サロマを走る        丹代 政俊
レースの結果が悪くても、
  今の自分で一番の走りができれば勝ち。
    みんなで喜び、そのなかに、自分も居たい。
一番うれしい瞬間(とき)
 
  序 章                                             .
  1.1986年、1位 初めてスポットライトを浴びて有頂天になった
  2.1987年、3位 強い人には勝てないことを知った。高石ともやさんと歌った
  3.1988年、3位 がんばったが、また3位
  4.1989年、3位 がんばって、またまた3位。高石ともやさんと歌った
  5.1990年、7位 記録がのびなくなり「入賞が義務」の意識から解放された
  6.1991年、周りはハイレベルに、自分は低レベルに。高石ともやさんと歌った
  7.1992年、8位 100%の力を出したが8位。やはり周りだけ強くなっている
  8.1993年、18位 雨雨雨、寒かった
  9.1994年、IAU100kmワールドチャレンジ 速く走れない、つらい NEW !
 10.1995年、パソコン通信による交流が始まった。高石ともやさんと歌った
 11.1996年、記録や順位を第一に → ランナーとスタッフの交流を第一に
 12.1997年、結果は自己ワースト記録。走り続けるためには心を強くしなくては
 13.1998年、冷雨と寒風、寒かった。選手宣誓をした(2度目)
 14.1999年、初めて利和子さんと一緒に参加。サロマンブルーの足型をとった
 15.2000年、体重増加と坐骨神経痛で10時間を越えるワースト記録
 16.2001年、体重がさらに増え、ワースト記録の更新
 17.2002年、久しぶりのサブテン、ダイエットの効果大
 18.2003年、8時間台を目標に走ったのだが昨年より悪い結果
 19.2004年、腰痛で直前の8日間走れなかった。でも完走ができた!
 20.2005年、前年の借りを返すうれしい快走
 21.2006年、直前に風邪で走らない日が続いた。不安な心で臨んだサロマ
 22.2007年、サブテンの走りができた。そして楽しい知床の旅
 23.2008年、右膝がズキン、不安だったが走れた
 24.2009年、左膝半月板損傷が判明、でも走ってみた。42.195km地点で撤退
 25.2010年、最高にうれしいゴール、幸せってこういうものなのだと実感
 26.2011年、右ふくらはぎの痛みで一時停止、でも走法変更で完走!
 27.2012年、小雨から曇り、絶好のコンディション、快走♪
 28.2013年、暑かったので休憩と給水とかぶり水と氷をフル活用、ラストは快走
 29.2014年、春に痛めた膝が元で練習不足になり、完走ができなかった
 30.2015年、再び復活!前年完走していなかった分、3倍うれしいゴールだった
 31.2016年、ワースト記録での完走。練習不足、特にLSDが無かった
 32.2017年、3年連続完走への挑戦!
 
  終 章                                              .
  更新履歴                                           .



ホームページへ


 
序 章

 サロマ湖100kmマラソンは、私のランニングライフの中で巨大な位置を占めています。 レーサーの心、ジョガーの心、勝者の心、敗者の心、挑戦者の心、ウルトラマラソンの世界、そして仲間の大切さ、すばらしさを教えてくれました。 1986年に初めて参加したときには、我が家の子どもたちが小学生でした。 今はみんな親になっています。 私はおじいさんになりました。 振り返ってみて、あらためて長い年月を走り続けてきたのだと感慨にひたっています。

 私は毎年、サロマを走る度に変わってきました。 正確には、サロマで出会った方々に、サロマの道に、変えられてきました。
   1986年にトップで走ってしまって、自分は日本一だと勘違いして、
   1987年に自分より強い人は、いっぱいいることを教えられ、
   1988年、1989年と挑戦者の心で、全力を尽くす喜びを知り、
   1990年に「入賞の義務」から解放され、
   1991年から本当の意味で自分の走りができるようになりました。
 そして、共走という言葉の意味が分かるようになってきました。

 私にとってサロマは、「走りに行く」というよりも、「会いに行く」という大会になっています。 あのワッカでオホーツクの荒波とサロマの湖面を左右に見て走るとき、また帰ってきたぞ、と思います。
  ・ この大会を作り、支え、続けてこられた地元の皆様、ランナーズの皆様に感謝!
  ・ 毎年毎年、嫌な顔をせずに送り出してくれた妻とこどもたちに感謝!
  ・ 酷使に耐えながら完走し続けてくれた脚に感謝!
 これからも、走り続けます。
 サロマで寄せ書きをしたときに、なにげなく、「走り続けよう」と書きました。 それ以来、この言葉が、私の座右の銘となっています。



目次へ



























 
終章

工事中













目次へ


























 
更新履歴

2017.07.23 8. '93 サロマ湖100kmマラソンを掲載
2017.07.16 7. '92 サロマ湖100kmマラソンを掲載
2017.06.23 6. '91 サロマ湖100kmマラソンを掲載
2017.06.11 5. '90 サロマ湖100kmマラソンを掲載
2017.05.14 4. '89 サロマ湖100kmマラソンを掲載
2017.04.30 3. '88 サロマ湖100kmマラソンを掲載
2017.04.23 2. '87 サロマ湖100kmマラソンを掲載
2017.04.03 1.1986 サロマ湖100kmマラソンを掲載
2017.02.12 起草








目次へ


ホームページへ