初めての別大毎日マラソンを走って   
1984年 2月 5日


あこがれの別大マラソンに出場。 完走しただけでもうれしいのに、自己ベストを5分以上も更新するというすごいおまけつき。 まさに、有頂天である。 しかし、今こそ、気を引き締めて、次への教訓を引き出しておく必要があると思い、書くことにした。

スタートは、トラック。 全天候のすばらしいトラックである。
ゼッケンは120番だったので、前からすぐの列に並んだ。 しかし、ピストルと同時に、みんなすごい勢いで走り出し、たちまち置いていかれてしまった。 いっしょうけんめい走っても追いつかないスピードだということが、良く分かった。

競技場を出て、少しの間は先頭の車が見えていたのだが、まもなく見えなくなって、そして、すぐに5km地点だった。 時計を見てびっくり、18分40秒。 目を疑った。 やはり、引きずられ効果はあったようである。 10km地点まではペースを落としたつもりだったが、やはり、この区間も18分台をマーク。 16kmでスペシャルを摂って、また元気を出して、折り返しは1時間20分02秒、なんと、このまま行ければ2時間40分となる。 しかし、そうは、やはり、うまくいかない。 25km地点以降は、やっと4分/1kmのペースを守ってゴール! 2時間42分53秒の自己ベストだった。

今回は、後半の落ち込みが、なにしろ少なかった。
落ち込んでも4分/1kmのペースを守れたことは、大きな自信に繋がった。

一番うれしかったのは、ゴールで、大会スタッフの女の子に完走タオルをかけてもらったこと。
次にうれしかったのは、自己ベストを更新することができたこと。
そして、次に、S木さんに勝てたこと。
S木さんは、雲の上の人だった(N野さんには1分くらい負け。S木さんには、1分の差をつけた。M田さんは、2時間50分台で、楽勝)。


【 今回のレースの勝因 】
  1. 走り込みが十分にできたこと(特に夏・秋の)。
  2. スピードがついたこと(5000mで16分台突入は大きい)。
  3. 調整に成功した。
    1. 木曜日には、いつもの5.7kmを19分49秒で走ることができるところまで調子が上がった。 そして、金曜日には12.5kmを疲れを感ぜずに快走!
    2. デプリーション → カーボローディングが、うまくいった。 特に、後半の食いだめは、下痢を起こすこともなく実にうまくいった。
    3. 寝台車で十分に眠り、宿でも偶然一人部屋になって、十分に眠れた。
  4. 大会そのものの選択が良かった。 コース、気象条件、共に最高の大会だった。
  5. スペシャルドリンクを効果的に利用した。
    1. 16km地点・・・ポカリスエット(すごく甘く感じた)
    2. 26km地点・・・リボン ウメ20(すごくおいしかった)
    3. 36km地点・・・ポッカレモンティー(生き返った)
【 ヒヤッとしたこと 】

競技場に入ってきて、あと300mの地点で、右足の膝裏が痙攣。 あわててペースダウン。 ひっぱたきながら、脚をだましだましゴールした。「急激なペースアップは痙攣を起こす」というのは、やはり法則である。去年の河口湖でも、ラストのところで痙攣した。 瀬古選手は、ラスト100mを13秒で走ることができるという。 やはり、並外れたトレーニングの成果だろうと思う。


【 唯一の失敗 】

21km地点で、みんながスペシャルをとっていくので、自分のもあるはずだと思い込んで、捜した。 さんざん捜して見つからないので「クソッだれかに持って行かれたか!」と思って走り始めて、やっと、「ここには置いていなかったのだ」と気付いた。
そして、気をとりなおして、26km地点のスペシャルを楽しみに走った。
スペシャル欲しさに気がおかしくなっていたようである(これで10秒くらいタイムロスをしたと思う)。 これが、今回のレースでの唯一の失敗。


【 各地点の通過タイム 】

記憶を辿って書いておいたものなので、秒単位はあてにならない(かなり誤差があると思う)。
5km :18m40s 25km :1h34m30s
10km :37m30s 30km :1h54m20s
15km :56m20s 35km :2h14m30s
20km :1h15m30s 40km :2h34m30s
中間点 :1h20m02s ゴール :2h42m53s


【 不安だったこと 】
  1. 朝、トイレで、便の出が良くなかった。 しかし、これは、今考えてみると、消化が良かったせいだと思う。 レース中、ちょっとした腹痛はあったが、特に支障はなかった。
  2. 右足首のアキレス腱に、前日からピリッ、チクッ、というのが感じられ、気になっていた。 しかし、これも走っているときには、まったく気にならず、むしろ左足首が気になった。

まとめとして、全体的にみて、いいことずくめの大会であった。
費用の問題さえなければ毎年でも参加したい。

( 記 : 1984年2月7日 )


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ