第23回全日本マスターズ陸上
競技選手権大会「島根大会」 


2002年 8月30日〜 9月 1日

大深 哲也

【 準備編 】

毎年、夏場は休養期間としてゆっくり過ごすのですが、全日本マスターズ陸上競技選手権大会が、8月末に島根県松江市で開催されると言うではありませんか!
40歳になったことだし、地元山口のお隣の県での開催、ここは一丁参加してみましょうと、嫌々夏場のトレーニング開始です。
それにしても、残暑厳しい時期、年寄りにトラック競技なんかさせるなよな!本当!(−−;)

※全日本マスターズ陸上競技選手権大会:35歳から5歳刻みで各種競技を競い合う大会

7月までは順調にトレーニングをこなしていたのですが、7月末に献血(400CC)をしてしまった。
これがいけなかった。 それでなくても貧血気味になるランナーが、献血するとはバカとしか言い様がない。。。。。。
献血以後、体調不良で思うように練習出来なくなってしまった。
全日本マスターズ陸上には800m、1500m、5000mにエントリー。
(なんとも欲張りである)
7月一杯は、どの種目でも対応できるよう、1000m×5本のインターバルと400m×10本のインターバルの練習を1回/週づつこなしてきたが、体調不良の時に持久力強化はしんどいものがあり、8月からは800mを狙った練習(300m×10本)へ変更。
そんな調子で練習するも、やっぱり体調不良は本物。
お盆から夏風邪もひいてしまい4日間全く走れない日が続いた。
あーなんと言う失態!これまでコンディション作りには結構自信あったのに。。。。
結局、最後の調整は、中途半端なままレースを迎えるのであった。

しかし、この休養のおかげで、風邪も良くなり、体調は徐々に上向きであった。
そして、それに伴い体重も上向いてしまった。
(それまで結構絞れていたのになー)
(これではちょっと5000mはきつそうだな?)


【 レース編 】

もうじたばたしても仕方ない。レースに臨むばかりである。
夏休みと言うこともあって、家族旅行も兼ねて家族そろって松江へ出発。
レース当日の8/30のA.M.3:00に我家をスタート。
国道9号線をひたすら松江に向かって1BOX車を走らせる。
10:40のスタートだが、40分前にエントリー確認があるため、
1時間前には会場に行っておきたいところ。
車を走らせること5時間。松江市内で道に迷いながらも8時過ぎには会場に到着。

1.M40男子800M(8/30 10:40)
40分前にエントリー確認。30分前に第1コール。その後レースまで拘束される。
ゼッケン確認から、腰番号のチェック、スパイクの確認、ロゴマークの確認まである。
さすがに全国大会いろいろと注文が多い。
M40男子800Mの出場は、たった6名である。ラッキー、でもみんな早そうー。
さー、いよいよスタート。
800mまずは風が強いため、様子見で走る。
いきなり飛び出すやつがいて、2人がそれに続いて行く。
ここは冷静に4番手をキープ。ちょっと差が開くがまだまだ序盤、あわてるな!
300m過ぎに前の3人のペースが落ちる。
400m手前で追いつくが、ちょっとペースが落ち過ぎである。
足が、前の人とぶつかりそうになる。
真夏のレースとあって、みんな勝負重視で牽制しながら走っている。
そのため400mの通過は67秒と非常に遅い。
500m過ぎに動き出した。
比較的余裕のある2人がスパート。
ちょっと出遅れたが、対応できる。身体に余裕があるぞ!
残り200mまだ前の2人を捕らえることは出来ないが、気持ち的には行けるぞ!
第4コーナーでスパート。今日はきれがある。行ける。
残り80mで2位の人をかわし、最後50mでトップを捕らえる。
いける。いける。いける。このまま行ける。
ゴール。
表彰台1位になっちゃったよ♪
800m初レースで1位だよ。
すげー自分でも信じられない。
走り終わってすぐに家族の元へ駆け寄る。
ちょっと誇らしい父親を見せることが出来た。

その日は、午後から時間があったので、『八重垣神社』へ行き、
更に境港まで出かけて、『海とくらしの資料館』や『水木しげるロード』の探索をした。

2.M40男子1500M(8/31 15:40)
翌日、1500mは午後のレースのため、朝から松江城の堀川を『遊覧船めぐり』をし、更に、安来市の『足立美術館』まで足を伸ばした。

昼食時間が取れず、レース2時間前におにぎりを2個食べた。
ちょっとお腹がもたれる。もう少し前に食事をするべきだった。
M40男子1500Mの出場は、15名前後と参加人数も多い。
昨日の走りが良かったこともあり、ちょっと余裕がある。
さースタートだ。
1500mスタート直後
人数が多いため、スタート時の混乱を避けてちょっと前に出たら、そのまま先頭に押し出されてしまった。
台風の影響もあり、風がかなり強い。
このまま先頭を走らされるのはいやだなー。
2周目無理矢理後方に下がると同時に先頭集団がペースを上げた。
タイミングが悪かった。
いかんと思ってペースを上げようとするが、間に数人いて出れない。
もたもたしているうちに、ラスト1周の鐘が鳴る。
先頭グループ3人がスパートする。
1500mラスト1周いかん出遅れている。ちょっと差が開き過ぎだ。
ペースを上げるが、なかなか差が詰まらない。
残り100m、3番手の真後ろまで詰めることが出来たが、今日は余裕がない。
気持ち的にも必ず抜く、と言う強さがない。
あーあ。
結局そのまま4位でゴール。
もったいないレースであった。上手に走れば3位にはなれたはずである。
あーくやしー!!
でもタイムは、4′25″92と自己ベストを大幅に更新できた。
くやしいが、仕方ないか?

夕方は、松江城の観光と地元の居酒屋で松江名物に舌鼓をうった。

3.M40男子5000M(9/01 13:10)
レース最後の日である。観光も最後の日である。
午前中、『月照寺』、『小泉八雲記念館』に行き、松江の観光も終わりである。

最後の5000mのレース。
正直、3レース目で肉体的、精神的にも疲れが出ている。
特に精神的に弱気になっている。
子供たちにもつい弱音が出てしまう。「今日は、父さんがんばれんかもしれんなー」

それでも気を取り直してレースに臨む。
35歳代、40歳代、45歳代と一緒で、30名近い人数でのレースとなる。
真夏のレースとあって、給水所も設けられている。
3′20″/kmのスローペースでレースは進む。
40代は自分も含めた4人の集団である。
ラスト3周で先頭3人がスパートする。
しかし、自分にはもうついて行く力、気力は残っていなかった。
あーもうだめだ。後はひたすらもがくだけ。ズルズルと後退して行く。
結局、今期ワースト記録16′57″14の4位でゴール。
あー終わった。
うれしくもあり、辛くもあり、厳しくもあり、そして楽しかった大会が終わった。
最後まで見守ってくれた家族には大感謝である。

会場を後にして帰路につく。
途中『出雲大社』に立ち寄り、楽しい家族旅行も終わりとなる。
車を走らせ、自宅についたのはP.M.9:30であった。
大急ぎで子供たちに学校の準備をさせて、床に着かせた。

本当に夢のような3日間であった。
やったね♪(800mゴール直後)

【 終わりに 】

これでこの夏のビックイベントは終了です。
次の目標は、地元開催の防府読売マラソンでフルマラソンへのチャレンジです。
フルマラソンは、なかなか思うように走れず、 なんとか一度はまともに走ってみたいものです。
さーマラソンに向けて走り込みだ!!
でも、今は身体が悲鳴をあげている。 少しゆっくりしてから再スタートします。

以上


 
完走記、敢走記、感想記 目録へ

ホームページへ