26 サロマ湖100kmウルトラマラソン
2011年 6月26日   丹代 政俊
サロマ湖
 第26回サロマ湖100kmウルトラマラソン、序盤での左足ふくらはぎの痙攣で、一時はリタイヤを考えたが、粘って完走することができた。 完走したいという気持ちが強かった。
第26回サロマ湖100kmウルトラマラソン、プログラム
 今年は油断もあったと思う。 簡単に完走ができると思っていた。 左足ふくらはぎの痙攣の原因は青梅30kmのあと、練習でキロ6分以上の走りをしていないで、いきなりキロ5分のペースで25kmまで走ってしまったことにあると思っている。

 キロ5分の走りがふくらはぎに負担をかけたのだと思う。 ハイスピードでの走りに耐えられる足を作っていないことを無視して走ってしまった。 今回、キロ6分のペースを守って走っていたら、もう少し良い走りができたと思い、後悔をしている。

 でも、今年の完走、大きく心に残る完走であった。 多くの方々の応援・激励がありがたかった。 ランナー、応援、スタッフ、多くの方々から力をいただいた。

 サロマ、やっぱりずっと走りたいと思いながら帰ってきた。 早く来年のサロマの日が来ないかなと思いながら。

6月24日(金)東京は曇りのち晴れ、北海道も曇りのち晴れ
 5:30、起床。 風が強い。 メダカの水替えをしてからトイレ、朝食、ネットアクセス。 河辺発7:13の予定だったが7:00の東京行きに乗ることができた(二人とも座れた)。

 羽田には9:30前に到着。 ゆっくりトイレ。 時間があるのでビーフカレーを食べてノンアルビールを飲んで、コーヒーを飲んだ。 搭乗口は67A、遠くてずいぶん歩いた。

 ANA845便、横風が強くて離陸まで時間がかかった。 たしかに風が強い(草の動きがすごい。機体も揺れている)。 富士山は雲に巻かれていて残念。 12:00ごろ、買ってきた弁当を食べようとしたら揺れがすごい。 でもなんとか食べられた。 食べ終えるころ、揺れは治まった。

 揺れて怖かったが無事に紋別空港に到着。 寒い! 涼しいを通り越して寒い。 それでもこの数日前よりは暖かくなっているのだとのこと。 受付も早くできてセブンイレブンでビールを買ってホテルへ。

 カニを買いに行ったが閉まっていた(16:30までだった)。 カニは明日にしよう。 夕方、おみやげを買って送って夕陽の写真を撮りに外へ。
夕陽
 食事のときは「サロマ同窓会」のメンバーにいっぱい会えた。 夜、注意書きを読んでいたら開会式や完走パーティーに応援者の参加はできないとのこと。 行く気が失せた。 でも行く方が良いかなとも思う。

6月25日(土)曇りのち時々晴れ
 6:30、起床。 ゆっくり食事。 食事のあとワッカヘ。 寒い! エゾスカシユリは少ししか咲いていない。 でもハマナスはきれいだった。 寒いけどワッカはにぎやか、海宝さんにも会えた。
エゾスカシユリ
ハマナス
にぎやかなワッカ原生花園
 カニ、見に行ったが買わずにきた。 今年はカニなしである。 寒い! 明日のウエアで迷う。 ランシャツ・ランパンでスタートして55km手前のレストステーションに長袖を置くことにする。

 開会式・前夜祭には一人で参加(利和子さんはエントリーをしていないので参加できない)。 行かなくてもよかったかなとも思った。 でも会ってうれしい方々がいた。 行ってよかった。

 夕食のとき今日も夕陽がきれい。 あわてて部屋に戻ってカメラをもってきて外へ。 ワイナイナさんが「早く早く」と言っていた。
落陽
 夕陽、間に合った。
 明日の準備は完了。 今20:45。 さあ寝よう。

6月26日(日)晴れ
 第26回サロマ湖100kmウルトラマラソン。
コース図
 1:30、起床。 今年は利和子さんが応援バスなので一緒に起きて一緒に朝食。 3:10のバスで一緒に会場へ。 スペシャルを預け、トイレへ。 いつものトイレに並ぶ、7人待ちで、スタート15分前にやっと済ませて着替えてスタートラインへ。

 涼しくて(寒くて)走りやすい。 キロ5分で走った。 最初の折り返しでちょっと手パッチン。 10kmは50分16秒。 竜宮台折り返しに向かう途中で越智さんに会い、しばらく併走。

 竜宮台折り返しからの手パッチンは楽しかった。 ペースもよく、快調。 20kmは1時間41分25秒。 まだキロ5分ちょっとのペースで走っている。

 しかし、25kmをすぎた辺りで左足ふくらはぎにピキッと痛みが走り、ストップ(ここで越智さんと別れた)。 痙攣だと思う。 向かい側にエイドがあったので水をかけて冷やし、また走ってみるが痛い。 応援の方が数人いた道端に座り込んでマッサージとストレッチ。 しかし治らない。 リタイアを考えた。 しかし、走りたい。 でも痛い。

 どのくらい座っていたか(気持ち的には15分くらい。 実際はおそらく5分くらい)。 走ってみることにした。 膝から上の筋肉だけを使い足を置いていく走りをイメージして走った。 痛いけど走れる。 キロ7分〜8分のペースなら走れる。 もしかしたら完走できるかもしれない。 がんばることにした。
もうすぐ 42.195km
 42.195km地点で応援の利和子さんにふくらはぎの痛みのことを話し、もしかしたら途中までしか行けないかもしれないが行けるところまで行くと弱音をはいた。

 50kmを5時間04分59秒で通過。 ゆっくりペースでも走れたら完走ができる。 痛みが悪化しなければ完走できる、と思った。

 暑くなってきた。 55km手前のレストステーションで手袋をリストバンドに替え、帽子を着用。 氷を帽子に入れて走った。 白帆のお母さんとハグ♪ ここでも弱音をはいた。

 70kmを7時間57分32秒。 80kmの関門まで2時間以上ある。 足の痛みは相変わらず、治らないけど悪化もしていない。 完走ができそうだと思った。
鶴雅リゾートだ♪ おしるこだ♪ コーラだ♪
 鶴雅リゾートではおしるこを食べることができた。 利和子さんが買っておいてくれたコーラも飲むことができた。 そしてワッカの入り口までのサイクリング道路は好きな道。 ずっと走った。 暑さが厳しくてつらい。 氷と水をフル活用して体を冷やしながら走った。

 80kmを9時間13分59秒。 歩きを入れても完走ができる。 でも全部歩きだと間に合わない。 もう少しがんばる。 左足をかばう走りで右足の太ももに痛みが出ている。 ワッカの坂は上りも下りも全部歩いた。

 90kmは10時間36分49秒で通過。 ここでやっと完走ができると思った。 あとはゆっくり歩きでも時間内にゴールできる。 ゴール手前で白帆のお母さんと今日二度目のハグ。 お母さんからいただいた花束を持ってゴール。
完走できました♪
 12時間05分05秒だった。 新谷さんが待っていてくれた。 越智さんが待っていてくれた。 利和子さんが待っていてくれた。

6月27日(月)サロマは晴れ、東京は曇り
 6:00起床(出発が早いのでしかたなく早起き)。 ドタバタと帰り支度をして食事へ。 越智さんとN本さんが一緒。

 空港へのバスが出るときに、みんなで大さわぎで見送ってくれた。 すみ〜さんとgacoさんはぴょんぴょん跳んでさわいで見送ってくれた。 羽田でワイナイナさんに会った。 「また一緒に走りましょう」と言ってくれた。


 
"サロマを走る" 目次へ

ホームページへ