19 サロマ湖100kmウルトラマラソン
2004年 6月27日   丹代 政俊
第19回サロマ湖100kmウルトラマラソン、プログラム  完走に向けて最大のピンチ状態だった。 一週間前の日曜日(6月20日)、白鳥から帰ってきた夕方、シャワーを浴びてパンツを履こうとしたら足が上がらなくなっていて転がって着替える羽目に。 突然の腰痛だった。

 歩けなくて月曜日と火曜日は会社を休ませていただいた。 二日間寝ていて火曜日の夕方にやっと歩けるようになった。 家の前のスーパーに買い物に行って、買い物袋を手に持って歩いて帰ることができた。 日曜日の夜にはどんな軽いものでも手に持つだけで腰が痛かったので、こんな些細なことに、小さな変化に、いちいち喜んでいた。

 水曜日から出社することができた。 しかし、まだ歩いている途中で転倒しそうになるほどの痛みに襲われる。 椅子に座っていて立ち上がるときには時間がかかる。 サロマは走れないと思い、暗い毎日だった。

 でも、少しずつ症状が軽くなっているという実感があった。 そしてサロマへの出発の日、金曜日の朝には「走れる可能性はゼロではない!」と思うようになっていた。

6月25日(金)東京は雨、北海道は晴れ
 朝、4:00ごろ目が覚めてしまう。 もう外では小鳥がチュンチュンさわいでいる(わがやのピヨもピ〜〜ヨ〜〜 〜)。 腰の痛みは消えていないが脚に影響が少ない部位(背中近く)が痛むようになった。 このまま移動して消えてほしい。 3m走ってみた。 まだ腰にひびくが走れた。 3mだけだけど。
 7:13の東京行きで出発。 羽田には9:30ごろ到着。 今回は荷物を極力軽くと考えた。 爪切りやカッターなどを省いた。 カメラのレンズも3本(20−35mm、14mm、43mm)のみとし、三脚も省いた。 腰への負担を軽くしたい一心である。 目的は完走である。
 JAL1183はかなり遅れて離陸。 湧別での時間が心配になる。 15分遅れくらいとのこと。 12:36女満別空港に着陸。 一安心である。 湧別でナンバーカードをもらって、いつもの酒屋さんでビールを10本買ってバスへ(ここで海宝さんに会えた)。
 バスでホテルへ。 無事に着いた。 飛行機のシートもバスのシートも大丈夫だった。 シートの角度と腰の位置と注意を払って、大丈夫だった。 ホテルでゆっくり休んで、夕陽の写真を撮って、おいしい料理を食べた。 食べ過ぎるくらい食欲がある。 腰はますます良くなっている(と思う)。

6月26日(土)晴れ
 ゆっくり寝ていて、食事は8:00すぎ。 10:00近くまで海宝さんや越智さんたちと話していた。 昼までワッカヘ。 またネイチャーセンターまでは歩きである。 自転車のサドルを低めにして、サイクリングができた。 今年の花はすごくいい。 腰をかばってうまくカメラアングルを決められなくて困ったが、ここまで動けるようになっている腰に、喜んでいた。
 前夜祭ではまた懐かしい方々といっぱい会えてうれしい時間。 ここではほとんど食べている時間がなくて、食事はホテルで(19:00〜)。
 今19:40、さあ寝なくては。 でもまだ眠れない。 のんびり寝よう。
 明日、走れる気がする。 腰、かがむ姿勢をとらなければ大丈夫。 まだ洗面所で顔を洗うときに顔を下げられず、タオルを上まで持っていく状態。 でも走るときは直立の姿勢だから問題なし(と思う)。 明日、がんばる!

 サロマンブルーメンバー、今年もプログラムで紹介されていた。
私たちがサロマンブルーメンバーです!(1)私たちがサロマンブルーメンバーです!(2)
私たちがサロマンブルーメンバーです!(3)私たちがサロマンブルーメンバーです!(4)
 今、夜の8時15分、これから寝る。 さて何時間眠れるか。

6月27日(日)晴れ、風強し、日差し強し
 第19回サロマ湖100kmウルトラマラソン。
 1:30起床。 いつもの通り一人で食事をとり、一人でそっと出発。 バスは3:10の予定が満席になったので3:00少し前に出発。 会場にはずいぶん早く着いた。
コース案内図
 スタートして腰と脚のチェック。 腰は深いところに重さを感じる程度。 脚の動きが良くない。 ぎこちない動き。 腰のひねりは最小に、腕ふりで脚を動かすように意識をして走った。 ペースはキロ5分。
 直子さんと一緒になった。 しばし話しながらの走り。 しかしゆっくり行きたいので離れた。 脚を大きく動かさず、膝から下の動きに頼った走りになってしまい、このペースでの走りは10km地点までしか維持できなかった。
花束を手に笑顔でゴール♪  50キロを5時間半以内で行けば完走ができると思っていた。 後半50キロを7時間半というペースは10キロを1時間半。 これなら歩きや休憩を入れてもOK。

 50km地点を5時間02分台で通過。 これで行ける!と思った(正確には可能性あり!だが)。 暑くて2.5km毎に氷と水で冷やしながらの走り。

 完走を確信したのは80km関門を残り時間3時間49分で通過したときである。 このまま90km地点まで行けばラスト10kmは歩いても大丈夫という時間だった。 しかしワッカの往復は、つらかった。 暑さはやわらいでいたものの、腰にはっきりとした痛みを感じて苦しくなったり冷や汗が出たり、脚は筋肉痛と膝痛がひどかった。 腰をかばって膝を使う走りをしてしまった。 でも頭の中は有頂天。 呼吸も心臓も食欲も問題なし。

 つらかった一週間のことを思い出して、うれしくて、うれしくて。 ゴール手前2キロのエイド(79km地点のエイド)の生徒たちが歌を歌ってアーチを作ってハイタッチをしてくれた。 ここで涙があふれた。 ゴール400m手前で涙をふいてゴールポーズの計画を立てて、そして白帆のおかあさんからいただいた花束を持ってゴール。
 11時間48分03秒。 笑顔のゴールができた。
 利和子さんも膝に痛みが出てつらい走りだったが50kmを完走。 笑顔でゴールだった。

6月28日(月)北海道は晴れ、東京は曇り
 6:00起床。 昨日の越智さんの治療が効いているのか筋肉痛も腰もかなりいい。 昨日は完走パーティーにちょっとしかいられなかった(ミホ子さんのグループに)。  朝8:30ごろ、なべちゃんとぶしちゃんがホテルに来てくれた(おみやげをいっぱい持って)。 昨日の花束の半分を持っていってもらった。
 海宝さん、古田さん、大津さん、橋本さん、、みんなで楽しい時間。 そのあと利和子さんとネイチャーセンターまで散歩。 ゆっくり歩いて帰って、ホタテフライカレーを食べて空港行きバスへ。 荷物(おみやげ)は宅急便で送った。
 羽田に着いて、中央線、青梅線は座れず(通勤時間帯)。 家には20:40に着いた。


 
"サロマを走る" 目次へ

ホームページへ