15 サロマ湖100kmウルトラマラソン
2000年 6月25日   丹代 政俊
第15回サロマ湖100kmウルトラマラソン、プログラム 東京に来て30年
利和子さんと結婚をして25年
走り続けて20年
サロマ湖に足跡を残して14年
私は48歳になった。

結婚25周年記念の今年、予定では二人でニューヨーク・シティ・マラソンに参加をするはずだったが経済的事情で断念。
25周年記念の旅行はサロマ湖だけとなった。

6月23日(金)東京は雨、サロマは晴れ
6:45起床。
ドタバタと河辺発7:47の東京行きで出発。 電車事故もなく10:20、無事に羽田空港に着いた。
東京は雨、河辺駅までの歩きで傘を濡らしてしまい、乾かすのに気を遣った。 北海道は、きっと晴れ。 傘は要らないはず。

羽田空港のISDN公衆電話から「行ってきます」のメールを発信。 電子掲示板等にも書いていたら、すぐに時間がなくなった(今回は特に忙しく感じる)。 今年も空港では、いきなりサロマ同窓会の雰囲気。 年に一度しかお会いしない方が多く、クラスメートに出会ったときのような楽しい時間。

女満別空港に降り立って、あまりの良い天気に驚いた。 カラッとしていて、まさに北海道である。 さわやか。 日差しが強くてひなたは暑いが、風が涼しく空港に降りた瞬間に汗疹が治ってしまう。 しかし、こんな天気のままで当日を迎えたら、たいへんだ。 朝のうちはいいのだが昼には暑さで辛い走りになる。

昨年は曇っていて夕陽を見ることができなくて悔しい思いをしたが、今年はサロマ湖の夕陽を見ながらの食事ができた。 窓の外にはサロマ湖が広がっている。 でも、夕焼けの空にはならず、ちょっと不満。

部屋に戻って湧別で買ってきた毛ガニを食べているときに、忘れ物に気付きいた。 やはり私は今年も忘れ物をしていた。 今回の忘れ物は三脚。 二人で写真を撮るときには三脚を使ってのセルフタイマー撮影をしているのだが、今回は、これができなくて残念。

6月24日(土)晴れ
早起きしてサイクリングへ。
今年は、サイクリングロードを旧国鉄常呂駅まで行くことができた。 時折、鉄道の名残を見せるサイクリングロードに、初めて参加したときのことを思い出していた。 あのころは、鉄道も踏切もあったのだが、今は常呂駅もバスターミナルになっていて、さびしい気分。
ワッカを走る(自転車で)
でも、ワッカ原生花園では今年もハマナスやエゾスカシユリがいっぱい咲いて歓迎をしてくれた。 朝は寒くて吐く息が白いことに驚く状態だったが、昼になって暑いくらいの好天に恵まれている。 明日は、やはり暑さが心配である。

サロマンブルーメンバー(サロマ湖100kmを10回以上完走したランナー)へのプレゼントとして昨年とった足形が流氷焼き( 陶器 )になって常呂町民センター(ゴール地点)の広場の壁に埋め込まれていた。 まるでハリウッドスターの手形みたいで、うれしい。

6月25日(日)晴れ
1:10に目が覚めて一旦トイレへ、そのあとまたベッドにもぐり込んだのだが、頭の中を、この14年間の様々なことが駆け巡って全然眠れない。
1:45、ついに起きてしまった。 ゆうべは眠ったのが21:30ごろ。 案外眠れた方だと思う。
調子いいー♪
5:00スタート。 ランシャツ・ランパンでも寒さを感じなくて絶好のコンディションである。 走りやすい♪ 去年の雨の中でのスタートを思うと、快適である。
折り返して、楽しい時間
しかし、竜宮台折り返しで手パッチンをしているときは楽しくて忘れていたが、気がついたら左足つけねに異常な痛みが。 ペースダウン。 いつの間にか雲が消え、陽が照りつけていた。

ホテル緑館(55km地点)で、帽子をかぶった。 脚をかばうように、ゆっくり走っていた。 走っていて無性に眠くなる。 疲れが眠気を誘っている。 お腹の具合もおかしく、60km地点を過ぎたあたりでトイレに。 そして一休み。 すでに歩きが入ってきていたが、あと8時間。 完走するぞ! と決意を新たに前進を続けた。

いとうなおこさんが追いついてきて、歩いている私の手を引っ張って「行こ!」と言ってくれた。 一緒に走った。 しかしペースが合わない。 一緒に走りたかったが、彼女の目標タイム達成の妨げになるので先に行ってもらった。

暑さも堪えた。 エイドでは水をかぶり、水を飲んで、休憩を取り入れながら走った。 スローペースのおかげで食欲をなくすことはなく、水もジュースもスイカも美味しく食べることができた。

ワッカ折り返しを過ぎてすぐ、すれちがった高石ともやさんと立ち話、「時々、走れなくなるんです」と泣き言を言う私に、「うーん、そのブルーの青梅のランシャツ、かっこいいなぁ」と明るく仰るともやさん!?!? ・ ・ ・ そうだ、陽気に行こう、どんなときでも! 気をとりなおして、スイカを食べながら休憩をしていたら、ともやさんも折り返して、もう追いついてきた。 しばし並走。 ともやさんの走りは力強く、そして速い。 しかし私の脚は悲鳴を上げ、ペースダウンを訴えている。 ともやさんについて行けなかった。 ついて行きたかったけど。

悲しくなって、とぼとぼと歩いていたら、利和子さんとすれ違った。 「時々、走れなくなるんだ」と弱音をはいたら、「大丈夫。歩いても間に合うから、大丈夫!」と、自分はこれからワッカの折り返しに向かうというのに、すごく元気な顔で言ってくれた。 あと5〜6kmでゴールという私の方がひどい顔をしていたようだ。

涙をぬぐいながら歩いていた。 下条編集長とすれ違った。 編集長も、同じことを言って励ましてくれた。 涙がどんどん流れてきた。 悔しいを通り越して、悲しいも通り越して、無性に泣けた。 でも、やがてまた、ゆっくりと走り出すことができた。

私は「笑顔でゴール」をモットーにしている。 でも今年は、できなかった。 ゴール手前で涙をぬぐって「笑顔のゴール」をしようとしたが無理だった。
涙のゴール
10時間42分28秒。 涙のゴールだった。 でもこれで良かったと思う。 そのときの本当の心でゴールをするしかない、と思う。 「笑顔のゴール」は、また来年の目標にする。

夜、さよならパーティーから帰って部屋に戻り、利和子さんとビールで乾杯。 今日の走りを振り返っていた。 じわ〜っと、あきらめないで完走して良かった、と、どんどんうれしくなってきた。 歩いていたら、みんな「あきらめるなよ」、「完走してくださいね」と、言いながらすれちがったり、追い抜いて行ったり、してくれた。 あきらめなくて良かった。 やめなくて良かった。
私たちがサロマンブルーメンバーです!
15回目の完走だった。 サロマ湖100kmを15回完走したランナーは、3人いる。 3人とも、また来年!と、励ましあっている。
15回連続完走は自分でも、すごいと思う。
この14年間、サロマの時期に葬祭や大きな故障がなかったという幸運もあったのだが、下痢、風邪、故障、、いろいろあった。 でも完走のための工夫をして走ってきた。 しかし、「連続完走」というものにこだわることは危険である。 身体にアクシデントがあったときに、ダメージを最低に、冷静な計算で走りきるという「技術」をもっと身に付けていくことの必要性を感じている。 そして、いつかサロマ湖に於いても必ず訪れる「リタイアの時」への覚悟も必要である。

今年のサロマは兆候があって辛い走りが予測できたにも関わらず20kmまで突っ走ってしまった。 あの地点まで5kmあたり1分ペースを抑えて行けば、もう少し走れたような気がする。 しかし、あの涼しい時間帯に、みんなとうれしい手パッチンをやっているときに時間を稼いだから、後半の歩き走りでのタイムロスがあっても10時間台で完走できたのだという見方もできる。

私は、この14年間で、ずっと変わってきた。
いきなり「優勝」して、自分は日本一なのだと勘違いして、負けて世の中には強い人がいっぱいいるのだと知らされて、強い人に勝ちたくて、なりふり構わず練習に励んで、そして、やがて競走第一の走りができなくなって、ウルトラマラソンは人と競走しなくても走り続けられることに気付いた。

競争社会で生きてきたので、走り始めてランニングも競争の手段だと思っていた。 でも競争をしなくても走り続けられることを知って、うれしい。
競争から競走へ、そして共走へ。
ウルトラマラソンの世界は奥が深く素晴らしいものだと気付いた。
笑顔で完走しました♪
今回はワッカで利和子さんが女神に見えた。
普段うらやましいほどのマイペースで、「もっと走らなくちゃ」とか、「○○分を目標に」等の感覚が皆無の人だが、今回のラストの走りは見事だった。
ゴール直前の走りは、とても50kmを走ってきた走りには見えず、自分のゴールとがあまりにも対照的で驚いてしまった。
利和子さんは、6時間13分25秒で完走。
去年は、私が元気で迎えに行き、ゴール後の利和子さんは疲れがひどかったのだが、今年は逆。 すごく元気な利和子さんで、うれしかった。

6月26日(月)サロマは晴れ、東京は小雨
6:00前に目が覚めてしまい、起きてネットにアクセス。 今年も、しっかりネットから離れずに旅をすることができた。
8:00、9:00と、オプショナルツアーに出発のメンバーや、帰るメンバーを見送っていて、だんだん寂しくなる。 帰りの飛行機は12:00の便なので、去年のようにワッカに出掛ける時間はとれず、ホテル周辺を歩きまわって名残を惜しんでいた。

今回の旅にも、様々な出会いと交流があった。 ゆっくり、歩きを入れて走ったおかげで、あの殺人的な暑さのダメージは少なく、脚の調子もいい。
前夜祭では、また高石ともやさんと一緒に歌えたし、
年に一度の同窓会的交流がいっぱいできたし、
青い青い空と海の間を走れたし、
良い旅だった。

帰路、羽田空港は雲の下。
山手線は、サラリーマンの帰宅時間にはまだ早いと思うのだが、ぎゅーぎゅー詰め状態。 でかい荷物を持って、ふーふー言いながら、サロマ湖での夢のような時間との落差の大きさに、溜息が出てしまう。
河辺駅は、小雨だった。
出発のときも雨、帰宅のときも雨、だった。

大会当日、サロマ湖の気温は28℃だったと聞く。 空気が乾いていて体感気温は低かったが、体調をくずしたランナーも多かったとのこと。
ウルトラマラソンには、いつも、困難な条件が与えられる。
しかし、それを乗り越えて完走を目指すのがウルトラマラソンなのだと思う。
そして、それが厳しければ厳しいほど、ますます完走への意欲をかきたてられ、乗り越えたいと思い、挑戦したくなるのだ。

来年、また挑戦しよう !


 
"サロマを走る" 目次へ

ホームページへ