2001年
さくら道270kmウルトラマラソン完走記
・・・ さくら道と、共に歩んだ79日 ・・・

2001年 4月30日 〜 5月 2日

丹代 政俊

これは、インターネット上に開設されている、『もも組新聞掲示板』に、書き込んだ内容、走友と交わしたメールの内容、 および、日記の内容から抜粋・編集をしたものです(2月22日〜5月11日の記録です)。

2001/02/22 23:53:42
今日は、名古屋のホテルの予約をしました。 いよいよ、さくら道に向けて、始動です。 今年は、防寒・防雨コートを手に入れたいと思っているのですが、予算が立たなくて困っています。 シューズも、かなりへたっているものしかないのですが、今から新しいものを使用するのは危険でもあるので、去年使ったものを使用します。 来年は、良いシューズを手に入れたいです。

2001/02/23 22:01:49
100kmぐらいまでの大会なら、間に合うのですが、さくら道ウルトラマラソンの場合、もし、履いて走り始めたシューズに違和感があったときに履き替えることができません(履き替えを可能にするためには、代替シューズを背負って走ることが必要になります)。 同型のシューズを使う場合には、良いのですが、今まで、何度かシューズのチェックが不完全なまま使用して、足にかなり深刻なダメージを受けたことがあります。 足にトラブルを起こさずに走ることができる機能は、クッション性を犠牲にしても、絶対に必要な機能なんです。 今までの経験では、シューズのチェックには、3〜6ヶ月必要です。 実は、昨年からチェックをしているのですが、新しいシューズは不合格でした。

2001/03/11 22:10:43
『こんな夢を見た』
私は、いろんな夢を見ます。
スタート地点までの道が分からなくなったり、スタート時間に遅れたり、シューズが脱げたり、コースが分からなくなったり、、 不安が顕れる夢ばかりです。 先日、すごくリアルな夢を見ました。今の不安が見える夢でした。 目が覚めて、すぐに紙とボールペンを手に書きなぐりました。 長い夢でしたが、走り出す前の部分は、残念ながら、忘れてしまっていました。



・ ・ ・ ここから、夢の内容です ・ ・ ・

・ ・ ・ さくら道270kmウルトラマラソンのスタート地点で、走友のみんなと歓談をしていました。 だれかが、「小説家のたんだいさんです」と紹介をしてくれました。 私は、小説家になっていました。

さくら道270kmウルトラマラソンが、スタートしました。しかし、まったく見たことの無い道を走っていました。なんとなく、あの、飛騨ウルトラマラソンのスタート地点から数キロの地点に似ています。

走っていたら、素足で、シューズを履いていないことに気付きました。 不思議なことに、足裏は全然痛くありません。 砂利道もあったのに。 しかし、不安になって、道端に座り込んでシューズを履き始めました(シューズは、デイパックに入れて背負っていました)。 なぜか、ひもを通していません。 ひもを通して、片方ずつ履いているうちに、みんな先に行ってしまいました。 追い越して行くランナーは、なぜか、知らない人ばかりでした。

一人になり、心細くなって、スタッフの青年に道を聞いたら、「この先のすべてのコーナーにスタッフが立っていますから大丈夫です」とのこと。 そんなに多くのスタッフはいないはずだ、と思いながら走っていくと、道の上に矢印が書かれていて、迷わずに走ることができました。 「さすが海宝さん」と思いながら走っていくと、行ったり来たり、になってしまいました。同じところを往復するように表示されています。

そこにもスタッフがいて、「あそこの教会に入るように」と言うので、入ったら、司祭(牧師かもしれない)に、いきなり「たんだいさん、あなたは、今日の仕事を、どうしたのですか?」と、聞かれました。 しどろもどろに、「今日は、休暇をいただいてきました」と応えました。 教会の中は、机と椅子を取り払った会議室のようで、みんな立っていました。 ランナーの姿も何人か見えます。そして、「早く終われー」という声が聞こえてきます。 「どうしてそんなに急ぐのですか」という司祭の声に、「制限時間内にゴールしたいんです」と説明しました。 やっと、説教が終わりました。 「参加料を払って参加しているんだ」という怒号も聞こえました。

教会を出るとき、左足を引きずっている女性が、昔のヤクルトの容器に似たガラスの小瓶に入ったドリンクをくれました。 勢いよく泡の立つ炭酸水でしたが、飲んでみると刺激も味もありませんでした。 「足が悪いのですか?」と聞いたら、「四つしかないんです」と、理解できない応えが返ってきました。
また走り出しました。快調です。道は、相変わらず分かりません。なんだか、北米のトウモロコシ畑の続く道のように見えます。 地図はデイパックに入っているはずなのですが、なぜか、取り出さず、前を行くランナーを確認しながら走っています。 今は快調だけど、夜には眠くなる。 眠気との戦いが一番手強い、と考えながら走っていました。

重大なことに気付きました。 シューズを履いていません。 なぜか、ソックスは履いていました。 さっきの教会でシューズを脱ぎ、そのまま、履くのを忘れて走ってきてしまったようです。 デイパックの中にシューズは、ありませんでした。 教会の下駄箱に忘れてきてしまったのです。 ここから引き返すには、絶望的な距離でした。 電話をして、車で追いかけてもらうことができたら、などと思いましたが、電話番号が分かりません。

・ ・ ・ 途方にくれているところで、目が覚めました ・ ・ ・



夢の中の事件の多くは今の自分にある不安の顕れと、理解ができます。 しかし、「四つしかないんです」が、分かりません。 彼女は、たしかに、「四つしかないんです」と言いました。謎です。

2001/03/13 00:49:56
今年も、さくら道では、多くの困難なことが待ちかまえていると思います。 そんな困難なことを一つ一つ乗り越えていくのがウルトラマラソンなんですよね。 あたりまえのことを、つい忘れていて、不安になっている自分がいます。 考えられるトラブルにはすべて対処できるように、きちんと準備をしたうえで、自然体で、立ち向かいます。
今年も、荘川桜に会いに行きます。

2001/03/13 22:46:01
あの時期、平地では葉桜が満開。しかし、岐阜の山に入ると、だんだん桜の季節になっていきます。 沿道に満開の桜が出迎えてくれたりします。 さくら道の主役は、なんといっても、荘川桜です。 荘川桜には、今まで7回、会いに行きましたが、2度、満開でした。 遅すぎたり、早すぎたり、なかなか花に会うのは難しいのです。

荘川桜、樹齢およそ450年。 今年もきっと、空を覆うほどの花を咲かせます。
私が、会いにいくときには、つぼみか、咲いているか、葉桜か、
みんなみんな、自然が決めることです。

2001/03/15 22:58:02
『美しい花の咲く木を、心に、植えたい』
さくら道には、本当に、ロマンがあります。
映画『さくら』1993年制作、1994年春ロードショー、監督:神山征二郎、出演:篠田三郎、田中好子、樹木希林、他、を、もし、ご覧になっていなければ、ぜひ、お勧めです。 1994年、最初の大会に参加するときに、本を読んで、映画を観て、走って白鳥町に着いて、佐藤さんゆかりの方々のあたたかいもてなしを受け、完走の決意を大声で言って、あの私設と呼ぶには大きすぎるエイドステーションを出発したことを思い出します。

あのときは、夕方から降り始めた雨がゴールするまで降り続き、体力が尽き、寒さに身体も冷え切って、絶望的な状態でしたが、完走したい! という心が、奇跡的に身体の建て直しをしてくれました。 途中で懐中電灯の電球が切れて、ヘッドランプを貸していただいたり、寒さで凍えて、ボンチョを貸していただいて、てるてるぼうずのような格好でとぼとぼ走り続けたり、バス停で、座ったまま死んだように眠っていたり、、 それでも、寝ていても、心はずっと起きていました。 心は、金沢を目指していました。

さくら道は、「太平洋から日本海へ」という言葉が、すごくわかりやすくて、でっかいロマンを感じます。 蛭ヶ野分水嶺で、「 太平洋 ← → 日本海 」の表示を見て、その二つに分かれて流れていく水を見つめていると、本当に、言葉にならない感動を覚えます。

2001/03/16 22:38:49
映画『さくら』は、佐藤良二さんと、妻と、子供と、姉と、同僚と、そして桜との、愛の物語です。 この世に生を受け、なにか、喜んでくれることがしたい。 と、桜の木を植え続け、気がつくと妻も子もかえりみず、桜を植えることに熱中している。 そんなわがままな男の夢を、少しずつ周りが理解をしていった。そんな映画です。 ひどい男だ、と見えたシーンもありました。 でも、涙があふれた映画でした。 本物の情熱って、人の心を動かします。

よく、「完走できるでしょうか?」と聞く人がいます。 私は、「走ってみなくては、分かりません」と答えます。 「完走したい」という心の強さが決めることなのです。  「完走できるか」ではなく、完走の成否を決めるのは、「完走したい」と、本気で思っているか否か、なのです。

ウルトラマラソン、特にロングタイプの場合、数日間に及ぶことが多く、休暇を取ることができるか、長期間家をあけて旅に出ることができるか、といった条件が関わってきます。 私は、東海道ジャーニーランにも、トランス・エゾにも、6日間走にも興味津々なのですが、私のモットー、即ち 「特別なことをしない、背伸びをしない、着飾らない、化粧をしない、家庭をこわすような走りをしない、仕事ができなくなるような走りをしない」に合致しないので、断念しています。

なお、さくら道とサロマ湖と富士登山競走と鶴岡100キロマラソンに関しては、家庭にも職場にも、今では、理解をしていただいています♪

2001/03/18 00:35:25
今日は、目がひどいです。特に左目をあけているのがつらくて、ウインク状態で書いています。 花粉症と風邪との違いは、この目ですね。 花粉症が始まる時期に、一番先に花粉を感じるのは、目です。 私は、仕事でも一日中ディスプレイとにらめっこしていますので、特に、目が弱っているようです。 夜中に無意識にかきむしっていたりして、朝、鏡を見るのが恐いです。

昨年は、さくら道のときに、まだ花粉症が終わっていなくて、スタート前日に名古屋入りをした夕方、外を歩いていたら風が強くて、目と鼻がつらかったです。 それで、昨年のさくら道では、サングラスを着用し、目薬と点鼻薬持参で走りました。 でも、結果的に、ずっと雨で、走行中に花粉症の発作が起きることはなかったです。 一昨年は、平地での花粉症は一週間前に終わっていましたが、山の上には、まだあって、金沢に着いて、夜寝ているときに鼻が詰まって目がかゆくて、つらかったことを覚えています。

今日は、目が痛くて辛いです。 このごろ、私も日中は、あまり走っていないのですが、、、
目を守るうえで、サングラスを使うこともありますが、鼻を守るためには、マスクが必要で、しかし、サングラスにマスクで走るとサングラスがくもるし、あやしすぎるし、で、どちらか一方のみの着用で走っています。
練習のときはマスク、大会のときはサングラス、にしています。
大会のときにマスク、というのは、やはり、変ですよね。

たしかに、ウルトラマラソンの方が、共走しやすいです。 いかに良いタイムで走るか、いかに良い順位で走るか、ということもあるのですが、マラソン以下の距離の大会では「何分何秒で走った」ということが、ウルトラマラソンでは「何時間で走った」というスケールになります。 実際、自分のタイムでも、さくら道などの場合には、分の単位での記録は覚えていません。 気分もでかく(おおざっぱに?)なっているように思います。

今日は、目がひどくて、今、のどもひどくなってきました。 体中にエヘン虫がいるみたいです。 杉の木の改良にも着手しているみたいですし、ジーゼル排ガス規制も実施されます。 だんだん、良くなるような気がしています。 でも、今のところ、薬は副作用の方が恐くて飲めないし(仕事をしたり走ったりしながら、安心して飲むことができる薬を開発してほしいです)。 ただ、私の場合、4月20日前後に治ります。 待てば治る病気なので、なんとかなります。

2001/03/26 21:07:21
今の体調では、さくら道を完走できません。
あと一ヶ月で、完走ができる心と身体を作ります。

2001/03/28 22:47:51
まだ、痛みが脚や腰に残っていますが、走れます!
確実に回復に向かっている実感があります。
さくら道を走りきることができる身体にします。

2001/04/01 22:25:21
身体のあちこちにガタがきていて、治療優先の状態になっています。 でも、身体の状態に合わせた走りで完走をする方法も、分かってきていますので、そんなに悲観的には、なっていません。 こんな練習では、自己ベストを目指すことなどできませんが、工夫をして完走をします。

さくら道270kmウルトラマラソン、連続完走を続けているのは、3人しかいないらしいです。 サロマ湖100kmウルトラマラソンの連続完走を続けているのも3人しかいません。 その両方に自分がいることに驚いて、うれしくて、そして、また、気合いを入れています。

2001/04/02 22:22:00
本当は、もう少し、長い時間走って、疲れさせておいた方が良い時期なのですが、今は、身体をこわさないことの方が重要なので、自重しています。

「連続完走」というのは、身体に悪いです。 いわゆる「無理」をして走っているときがあります。「無理」をして走らないと、続かないときが、あります。風邪、下痢、故障、、一通り体験しました。 「無理」をして続けてきました。自分でも、すごいことだと、思っています。
これからも、精一杯「無理」をしていくつもりです。
「無理」をしても、完走できないときが来るまで。

2001/04/04 23:49:48
昨日、さくら道の、最終確認要項書、参加者/サポーター名簿、コース地図、等が、海宝さんから、送られてきました。 また、コース地図を辿ります(地図を辿るだけで、2時間くらいかかります)。 いよいよ、近付いてきました。 だんだん気分が盛り上がっていきます。

2001/04/10 22:53:55
今日は、会社の帰り、マスクを忘れてきました。
忘れても、問題ないレベルになりました♪
まだ、夜明け近くにはくしゃみ鼻水鼻づまりで、目が覚めて苦しいのですが、日中は、すごくらくになりました。 しかし、こんなことを書いている途中で、いま、くしゃみが止まらなくなったりしています。 杉花粉に悩まされる時期からの解放は、あと、1〜2週間後だと思います。

御母衣ダムを見下ろす荘川桜は、さくら道ウルトラマラソンの154.7km地点にあります。 朝7時にスタートして、以前は12時前に到着することもありましたが、今は、日付が変わって、1時〜3時の間に到着することが多いです。

暗い道をずっとずっと走って、荘川桜に到着すると、エイドステーションの皆様の明るいもてなしと、どっしりと待っていてくれた荘川桜に、しばし、感動をしています。 ここで、「行って来まーす」と言って、再スタートをします。

2001/04/11 23:00:20
今日は気温が高くて、みんな暑い暑いとさわいでいましたが、私は、花粉症の発作もこの高気温のために出なくて、快適でした♪ 走っても、汗をいっぱいかいて、、 こんな走り、大好きです。

今年は、おそらく、さくら道の一週間前位に、花粉症が、消えます。 去年がひどかったんです。 今年は、例年通りです。

荘川桜は、ライトアップされていたことも、真っ暗で、懐中電灯で、やっとその姿を確認したことも、あります。 でも、どんなときでも、そこに、たしかに、ありました。 どっしりと。

荘川桜は、毎年、「突然」あらわれるイメージがあります。 きっと、その前の暗闇の時間が長すぎるのだと思います。 さくら道ウルトラマラソンは、暗闇の時間が、すごく長いです。 眠気との戦いも、寒さとの戦いも、この暗闇の中で展開されることが多いです。

2001/04/15 00:44:16
今日は、遅くなったので、すっかり疲れちゃいました。 お金を稼ぐことって、やはり、簡単なことではないですね。 身体を切り売りしているという実感があります。 さくら道のために、4月29日〜5月2日までは、なんとか休むのですが、その他は、日曜日だけ休み、というペースでの仕事が続きそうです。

2001/04/15 23:03:41
さくら道のときには、季節を遡って走るので、道端に様々な山菜が見つかります。 採りながら行きたいところなのですが、そこまで余裕がないので、いつももったいないなぁと思いながら、眺めていきます。 イタドリは、途中で眠気覚ましのために囓ったりします。 あれは、簡単に皮をむくことができるし、生で囓ると酸っぱくて、刺激的です。

2001/04/16 23:43:10
花粉症は、まだ消えてくれません。 おまけに、耳の下がズキン。 風邪をひきやすい状態のようです。 睡眠時間をしっかりと確保しなくては! 今度の日曜日には、マスク無しで走れるかなぁ。

今年、 さくら道に向けての、身体作りは、できませんでした。 膝と腰のトラブルで、治すことが中心となり、走り込みは、不十分です。 でも、仕事で、中断したりしてはいますが、先週から毎日走れるようになりました。 このまま、気を付けていれば、走れる身体でスタートラインに立つことはできると思います。
スタートしたら、 長い長い旅が、始まります。

2001/04/17 23:58:10
昨夜は早く寝ました。 朝は、まだ耳の下が痛かったのですが、今は、治っています♪ 24時間走やサロマの前に風邪の症状が出たことは、何度もあります。 24時間走の途中で、文字通り首が回らなくなったこともあります。 かたこりのひどい状態に似ています。
いろいろあっても、なんとかなりました。
今度も、きっと、なんとかなります。

腰は、たぶん大丈夫です。
去年のサロマの前には、かなり悲観的な状態でした。
でも、なんとかなるって思っていました。
結果は、なんとかなりました。
なんとか、なるものです。
心が、だめだと思わないかぎり。

2001/04/18 23:07:48
今日は、書いていて、鼻がだいぶ楽です。 今、マスク無しで平気なので、めちゃうれしいです。

本当は、「なんとかなる」のではなくて、「なんとかする」なのですが、自信が無いときには、つい「なんとかなる」と言ってしまいます。
今年は、48時間を意識しています。
去年までは、36時間以内を想定して準備していました。
36時間以内だと、二日目の夕方に着きますので、夜通し走るのは、一晩だけになりますが、48時間となると、二晩になります。 今年は、懐中電灯を二つ持って行きます。 いつもの大きいものに加えて、小さな予備ライトを持ちます。 途中で乾電池の調達ができたら、不要なのですが、できなかったり、故障したり、のことを考えて二つで二晩分の電池を持って行きます。

雨対策も、今年は、軽い折りたたみ傘を持っていきます。 ハイスピードで走るのでなければ、雨のときには、へたなウェアよりも傘の方が、役に立ちます。 もちろん、天気予報で、雨の確率が低ければ、持たないつもりですが。

さくら道、今まで、いろんな人に励まされて、「もうやめる」と思わずに走り続けることができました。 私の場合、天に帰った方々の励ましが、多かったです。
祖母が、微笑みながら大きな家の縁側に座っていたり、
美知子さん(病気で急逝した会社の庶務)が、ガードレールの横から「たんだいくん、ガンバテェー」って励ましてくれたり・・・。 今年は、きっと、文鳥のピーとちゅんとさくらも、天国からぱたぱたと飛んできてくれます。

2001/04/20 21:46:51
さくら道が、いよいよ目前です。 来週の日曜日(29日)に名古屋に行き、30日の朝7時にスタートです。 金沢に着くのは、5月1日の夕方から5月2日の朝7時までの間(の予定)です。
いままで、7回完走しました。
でも、一度も「楽々完走」という経験がありません。
毎年毎年、ぼろぼろのゴールでした。
でもそれでも、笑顔だけは、笑顔のゴールができる元気だけは残して、金沢に辿り着きました。
今年も、「笑顔のゴール」を目指します。

2001/04/20 21:48:07
懐中電灯ですが、軽くて、明るくて、電池が長持ちするのがあれば、安心ですね。 今年は、いまからどたばたしたくないので、このままいきます。
来年、良いものが手に入るといいなぁ。

2001/04/21 23:55:51
来週は、忙しくなりそうです。
仕事で遅くなる日が多くなるので、さくら道に向けての準備が、なかなかのんびりできなくて、いらいらすると思います。 毎年、こんなパターンのような気がします。 名古屋に行って、ホテルに着いて、荷物の準備をして、ベッドにごろんって、横になったとき、「幸せだなぁ」と思います。 あと3日間は、走ることだけ考えていれば良いのですから。
早く来い来いさくら道♪

たしかに、さくら道270kmウルトラマラソンは、100km程度(ショートタイプ)の大会とは違います。 初めて参加したときには、恐いもの知らずで、身体に任せて飛ばして、地獄を味わいました。 2回目からは、走り方も装備も工夫して、ましな走りができるようになったはずなのですが、一向に、「快走」とは行かず、やっぱり、よれよれのぼろぼろでゴールしています。 最近は、体力が落ちて体重が増加しているので、ますます難しくなってきています。
でも、それでも、8回目の完走を、笑顔のゴールを目指します。

2001/04/22 22:48:47
今日は、マスク無しで5時間半走れました。 鼻が、やっぱ、まだ変だけど、強風のせいで、砂埃をいっぱい吸い込んでいることのほうが、花粉症よりも大きいかなと思っています。

さくら道270kmウルトラマラソンまで、あと8日。 ちょっと緊張してきました。 雨、降らないでほしいです。 降ったら降ったで、雨の中を走るだけのことなのですが、やっぱ、満天の星の下を走りたいです。

ランニングを始める前、ウォーキングの大会「新宿→青梅かち歩き大会」に、何度か出たことがあります。 約43kmを歩く大会なのですが、「走らない」、「信号は守る」というルールがあるにもかかわらず、走って追い抜いて行く人がいたり、信号を守らずに突っ走る人がいたりで、すごく嫌な思いをしたことがあります。 走って追い抜いて行った人を、歩いて追い抜くためにがんばりました。 でも、いろいろ限界があって、マラソンを走れるようになってから、この大会には出たいと思わなくなりました。

私が出ているウルトラマラソンは、順位表彰の無いものが多いのですが、やはり、「ルールを守らないような人には負けたくない」と思ってがんばってしまうことが、あります。

2001/04/24 00:35:52
『もう〜いーくつね-る-と〜さ-く-ら-み-ち〜♪』
もう少しで夢の三日間! 名古屋でのんびりして、そして、金沢でゆっくり寝るときを夢見ながら、毎日働いています。

実は、昨日、マスクなしで走ったのですが、夜、またひどい目に遭いました。 ちょっと寝不足です。 仕事中にときどき眠くなって困りました。 走っているときは平気なのですが、夜から朝にかけて、やはり発作が起きます。 思い出してみると、さくら道を走ったあと、金沢で寝ていて、鼻と目が、やはり辛いです。 完全に花粉が消えていないのですね。 でも、もう、走り続けている分には問題ないです。

2001/04/25 00:49:25
頭の中の大部分がさくら道になっちゃっていて、たいへんです。 でも、全然準備をしていなくて、また、出発前夜にどたばた荷物を準備してまた、恒例の忘れ物をしていくのだ、と思います。

花粉症は、かなり治まってきていて、もうマスクは使っていません。 時々くしゃみが出て、しょっちゅうハナをかんでいて、時々目薬、という生活ですが、だいぶ楽になってきました。

大会は、特にウルトラマラソンの大会は、長時間に、ときには数日間にわたるスタッフの献身的なサポートの力に支えられて成り立っています。 ランナーがスタッフの体験を、スタッフが完走の体験をすることが、大会をより良いものにしていくために効果大だと思っています。 さくら道270kmウルトラマラソンのスタッフは、ほとんどの方がランナーです。 今年も、あたたかい心にふれるさくら道が、たのしみです。

2001/04/25 00:58:06
よく考えてみたら、走り続けてきて、結構健康な体をつくることができたみたいです。 大会で無理をして、不健康なこともしますが、走っていなかったころとは、比べものにならないくらい元気な自分がいます。 そして、最大の収穫は、多くの大切な友人を得られたことです。 走り続けてきて良かった、と、つくづく思います。

自分との対話、そうですね。
長い長い時間、自分と向き合うことができる機会でもあります。 極限状態に近い体験をすると、「自分との戦い」という言葉の意味が身体で分かるような気がします。
暑い道、寒い道、暗い道、まぶしい道、石ころ道、びちゃびちゃ道、上り坂、下り坂、汗が流れる身体、雨に打たれる身体、動かない身体、そして、不思議な力で動き始め、走り始める身体。 すべては、あきらめない心が、運びます。

あと6回ねると、さくら道です♪ さぁ、寝ようっと。

2001/04/25 23:01:01
今日は、早く帰って、小雨の中を走って、夜、さくら道の地図で、イメージランニングをしました。 コース地図(A3版両面コピーで5枚、つまり10ページ)を辿っていたら、やっぱり、2時間かかりました。 間違いやすい分岐点をマークしたり、チェックポイントに通過時刻を書き込むための枠を設けたり、過去4年間の通過タイムを記入したり、ちょっと疲れたけど、楽しい時間でした。

2001/04/26 23:58:47
たしかに、昼は涼しいほうが、夜は冷え込みが厳しくない方がいいなぁ。 でも、自然は、とても気まぐれで、いろんな厳しい条件を作りだしてきます。 私は、あの暑い道も、あの凍てつく道も、好きです。 「さぁ、走ってみろ。さぁ走り続けてみろ」って、立ちはだかります。 それに打ち勝って、完走します。 厳しくないさくら道なんて、挑戦のしがいがないと思います。
さぁ、なんでも来い!
真っ正面から打ち破ってやる!

2001/04/27 00:00:25
今日も、遅くなっちゃいました。 昨日は、時間があったので、地図を辿って遊んでいましたが、今日みたいな日は、割り切って、なんにもしません。

さくら道の地図は、1:25,000です。「カーブ多し」とか「トイレ」とか「トンネルの左側の歩道が広い」とか「歩道無し」とか「右の旧道へ」とか、ずっと書いてあって、距離も書いてあって、さらに、「コース案内」というA3版両面にぎっしりと、標高、距離、通過予想時間を含めて説明が書かれた書類も送られてきています。 この「コース案内」を見ながら地図を辿ると、金沢まで旅をした気分になります♪

2001/04/28 00:39:49
明日は早く帰って準備しなくちゃ!
今日は、爪を切ったり、マッサージしたり、懐中電灯の点検をしたり、ワセリンの分量調整をしたり、乾電池を買ってきたり、ウインドブレーカにフードを付けたり、やっぱ落ち着かないです。 でも、どんどん、わくわくしてきました。
「力強い宣言」は、自分に喝を入れているつもりです。 数年前までは、「降ろうが照ろうが吹こうが、みんな当たり前、それなりに走るだけ」と書いていました。 「自然体」で完走する自信がありました。 なんとかなりました。 しかし、今は、自信がありません。 自然体で走っていくと、途中で寝過ぎてしまいそうで、不安なのです。
今は、「うさぎ+亀」状態です。 うさぎは寝ちゃうけど、目を覚ますと速いから良し。 亀は、遅いけど、ずっと前進し続けるから良し。 しかし、うさぎみたいな亀(もしかしたら、亀みたいなうさぎ?)ですから、困ったものです。 今の力では、「自然体」で走れるのは、100kmまでの大会ですね。 富士登山競走も最近は、必死で調整し、必死で走らないと関門をクリアできないし、だんだん、完走が簡単ではなくなってきました。
これからが、本当の「たんだい@チャレンジャー」なのだと思っています。

2001/04/28 00:41:58
「大会の前には睡眠を十分にとって、休養を大切に」なんて自分でも言っているのですが、実践できたためしはないです。 市民ランナーなのだから、しょうがない。とは思いますが、ときどき愚痴を言いたくなります。

私は、方向音痴です。 特に都会で、方角が分からなくなります。 太陽が見えていれば、四季補正と時刻で方角が分かるのですが、曇っていたり、ビルが高かったりすると、迷ってしまいます。 さくら道では、名古屋市内と金沢市内で毎年、道に迷っています。

2001/04/29 01:20:10
結局、今日も遅くなっちゃいました。
でも、仕事は、ここで中断。 すっきり忘れて、走ることに集中します。 荷造りは終わっていないけど、電話やデジカメやパソコンの充電は、昨日からぼちぼちやっていますので、OK。 あとは、明日の朝で、なんとかなります。
名古屋に着いたら、クッチャネー生活を楽しみます。

荷造りをしていて、どれを持っていくか、どれを削るかで、毎年悩んでいます。 クッキングメーターで、グラム単位のチェックをして、ウェアを選んだりしています。 今年は、割り切って、雨が降りそうだったら傘を持つ予定です。 愛用の折りたたみ傘は190gで、薄手のウインドブレーカよりも軽かったりします。

2001/04/29 12:19
『さくら道へ、行ってきます』
今年も、さくら道270kmウルトラマラソンに挑戦します。
スタートは、明日(30日)朝7時、ゴールは、5月1日の夕方から2日の朝までの間の予定です。金沢から「着いたよー」って書けるようにがんばります。
今年は、一昨年と同じような状況で、昨日まで仕事。さくら道から2日に帰ってきて3日からまた仕事。という予定で、少々きついですが、今日からの4日間は、多くのスタッフや私設エイドステーションでもてなしてくださる多くの方々のおかげで、走ることだけ考えていられる贅沢な時間を過ごすことが、できます。 ルンルンです。
では、行ってきます。

2001/04/29 11:49:47
『名古屋に向かって走っています(電車が・・・)』
さくら道への応援書き込みがいっぱいあって、うれしくて、今から感激しまくっています。 こんなんで、明日からどうなっちゃうんだろ。 きっとあちこちで泣きながら走っていると思います。 昨夜も遅くなったのですが、今朝は、なぜかいつもよりも早起きしてしまい、まだ寝不足状態です。 これから電車で寝ます。 新大阪まで行っちゃわないように気をつけなくっちゃ!

2001/04/29 18:24:46
『今日の名古屋は、雨です』
午後3時にホテルに着いて、3時半に、UMML(ウルトラマラソンメーリングリスト)の仲間が集まる、JRハイウエーバスターミナルに行きました。
そして、そして、名古屋のけんちゃんと、初対面!!! マークンの母さんもいらっしゃいました。 そして、懐かしい顔、いつもの顔、顔顔顔、みんな明るい笑顔でした♪

今年も、八丁味噌きしめんを食べました。味噌のつゆも全部飲んじゃいました。
おいしくて残すのがもったいないんです。

名古屋は、雨です。
去年は、前日が晴れていて、当日の夜から雨でした。
今年は、逆になってくれたらいいなぁ。

さくら道、いよいよ、明日の朝スタートです。 応援の書き込み、ありがとうございます。 胸の中が、うれしい思いでいっぱいになっています。 心がふくらんで、身体が軽くなったような気がしています。

2001/04/29 18:26:39
『行ってきまーす』
たぶん、これで、名古屋からの書き込みは尾張?否、終わりです。
金沢から、元気で書き込みができたらいいなぁ。

リタイアしたことがないというのは、すごいことなのですが、そのために、かなり危険な状態を生むこともありますので、注意が必要だと、自戒の念を込めて、言いたくなります。 たまにはリタイアもしたほうが、ながーい目でみたら良かったということもあるようです。 私は、若い頃のような体力がないことが分かっているので、もう、身体に大きなダメージを与えるような走りは、なるべくしないようにと、思っています。健康のために、人生の潤いのために走っているのですから、程度をわきまえなくては、と自分に言い聞かせています。

仕事がいつでも休めたり、一人でどこに行こうと、まったく問題ない家庭だったりしたら、逆に怖いですね。 程度問題はあるも、私は、金がないぃ〜、休みがほしいぃ〜って、悩みながら大会に出ている生活が、あまり嫌いじゃないです。 さぁ、そんな生活の中でゲットした走り三昧の三日間を、十分に堪能します。
行ってきまーす。

2001/05/03 01:31:41
『さくら道、完走することができました』
朝、ゴールしてからあまり時間が無くて、書き込みは断念。 電話だけで済ませてしまって済みません。 電車で書こうとしたのですが、キーボードに向かっていて、いつのまにか眠っています。 夜、家に帰って、キーボードに向かうのですが、やっぱり、こっくりこっくり・・・
今夜は、大会の簡単な報告と、あたたかい応援の書き込みや電話やプレゼントをしてくれた方々へのお礼の内容とさせてください。 なにしろ、これを書いていても、しょっちゅう「ガクン」と眠りに落ちます。 二晩連続で徹夜に近い走り(歩き)を行ったことによるダメージは、大きいようです。

2001年さくら道270kmウルトラマラソン。 47時間25分05秒で完走しました。 今年も、夢をつなぐことができました。
トレーニング不足で脂肪が付いて体重が増え、筋力が低下している状態で、さくら道を完走するのは、やはり簡単ではありませんでした。 正直に言って、今度こそだめかな、と思いました。でも、あきらめないで、走って良かったです。
ここに来て、「夢をつなぎました」と、書きたい心も完走への力になりました。

なおちゃんのお守りは、デイパックに付けて走りました。 静かな夜、はたぱたと揺れ、まるで、なおちゃんが、励ましているように感じました。 名古屋のけんちゃんがプレゼントしてくれたネックレスは、私の首に巻かれて金沢まで旅をしました。 みんなみんな完走への大きな力になりました。

2001/05/04 07:22:05
久しぶりの布団は、このうえもなく快適で、死んだように、眠りました。
3時間ほど、久しぶりの熟睡でした。

夢のような三日間(移動日を含めると、四日間)が終わって、昨日(3日)から、お仕事でした。 会社では、何度か眠くなることもありましたが、ほとんど支障無く仕事を進めることができました。 仕事中に眠くなることは、さくら道の直後でなくても時々あります。

昨夜は、10時半頃帰宅(帰りもウオーキングなので、時間がかかる)。 メールチェックをして、お返事書いて、さぁて、掲示板に行ってレスだぁ〜 と、思っていたあたり(たぶん・・・記憶が、さだかではない)で、そのまんま寝ていました。 目が覚めたら朝の4時。 今日も良く眠れたけど、やっぱ布団じゃないからいまいち。 ぶつぶつ。 でも、自分がわるい。 朝、まず(昨日の分の)日記を書いて、そして、やっと、これを書いています。

暗い道が続く暗いとき。 夜明けを迎えて、だけどまだ体は目覚めていないとき。 ペースが上がらなくて、心が弱っていたとき。 仲間の励ましの声は、元気の元でした。
あきらめずに金沢まで自分の脚で行くことができたのは、
行きたいという心の為せるわざ。
その心を支えていたのは、仲間たちのあたたかい心。
ありがとうございます。

ごめんなさい。今日も、出勤するので、みんなへのレスは、もうちょっとあとにさせてください。 遅くなっちゃうけど、一人一人に、書きたいので、時間をいただきたく思います。 今夜は、書けると思います。

2001/05/05 07:10:36
『李さんと、二人でゴール』
韓国から参加の李さん("り"と、"い"の間のような発音で"イーさん"、日本語だと"り"さん、英語だと"Lee"さん)は、自分たちで主催した315kmウルトラマラソンの完走者で、夜中に私が眠くて耐えられなくて「李さんは眠くないのですか?」と聞いたところ、「平気です。315kmを完走しました」とのこと。 ずっと、同じようなペースで走っていたので、ときどき併走をしていましたが、二人で一緒になったのは、下梨だったと思います(210km地点)。

坂を上っている途中、けんちゃん・くーさんの私設エイドで、一旦離れたのですが、五箇山トンネルを超えて、城端(じょうはな)までの下りを一緒に、一気に走りました。 そして、福光(232km地点)から県境(富山県→石川県)を超える真っ暗闇の道を、ずっと二人で走りました。

私の走るスピードが、あまりにも遅いので、「たんだいさん、歩いても変わらないヨ」と言われたりしました。
歩きました。
歩いていて、眠くて蛇行している私の腕をつかまえてくれました。
ときどき車が横を通ります。
兼六園の手前あたりから、今度は、李さんが遅れだしました。
Wandaさんが追いついてきて、しばし三人道中に。
李さんは、脚をひきずるようになりました。 「6時前にゴールしよう」と言って兼六園を出発したのですが、このままでは間に合わない状況になり、Wandaさんには、先に行ってもらいました。 李さんは「申し訳ない」と言うので、「お互い様」と言うのだが通じていない様子。 「ギブアンドテイク」だと、なんだか打算的イメージが強いなー、そうだ!「ヘルプバイヘルプ」です。 と言ったら通じたみたいでした。

兼六園からゴールまで(約7km)二人でとぼとぼ歩きました。
あと3km。長いです。
あと2km。なんだか、絶望的な距離に感じます。
あと1km。ルネス金沢入り口が見えます。しかし、なかなか近付きません。
ルネス金沢に入りました。
李さんは、「先にイケ」と言い張ります。
でも、「二人がいいんですー」と説得に成功!
けんちゃんと、くーさんが、見える。カメラを構えている。
あと100mくらいのあたりで、李さんが立ち止まる。
膝を少しだけ曲げて、そして、また、歩き出した。
最後の階段を六段、一段ずつ上がる。
大きな拍手の中に飛び込む。
47時間25分戦い続けた。
そして、勝った。

李さん(247)と、たんだい(162)

2001/05/06 03:15:57
先日、T.Aoyagiさんが紹介してくださったLED式のライト、さくら道で、何個か拝見しました。 軽くて、光量もまずまずで、バッテリーの消耗が桁違いに少ない、すごく魅力的なものでした。 光の色が、いまいちだったのですが、これはきっと、選ぶことができるか、もしくは、改善が可能なものかと、思います。 価格が高い点は、きっと、その便利さでカバーされるでしょう。
来年のさくら道に向けて、手に入れようと思っています。 胸の位置にうまく固定できるものがあればベストです。

2001/05/06 03:19:09
さくら道を走ったことによる身体へのダメージは、
1.眠気
2.足のマメ
3.左膝に痛み(腫れ有り)
4.筋肉痛
5.日焼け
です。
全部、時間が経てば治るものばかりで、心配要りません。 眠気は、帰ってきてからも平均睡眠時間が4時間なので、解消していません。 マメは、一ヶ所手強いところがあって、まだ包帯で固定しています。 痛みは無くなったので、明日は、包帯がとれるかな。 膝の腫れは、二日でひきました。 痛みはまだ感じますが、軽くなっています。 筋肉痛は、ほとんど気にならなくなりました。 日焼けは、まだひどいです。 顔の皮は、一回剥けました。 でも、まだ真っ黒(真っ赤?)です。 みんなに天候の説明不要でした。 スタート時には、雨だったので、日焼け止めクリーム無しで出発してしまいました。 去年のつらかった雨の恐怖感が心に残っていて、折り畳み傘も着替えも持ったのに、日焼け対策を、忘れてしまいました。

雨が上がって、高湿のために汗が冷却のために無効となり、ペースを落とさないと身体に決定的なダメージを与えてしまうと判断しました。 夜までひたすら我慢をしました。 しかし、夜になっても思ったよりも走れず、制限時間が気になり始めました。 「48時間もある」と思っていたのですが、だんだん、「48時間しかない」という意識に変わっていきました。

今回も、食べられなくなりました。 私は、胃腸が弱いので、食べられなくなることは、珍しいことではないのですが、やはり、つらい時間です。 フルーツとゼリーだけで、200kmあたりまで行きました。 下梨(210km地点)で、美味しい豆腐を食べることができました。 固形物も少し食べられました。 このあと、案外快調に走れる時間がありました。 身体が、だめになったり、復活したり、を、繰り返していました。

2001/05/06 15:56:28
『映画:郡上一揆』
今日は、のんびり起きて、明るい時間に、キーボードをたたいています。 夕方あたりに、沢ガニや、山菜をとりにいこうかなぁなんて思っています。 去年は、映画を観に行ったり、つつじまつりに行ったり、レンゲまつりに行ったり、連休を楽しんだのですが、今年は、さくら道と仕事だけです。 でも、それなりに充実したG.W.でした。

日焼け、顔は脱皮が終わって、きれい?になりました。でも黒いです。 地肌は、雪のように白いお肌なのに、すっかりこんがり顔になっています。 昨日まで、手足がすごくかゆくなったりしました。そろそろ、手も足も、脱皮が始まります。

白鳥町の私設大エイドステーションで短時間の仮眠と休憩をしたときに、映画『郡上一揆』について、質問をしたところ、エキストラとして出演した方々の話、撮影隊のベースキャンプの話、等で盛り上がりました。 映画『さくら』のときにも、そうだったのですが、映画を観ました!って言うだけで喜んでくれる人がいました。 「緒方直人は、立派じゃった」、「岩崎ひろみは、かわいい」、「神山先生は、偉い人じゃ」、、、ずっと話していたかったです。

2001/05/06 15:57:43
今年は、たしかに、人生最長時間の走りでした。 記録はワーストなのですが、動き続けた時間は、47時間25分、文句無しの最長記録です♪
今年は、長い時間かかったので、その土地、その土地を訪れる時間帯が違い、昼と夜が逆転するときが多く、「初めて見る道」、「初めて見る風景」がいっぱいでした。

桜は、季節を遡って走りましたので、葉桜に始まって、満開の桜まで、様々な姿を見せてくれました。 沿道の桜は、佐藤さんが植えたものであるか否かは、気にせずに、みんな、みんな佐藤さんの心、

   この地球の上に
     天の川のような
       美しい花の星座をつくりたい
   花を見る心が一つになって
     人々が仲良く
       くらせるように

を想って咲いているのだと思います。

荘川桜は、満開でした。
しかし、「ウソ」という鳥が、芽を大量に食べてしまったというウソではない本当の話で、花の数は、少なく、ちょっと寂しい満開でした。 それでも、明るいときに見る二本の荘川桜は、その生きてきた年月を、重さを、全身で表現していました。私は、今年も、しばし、この大木の前で、立ちつくしていました。

自分のことを理解してくれる人がいるって感じるとき、幸せだと思います。 いろんな顔が、ありました。 苦痛にゆがんでいた顔が、満面の笑顔に変わるとき、その笑顔にふれた人々が、みんな、幸せを感じます。

精一杯さくら道に挑戦したランナーもスタッフも、今は帰宅して、今、きっと、みんなみんな幸せな笑顔を周りに振りまいていると思います。

2001/05/06 23:12:25
『二晩を通して走り続けることは初体験でした』
夕方、利和子さんと、走りに出掛けました。 足のマメは、包帯の上からテープで固めてOK。 走り出してみたら、快調でした♪ 今年のさくら道は、ずっとゆっくりペースだったので、脚腰へのダメージが小さいようです。
30分ほど走って、沢ガニを捕るのに30分くらい(それだけでも4〜50匹は捕って)、帰りは、ちょっときつくなって、利和子さんに「痛くなったの?」などと言われました。 あの、歩くようなペースの走りになっていました。 今、沢ガニたちは、たらいでかさかさかさかさかさかさかさかさ、うるさいです。 明日の夜は、おいしいビールが飲めるぞっと♪

本当に今年のさくら道では、貴重な体験をしました。
特に、二晩を通して走り続けることの凄さを体験しました。 目に映るすべてのものが、自分の望むものに変化します。
幻覚なんてかわいいもんじゃないです。 会いたい人に会いたくなったら、さくら道の二晩目を体験することだ、と思いました。

仕事は、今、忙しいですが、さくら道が終わって休養モードに入っている私にとって、案外丁度良かったりします。 走れない(走らない方が良い)日に天気が良くて、休みだと、悔しいもんね。

2001/05/08 02:28:47
やっと、マメの中に新しい皮膚が形成されたようで、もうすぐ包帯無しで走れます。 足腰へのダメージは、驚くほど少ないです。 100kmのときの気分で突っ走ったり、人と競走したりしていた頃は、足腰の受けたダメージが大きくて、治療の期間が長く必要でした。 この調子だと、20日のチャレンジ皇居50kmは、快走できそうです。

2001/05/08 02:30:12
『なにものにも追われずに走りたい』
日本で大会を開催するときには、仕方のない場合もありますが、私は、時間に追われるのが嫌いです。 子供の頃、珠算検定試験というのがあって、何度か受けたのですが、なんであんなに急いで計算をしなくちゃいかんのか、という疑問が先に立って、ちっとも合格できませんでした。 高校のときには、計算尺の検定試験があって、これも時間に追われて、嫌でしたが、義務だったので我慢して急いでやりました。

休日に走りに出掛けても、午後から予定があったり、夕方から予定が入っていたりするときのランニングは、あまり楽しくないです。 のんびり走って、もう帰ろうかなぁって思ったときに家に帰る、という走りが好きです。 実際には、そんなうれしい走り三昧の休日って、なかなか無いのですが、そんな走りに、憧れています。

2001/05/09 01:41:38
さくら道や、東海道や、トランスエゾのコースを、のんびり走りたいです。 走れるところまで走って、疲れたら休んで、眠くなったら寝て、そして、また走ります。 アメリカ大陸横断も、シルクロード走り旅も、そんなスタイルで走りたいです。 てはじめに、利和子さんと一緒に、さくら道を走りたくなってきました。 あたたかい時期に、日傘をさして、のんびりのんびり、、 白鳥や、平瀬や、白川郷の宿に宿泊しながら、のんびり、旅をしたいなぁ。

たしかに、大会の性格、目指すもの、
個々のランナーの性格、目指すもの、
の違いで、「ねばならない」が、精進のための目標になったり、達成感の糧になったりします。 ぎりぎりのタイムを目指して、汗と涙のトレーニングをすることも、1日中、好きなだけ、好きなペースで走ることも、みんなみんな、ランニングライフを形成する、とても大切な要素です。 大切なのは、メリハリのある姿勢なのだと思います。 自分の能力の限界を確かめたい。 さらに伸ばしたい、と思って練習を続ける日々。 心の、身体の、疲れを癒すために、今の身体と対話し、じっくりじっくり、身体が「もっと厳しいトレーニングを!」と言い出すまで待つ時期。 両方が必要と思います。
「常にファンラン」も、「常にレーサー」も、アンバランスな状態だと思っています。

2001/05/09 01:44:46
さくら道は、何度行っても、新しい顔を見せてくれます。
今年の空は、また新しい空で、
今年の荘川桜は、また去年とは違う、新しい桜で、
走る私は、また去年とは違う、新しい私なのです。

今年のさくら道で、荘川桜の前に立ち、秋の木枯らしに耐え、雪の中でじっと耐え、そして春。 この一年間を思って、ねぎらいの言葉をかけていました。 今年は、明るくて、はずかしそうな表情に見えました。 去年までは、強く厳しい線が印象に残っていましたが、今年は優しさが、見えました。

2001/05/09 22:08:36
荘川桜は、「ようきたなぁ。少し休んで行きなさい。走り続けるためには、休むことも、大切だよ」と言ってくれたような気がしました。 450年生きてきた老木から、とてつもない余裕を感じました。
雪に埋もれる冬を、450回、体験しているのです。
そして、450回、花を咲かせたのです。
私たちは、まだまだ、これからです。

2001/05/11 00:59:10
さくら道の長いトンネルは、いっぱいあるのですが、やはり、一番印象に残るのは、あの五箇山トンネルですね。 210km地点から、4kmも続く長い長い上り坂を登り切ると、梨谷トンネル(812m)があって、底が見えないくらい深い谷を渡る梨谷大橋を渡ると、五箇山トンネルに入ります。 このトンネルは、3072mあって、疲れているときには、30分かかります。 トンネルの歩道は、荒れていて、どろんこで走りにくいです。 車道を走って行って、車が来る度に歩道に上がります。 でも、トンネルは、時間帯が良ければ、ほとんど車が来なくて、貸し切り状態になることがあります。 大きな声で「なぁ〜がいぃ〜〜みぃちぃ〜だね〜♪」って、歌いながら走ります。

金沢は城下町。 そう言えば、故郷の街、弘前も城下町。鶴岡も城下町。 たしかに、道が分かりにくいです。 金沢は兼六園周りに行くと、方向感覚が狂います。 2度目のとき、ほんとに反対の方向に走っていました。 でも、あのときは、通りかかったOL(すごくすてきな人)に道を聞いたら、汗とほこりまみれの変な格好にも驚かずに親切に、方角が違うことを教えてくれました。 あれで、いっぺんに金沢が好きになっちゃいました♪


・ ・ ・ 2001年さくら道270kmウルトラマラソンデータ ・ ・ ・

  エントリー者数 : 251名(出走者数:238名)
  時間内完走者 : 102名(制限時間:48時間)

・・・ たんだいのチェックポイント通過記録 ・・・
JR東海バス名古屋営業所(スタート) 30日7:00
一宮裁判所前27.3km10:00
美濃市役所前66.4km15:40
郡上八幡駅前95.5km20:15
佐藤良二さん顕彰碑(白鳥町)116.2km24:00
ひるがの分水嶺139.6km1日5:00
荘川桜(エイド)154.7km7:00
御母衣ダム163.0km8:35
白川郷分岐179.7km11:48
下梨(富山県平村)209.7km17:45
福光橋(富山県福光町)231.7km22:00
富山石川県境241.7km2日0:21
金沢兼六園・佐藤桜259.3km4:39
ルネスかなざわ(ゴール)266.0km6:25


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ