'98さくら道270kmウルトラマラソン 

1998年 4月30日〜5月2日   

丹代 政俊   

スタート

体重が増えてしまったとか、体調が、とか、スタートまでは、いろいろ考えたり悩んだり、でも、スタートしたら、すっかりうれしくなってしまいました。
みんなで和気藹々で名古屋駅に向かいました。一年ぶりでの再会の方が多く、近況やら今日の天気やら体調やらで会話のはずむ走りです。

《 スタート前の写真(ナンバーカード105が、たんだいです) 》 写真:スタート前

名古屋駅前から桜通りを東へ、ここで今回1回目のドジ(私は自慢ではないが、この大会で毎年必ず道に迷います)。桜通大津を左折なのですが、直進してしまいました。地元名古屋の三浦さんが、追いかけてきて教えてくださったので数百mのロスで済みました。しかし、ドジはまだ続きます。
名古屋城(名城公園)を回っているときに、筋違橋の先で道を一本間違えました(こちらは、たぶん数十mのショートカット)。
しばらくは、大集団でしたが、やがて、みんなそれぞれのペースに落ち着きました。私は、暑さでペースが上がらず、10番手くらいだったようです。
59.5km地点のコンビニで昼食、一人で蕎麦とプリンを食べました。いつもは、ここでみんなで食べていたなぁと、少々寂しい。


4人道中、めげて、また元気になって、、

暑くて暑くてペースはもっと落ちてきて、"リタイア"という言葉がしょっちゅう頭に浮かぶのですが、「完走するんだ!ゆっくりでも、完走が大事なんだ」という意識が勝って、走り続けました。
やがて、角田さん、今井さん、小谷野さんの3人が追い付いてきました。そこで「一人で走っていると、やめたくなるので、一緒に走らせてください」と言って、4人の道中となりました。
給水(水浴び)やジュース購入の都度、遅れるのですが、また、なんとか追い付き、郡上八幡まで、4人でした。郡上八幡駅(95.5km)で、3人が食事のようです。いつのまにか体調がよくなっていた私は、ここで休憩せずに先にいくことにしました。もうすぐ6時、気温が下がって、走りやすくなっていました。


一人旅

白鳥に向かって走っているうちに三浦さんに追い付き、村上さんに追い付き、ペースはどんどん上がっていきました。まわりはすっかり暗くなっていました。
佐藤良二さんの顕彰碑 佐藤良二さんの顕彰碑前(116.2km)に一人で立ち、「今年も金沢まで行きます」と誓い、タイムチェック、20:14、去年よりも1時間遅い。逆に言えば1時間しか遅くない。
白鳥町有志による大エイドステーションに到着。今年も、ここで笑顔とたくさんの食べ物と飲み物で、ものすごく元気をもらいました。
「今年は3位だよー」と言われて、「のんびり行きます」と応えましたが、内心では、いつのまにか3番手になっていたことで、驚き、また、もしかしたら追いつけるかも、と、レーサーの心が少しあらわれていました。


二人で上ったひるがの高原

白鳥を出発して、長良川鉄道終点の北濃駅を過ぎたあたりで、中島さんが追い付いてきました。ペースを落としているつもりはなかったので、少々意外でした。
中島さんとは、ひるがの分水嶺の手前まで一緒に走りましたが、やはり、ペースが違ったようで、やがて先に行ってしまいました。
ひるがの分水嶺(139.6km)では、ボトルで水を汲み、一口飲んで出発。23:20、やはり去年よりも大きく遅れています。


荘川桜、そして、意外な展開

荘川桜(チェックポイント)には、1:29に到着。去年は日付が変わる前に到着したっけなぁなどと、めげながらですが、エイドの皆様の暖かいもてなしに、会話がはずみ、すっかり元気になって出発することができました。しかし、口だけはすごく軽いのですが、胃が最悪の状態で、ほとんど食べ物がのどを通らず、無理に食べると強烈な胸焼けに襲われます。痰を吐き出そうとすると吐き気で、食べた物が出てきそうでした。

    《 走りながら写真を撮ってくれた門さん 》
門さん 荘川桜では、郷さんが眠っていましたが、私の休憩中に出発していきました。
御母衣ダム(163.0km)には、3:00に到着。ここで、意外にも、トップを独走していた関家さんが寝ていました。
その後、郷さんも、途中で眠っているところを追い抜いたらしく、白川郷合掌集落では2番手になっていたようです(この時点では郷さんを抜いていたことを知りませんでした)。
疲労とガス欠(胃腸が吸収を拒否しているようで、力が出ない状態)のため、やたらと眠くなりました。何回も何回も道路端に横になりました。眠くて立っていられなくなる度に歩道やトンネルの中で眠りました。横をとおり抜ける車が目覚まし時計代わりで、たぶん2〜3分程度の眠りですが、これで、また走れるようになります。

朝になって、上平村あたりで、ゆたかさん(金沢在住の走友)が応援にきてくれました。これで、また元気が出ます。
下梨からの長い上り(210km〜214km)は、毎年走るのですが、今年は半分ほど歩きが入りました。体力も気力もありませんでした。


レーサーになって

波多さんとの一年ぶりの再会、またまた大喜びで走って、城端を過ぎ、ここでは去年、立ち寄らなかった地元の私設エイドステーションで交歓。ますます元気になって福光に向かいました。坂上松華堂さんでは、ホースの水をたっぷりといただき、ジュースのお土産までいただいて出発。
そのあと、まもなく、トップだった中島さんがリタイアとの情報が入り、自分がその時点でトップに立っていることを知りました。
もう2度とこんなチャンスはないかもしれない、と思い、トップ狙いでがんばることにしました。予定外の走りでしたが、久しぶりに燃える心で走りました。後続ランナーが誰なのか、差は何分か、正確には分かりませんので、すぐ後ろにいると想定して走りました。おなかも足もがたがたでしたが、身体に無理を強いて走り続けました。
241.7kmの富山/石川県境から、252.7km地点の森本まで100kmもあるように長く感じました。
森本から兼六園まで50kmもあるように長く感じました。
兼六園の1500本目の佐藤桜(259.3km)にタッチしました。17:00でした。
広坂から香林坊、そして武蔵交差点までの道は人人人で、歩きを余儀なくされましたが、ふらふら状態の私にとって、この混雑がうれしかったです。


ゴール

ゴール1km手前あたりまで堀池さんが迎えにきてくれました。
265kmの長い長い道の思い出がいっぱいよみがえってきて、心は極度の興奮状態。しかし身体は、極度の疲労状態でした。ゴールでは、笑顔を「作ろう」と思っていたのですが、できませんでした。しかし、作ったのではない自然な笑顔になっていました。
18:03ゴール(266km)。長くつらい走りを乗り越えた歓喜のゴールでした。



データ

エントリー者数 : 184名(出走:166名)
時間内完走者 :  69名
時間外完走者 :   9名

・・・ たんだいのチェックポイント通過記録 ・・・
JR東海バス名古屋営業所(スタート) 30日7:00
一宮裁判所前27.3km9:43
美濃市役所前66.4km14:23
郡上八幡駅前95.5km17:55
佐藤良二さん顕彰碑(白鳥町)116.2km20:14
ひるがの分水嶺139.6km23:20
荘川桜(エイド)154.7km1日1:29
御母衣ダム163.0km3:00
白川郷分岐179.7km5:10
下梨(富山県平村)209.7km9:25
福光橋(富山県福光町)231.7km12:50
富山石川県境241.7km14:23
金沢兼六園・佐藤桜259.3km17:00
ルネスかなざわ(ゴール)266.0km18:03


付録
これは、1998年4月30日〜5月2日に開催された大会に参加したときのFWELL(パソコン通信 NIFTY SERVE のフォーラム)への書き込み、および、自分へのメッセージに対するコメントを抜粋、編集したものです(4月27日〜5月3日に渡っての書き込みより)。

98/04/27 00:27

さくら道は、たしかに長いです。
今日、地図をチェックしましたが、1:25,000の地図がA3の両面コピーで5枚、これをたどっていたら、ゴールまで2時間かかりました。
夜、一人でずーっと何時間も走り続けていると、無性に好きな人に会いたくなります。
すると、沿道に現れます(本当に現れるんですよ)。


98/04/27 20:25

スタート地点に行けるだけでもラッキー!という発想は、大切だと思います。
いつも、今の状態が、ベストなんだと思うことも必要なのかもしれません。
欲張りすぎた発想だと、ベストで大会に臨むことは、一生に一度も無くなります。

名古屋→金沢は、遠いので、一人で走りますが、みんなの心をいっぱい背負っていますので、寂しくありません。


98/04/27 20:25

長いんです。
でも、アメリカ大陸横断は、4700kmだし、シルクロードは、もっと長いし、地球は、案外でかいです。
さくら道は、太平洋側の名古屋から長良川を登って行き、源流から、今度は、日本海側に下って行きます。本州横断です。
長良川の源流は、蛭ヶ野分水嶺と言って、せせらぎが、二つに分かれていて、こっちは日本海へ、あっちは太平洋へ、というところです。ここの水は、とてもきれいで、飲めます。


98/04/27 20:40

48時間も走る世界に浸らせていただけるなんてうれしいんです。
存分に楽しんできます。


98/04/27 23:25

また、新しい自分の足跡をさくら道に残してきます。
去年の自分と今年の自分と、そして来年の自分は、また違うんですね。

意味が違いますが、実は、細部についてコース変更がなされています。第一回(1994年)はスタート/ゴールも現在と異なり、第二回で現在のコースに近くなりました。その後、毎年小変更が加えられています。
昨日、コースをたどって、去年と違うところをマークしておきました。地図を片手に旅走り、というのも、さくら道のスタイルの一つです。


98/04/28 21:46

今日は、会社から帰って、今荷造りをしています。
名古屋に持っていくものと、背負って走るものと、分類しながらなかなか終わりません。
予備電池と予備のペンライトと、、、 途中で懐中電灯の故障に会うと絶望的ですので、慎重になります。雨具も必需品です。


98/04/28 23:40

もう、この大会でも、無理はしないつもりです。
山で死んだり、病気で死んだり、事故で死んだり、いつ死ぬか分からないのですが、ガタのきている今の身体をなるべく長持ちさせなくては、という気になってきました。
たんだいは、もしかしたら、冒険家には、向いていないかも、と思っています。

もう寝ます。
荘川の桜を思いながら。
おやすみなさい。

《 白川郷合掌集落 》
白川郷合掌集落


98/04/29 18:09

名古屋に着いたたんだいです。
今年もホテルの電話のゼロ発信接続で快適です。
明朝の電話代精算がこわいけど、市内通話だから大金にはならないと思います。
今日の名古屋は、午後5時で27.3℃!夏でした。日射しがじりじりと照りつけています。
ホテルに着いて、さっそくきしめん鍋を食べてきました。ラーメンやうどんは醤油と決めているたんだいも、名古屋では味噌です。名古屋の味噌煮込みきしめんは、うまいです。
これから、今日最後の食事と、明朝の食糧買い出しに行きます。


98/05/01 21:37

こんにちは。さくら道の報告(速報)です。
今年のさくら道270kmウルトラマラソンは、暑すぎて過酷な大会でしたが、笑顔でゴールができました。
しかし、やっぱりがんばりすぎてしまいました。さくら道は、がんばらないで完走できるような甘い大会ではないようです。6時頃ゴールしたのですが、今年もゴール後寝ていました。
大会成績は、約35時間、記録はいまいちなんですが、記録狙いでとばした方々が暑さ等でダウンしたおかげでトップでした。やや複雑な気分です。


98/05/02 07:44

福光を過ぎて、トップの方がリタイアと聞き、めちゃくちゃへばってはいたのですが、チャンスはこれからたびたびあるものではない、と自分に言い聞かせて、トップ狙いでがんばることにしました。
たなぼたの勝利ですし、順位表彰のない大会ですのでこだわるのも意味がないのですが、たんだいにも、まだ少しだけレーサーの心が残っているようです。でも、がんばって良かったと思っています。


98/05/02 19:20

たしかに、力は落ちていますが、技術は向上していると思います。今回のような殺人的な暑さと戦うには、力だけでは通じないこともあるようです。

今回の場合は、先行していた方々がどんどんいなくなって、3位ということになって、気がついたら2位になっていて、さらに突然トップの方がリタイアということでした。この時点で、「トップを守らなくては」という気持ちになりました。残り30km以上ありましたが、このラストはがんばりました。


98/05/02 19:20

結局、まためいっぱいがんばってしまいました。
身体に良くないのですが、やっぱり無茶をする性格はそう簡単には変わらないもののようです。
さくら道は、一年に一度の無理をする大会のようです。無理をしないと完走できないんです。


98/05/02 19:21

今年のさくら道は、本当に暑かったです。
夜もまったく冷え込みがなく、手袋も使わず、ずっとTシャツで走っていました。
小便が、まだ濃いです。色が、コーラ→紅茶→番茶、と変化しています。脱水状態からもうすぐ抜けられそうです(でも、今日は、まだトイレに一度しか行っていないです。やっぱり身体に水分が不足しているようです)。
口の中が焼ける感覚があって、まだなにも美味しく食べられません。大好きなビールも口の中が痛くてあまり飲めません。でも、昨夜と今朝と今とで、あきらかに回復してきていますので、今夜ぐっすり眠れば大丈夫だと思っています。


98/05/02 19:21

優勝とか4連覇とかというのは、相対的なものですから、運不運があります。今回は、本当にたなぼたでした。でも、"笑顔でゴール"の記事は、ぜひ書きたいと思っています。


98/05/02 19:21

笑顔を「作る」余裕は無かったのですが、なぜかゴールのときには、笑顔でした。うれしさって顔にあらわれるものですね。
たんだいは、うれしいと首を左にかたむける癖があるのですが、ゴール写真を見たら、やはり、大きく左にかたむいていました。


98/05/02 19:21

夜を徹して走る大会の場合、胃がおかしくなるのは当たり前のことなのですが、今年は特につらかったです。
経験上、こういうときには水だけで走り続けて回復を待つ方法が効果的であることを知っていますので、今回も早朝のかなりの時間水だけで走り続けました。今は、まだあまり美味しくないですが、なんでも食べられます。


98/05/02 21:56

本当に意地悪な天気でした。
名古屋でも、金沢でも、夏でした。あの五箇山でも19℃の表示(しかも、まだ朝)。スタッフの皆様には良い天気でしたが、ランナーには過酷でした(このあたりは、難しいところです。大会スタッフにとって、雨風は、大敵なのです)。


98/05/02 21:56

素直に喜ぶことにします。
実は、暑い昼の間は、まったくついていけないので、夜になったらペースを上げていく作戦で走っていました。ついていけなかっただけなのに、結果的に、みんなに「前半ペースを抑えて考えた走りでしたねぇ」などと言われています。
この次は(来年は)、みんなも勉強してくるし、若手も成長してきますので、上位脱落がなくなると思っていますが、今年は、この大会で一番強かったのがたんだいだったということですね。うれしいです。


98/05/02 21:56

レースをしちゃってる自分が言うのも変なのですが、この大会では、あまりレースをしてほしくありません。
あまりにも順位を気にしてスタッフの皆様に嫌悪感を抱かせているランナーも見受けられました。乱暴な言い方ですが、こういう方には会いたくありません。


98/05/02 22:41

夜を徹して自分の夢のために遊んでいるだけなんです。世のため人のために夜を徹して働いている方々もいらっしゃいます。ウルトラマラソンは、かなり贅沢な遊びだと思っています。それなのに、こんなにみんなに祝福していただいて、うれしいです。


98/05/03 01:55

さくら道から家に帰ってきて、なんだかんだやっていたら、もうこんな時間です。帰ってきて、すぐに布団にもぐり込んじゃえば良かったのですが、ついつい、で、またまた夜更かしです。
まだ、味覚に問題があります。ホウレンソウのおひたしを醤油無しで平気で食べていたり、きゃらぶきだけをいっぱい食べたりして、平気なんですから、やや重症です。まだ、ビールが美味しくないんです。あしたこそ、美味しくビールが飲めますように、さぁ寝よう。


98/05/03 09:51

今朝は、口の痛みもひき、尿の色も正常に近くなりました。しかし、まだ口が渇いて、しょっちゅう水がほしくなります。味覚も、まだおかしいです。塩味だけでなく甘味もおかしいです。昨夜、お菓子を食べて、「このお菓子はぜんぜん甘くないね」と言ったら、「甘すぎてやだ」と娘が言っていました。今朝、同じお菓子を食べたら、やや甘いです。
身体が正常ではないのですが、原因は分かっているし、時間の経過と回復具合が比例しているので、異常状態を楽しんでいるようになりました。でも、足のあちこちにも腫れや痛みが残っていて、動作が緩慢で、家族にはずいぶん迷惑をかけています。会社は、幸いにも連休中なので、仕事にはまったく影響ないと思っています。


98/05/03 13:13

家で眠って、やっと、現実に戻った気分です。
なんだか、あの名古屋→金沢の長い旅が、遠い昔の夢みたいです。でも、足の痛みや、からからの口や、ときどき倒れるほど眠くなる身体が、やっぱり本当に走ったんだなぁと、思わせてくれます。

私設大エイドステーションのこどもたち さくら道ウルトラマラソンには、私設大エイドステーションが、あちこちに作られ、夜通し、ランナーをサポートしてくれます。こんなかわいいサポート隊も、いらっしゃいました。

今年も。海宝さん、酒井さん、27人のスタッフの方々、そして、毎年忙しいなか、時間をさいてサポートをしてくださるたくさんの走らせていただいた方々に感謝しております。

夢につきあっていただいて、ありがとうございます。

以 上


完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ