さくら道 時間無い〜!
もとい、 時間内完走記


2002年 4月28日 〜 30日

吉冨 洋子 ( HIROKO@なにわ )
☆ プロローグ ☆

「やっぱり折れてるわ〜」「ええ?!」
それは、一年前の癌の宣告と同じ程のショッキングな出来事であった。
10月の終わり、練習中に突然お尻が痛くなり、その後痛みがとれず、病院でレントゲンの結果、筋を痛めたと診断され、その後ジョグは止めてジムでのトレで回復を図るも何時までも痛くて走れず。おかしいなともう一度違う先生の診療の日に調べてもらった12月半ば、無残にもレントゲン写真は疲労骨折をくっきり写しだしてくれていたのだ。

癌から1年、やれる時にやりたい事をして悔いのない人生を送ろう! とさくら道に申し込んだのが9月初め、その夢が音を立てて崩れていくようで頭が真っ白になり、家に帰って友人達にさくら道断念のメールを書いた。 でも、皆は「最後まであきらめないで、がんばれ!」と励ましてくれたので、1月いっぱいはジョグ禁止でも、水泳や筋トレで筋力や心肺の低下を防ぐ努力をし、2月初めからそろそろとジョグ&ウオークを様子をみながら始めた。でも、骨折後の痛みはひどくマラニックに出た先で走れなくなることもあり、悔しくて泣きながらとぼとぼ歩いて帰る日もあった、、 やっぱり無理だ、骨が折れてたのに、4月末に270kものレースに出られるわけがない、、 おまけに癌からまだ1年、抵抗力も人より劣っているし、一年早かったのではないだろうか? そんな弱気が何度も顔をのぞかせるも、「いや、来年は癌が再発しこの世にいないかもしれない! 2002年のさくら道のチャンスは今しかない!」 また、この夏天国に旅立った父にさくら道を走ると誓ったのだし、父が昏睡状態になったとき、何度も徹夜で介護をした経験を無駄にするな! と自分を叱咤激励し、痛みが酷い時には休み、ましなときには練習するという自分のできる限界の中でせいいっぱいのことをした。

3月末にはKadoさんに誘っていただいて、ウルトラの強豪の諸先輩方に混じっての淡路マラニック、流石に120kで坐骨の痛みがきてやめたものの、ある程度のナイトランや長い距離の感覚がつかめ「もしかしたら完走できるかもしれない」という希望がわいてきた。

しかし、4月に入り家庭や仕事の諸事情で、さくら道参加に暗雲が漂いだし、体も調子を悪くし眠れない日も多く、何度もあきらめかけたが、天は我に味方した! レース前の自転車操業で店の金銭の遣り繰りも出来て行けそうな具合になり、かなりの疲労が溜まった状態ではあるものの、なんとか名古屋入りとなった、、


☆ レース前日 ☆

名古屋の友人路加さん、みるくさんが今度のレース、車で要所要所で応援してくださるというありがたい申し出! 個人サポートは禁止されているので応援だけお願いしますということでどこで応援し、写真撮って親友のなおちゃんのHP「もも組み」に通過状況をカキコしようか等の打ち合わせを、私の大好物の名古屋名物あんこトーストの食べられる喫茶店で行い(これがまたうまい!元気の源!皆さんも名古屋お越しの節はぜひどうぞ!)準備万端! 地図を入れるビニールケースも東急ハンズでゲットし、路加さんにホテルまで送ってもらってチェックインをした。 それから、あこがれのたんだいさんととうとう2年越しの念願かなってご対面! 想像とおりの知的で陽気でトップアスリートの貫禄を感じさせるとても素晴らしい人だ。 たんだいさんに案内してもらってUMMLの皆の待ち合わせ場所へ、そこでたくさんのアムラーの人と楽しい再会やら初めましての方やら楽しいひと時、、 驚いた事に、先月癌の手術を受けられたK谷野さんもいらっしゃる! 「歩いてでも参加できれば」とこられていたようで、その精神力の強さに感動してしまった。 目がきらきらと輝き、とても生き生きした表情が印象的だ、、(結局やむなくレースは辞退されたが、応援サポートとしてランナーを励ましてくださった! 感謝! )

皆と別れた後、たんだいさんと名物味噌煮込みうどんを食べながらいろいろアドバイスをもらい、もう気持はすっかり完走した後のルネス金沢へ、、 その後コンビニで明日の朝食を買い、ホテルでお風呂に入り明日の準備もしてさあ寝ようと思いきや全く眠れない、、

こんな時の為にと病院でもらった睡眠薬を飲んでもすぐに目が覚めてしまう、、 まだ30分も寝ていない、、 もう1錠仕方なく飲むが、また30分ほどで目が覚めてしまう、、 酷い興奮状態が自分でもわかる。 もう開き直り、明朝するつもりのテーピングをしよう! 初めて買ったマイナスイオンテープ。 背中になかなか手が届かなく、真夜中にヨガのポーズのような格好で悪戦苦闘してテープを貼る私、、 なかなかむつかしい(涙) まともに貼れてるのだろうか? 隣の部屋に乱入して泊り客をたたき起こし「ちゃんと貼れてますう?」と見てもらいたい衝動に駆られるが、それでは近所迷惑な変質者である。 今日のところはこの位で堪忍したろ!? その後横になり、本を読んだりゴロゴロ寝返りうったりしながらとうとう眠れぬまま4時になり、仕方なく朝食を食べてストレッチをして出かける支度をする。 ああ、これから48時間眠れないかもしれないというのに〜!(ほんまにこの後48時間一睡もできへんかったわい〜!)

たんだいさんと待ち合わせてJRバスのお迎え地点に行き、バスで東海バス営業所へ。 そこでは受付をしているたくさんのランナーに出あう! 巨人軍団H野さんともやっとお会いでき本当にうれしい! もも組みフラッグまで用意してくださった! 興奮は最高頂! しかし、皆リュックが軽そう、、 私だけなんでこんなに重いの? と受付横の計りで計るとなんと3kgを越えてる!(@ @) あれだけ、リュックは軽くしようと思ったのに! なんてこった! インディアンのような羽をつけた名物ランナーT沢さんが完走請け負いプレートを配っておられたので有難く頂く。 リュツクに貼り付けると完走した気分になった?!(単純!)  そして記念撮影後いよいよスタート! 路加さんとミルクさんにも送られいよいよ長い旅の始まりだ、、


☆ 明るく元気な序盤〜岐阜から郡上八幡へ(95k) ☆

さあ、スタート、、 でも思ったよりペースが速い気がする? あれれこれってキロ6分だよね、、 それでも、皆それで走っているのでまあいいやとそのペースでいく、、 たんだいさんはさすが有名人、続々と色んなランナーが話し掛けてくる。 女性ファンもたくさんで、一緒にいる私って何者? と視線ビシビシ(こ、怖!) Tomiさんたまごんさんも前後して走るが、非常に調子がよく、今のペースで本当にこのまま270k走れてしまいそう、、 時折日差しがきつくなる時もあるが、熱さは気にならないので快調に走る。

途中ヒップバックで走るランナーがいて驚くが話をしてるうちに、「え?ひろこさんて、ひろけっぴ〜さん?」、「ん?何でその名を?」と驚くと「標です!」ええ〜! 以前参加していた「マル高ランキング」でいつもトップを独走していたあの有名な方ではないか! こんな所でお会いでできるとは感激! 緊張のあまり「こんな格好で失礼いたします!」と頓珍漢な受け答えをしてしまい、、周りに笑われる、、、 そのあとUMMLでもよくお名前をお見かけするK園さんにもお会いでき、のうてんき1号さんもいいペースで挨拶をされてすっと抜いていかれる、、 はや〜イ! いつもMLや掲示板だけで面識のない方ともこうして御遭いできる大きなレースって本当にいいなあと感激であった、、

ところが、このあたりからたんだいさんの様子がおかしい、、眠気と疲労があるようだ。 お忙しい中走る時間をつくられ、今回も疲労があるままのレース参加のようで辛そう。 休憩の時間が時折必要となる、、 大丈夫かなあ、顔色も悪そう、、 しょっちゅう道端の水道の水を被ったり飲んだりされている。 かなり眠気がひどいようだ、、

途中私設エイドがたくさんあり本当に助かる、、 食料は全てコンビニで調達とばかり思っていたので、ほんとにありがたい! お絞りなども用意してくれるところもあり本当にうれしい! 「一の宮裁判所前」エイドでもパンやら軽食をいただき、途中40kで応援の路加さんの写真も元気顔で写してもらい楽しいペースのままどんどんレースは進んでいく。

前後して韓国からのランナーが5ミニッツウオークでジョグを混ぜて走っておられる。 私はハングルといえば「アンニュンハシムニカ」と「コピチュセヨ」くらいしか知らないのだが笑顔は全国共通である。 韓国の選手は皆、蛍光ピンクの半袖に下は横に赤のアンダーラインのタイツをおそろいで着ている。 チームウエアだろうか? 格好いい人が多い!

途中コンビニで小豆アイスを買い、あんぐり口をあけると、もも組みのなおちゃんからたんだいさんに電話が、、 順調に楽しく走ってるよ〜と答え、その後も快調に進んでいく。 このまま何もなく走れればいいのに、、

60kあたりで「関」の高架下のエイドがある、 ここはものすごい充実しててついつい西瓜2切れに御握りにオレンジにトマトに漬物に最後の一つの杏仁豆腐とアホほど食べてしまう、、 流石に食いすぎ、苦しい苦しいとふうふう言いながら進むと川沿いに鯉幟が! おみごと! もう少し行くと80k手前位の「道の駅美並」の向こうにマッサージサービスがあるのでお願いする。 どうも私の弱点の左の太ももの張りが気になる、、 軽くマッサージしてもらう間にたんだいさんは眠っておられた。 かなり疲労されてるのだなあ(心配)ここで路加さんがPCで「もも組み」HPの掲示板の皆の応援カキコを見せてくださった! ああ!うれしい! 路加さんが報告してくれるので皆が同じようにレースを体感して応援してくれてるのだ! う〜んインターネットって凄い!


☆ とうとうたんだいさんとも離れ別行動に ☆

郡上八幡(95k)〜佐藤良二さん顕彰碑(116k)
少し日も翳りだし寒くもなってきたので、ドライブインで長袖をつけてヘッドライトも装着し、コンタクトを眼鏡に替えて走るが、足元がどうも慣れなくておぼつかない。 暗いと見えずらいし、気をつけなきゃ、、 しかしこの眼鏡が後で窮地を招くとは。

そしてすぐに郡上八幡のエイドが、、(95k位)
ここまで13時間弱くらいで来てるので余裕はあるので食事をしっかり取ろう! 本当に美味しそうなものがいっぱい! うれしくて豚汁とお汁粉をいただく。 お汁粉は餅でなく白玉のようなもちもちしたのが入っててすごくおいしい! ああ〜ランナーになんて優しいのかしらん、、 お食事は取れるうちに取っとかないと後半受け付けなくなると聞いているのでばくばく暴れ食いしてしまう。 また苦しくなるってば!

しかし、その後たんだいさんがますます調子が悪くなりだし、休息を取って横になったりしだし私も横で待っていて良いものか、どうしてよいものかとても悩む。 私がずうずうしく御一緒させてもらってるものの、もしかしてプレッシャーになっているのかもしれない。 別行動をして、たんだいさんはご自分のペースで走られたほうがいいのか、どうしたらいいのだろう、、 こうしてじっと立っていると冷え性の私は体が冷えてきて辛い。 疲労骨折跡も冷えると痛み出すだろうし、不安でいっぱいになる。 本当にどうしよう、、

その後何度かたんだいさんは分睡されているうちに、いよいよ佐藤良二さんの顕彰碑近くになる。 ああ〜うれしい、とうとうここまで来たぞ! 狭くてかなりの上りなのでゆっくり歩いていく。 この時たんだいさんが自慢の歌を披露してくださる。 これは貴重な体験! なんかますます気持が盛り上がってくるし、多くのランナーとすれ違う。 いよいよ登りつめた所に顕彰碑が! たいまつを焚いてくれて素晴らしい演出となって現れた!

しばし感動! その後写真撮影をしてもらい、折り返してもどると公民館にエイドがあり、ここではおじや2杯とおでんをたくさんいただく、(卵、蒟蒻、牛蒡天、味噌味)でも、たんだいさんは具合が悪くあまり召し上がらず仮眠室へ、、 私もおなかいっぱい食べた後仮眠室に行くが、いっぱいで毛布も座布団も無い状態。 そのまま空間を見つけ横になるが、毛布無しでは寒気がする。 仕方なくたんだいさんにそろそろ行きたいと伝え仮眠室を出て再び走るも、とうとうたんだいさんは再び眠気で動けず、先に行くようにおっしゃられた、、 ああ〜、本当に今までご迷惑をおかけしてしまって申し訳ない気持でいっぱいになる、、 なぜ自分から申し出て、たんだいさんの負担を減らすように出来なかったのか!? 自分の人に頼り切るなさけない性格を心から反省する。 せめて今までのご恩に報いるにはがんばって完走するしかない! できる限り距離を稼ぎ、つぶれたら最後歩いてでも這ってでも辿りつく作戦に出ようと夜道を急ぐ。


☆ ひるがの高原〜荘川桜(155k)への可笑しなナイトラン ☆

と先に見えるはWandaちゃんではないか〜。 そういえばさっきのエイドででかい声が聞こえてきたな〜! お〜い!ワンダワンダ♪とコーヒーのCMのように声をかけもう一人の男性と共に一緒に走る。 途中一人で調子に乗って先に行くとお約束の迷子になってしまい、慌ててもどって一緒に走ることにする。 ああ危なかった! そのままかなり傾斜のキツイひるがの高原の山越えが始まるがWandaちゃんともう一人の男性と3人で励ましあいながらなのでさほど辛くない。 そのうちマッちゃんとたまゴンさんにも合流、たまゴンさんは淡路マラニックの時に使用していたMD搭載でBGMを流してくださった! お陰でますますパワーアップ! 苦しい上りも「猪木のテーマソング」で猪木〜! と叫びながらなのであっというまに登り切り、分水嶺に到着!

その向うのエイドで愉しみにしてたM口さんの美味しい「てぬきうどん」を食べ、さあ! これからは下って荘川桜だ! あと2時間ほどで着けるだろうと言われたので5時半には拝めるぞ! そう思い、夜道を下りだした途端! 「ああっ!」眼鏡でいまいち遠近感がおかしく、でこぼこ道でつまずいて吹っ飛んでしまった! 痛い! 気がつくと酷く転倒している。 皆も心配そうに見るので「大丈夫!大丈夫!」と笑って答えるもかなり動揺している、、 以前レース前に転倒して、甘く見てかなり長い時間走れなくなった憶えがある同じ右膝。 ものすご〜く嫌な感じ、、 でも、荘川桜までは下りだしだましだまし走ればいいやと自分に言い聞かせ、得意の下りを右足に負担こないように、走り出す。 どうかあと130kもって〜!

おまけにトイレまで行きたくなってきた。 気温5度だもんなあ、、 走ってると寒さはそれほど感じないが、歩いたり止まったりしたらかなり堪えそう、、 トイレもそのうちあるだろうと行けども行けども全然無い! ぐあああ〜限界! ついつい速いペースになってしまう、、 わ〜ん、膝が! と思うとやっとトイレ発見。 ほっとして用を足すと後ろからのWandaちゃんと合流。 道が不安なので一緒に行き、道を教えてもらいながらとうとう荘川桜に到着!

素晴らしい満開! そしてあのダム工事から守られた素晴らしい大木を目にしてしばし感慨にふける、、 そこでまた路加さんが待っていてくれて記念撮影。 エイドでまたうどんとクッキーとパンを食べてふと気がつくとこけた膝に血がにじみ、大事な高いCWXタイツが破れている! ああ〜打撲だけだと思ったのに、これはますます痛い! 一万二千円もするのに〜! ふん、大阪帰ったら、ちくちく縫ってまたせこく穿くもんね〜、、

Wandaちゃんに先に行ってもらって膝にシップを、ついでにマイナスイオンテープも太ももに貼ってこれからの下りに備える。 さあ、走れるうちに走ろうと再びスタート。 しかしこれからが地獄の始まりとは、、


☆ 荘川村〜白川郷への天国と地獄(160〜180k) ☆

すぐにトンネルが始まる。 全部覆われたもの、片側から日がさすもの、色々なトンネルが続く。 その中で非常にせまく、トラックがすれ違えないトンネルに遭遇。 そこでは車がスピードを上げながら通るのがものすごく怖い! トラックもものすごい警笛をバンバン鳴らしながら通るので共鳴して凄い音になる! 何度もそんな思いをするうちに、オレンジのライトに足元の悪い狭い歩道で気持が悪くなってくる、、 少し休もうかとトンネル抜けたところで横になるがしんどさは変わらない。 却って時間ロスが気になりまた走り出すが、もういい加減トンネルに嫌気がさし、スピードを上げて抜けきろうとダッシュ! すると心拍が下がらなくなり目が回ってきた、、

ああ〜どうしたんだろう?
トンネルを抜けて歩きだすが、それでも心臓の鼓動は収まらない。 物凄く気分が悪い。 どうしようどうしようと思うとすぐ眼の前に発電所のエイドがあらわれた! 助かった! 倒れこむようにエイド横に敷いてある畳に横になり毛布もいただいて横になる。 それでも心拍は下がらず目が回ったまま、、 ああ、もうダメだ、、 心の底からそう思った。

すると携帯が?なおちゃんからだった、、 苦しい状況を説明すると「休んでええからゆっくり休んだら、ウルトラランナーは必ず持ち直すから」と励ましてもらう、、 ああ〜まさに天使の言葉のよう〜! 涙がにじむ、、 そうしよう。 まだ時間はあるんだ。 休もう、、 そのまま横になりじっと我慢する。 30分くらい経過。 続々とランナーがやって来て去って行く気配だが、動くこともできず目がまわったままだ、、 辛い、、 が、そのうちに回りの会話が耳に入る 「何?今どこ?ひるがの高原登ってるところ?足を故障?」 ん?どっかで聞いた声?と思いきや携帯で電話中のN野さんだった。随分先に行ってると思っていたけど、どこかで休憩されていたらしい。 起きて見ると、マッちゃんやO平さんもいる。 う、恥かしい姿を、見られてしもうた、、

O平さんが「今なら残り全部歩いても時間内に完走できるんだけど、、」と励ましてくれ、 マッちゃんが「低血糖かもしれへんからチョコと暖かいお茶飲み!」と持ってきてくれる。 涙がチョチョ切れるほどうれしい。 N野さんから「H野さんがひるが野で足を痛めて完走は無理かもしれない」と聞く、、 ああ〜なんと惜しい! せめてH野さんの分もまだ怪我がましな私はがんばらないと〜 と思う。 そろそろ立ち上がるとなんとか歩きならいけそう、、

そこへ今度はたまゴンさんもやってこられた。
たまゴンさんも足の甲がおかしくなり走ることができないという。 このまま後100k歩いてゴールを目指すというので私もがんばろうと歩き出すことにした。

しばらく歩いていると田口建設のエイドがあるので水や軽食を補給。 当分エイドもないし注意しないと、、 かなりの照り返しに水を大事に大事に飲む。 でも、やはり咽はかわく。 それに、歩く20kはなんて遠いのだろう、、 走れば2時間なのに、、

途中、股関節を痛めて走れない女性ランナーと合流。 ゼッケンが一番違いで親しみがわく。 ぽちぽち歩いていると目の前に雪の残ったアルプスが見え、すばらしい眺めである。 走っているとわからなかった景色も歩くと本当によくわかる。 もうすっかりハイキングモードでその女性と色々話ながらなおも歩くと、後ろから「復活〜!」とVサインのTomiさんが爆走していきはった「なんぢゃありゃ?」思わず口がO型になってしまう(笑

ようやく白川エイドに行くと「やっぱり沈没や〜」とTomiさんが座っているので爆笑! ほんまに楽しませてくれはります、、 エイドではおいしいそうめんやクッキーをいただき一息つく。 もう少し行けば白川郷の合掌集落が見えるはずだ! 楽しみにしていたので、がんばって歩く。 流石に観光地だけあってたくさんの人のいる中、歩いて文化遺産を見学。 車でもないと来難いところだけにもうけた気分になった?!

その先のコンビニでまた路加さんが待機してくれていて、写真をとってもらう。 でも、この頃からまたもめまいが、、 熱さで日射病になったのかなあ。 コンビニで氷を買い頭を冷やすがやはり気持が悪い。 少しまた休もうと、皆には先にいってもらい、すぐ側の神社の境内で横になる。 少し寝ればいいかなあと思うが横になった途端すごい吐き気がして我慢できずにさっきエイドで食べたものを全部吐いてしまう。 苦しい、、 スポーツドリンクを飲むがそれも吐いてしまい、胃の最後の胃液の一滴まで吐いて吐いて、やっと収まる、、 ぼ〜としてるとゲロが自分の方に〜! うぎゃ〜と避けて避難する、、 あぶな〜! そのまましばらくうずくまっていたが、もうふらふら、、路加さんミルクさんがとても心配してくれるが、もう出ないと時間がない! 仕方なく歩き出す横を心配そうに一緒に歩いてくれる。 そこへ後ろからM地さんがじょうじょうさん伴走でやってきた! 「M地さん! がんばって〜。 私、こけてしもうて打撲で走られへんねん!」と言うと「まだまだ歩いても間にあう!がんばれ!」と声をかけてくれる。 うう、がんばらな、、あの 長居練習会で誓ったんや! とよれよれながらも闘志が湧いてきた。 とにかく前に前に行こう!


☆ トンネルにつぐトンネルでたんだいさんと再会 ☆

その後、路加さんたちに先に行ってもらい、再び一人で歩きだすも、どうも頭がふらふらして思考力が低下しているらしい。 地図を勘違いして飯島トンネルに入らずに横の山道に入ってしまう、、 ぼ〜としてるのでしばらく間違いに気がつかなく、誰もこないのがおかしいと前からきたバイクのおやじさんを制止! 地図を見せてものすごい勘違いに気がつく! げげ〜! と親切なおやじさんに道案内をしてもらい、もう一度飯島トンネルまでもどる。 ああ〜こんな遠くまで来て迷子王を広めてしまうとは〜! 恥は関西圏だけにしておけばよいものを〜。 本当に親切な地元の人に感謝ですが、恥ずかしいよう、、 そしてトンネルから入りなおし。 もう取り返しがつかないくらい時間ロスしてしまった。 どうしよ〜(涙)

おまけにトンネルの長いこと長いこと、出たと思うとまた次のトンネル! 何なのだこれは! それに、脱水症のため咽は渇くが飲むとすぐに出てしまう。 もう工事現場のトイレやら最悪の場合はこっそり山道に入って用を足すありさま、、 この年になって外ゲロと外ションを体験してしまうとは〜! 幼稚園以来ではないか! 超長距離は奥が深いわい。 と感無量の私、、

幸いトンネル内は涼しい為、頭のボケボケは少し納まる。今の内に少しでも進まないと、、 でも、飲んでは出て飲んでは出てではたまったもんでない。 一度するも2度するも同じ事! とすっかり開き直り、抵抗なくそこらでしまくる、、 まるでこれではお散歩のわんちゃんではないか!(電柱にはしないものの〜)男性は何処でもできていいな〜。 いくら何でも、一応女のはしくれなので、人目のつかないところまで行かないといけないのでますます時間のロスになってしまう。 焦るが全く距離は進まない、、 まさにアリンコの歩み!

そんなときの慰めはもも組みの皆からの応援メールである。 たくさん入ってる、、 ああ、こんななさけない状態だなんてレスできないよ〜。 皆の応援に応えてがんばって時間内ゴールしたいんだけど、もう可能性は半々だ。 ああ〜。 大阪にこれじゃ帰れないよ〜。

いくつかの橋を抜けトンネルを抜け、190kくらい来た橋の上で後ろからやってきたランナーに「心臓は大丈夫?」と聞かれた。 ん?なんで私の心拍上がって苦しかった事知ってるのかしらん? 顔面に「私は心臓が苦しいですウ」って書いてあるでなし、この人は超能力者?と思いきや、そのランナーはたんだいさんであった! 感動の再会! 地獄にホトケ、、


☆ 時間との戦い、もうアカンの連続 ☆

椿原ダム(190k手前)〜こきりこの里〜下梨(210k)〜五箇山(220k)
聞けばたんだいさんも転倒したり脱水になったりの苦労の連続でここまで来られたらしい。 でも、私は、足も痛めていてもう歩く事しかできない。 たんだいさんは休み休みでも走れるので、どうか先に行ってくださいと言うが、「今からなら時間内完走間に合うからあきらめないで!」と励まされてなんとか歩く。 でも、またもトイレにいきたくなる。 さすがにたんだいさんの手前なるべくトイレがあれば全て行くが、とうてい間に合わないくらいの状態が! 「花を摘みに、、」なんて言うてる間もなく、「ちょっとすいません」と猛ダッシュで消える私、、 バレバレや〜。 恥かしい! でも、恥より時間のロスのほうが問題である!

途中楽しみしていた豆腐丼の店(たんぽぽ)もあるがとても食べてる時間が無い! ああ!豆腐丼よさらば! 後ろ髪引かれる思いで立ち去る(涙) こんな状態でも食い気は去らない。 おなかは減るけど、またもどすのも怖い。 外ゲロ姿までたんだいさんに見られてはダムに飛び込み自殺したくなってしまう(泣) かろうじて水分を取りながらどんどん進む。

途中でバイクで応援に駆けつけてくれたNAMIさん登場! 格好いい! 「膝は大丈夫?」と心配してくれるも、もう膝どころでなく全身くまなく痛いです! うう、でも、元気でました。 がんばろ〜!

しばらく行った「こきりこの里」あたりでかなりいいペースで走っていた筈の女性ランナーが歩いている。 話し掛けると「眠くて眠くて」と言われるので一緒に歩くことになった。 途中、少しでも走れないかな〜と軽く走ってみるが右膝をかばってるのがアリアリの走りの上、まだ心拍も上がりやすく、膝の痛みもあってやはり走れない。 あ〜どうなることか!

路加さんが先で待機してくれていて団子を差し入れしてくれた。 3人で食べれば個人サポートじゃないよね〜 と笑って食べると美味しく食べれる。 吐き気ももう無い! よかった!

そのまま一緒に進むと五箇山の登り前にエイドがある。 暗くなる前に夜の装備をし、吐き気もおさまったので、色々とお腹に入れて上りに備える。 あれれ?ここでなぜか標さんも登場! もっと前に行かれたかと思っていたので驚き、一緒に上りの途につく、、 どうせ走れないんだし歩きなら上りも同じこと! と急激な登りをえっちらおしゃべりしながら登りきるとトンネルが登場! ああ〜これともう一つ3kもの長いトンネルがあるんだ〜! 嫌だなあと思いつつも4人で進むと意外と精神的にしんどくない、、 途中巨人軍団のS藤親分も走って通過。 さすが〜! 今年も巨人は強いだろう(関係ないか)!

ようやく しんどいトンネル抜けるとなんとそこには応援に岡山から8時間もかけてやってきてくれたもも組み仲間の進くんが! 「おお!」感動の再会! もうここまできたら最後まで行くしかない! 幸い夜になってめまいも吐き気もなくなったしと少し安心する。 なんとか時間内完走が見えてきた! しかしそうは問屋が卸さないのであった!


☆ 今度はすねの痛みと幻覚との戦い、、ええかげんにしてくれ! ☆

五箇山くだり〜城端(225k)〜福光230k〜森本(253k)
その先のエイドでおいしいスープやおじやをいただき、標さんたちは仮眠するようなので歩きしかできない私は急ぐ事にした。 下りなら何とかだましだましいけそうと下りを少し走る。 しかしかなり距離もあり傾斜も強い、、 なんとかだましだまし下ると途中で左すねが物凄く痛む。 右膝をかばった反動が来てるようだ!

坂を降りると城端の町近くになった。 でもココからもまた遠いのだ。 まだまだ夜道は続く。 そこへ再び、進君が合流してウオーキングに付き合ってくれる。 長い時間車を運転してきてお疲れだろうに本当に申し訳ない、、 横のたんだいさんもかなり眠気がきてはるようだ。

たんだいさんは休憩を取りながら進むタイプなので、休憩なしで歩き通しはかなり無理をおかけしてしまう、、 本当に申し訳ない。 さっきは先に行ってしまった私を今度は一緒に合わせて歩いてくれる、、、 私なんかの為になんというありがたいことか(涙

なんとしてもがんばって時間内に間に合わせないと〜! でも歩くってほんとに大変! 走るほうがず〜と楽だ! 40kなんか走れば4時間ですむものを〜(さっきからこればっか!) この夜道なら9時間はかかってしまうであろう。

福光まで行くとエイドがあった!(230k) 早速美味しいうどんを頂く。 昼間は世界地図のような巨大ゲロをしておきながら、何事もなかったかのように、また食えるようになってしまうとは、トンでもない胃袋だなあと感心しつついっぱい食べてしまう。 となりに横になれる所もあるので、たんだいさんにも少し寝てもらい、私は痛む脛をテープしてもらうのだがそれが大変な結果となってしまう! ただでさえきついCWXタイツがテーピング後、足首に下ろした時に二重に折れて締め付けてしまったのだ! これが最後まで気がつかず、足の痛みがひどくなり後々自分を苦しめることとなる! まだまだ先は長いので、進君は車を置いているので先に金沢で待っていてもらうこととなった。 この先どうやら山越えになるらしい、ああ〜。厳しい

途中、2人の足を痛めていてもう走れないランナーと合流し一緒に行くこととなった。 夜の山道は外灯も少なく薄暗く気味が悪い。 その上車が時折くるので油断できない。 一緒にいたランナーも不眠でそうとう眠そう、ふらふらしてるので崖から落ちないように注意する。 するとなんとたんだいさんもフラフラに! 危ない! 見ててハラハラ、、 後ろからY崎さんがやってこられるが、しっかりした足取りで進んでいかれる。 「のろのろ歩いてると時間内に間に合わん!」とハッパかけてもらう、ほんまやしっかりしないと!

でも、夜道はますますガードレールもなくて崖の所やら沼があるところやらとても危険な地帯となってきた。 隣のランナーが幻覚が見える、と言う、、 ふ〜ん、それってピンクの象さんとか白いワニとかかなあ、、 楽しみ、、 なんてアホで気楽なことを考えていたのだが、(それではまるで〆切り前の江口寿士である) とうとう私も幻覚が見え出してきた!

最初、それはランナーが倒れている! と思うと石の山だった! そうかこれが幻覚か? と驚くも、それがどんどん見えだす。 半端じゃない状態、、 周りの草もガードレールも何もかも人に見える! 何人もにも一人にもかなりリアルに見えてくる! 車かと思ってふりかえると何もなかったり、横に誰か歩いていると思うと誰も居なかったり、なんだか幻覚を通り越して怪奇現象のよう、、 霊能力者の気持がよくわかる〜。 このまま霊感ついたらしょぼい電気屋閉めて霊能力で食べていこうかしらん〜♪ なんて思ってるうちが花で、だんだん気持が悪くイライラしてくる、、 頼むから早く街中にでてくれ〜。 夜を開けてくれ〜! と思いながら、本当に永遠にこんな状態が続くのではという錯覚に陥る。 ああーここまで辛い思いをしないと完走ってでけへんのやろか〜!?

登り下りでもう完全に左のすねがやられている。 下りはガードレールにつかまりながらしかおりられない。 「たんだいさん、私が遅れるようなら先にいってください!」と懇願するも、たんだいさんの励ましに、左足引きずりながらも早足でがんばる。 うう、いだい、、

あまりの痛みに眠気も東尋坊の向こうに吹っ飛ぶようだ。 まさかまた疲労骨折してるんちゃうやろな〜。 前科があるとすぐに悪い方に考えてしまう〜。
しかし、明けない夜はない! 着かないゴールはない!
ようやく「森本」の表示が見え、道は街中に、、 ああ〜。 外灯もあるので幻覚もあまり見えなくなってきた。 ここを曲がればあと13k! さあもうすぐだ!


☆ しかし、それでも遠い!ルネスへの最後の道のり(255k〜265k) ☆

さあ、後は兼六園まで一直線。 時間は13kで3時間と少し余裕がでてきた、、
足を引きずりながらの早歩きから普通歩きに戻せる、、 は〜助かった! と、最後のお迎えに進くんが再び登場! 一緒に最後まで歩いてくれるというので心強い。 途中またもコンビニでトイレにて用足し、ついでに咽が渇くのでコーラも買う。 まだまだ脱水症状がもどってないようだ、、

しかし、なかなか兼六園に着かない、、 同じような道のりでいい加減飽きてくる〜  ここで酒井さんの妹さんエイドが出現! おいしい笹寿司をいただく。 めちゃくちゃ美味しい(涙) 元気でました! 本当にご苦労様です、、 感謝!

ようやく火の見櫓と橋が現れ兼六園が! またここがややこしい! たんだいさんも考えながら進むと案内の人が現れようやく1500本目の桜へ、、 でも、よくわかんない? 残念、、 そこからがまた、ややこしい〜! たんだいさんの体が傾きだし、少しやばそうは雰囲気に! なんとおまけに雨まで降ってきて私たちを苦しめる、、 まるでサバイバル映画ではないか!

せめて最後ぐらいご恩に報いる為、自分でしっかり道を行こうと地図とにらめっこするも、なんというわかりにくさ! 「むさし」とやらがなかなか見つからない! ようやく見つけるもまだ高架は先だ(怒) やっと高架を越して、二口町の角がなかなか見えない、、 交差点の地名の表示が信号機に隠れて本当にみずらいのだ! くく〜。 観光地なのにサービスが悪いではないか! あまりのしんどさに何にでも当たり散らすという我儘者の人間失格者状態となっている、、 怒りながらなおも進むとやっと向こうに関家さんの姿が、、後は一直線で3kでルネスだ!

でも、この3kの長いこと! 永遠に続くかと思われる。 線路をこえ川を越え、やっと建物らしきものが(涙) 後ろからたまゴンさんが、「この1k13分もかかりましたわ〜」と苦笑い、、 ほんまに長かったです。 と、そこへ携帯が鳴る! Tomiさんだ! ゴールで待ってはるようだ、、 後もう少し。

ようやくルネスに到着! ゴールがはるか向こうに見えてきた! もうへとへとで言葉も出ないが一歩一歩近ついていく、、 たんだいさんと手をつなぎバンザイポーズでゴール! 走ってでなく歩いてでおまけにジャージに上着姿で、まるで竹の子採りに行ったハイキングおばさんのような情けない格好だが47時間40分、本当にぎりぎりでゴール!

すぐ横に路加さんとみるくさんが! 思わずミルクさんと抱き合うが泣いている、、 路加さんも涙を拭いている、、 ああ〜この3日間、私以上に辛く苦しかったと思う、、 よくぞここまで来下さったものだ、、 本当にありがたい(泣  右側にはH野さんが! 途中残念なことに膝を悪くされてリタイヤを余儀なくされたのに、仲間の為にゴールで待っていてくれたのだ! なんて優しくて暖かい人なんだろう! そして涙を浮かべて握手してくださった。 ああ〜本当に私なんかのゴールをこんなに喜んでくれる人がいてくれるなんて、本当に完走できてよかった! 癌でも疲労骨折でも夢をあきれめないで思い続ければなんとかなるものだ! 走りたくても走れない、練習したくてもできない。 でもそんな思いをしたからこそ、今これだけしぶとく最後まで歩けたのかもしれない、、 何よりもたんだいさんに感謝しないと! 何度も何度も弱音を吐いていた私を元気つけてここまで導いてくださって、どんなにお疲れか! とにかく、休んで懇親会に備えようとルネスに入場、、


☆ 戦い済んでルネスで懇親会 ☆

しかし、荷物置き場が階上にあり、またも階段を上、、 なんとそこはランナーの墓場! と思いきや皆爆睡してる、、 何もこんなとこで寝やんでも〜 と、携帯が鳴った! 弟の兄さんがゴールを祝して電話してくれたのだ! しかし回りは寝てるので小声でちょっと話しだけして切らせていただいた。 残念。 私だってこのまま寝てしまいたいが、女性で寝てる人はいないので仕方なく女子更衣室へ行く事にする。 ちょうどM地さんがマッちゃんとおられたので完走のお祝いを言う。 M地さんは転倒で顔を怪我されて痛々しい、でもよくぞあの道のりを走られたもんだ、、 お互い称え合う。 本当によかった。

そこからまた女子ロッカーは下の階へ、たまらん〜! 汗と雨でべとべとのうえ爆臭なので早く脱ぎたい。 荷物整理してるともう倒れそう、、 タイツを脱ぐとな〜んと痛いはず、タイツがサポートと重なってすねに食い込んで血が止まっていたのだ! 甲は白いのを通り越して青みかかってる! ぎゃ〜正視できないおぞましさ! 己の足とはいえ醜すぎて見たくない〜! まるで青い瓢箪のように変形! おまけに重い3kg超したリュックのため、左の肩がすれて4センチ近くの擦り傷となっている! いだ〜! シップ跡もテーピング跡も擦り傷になってて体中傷だらけ、、 その上パンツのゴムが当たるあたりがさっくり切れて物凄い事に! 思わず気絶しそうだが気を取り直して風呂へ、、 体中傷だらけにチタン丸貼りまくりの筋肉女に周りの人がギョッとして見る! うう、恥かしい! 隅っこでこそこそっと洗ってろくに浸からずに出る。 変に浸かるとへろへろで風呂の中で失神してしまいそう、、 上がると寒いのですぐに着替えて荷物整理するも、頭が混乱してきたので、寝ることにする。 更衣室をでるとWandaちゃんがいたので仮眠室を聞くとまたも上の階! ひ〜(涙

やっと横になってしばしの休息、、 ふと眼を覚ますと10時半! おお、もうすぐ懇親会ではないか! すぐに化粧しようと鏡の前に、、 「ぎゃ〜!」なんと鏡には眼の下クマのまるで麻薬患者もどきの顔色の悪い水死体のような女の姿が〜! たった二日で妖怪に変身とはまるで楳図かずおの漫画のようではないかあ!(関係ないけど、私は誕生日が一緒だ) たんだいさんにこれからお会いするというのに妖怪ではちとまずい! う〜む、化粧でどこまでごまかせるやろう?! しかたなくちょこちょこ塗って支度して外にでる。 きょろきょろしていると、女性ランナーが居たので一緒に行く。 エレベーターで登ってぐるりと行くとあったが丁度ご挨拶と乾杯なので済むまで待つ。 終ってようやく中に入るとたんだいさんたちがおまちかね、、 懐石をいただくが死ぬほどお腹へってたので何か物足りない。 胃袋だけは健在のようだ!

上位完走者へのプレゼントやら5回連続完走者への木の楯贈呈やらで拍手喝采! M地さんもこの長い距離を走ったブラインドは世界で初だと表彰される! 我が事のようにうれしい! その後のビンゴゲームではウェアの上下が当たりラッキー! 完走リュックも使いやすそうだし、やたら増える貰い物。 貰えるモノならタワシでもうれしい私? そんな楽しい時をすごし、場はお開きに、、 もも組み皆で記念撮影をし、H野さんがもも組みフラッグを記念に下さった。 数日後のユリカモメ応援で丁度使えるのでうれしい! 皆と別れを告げて、進くんカーへ、、 Tomiさん、たまゴンさんと一緒に送ってもらえるので助かる、、 Tomiさんは途中から転寝されてて本当にお疲れのようだ、、 私は頭はぼけてるけど眠気がなぜかこないのでたまゴンさんや進くんとしゃべくりまくりながら一路大阪へ、、


☆ あとがき ☆

本当に長い長いさくら道でした、、いろんなことがありました、、
私の場合は始まる前からハプニング続きで、「もしさくら道にいけたらどんな苦しくてもがんばろう」とあの空に誓ったのですが、最後の方ではもう泣きべそ状態でもう、何もイランから止めたいよ〜と泣き言ばかりでした、、 人間とは我がままで勝手なものです(笑

でも、この経験はこれからの人生でも生かせていけると思います、、
本当に貴重な体験をしました。
レース前にたんだいさんに、「さくら道は競走でなく共走である」とお聞きしました。 私は敵は自分のナマケ心だと思いましたが本当にそのとおりでした。

ご自分の九回連続完走がかかっておられるのに、時間内にゴールできないかもしれないギリギリの状態の私を最後まで見捨てずにずっと励まし続けてくださったたんだいさん、、 時にはそれが鬼コーチのように思えたときもありましたが?ゴール後は本当にただただ感謝の気持でいっぱいです。 あのまま時間内をあきらめていたら、ずるずると落ちてしまいかなり遅くなってしまっていたことでしょう。 厳しくやさしく共に走ってくださったたんだいさんのことは一生忘れません、、

人間、だめだ! と思った瞬間に希望も夢も消えてしまうんだと教わりました、、 速いランナー、上位に入賞常連ランナー、色んなランナーがいます、、 でも、強いランナーといのはどういうランナーを言うのでしょうか? 誰でもいつでもベストの状態を保つというのはとても難しい事です。 その人によって家庭も仕事も環境が異なりますし、練習の時間が全く取れなくなる環境に陥ることもあります。 怪我や病気にも生身の体ですからなります。 でも、そんな状況にあっても冷静に自分の今の体力を見極め、自分のできる範囲でベストを目指せる、そして自分ひとりでなく周りのランナーをも助け導く暖かさやさしさ、それを兼ね備えたランナーこそ強いランナーと言えるのだと思いました。 今回、たんだいさんを見ていて本当にたんだいさんこそ真の強いランナーなのだと思えました。 私もいつかそういうランナーに成長したいと思います、、

でも、癌や骨折はまあ、突然のアクシデントや不運ということで仕方ないことですが、そのせいで走れない辛さも、健康の有難味も色々経験することができました。 生きていることはそれだけで素晴らしいと思えました。 このことは今回のさくら道に大きな影響を与えたように思えます。

また、末期がんの父を介護して24時間病院泊り込みということを2週間交代を入れながらやりました。 これも今回寝ないで走る精紳力に繋がったように思えます、、 父が最後の2週間、心拍が140〜150にも上がった状態が一晩以上続ことが何度もありました。 それでも最後まで戦い続けた父を思い浮べるとがんばろうと思えました。 無駄のように思えること、哀しいだけ、辛いだけと思えることでも自分にとって後から思うとプラスになっていることがたくさんあるのだなあと痛感しました、、

毎日の苦労はさくら道で生かされ、そして
さくら道で得たことも人生の教訓となる、、
なんだかそんな感じがしました、、

今回路加さん、みるくさんがずっとネット中継をしてくださって、大切なマラソン仲間が集う「もも組新聞」(なおちゃんという国際ランナーの女性のホームページ)に状況をカキコして写真も送ってくださり、たくさんの仲間からの励ましメールを携帯にいただくことができました。 この励ましには本当に力つけられました。 なんとしても皆にいい報告がしたい! そう思いながら辛いところも乗り越えました、、 途中わざわざ岡山から自動車飛ばして駆けつけてくれたマラソン仲間の進くんには涙が出る程、感激しました。 特に後半の疲れてへとへとの時だっただけに、こんな遠い所からきてもらっているのだから、本当に完走しなければ!と思わされました。 本当に持つべきものは友達です、、

このコース、本当はエイドは荘川桜の一箇所なのですが、途中山ほどエイドがありました。 私は途中ゲロッパして4時間ほど食べれない期間もありましたが、多分20食は48時間で食べてるでしょう。 まるで「黄金伝説」かなにかのようです。 でも、人間食べる楽しみってどんな時も必要なんだな〜と思いました。 エイドはランナーが欲しているもの、酸っぱい物、柔らかいもの、食べやすく消化に良いもの、暖かいもの、冷たいもの、、 本当にランナーのことを考えてくれるものばかりで感激でした、、
心からボランティアの人達にお礼をいいたいです、、

さくら道は本当に素晴らしい大会でした。
このレースに出られたことを誇りに思います。
来年また癌が再発しないで命が一年延ばせ、スケジュール的に家庭や仕事にさしつかえなければまたぜひ、出たいと思います

ありがとう、、 さくら道、、


この完走記を、私の世界一大切な親友、なおちゃんにささげます、、


 

完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ