25 サロマ湖100kmウルトラマラソン
2010年 6月27日   丹代 政俊
第25回サロマ湖100kmウルトラマラソン、プログラム  第25回サロマ湖100kmウルトラマラソン、完走した。
 この一年、ずっとサロマ、サロマ、と生きてきた。
 サロマのためにお金も時間も使ってきた。

 昨年のサロマのあとの杖生活、通院、手術、リハビリ、そしてお台場24時間走での6時間だけの参加、さくら道での116.1kmまでの走り、チャレンジ皇居マラソン大会(50km)を4時間58分29秒で完走。 全部このサロマ完走のためであった。

 サロマ、本当に完走したかった。
 完走した。 うれしい。

6月25日(金)東京は晴れ、サロマも晴れ
 5:30起床。 余裕、と思ってのんびりしていたが7:00頃になってどたばた。 洗濯物を取り入れたりガス釜の電気を切ったりして余裕がなくなって、また急いで駅へ。 席を確保、と思ったらそこは女性専用車両。 一般車両はほぼ満席。 なんとか一人だけ座れた(7:13の東京行きで出発)。 途中からすごく混んできた。
 浜松町でゆっくりトイレに入ったが、羽田には9:30前に到着。 夜久さんに会った。 月曜日に座談会でご一緒したばかりである。 登場口手前で弁当とサンドイッチを買い、サンドイッチは搭乗前に食べた。
 今年もサロマ常連の方々に出会ってご挨拶。 今年は明るい(去年は膝の故障が深刻で膝のことばかり考えていて暗かった)。

 ANA845(11:05発)は離陸待ち行列で待たされ、遅れて離陸。 シートベルト着用サインの消灯を待って弁当を食べた。 機内でコーヒーを頼んだら有料(200円)だった。 今まではタダだったので、びっくり。 空港から湧別へ。 湧別では時間が十分にあって、ここで注文をしていた弁当を受け取り、食べる。 海宝さんからデイパックをいただいた。 うれしい。 K橋さん夫妻にも会えた。 去年飛行機で一緒だったI藤さんとバスで隣になった。

 鶴雅リゾートに着いて部屋(413号室)が暑すぎるのにまず閉口。 西日が直に窓に当たっている。 カーテンを開けられない。 とんでもない暑さである。 買い物に行ってビールと毛蟹とウニを買ってきた。 そしてウニでビール。 サッポロクラシックはうまい。
 夕食のときにはN本さん、越智さん、古ちゃん、A山さん、K栖さん、H本さんと一緒になった。 今年はギャグが出る♪ 夕食のあと買い物をして、おみやげと要らなくなった衣類を送った。 これであとは忙しくない。 夜、買っておいた毛蟹とウニでビール。 今日はよく食べた。 そして今いっぱい飲んでいる。

6月26日(土)晴れ
 快晴である。 窓の外には青空とサロマ湖しかない。 早起きしたかったが、起きたらもうすぐ8:00。 ま、いっか。 のんびりしよう。 朝食時間終了の9:00を意識して食事。 ワイナイナさんが一緒だった。

 10時近くに利和子さんとワッカへ。 N本さんもA山さんも古ちゃんもいた。 海宝さんがN野さんやH野さんと一緒に歩いていた。 I藤さんもいた。 ワッカの水で写真を撮ってもらった。
ワッカの水 にて
 昼食はワッカネイチャーセンターで買ったパンと売店で買ったカップヌードル。 そしてバスで開会式・前夜祭へ。 開会式自体はつまらないものだったが、せいごさんやマリオパパさんや立派さんやエリーさんやかとちゃんに会えた。

 帰ってきて夕陽の写真を撮ってから食事へ。 またワイナイナさんに会えた。 彼は私のシャツについているグランドブルーのワッペンがほしいと冗談を言っていた。 明日の簡単な準備をして風呂に入って、今20:47。 さて、ビールを飲んで寝よう。

6月27日(日)晴れのち曇り
 第25回サロマ湖100kmウルトラマラソン。
 1:30起床、トイレ、出が悪い。 トイレのあと時間をかけて日焼け止めクリームを頭と顔と首と肩と腕と脚に塗る。 そして朝食のあとでワセリン。 バスですみ〜さんというかわいい女性と同席になり、アドバイス(彼女はしっかり完走♪)。
 スタート前、スペシャルドリンクを預けてからトイレへ。 初めてサロマンブルー・グランドブルー専用トイレをつかわせてもらった。

 スタートは控えめにちょっと後ろから。 しばらくだぶろうさんと話しながら走った。 キロ6分ペースで入った。 10キロ地点を59分台で通過。 20キロ地点は1時間55分くらい。 竜宮台折り返しでの交歓で良いペースになっていたようだ。 雲が少しあって、思ったよりも走りやすい。 でも汗がよく出て、湿度の高さを感じる。 そして、だんだん日差しが強くなってきた。

 50キロ地点は5時間30分をしっかりと切って通過。 しかしオーバーヒート状態。 坂を下ったところのエードで横になって両わきの下と両足のつけねに氷袋をおいて頭と首筋を冷やしながら休憩。 これでずいぶん回復した。
 54キロすぎのレストステーションではレモンティーを氷で冷やして飲んだ。 木戸さんからコーラをいただいた。 ここから帽子をかぶる。 帽子に氷を入れて出発。
 60キロの関門は余裕で通過。 しかし、眠くなってきた。 あの木陰の涼しくて一番走りやすいところで時々立ち止まってしまう。 またよろよろ走りになっていた。 でも白帆のお母さんとハグして、わがままを言ってわざわざコーラを買ってきてもらって飲んで元気になった。
 サロマニアンになおちゃんがいた。 リタイアしたようだ。 旧緑館のところで会ったときに汗が出ないと言っていた。
 70キロの関門は20分以上前に通過。 利和子さんの待つ鶴雅リゾートを目指す。 ここから80キロまでの道は好きである。 毎年ここでペースアップしている。

 鶴雅リゾートの大エードで利和子さんに会って抱きついて、まだ可能性があるからがんばると言って出発。 力の出るお汁粉をしっかりと食べた。 ここからは周りのランナーを抜きっぱなしで行けた。 雲が広がって涼しくなったこともあって、キロ7分のペースでしっかりと行ける。
 80キロの関門を余裕で通過。 11時間台が微妙だった。 がんばれば切れる。 でも無理はしないことにした。 ずっと大きなペースアップはせず、淡々とキロ6〜7分のペースを守った。
 ワッカになおちゃんがコーラを持って待っていてくれた。 行きも帰りもコーラをコップでいただいた。 ワッカの出口に利和子さんがいてくれた。 「すごいじゃない!」と言ってくれた。 たしかにすごい。 完走ができる。
最高にうれしいゴール
 最後の2キロへ。 常呂町民センター前の道路がビクトリーロードになっていた。 知っている人がいっぱい。 知らない人だけど祝福してくれる人がいっぱい。 とんでもなく幸せな道だった。
 ゴールする前に白帆のお母さんとハグ(今日2度目)。 大きな花束をいただいてゴール(12時間04分13秒)。 新谷さんが迎えてくれた。 越智さんがアイシングの氷を持ってきてくれた。
 芝生に座ってしばらくぼーっとしていた。 うれしかった。 しかし身体へのダメージは大きくて座るのも立ち上がるのも気合いが必要な状態。 すぐホテルに帰ることにした。 バスの中で足の指(右足の第3指)に激痛を感じた。 ホテルに戻ってソックスを脱いでテープを剥がしたら爪が完全に浮いて指の先端がはちきれんばかりに膨れていた。

 風呂に入って落ち着いてから夕食。 うれしくていろんな人と話した。 完走できなかった去年とはえらい違いである。 完走することは、こんなにうれしいことなのだと、あらためて感じている。
 ワイナイナさんと何度も話した。 今年は暑すぎて記録が出なかったけど、来年は涼しくなるかもしれないのでぜひまた走って世界記録を出してくださいと言った。 彼は完走おめでとうと言ってくれた。

 部屋でビールをいっぱい飲んだ。 いっぱい飲めた。 うれしいビールである。 昨日も今日も会う人みんなが絞ったね、と言ってくれる。 去年と2kgくらいしか違わないはずなのにずいぶんスリムに見えるらしい。 これも完走したいと思っての努力の結果である。 しかし、このままこの体型が維持改善できるかどうかは自信がない。 でも気をつけて太らないようにしなくては! 太るのは簡単で、やせるのは難しい。

6月28日(月)サロマは晴れ、東京は曇り時々雨
 6:00起床。 帰りの準備をしてから朝食。 下条さんと橋本さんと越智さんとN本さんと一緒のテーブルに座らせていただいた。 下条さんと橋本さんは昨日走っているときもゴールでも応援・祝福をしてくれた。 あの1986年のときを思い出す。 こないだの座談会の記事、写真入りで出るとのこと。 たのしみである。

 帰りの飛行機は昼の便でホテルからのバスは8:15発。 ちょっと忙しい朝。 みんなと名残惜しい挨拶。 また来年である。
バイバイ、また来年
 家には15:30ごろ着いた。 シャワーをあびてアイシングしてメダカのチェックをしてトランクケースとデイパックのなかみを整理して、もう16:45。
 メールの返事を書いて、ホームページの更新をして掲示板"来者如帰"の写真を入れ替えて、買い物に行ってきて、今19:40分。 これから掲示板のレス書きである。


 
"サロマを走る" 目次へ

ホームページへ