97 サロマ湖100kmウルトラマラソン
1997年 6月22日   丹代 政俊
 自己ワースト記録を更新した大会。
 走り続けるためには心をもう少し強くしなければ、と思った。

6月21日(土)曇り
 朝、案外のんびり家を出て9:35の東京行きに乗った。 羽田には余裕で到着。
 いつものメンバーと再会し、歓談。 JAS185便はさほど遅れずに出発したのだが、女満別上空でしばらくグルグル(1時間近くグルグルしていたと思う)。
 着陸が遅れて開会式には出られず(湧別に着いたら終わっていた)、すっかり心が疲れてしまって、おまけにバスに酔って体調も悪い。 女満別空港でグレ電からNiftyに繋ごうとしてパソコンをケースから出すときに床に落としてしまった。 バスの出発までに繋いでダウンロードをしなくてはと思ってあわてた。 パソコンはバッテリーが外れ、LCDケーブルのカバーが外れ、コネクタカバーが開いた。 でも、ガチンガチン戻して電源を入れたらOK! たくましい機械である。 今のところ異常はないようだ。

 今日は疲れた。 忙しすぎる。 本当は前々日出発の4日間コースにした方が良いと思うのだが、さらにお金がかかる。 ホテルでは集さん(お医者さん)とU都宮さんと同室。
 今20:50。 さて何時に寝られるか。

6月22日(日)晴れ
 97サロマ湖100kmウルトラマラソン
コース案内図
 2:00に目覚まし時計に無理矢理起こされる。
 昨夜は22:30頃に眠ったと思う。 朝、体調は悪くないと思ってスタート。 30kmくらいまでは、絶好調。
 サブ8は軽い、と思っていたのだが、先々週痛めた右膝が痛みだし、かばっていて左足もおかしくなってきて、どんどんペースダウン。
一見元気に見えるのだが
 55km地点でアミノバイタルを飲んで帽子を着用。 少し回復。 でもペースは上がらず。 つらくなって東急リゾートのところで時計を止めた。 少し自分を甘やかせないと走るのが嫌になるという不安があった。
 ワッカを抜けて国道に出た辺りで「たんだいさーん!ラストがんばーっ!!」という声が聞こえた。 国道に出てからの2kmは、つらいことよりも、うれしいことがいっぱい頭のなかを巡っていた。 常呂町民センターが見えてきた。 そして、右にまがって笑顔でゴール。
 ゴールタイムは9時間11分11秒。 ワースト記録である。 でも、これで来年はもっと気楽に参加できる。
 夜、Niftyのフォーラムに書き込みをと思ったが、眠気に負けた。

   速く走れたこともある
   速く走れなかったこともある
   勝ったこともある
   勝てなかったこともある
   今度は、速く走れるかもしれない
   今度は、走れないかもしれない
   みんな当たり前なのに
   以前の自分でこれからの自分も規定しようとするから重荷になるのだ
   自分では分かっているつもりでも、まわりの方々の声でまた動揺してしまう
   まだまだである

ワースト記録だけど笑顔でゴール  サロマ湖100km、12回完走することができた。12回というのは、本当に長い。 足裏の故障、腰痛、座骨神経痛、アキレス腱炎、外反母趾痛、肝機能障害、風邪、下痢、乗り物酔い、いろいろあった。
 本当に自分をほめてやりたい。でも、それよりも、もっと感謝したいのは、家族。
 最初にサロマに行ってみたいな、と言ったとき、「話のタネに行って来れば」。
 2回目の時に、発熱して悩んでいるときに、「熱があるんなら無理して行かなくてもいいんじゃない」。
 利和子さんに感謝している。 12回も「表向きは」明るく送り出してくれたことに感謝をしている。

6月23日(月)北海道は晴れ、東京は曇り
 4:00に目が覚めて昨日のことが頭の中でぐるぐる。 眠れなくなった。 やっとウトウトしたところで6:00の目覚まし。
 外に出て500mほど走って、あとは散歩。 帰り、女満別空港と東京でNiftyにアクセス。
 移動中に読んで、書いて、モバイルノートパソコンは役に立つ。


 
"サロマを走る" 目次へ

ホームページへ