99 サロマ湖100kmウルトラマラソン
1999年 6月20日   丹代 政俊
99サロマ湖100kmウルトラマラソン、プログラム
 初めて利和子さんと二人で参加したサロマ湖100kmウルトラマラソン。
 新婚旅行、ホノルルマラソン以来、4年ぶり3度目の二人だけの旅。

6月18日(金)雨、北海道も雨
 河辺発7:29の東京行きで出発。 早すぎるかと思ったが途中、JR中央線のトラブルで遅れ、早く家を出て良かったと思った。 このごろの中央線を信じると危ない。 羽田には無事1時間30分前に到着して女満別行きの飛行機に乗ることができた。 隆子さんや松田さんや斎藤さんと一緒になった。 残念だったのは、ずっと曇っていて飛行機から雲しか見えなかったことである。

 北海道は天気が良いと聞いていたのだが、雨。 昨年に比べれば、小降りだが、今年も寒い。
   受付でいただいたナンバーカードは、
     私が、   100km登録男子  11番、
     利和子さんが、50km女子 3910番。
   ナンバーカードを手にすると、気合いが入る。

 今年も大会プログラムでサロマンブルーメンバー全員のコメント付の紹介をしてくれた。
私たちがサロマンブルーメンバーです!
 受付会場の前で、1パイ1000円の毛ガニと、ホタテの干物を買い、酒屋の在処を聞いて、缶ビール(500ml×5本)を買って夜、しっかり飲んだ。 この毛ガニ、安かったし、宿(サロマ湖東急リゾート)まで時間がかかる旨を話したら氷を入れたポリ袋で包んでくれて、美味しく食べることができた。 今までは大会前日に北海道入りをしていたので宿に着いても、どたばたとレースの準備をして眠れないけどなるべく早く寝る。 という過ごし方だったが今年は前々日なので、のんびりと過ごすことができる。

6月19日(土)曇り
 明るくなっても、なかなか起きられず朝食は8:00過ぎになってしまった。 雨は、昨夜のうちにすっかり上がっていた。 陽が雲に遮られていてすごく寒いが、開会式場への出発時間は午後2時過ぎなので、自転車でワッカ原生花園へ行ってきた(国鉄湧網線跡を辿りたいと思っていたのだが今日は時間が足りなく、断念)。 ホテルの貸自転車は出払っていて(同じことを考える人は多い)、ワッカネイチャーセンターまで歩いて行き、そこで自転車を借りてワッカの森(サロマ湖100kmコースの折り返しからさらに奥)までサイクリングをしてきた。 花は少ないが、ところどころに美しく咲いていて、小鳥のさえずりがオホーツクの激しい波音とともに 心の洗濯をしてくれる。

 ワッカから帰って昼食のあと、バスで再び湧別へ、湧別町文化センターで行われた開会式/前夜祭に参加した。 ここでは、サロマンブルーメンバー(サロマ湖100kmを10回以上完走したランナー)へのプレゼントとして、足型を流氷焼き(陶器)にして常呂町民センターに保存するという催しが行われ、私は(サロマンブルーメンバー代表として)壇上で足を粘土に押して足型をとるデモンストレーションをした。 この足型の上側には、『1999.6.20』、左側に『丹代政俊』、そして、右側には『走り続けよう』と彫り込んだ。

6月20日(日)雨のち曇り
 朝、外は雨、去年の寒かった走りを思い出す。
 1:30起床、50kmの部を走る利和子さんを起こさないように一人で朝食へ、そして一人で出発。 バスは3:10にホテルを出た。

 スタート時間近くになっても、雨は降っている。 でも、きっと数時間で止むという地元の方々の言うことを信じてランシャツ/ランパンに決定! 防寒具は帽子のみとした(これは、正解で、雨は9:00には上がっていた)。

 5:00スタート! 快調な走り出しである。 自分のペースで「じっくりじっくり」と自分に言い聞かせて走る。 5kmを22分05秒、越智さんと一緒に走っている。 彼とは初参加の1986年以来の付き合いで、お互いに連続完走13回の特殊?な関係。 しかも1986年には東急リゾートで同室だった。

 10kmを43分57秒、15kmを1時間05分52秒、順調に「貯金」をしている。 今回の目標は8時間30分、5kmを25分平均で走り続ければ達成できる記録である。
楽しい時間
 竜宮台折り返しでサロマ湖太鼓に元気付けられ、そして、すれちがうランナーとの「手パッチン」が、数km続く。 ここの折り返しでは、本当に楽しい時間を過ごすことができる。

 月見ヶ浜(42.195km)は3時間13分56秒で通過、まだ貯金はあるがペースが上がらなくなってきていて、50kmを過ぎてからは、さらにペースが落ちてしまった。(30分/5kmのペース)。 走り込み不足は、こういうかたちであらわれる。 気弱になって8時間30分どころか、8時間台も、あきらめかけたのだが、ラストのワッカ原生花園に入って、すれちがうランナーから元気をもらって、奇跡のペースアップ! ラストの10kmは心も身体も最高だった。

 8時間45分43秒で14回目の完走! 記録的にはいまいちだが練習の結果がそのまま出るのがランニングの世界。 ちゃんと私の練習通りの結果と思っている。 着替えて、いつもの高校生によるマッサージをしていただいて、 さて利和子さんを迎えに行かなくてはとカメラを持ってランナーに声援をおくりながらコースを逆走(実際は歩き)。

 利和子さんが帰ってきた! 1kmほど歩いたところで思わず目を疑った。 こんなに早く帰ってくるなんて! ちゃんと見ても、本当に元気に走ってくる利和子さんが見えた。 ワッカまで行くつもりだったので、こんな早い出現に驚くやらうれしいやらでラスト1km地点で併走、そしてフィニッシュ地点まで先回りして出迎えた。

 利和子さんは50kmを5時間15分00秒で完走! 利和子さんは強かった。 冬のフルマラソンで4時間半レベルのランナーで、実は完走も危ういと思っていた。 今年のサロマは走りでも、うれしい結果だった。

6月21日(月)晴れ
 朝、外には青空が広がっていた。 サロマに来て初めての青空。 早起きして散歩にでかけた。 日差しが強い。 もし、昨日と天候が入れ替わっていたら、きっと暑さとの戦いで、つらい走りになっていたと思う。

 チェックアウトをしてから利和子さんと、また自転車でワッカへ。 誰もいない「祭りのあと」、でも落ち着きを取り戻した鳥と花の楽園に心が静かになった。 今まで、14回走っているワッカの龍宮街道、今年は特別、心に残っている。

 今までの14回を振り返ると、下痢や風邪や故障や疲労との戦いがいっぱいあって、いちいち思い出して、ずいぶん「無理をして、身体に悪いことをしてきた」と思う。 連続完走に拘る性格なので、身体には無理を強いてきた。 来年、また完走を目指す。 なるべく無理をしなくても完走できる身体を作って参加したい。

 帰りの飛行機では、座席が窓際になって大喜び! しかも今度は雲が無い。 屈斜路湖が見えたり、長い長い釧路の海岸線に感動したり。 空でも大喜び。 今回の旅は、夢のような4日間だった。 唯一の心残りは、昨日までの曇天でサロマ湖の夕日が見られなかったことである。


 
"サロマを走る" 目次へ

ホームページへ