1995 HONOLULU MARATHON
1995年11月26日 〜 12月13日

11月26日(日)曇り、時々晴れ

本山さんの伴走でつくばマラソンへ。 3時間42分台だった。 朝、5:47の電車で出発(なんと河辺駅で介護付きの切符が買えなかった。6:00〜とのこと。融通がきかない窓口である)。 会場には9:10頃到着。 今日の走り、前半が1時間55分、後半は1時間47分。 ビルドアップ走になっている。 参加ランナーが多くて難しい走りだった。 なにしろ最初の5キロに30分もかかっている。 夜、RUN RUN JOURNAL を書き始めた。


11月27日(月)曇り

久しぶりに定時で出社。 きついが夜には歯医者とハンドベルの練習なのでしかたがない。 しかし、やたら寒い。 昼休みもほとんど汗をかかない。 夜、ハンドベルの練習(PTA音楽会に向けての練習)。 まだ全然さまになっていないが、みんなちゃんと集まっているのがいい。


11月28日(火)晴れ

朝、また起きられず9:15出社。 しかし仕事も忙しくて4時間残業。 夜はセブンイレブンで RUN RUN JOURNAL のコピー。 青梅若草RRCに新聞社から駅伝の取材申し込みがあり、ヒーローの紹介を頼まれたとのこと。 チームで参加する競技でもヒーローを作り上げたがるマスコミには困ったものだ。


11月29日(水)晴れ

本山さんと走ったあと、RUN RUN JOURNAL No.620〜622 を折って封筒に入れて、投函した。 やっと終わった(今、午前零時)。 8月からずっと書いていなかった。 富士山の記事が心にひっかかっていた。 書けなかった。 書きたくなかった。


11月30日(木)晴れ

RUN RUN JOURNAL の直接配達分を配り終えてほっとしている。 心にずっとひっかかっていて、どうしようどうしようと思ってくよくよ過ごすのは俺の疲れてきたときの特徴である。 生活の見直しが必要である。 S田さんからメールが来た。 まだ俺がバリバリの駅伝ランナーだと思っているらしい。 「このごろタイムを忘れてしまっている」と返事を書いた。


12月1日(金)晴れ

先月、11月2日に8万kmを越えた。 今地球3周目を走っている。 しかし、11月は心身ともにメタメタであった(11月は248.5kmしか走っていない)。 体調が良くない。 昨日から胃が痛い。 そして、やたら眠い。 11月のストレスをそのままひきずっている。 昼休み、とばしてみたが、もたない。 夜、走りながら本山さんに愚痴を言いっぱなし。 本山さんからトラベルクッカーを借りた。


12月2日(土)晴れ

午前中は中学の校内駅伝でコース監察。 PTA役員の面々や校長先生と話すことができて有意義だったと思う。 午後は上野へ。 スカイライナーの切符を買ってきた。 これで当日混んでいても安心である。 ソーティのニューシューズも買った。 ビデオテープと使い捨てカメラも買ってきた。


12月3日(日)晴れ

日記を書き忘れた(これは12月4日の朝に書いている)。 奥多摩渓谷駅伝があった。 青梅若草RRCのBチームで走った。 意外と快走。 タイムは5区を31分28秒と良くないが、12人ほど抜いて(学生4人含む)気分よく走れた。 男子Aチームは市民の部三連覇。 B、Cチームも、女子A、Bチームも完走。 良かった。


12月4日(月)晴れ

昨日は市民の部三連覇で気分は上々。 会う人会う人に「また1位だよ」と言って歩いていた。 本当にやってみなくては分からないものだ。 2位とは50秒差とのこと。 去年と同じ布陣なら負けていたと思う。


12月5日(火)曇りのち晴れ

パソコンのセッティングで夜更かし。
パソコンは使えるようになるまで時間がかかりすぎる。


12月6日(水)晴れ(だったと思う)

疲れた。 夜、中学の役員推薦委員会があって、まず委員長が決まらない。 でも、ねばって、なんとか引き受けてもらった。 そのあと明後日の準備。 疲れた。


12月7日(木)晴れ

会社ではみんなしっかりホノルル行きを認めてくれていてうれしい。 昼礼のときに「挨拶は?」などと言ってくれた。 夜、荷造りをしていて心が忙しくなっていらいらしていた。 鼻がおかしい。 くしゃみが出る。 風邪かもしれない。 なんとか軽症であってほしい。


12月8日(金)〜12月13日(水)

  1995 ホノルルマラソン、4時間58分27秒。

    出発の様子、ホノルルでのエピソード、マラソン当日のことを
    感想記にしています。

      → 1995年 ホノルルマラソン

    をご参照ください。
    6日間の日記を編集したものです。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ