「なにがなんでも」というのは、本当に身体に悪いです。
でも、たんだいは、来年も行きます。
来年は、今年の反省点をフィードバックして、もう少しうまく(技術的に)走れると思っています。
むちゃくちゃ身体に悪いのですが、何かに憑かれたように、たんだいは来年も、金沢を目指して走っていると思います。


00/05/06 10:18

さくら道に命を懸けているつもりはありませんので、だめなときには撤退をするつもりで参加をしています。
身体が動く限りゴールを目指しますが、脚や内臓に回復の見込みがないダメージを受けたときにはリタイアをします。
ウルトラマラソンランナーは、冒険家と同じで、無事に家族のもとに還ることが最も大切だと思っています。

ちなみに、たんだいは素足で走っていますが、背中のデイパックにはソックスも入っています。 長袖シャツと一緒にポリ袋で防水して、、 この中には、包帯も入っていたりします。

去年は、さくら道から還ってきた翌朝から仕事で、きつかったのですが、今年は、GWを楽しんでいます。
3日には利和子さんと映画デート。
昨日は近くの塩船観音寺へ行きました。
ここは、つつじの名所で、つつじまつりが催されていました。
日射しが強すぎて、ちょっと元気のないつつじに見えたのがいまいちでしたが。
のんびりしていて、胃も脚も治ってきました。
今日は、少し走ってみようと思います。

では、来年は、一緒に金沢を目指しましょう!


00/05/06 10:18

はい。今年は、しっかり大会後の休養がしっかりできて着実に回復しています。 今日からランニングを再開する予定です。

ランナーって、走っているときは一人だけど、こうやって、おめでとうって言われたりして、すごくうれしくなるんですよね。
こんなふれあいも、完走しようというエネルギーになっています。

では、お互いに、良い走りを!


00/05/06 10:18

夜は寒いですね。
晴れていると、気温がすごく下がるときがあります。
萩は、「絶対に道に迷う自信がある」たんだいには、とても走れない大会だと思い込んでいるため、参加しようと思ったことがないのですが、小判鮫走法をやれば行けそうですね。考えてみようかなぁ。
実は、道が分かりやすいと言われているさくら道で、今年も道を間違えました。
7回目なのにね。
特に、夜の金沢市内は、不安のかたまりで、道を聞きまくっていました。
7回目なのにね。


00/05/06 14:23

美濃市役所、郡上八幡までのペースは、一昨年のペースと、同じでした。
あのペースで、一昨年は、トップでゴールしていました。
遅いと感じるペースでしたが、さくら道を走るペースとしては、早かったと思っています。

たしかに、「なにがなんでも」というのは、危険です。
無事に家族のもとに還って、そして、社会生活にもどることが、最も大切なことだと、私も思います。

時間外完走の是非については、さまざまな考え方があります。
さくら道では、他の海宝さん主催の大会同様、完走したいという意志のあるランナーが走り続けているかぎりゴールを閉めません。
海宝さんは、口では、「非常に迷惑な方々です」と言いながら、いつまでもランナーのゴールを待ち続けます。
関門を作って収容しちゃうよりも何倍も勇気が要る行為だと思います。
酒井さんは、黙って、いつまでも、兼六園下で待っています。

時間外完走=ハイリスクというのは、交通規制をして開催しているエリート大会に近い大会の場合にはあると思いますが、さくら道の場合には、そう言い切れないような気がしています。

私自身、仮眠をとらずに記録を意識して、ふらふらと道路を横断していたときの方がハイリスクだったと思っています。
まぁ、さくら道は、参加すること自体ハイリスクだと思います。
それだけに、冒険の旅に近いわくわく感と不安と達成感があります。


00/05/07

今年は、新年早々ドジをやりました。
1月2日、御岳山という青梅市の山にある御岳神社まで初詣ランをしました。
御岳神社からの帰り道、青梅市街を過ぎて、東青梅というところで、脇見走行をしてしまって、ポール(電柱ではなかったので、たぶん街灯の支柱)に激突!左胸を打ってしまいました。
頭を打たなくて幸運だったのですが、胸がすごく痛かったです。
突然、バンッと止まって、一瞬、何が起きたのか分かりませんでした。
一緒に走っていた利和子さんは、このとき前にいたのですが、車にぶつかったのかと思ったそうです。
2年前にも、胸を怪我して、医者に行って、肋骨の軟骨損傷とかいう病名で、「胸は呼吸している限り固定はできないので、痛いのを我慢していれば治ります」と言われました。
結局、完治には3週間ほどかかっちゃいました。

1月は月間163.7kmしか走れず
2月になって、やっと224.9km、
3月には、花粉症と闘いながら、305.3km!
4月は、さくら道での一気走を加えて、やっと428.3km。
この間、スピードは全然出なくて、スタミナもなくて、最悪でした。
でも、精一杯頑張っての完走ですから、とっても嬉しいです。

みんな、生活の中で、いろんな障害があって、それぞれに工夫をして参加をしています。
プロじゃないから、みんな仕方のないことだと思います。
今の自分の状態で、ここまで来ることができた! って、いちいち喜ぶことにしています。


以 上



完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ