16 サロマ湖100kmウルトラマラソン
2001年 6月24日   丹代 政俊
第16回サロマ湖100kmウルトラマラソン、プログラム 朝から晩まで暑い、100kmを走るには厳しすぎる気象条件だった(完走率は、47%とのこと)。
なにしろ3時半頃、陽が昇ったら、いきなり雲のない青空青空青空。 暑さに負けて20kmを過ぎたあたりから、ふらふら走りになってしまった。 でも完走したかった。 休憩を多く入れ、給水所に着く度に帽子の中へ氷を入れて、なんとか走り続けた。 サロマで初めて関門規制時間を意識して走った。 必死で残り時間と距離を計算して厳しい完走を果たしたので、完走がうれしくてゴール写真は自然な笑顔だった。

6月22日(金)東京は曇り、北海道は晴れ
6:45起床。 なんだかサロマに向かうという意識が薄くて、会社に行くために目が覚めたという気分。 河辺発8:15の東京行きに乗るべく支度をしたが、ドタバタしてしまって朝食は納豆ご飯をかっこんで慌ただしく出発。 8:15には間に合ったもののちょっとの差で座れず。 でも立川で降りる人がいて座れた。

羽田には余裕を持って到着。 羽田でもも組と旅先メールリストに送信(行ってきますの内容)。 HPの更新は無理をしてやらないことにした。 忙しい心が心配。 女満別にはほぼ定刻に着いて、さわやかな北海道の空気にふれた。 荷物待ちのところの出口でなおちゃんを発見。 空港から湧別への道で横を走るサイクリング道路を見ていて利和子さんと「あの道を自転車で走りたいね」と話していた。 夕食は橋本さん、松田さん、堀さん夫妻、中本さん夫妻などと一緒に大さわぎしながら楽しくとった。 そして7:00近くに外へ。 夕陽がすごかった。 みんなで大さわぎしながら見た。 下条編集長、橋本社長も一緒だった。

6月23日(土)晴れ
6:30頃に起きてネットチェック。 そして急いで朝食へ。 でも、あわてる必要はなかったようで、貸し自転車はいっぱいあった。 まずワッカへ。 暑い! でも風がさわやか〜。 明日は水をかぶりながらの走りになると思う。 白帆へ行った。 十数年ぶりである。 巨人軍団の方々が買い物をしていた。 買い物をして、お土産を渡したら、お土産をくれた。

午後、ネットに書き込む気になれず、読むだけでウトウト。 眠いのをがまんして2:30頃ロビーへ。 バスで湧別に向かった。 いきなりVTRの収録があってとまどったが、なんとかしゃべって開会式会場へ。 今年は ともやさんがいない。 でも、もも組の初対面の方々とお会いしたり、秋田100キロへの盲人ランナー参加を認めてもらう署名で歩き回ったり、結構忙しかった。

サロマンブルーメンバー、今年もプログラムで紹介されていた。
私たちがサロマンブルーメンバーです!
夜、夕食はご飯がなかなか出て来なくて不満。 夕陽は今日もきれいだった。 しかし、ご飯が遅れたせいでしっかり見られなかった。 今9:15、さぁ寝よう。

6月24日(日)晴れ、晴れすぎ
昨夜は9:30頃眠ったように思う。 朝は2:00に目覚まし時計で起きて支度。 いつものことだがサロマの朝は早すぎる。 3:10にはバスに乗り(50キロの部の利和子さんは、まだ寝たまま、でも行ってきます、と言って出発)移動中に朝陽が昇ってきた。 まるで夕陽と区別がつかない。 あれは夕陽なのだと言えば写真だったらだまされる。 上空にはまったく雲がない。 今年はスタート前にランシャツ・ランパンで外にいても平気、暑い!

スタートしてすぐ堀田さんに抜かれた。 彼女は口数の少ない人という印象。 越智さんとしばらく一緒、やがて小谷野さんと併走。 でもやがてみんな先に行った。

竜宮台の折り返しでは今年も楽しい手パッチンで、はしゃぎながらの走り。 しかし、みんながいなくなって(すれちがいが終わって)苦しい走りになった。 暑さで身体の動きが良くない。 最初こそ25分/5kmのペースを守っていたが、やがて30分/5kmになっていた。 疲れてきて、すごく眠くなる。 道ばたの日陰をさがしたり車の横を借りたりして眠った。 スタッフの方が心配して声をかけてくれたりした。 何度も寝ていたらかなり時間が経ってしまい、60kmに約7時間を要していた。 残り40kmを6時間ということは10kmを1時間半で走らなくては、などと計算をしながらトコトコと走った。
ワースト記録だけど、笑顔でゴール
8分/1kmのペースで走って給水所での休憩時間を確保した。 給水所の度に帽子に氷を入れた。 これはかなり効果的で頭の上にはずっとかき氷がのっていた。

東急リゾートでおしるこを食べている利和子さんを発見。 50kmの部だが、利和子さんが先行するのは初めてである。 余裕がないので一緒に走ることはやめて先に行くことにした。 ペースは不思議なことに上がっている。 74km〜80kmの道がペースアップのおかげで短く感じられた。

ワッカは強い向かい風が涼しくていい気分。 87km地点で完走を確信した。 ワッカの折り返しにはスポックさんの知人のスタッフがいてくれた。 帰りは追い風、普通は背中を押されて助かるのだが今日は無風になり、暑い! スイカを食べた。 すごくおいしい。 一度に二つずつ食べた。 ゴールは白帆のお母さんが準備してくれた大きな花束を手に、自然な笑顔だったと思う(記録は11時間44分43秒)。

利和子さんも完走した♪
(50kmを6時間10分37秒)。

6月25日(月)北海道は晴れ、東京は曇り
6:00頃目が覚めてネットチェック。 あとは電話が使えなくなるし特に急ぐこともない(ホームページの更新は終わっている)のでパソコンは仕舞って帰り支度をした。

食事のあと外へ。 オプショナルツアーの方々や早い出発の方々を見送って、そして自分たちも見送られて帰ってきた。 女満別空港ではいつものオホーツクラーメン。 東京は蒸し暑い。 でも今年はラッシュアワー前(4時ちょっとすぎ)に着いたので電車がすいていてよかった。


 
"サロマを走る" 目次へ

ホームページへ