95 サロマ湖100kmウルトラマラソン
1995年 6月 25日   丹代 政俊
95サロマ湖100kmウルトラマラソン
10回目のサロマ湖、この年には NIFTY−Serve のフォーラム FWELNS の仲間との出会いがあり、これをきっかけに私はパソコン通信のフォーラムへの書き込みをするようになっていた。

6月24日(土)曇り
今、東急リゾートの414号室。 サロマ湖参加5回目の佐藤さんと同室になった。 彼は NIFTY−Serve のフォーラム FWELNS のメンバーである。

今年は大会受付のときに超音波診断装置で心臓をチェック。
ひやひやしながら見ていたが、問題なし。 よかった。 食事のときに浅見さんご夫妻に会った。 あんな夫婦になりたい。
夜、手紙とハガキを書いた。
今、20:37、さあ準備をして寝よう。

6月25日(日)曇り、ちょこっと雨
朝、2:00起床。 昨夜はまともに準備をしないで寝てしまったので忙しい。 ドタバタと支度をして3:00にバスで出発。 スタート前に、いつものようにたくさん出会いがあってうれしい。 走っても折り返しのすれちがいでまたたくさん手と手でパッチンをやった。
まだ序盤、先は長い
レースは20kmくらいまでは良かったものの途中ですっかり脚の動きが悪くなって、サブエイトはあきらめ、8時間台を目標に走った。 8時間32分06秒。 完走はしたがタイムは、、 でもこれは今の自分の力である。 甘受すべし。

95サロマ湖100kmウルトラマラソンに参加して、出会いがあって、交流があって、今年も多くのアドバイスをいただいた。これから走り続けていくために役立つ言葉があった。
  ◇ トライアスロンの世界もせこくなってきた。
  ◇ 走りの世界で走りを本当に理解できる人は少し。
  ◇ 勝ち続けている人もそのうち勝てなくなる。そのあとどうするかが問題だ。
  ◇ 僕は自分がせこくなるのが嫌なので年代別(未公認)の部には出ない。
  ◇ 愚痴を言わない。どんなに道が険しくても、遠くても。
  ◇ どんなに坂があっても、どんなに雨が降っても、それは僕たちにはどうしようも
    ないことだ。僕たちにできるのは、それを越えて行くことだ。
  ◇ 負けることを知れ。

10年連続の表彰
夜、10年連続の表彰があった。
  1.続けてきてくれた主催者とスタッフと地元の皆様に感謝
  2.毎年毎年送り出してくれた妻と子どもたちに感謝
  3.10回も走ってくれた脚と身体に感謝
という意味のことを言った。

ともやさんのギターで「陽気に行こう」を歌う
高石ともやさんとまた一緒に歌った。 「陽気に行こう」、「長い道」、「風」を歌った。 楽しかった。

佐藤さん以外にも数人の FWELNS の仲間に会った。 帰ったら書き込みをしよう。

夜、浅見さんご夫妻と古ちゃんと佐藤さんと一緒にビールをしこたま飲んだ。
今、22:56、さあ寝るか。


 
"サロマを走る" 目次へ

ホームページへ