5度目の別大毎日マラソン
(大会は)1992年 2月 2日

1月 26日(日)晴れ

朝、まずテレビで東京シティマラソンを見てモネゲッティの快走に感動(世界最高の走り)。 そのあと利和子さんと二人で青梅マラソンコースへ(110回目の30kmラン)。 帰りの日向和田駅で利和子さんは電車へ(腰の左側に痛みがあるとのこと)。 3時間40分くらいで走った。 帰りは寒かった。 帰ってからビデオ録画で大阪国際女子マラソンを見た。 なんと小鴨さんという新人が2時間26分台で優勝! 松野明美さんは27分台で2位だった。


1月 27日(月)晴れ

昼は暖かく朝晩は冷え込むという身体には恐い天気である。 昼休み、カーボ制限の影響はあまり感じずにうまく走れたのだが、左足裏にマメができそうになったのでペースダウン。 明日からこのシューズ(NBコンプ620)は履かないことにする。 汗がだいぶ出た。 T辺さんが大阪国際女子マラソンで15kmの関門にひっかかり、完走できなかったとのこと。 厳しい。 ひとごとではないが。
夜、RUN RUN JOURNAL No.346〜348 の準備(原稿貼付)をした。


1月 28日(火)晴れ

昼休み、汗がかなり出る。 冬にしては暖かいのだろう。 でもハラはへっているがうまく走れた。 帰って体重を測ったら64.5kg、あまり減っていない。 でも空腹感はかなりある。 夕方、宮下さんに思わず「ハラヘッタ」と言ってしまった(失敗)。 チョコとお菓子を持ってきてくれた。 あ〜あ(明後日食べよう)。
夜、RUN RUN JOURNAL No.346〜348 を書いた。


1月 29日(水)晴れ

今日は会社の仕事が落ち着いていて、のんびり過ごしている。 明日も余裕がありそうだ。 昼休み時間は1000mを1本だけ3分16秒でダッシュ。 夜は若草公園で12km(1時間くらい)。 ハラがへってフラフラのわりには良く走れている。
体重は63.5kg。 がんばって走っているせいか体重は減った。
夜、RUN RUN JOURNAL No.346〜348 の封筒を準備。
スペシャルドリンク用の旗も作った。


1月 30日(木)雨のち曇りのち雨

仕事は余裕、と思っていたのだが割り込みの仕事がどんどん入ってきて危なかった。 でもなんとか定時で帰ることができた。 夜、スーパーで RUN RUN JOURNAL No.346〜348 のコピー。 大量にコピーをしている人がいて待たされたり、トナーがなくなって補充してもらったりで時間がかかった。 でもなんとかできた。 明日は RUN RUN JOURNAL の発行を済ませてから出発できる。
朝は下痢で心配だったが治ってくれて、今日はたらふく食べた。
昼休みは5.7kmを20分27秒、ダメ〜。
宮下さんが草餅とカステラケーキと飴とチョコレートをくれた。 うれしい。
夜、11時頃から荷造りを始めた。


1月 31日(金)雨

ブルートレイン富士号で別府へ。


2月 1日(土)曇り、たまに雨 or 雪

別府に到着。


2月 2日(日)晴れ

第41回別大毎日マラソン、2時間38分51秒、248位。

    走りの結果については、
    第41回別府大分毎日マラソン敢走記
    をご参照ください。
    出発の様子、前日のこと、当日のこと等が書かれています。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ