紫外線にご用心! 
PICO (走る化粧品屋さん)    

 紫外線のうち、肌に影響を与えるのは、A波とB波です。 一般的に「日焼け」と言われているのは、B波(UV−B)がひきおこすもので、サンバーンという軽度の火傷状態になります。 赤くなったり、ひりひりしたり、皮がむけたりするのがこれです。 ふだん洋服で隠れている部分は、紫外線に対する免疫がないので、とくに、肩や、背中はサンバーンをおこしやすい場所なので注意が必要です。
 また、波長の長いA波は、そうした激しい反応をひきおこさないかわりに、じわじわと肌の組織(真皮)に影響を与え、色素沈着やしみの原因となります。 また、肌の水分を失わせて、かさついたり、ごわついた肌の状態にしてしまいます。 さらに、最悪のケースとしては、皮膚ガンを誘発するともいわれています。

 ですから、たかが「日焼け」くらいと紫外線をあなどってはいけません。

 今、化粧品店やスーパーなどでは、たくさんの種類の日焼け止めが売られています。 どう違うかの、一つの目安が、「SPF値」表示です。 これは、ある人が、30分で日焼けすると仮定した場合、「SPF10」の日焼け止めを使用すると30分の10倍=300分(5時間)は、日焼けをしないという数値です。 ですから、当然数字が大きいほど、日焼け止めの効果は高いことになります。 しかし、実際には、汗をかいて、タオルを使ったとか、肌からでる皮脂によって、密着性が損なわれたりで、1度つけたら、必ず、その時間が保証されるわけではありません。 また、このSPF値は、B波に対するものです。 A波をどのくらいカットするかについては、「PA+」という表示が、つけられるようになりました。
 +,++,+++の3段階表示で、UV−Aにも対応していることを表わしています。(+が多い方が、効果が高いことをあらわします)

 便宜上、時間で表わしましたが、正確には次のような基準です。

 ■SPF値とは、
 「素肌がうっすら赤くなるまでの紫外線の量と、商品を塗った肌がうっすら
 赤くなるまでの紫外線の量を測定し、商品を塗った状態は素肌と比較し、
 何倍の効果があるか」で、

    商品を塗った肌が赤斑を生じるまでの最小紫外線量
   ----------------------------------------------------
    素肌の状態で肌が赤斑を生じるまでの最小紫外線量

 の割り算の値をそのまま数値として表示するもの です。

 また、PA区分は、同じ式で「黒化(肌がうっすら黒くなるまで)」の数値の
 割り算をし、該当するランクを「+」で表示すると定められています。
 ちなみに、A波防止に 
   PA+   効果がある。(UVAを1/4〜1/2にする)
   PA++  かなり効果がある。(UVAを1/8〜1/4にする)
   PA+++ 非常に効果がある。(UVAを1/8以下にする)
 となっています。


 しかし、この測定方法は、業界団体における自主ルールによるものなので、外国メーカーや、一部のメーカーでは、自社独自の測定方法による数値を表示しているところもあります。 1000円以下の比較的安価なもので、SPFが、60とか80とか、書かれていたら、ちょっと眉にツバをつけてみてください。
 ある大手メーカーには、塗布後、30分流水にさらしたあとで、SPF値を測定しているところがあります。 これは、実際の使用環境に近いものがあります。汗をかいたり、プールで泳いだり、という状況でも、その数値を示すというわけですから。

 こうした日焼け止めのほとんどは、紫外線吸収剤を配合し、肌の手前で、紫外線をカットして、日焼けしないように考えられています。 そして、それが、汗や皮脂でとれたりしないように、くずれにくく密着するような処方になっています。
 しかし、紫外線吸収剤が、肌にあわず、赤くなったり、かゆみを生じたり、かぶれたりする方があります。 また、この「密着させるという処方」が、肌に負担になるという方もあります。
 最近、見かけるようになった「ノンケミカル」という表示ですが、有機化合物である紫外線吸収剤が合わず、肌トラブルをおこす方のために、それら有機化合物を配合せず、酸化チタンと酸化亜鉛という紫外線散乱剤で防御するサンスクリーン剤を「ノンケミカル」と表現しています。これらは、敏感肌の方や赤ちゃんでもかなり安心して使用できます。
 それでも、肌にあわないというかたは、ベビーパウダーなどの「粉」を、たっぷりつけていても効果があります。 粉の粒子が、直進してくる紫外線を乱反射させて、肌に届かなくしてくれるのです。ただし、汗でとれやすいのと、白くなることがあるのは、欠点といえます。 女性でメイクをされる場合は、ファンデーションの上に、粉おしろいをたっぷりつけておくと、効果的です。


 ☆☆「紫外線にご用心」、つづいて「アフターケア」編です☆☆☆

 まずは、色が黒くなるメカニズムから。 皮膚は、その表面から、「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造になっています。 そのうち、「表皮」は新陳代謝により常に生まれ変わっています。 表皮基底で生まれた細胞は、28日かかって順に、皮膚表面におしあげられていって、死滅乾燥してはがれていきます。 表皮基底部に、「メラノサイト」という、メラニン色素を産生する細胞があります。 「メラノサイト」は、まわりの表皮細胞5〜6個にメラニン色素を供給しています。
 この「メラノサイト」の数の多い少ないが、皮膚色を決定する要因になっています。 白人は、この数が日本人に較べぐっと少ないので、紫外線を浴びても、赤くなるだけで黒くなりません。 また、黒人は、この数が、だんぜん多いわけです。

 ふだんは、少量のメラニン色素を周りの表皮細胞に供給して、肌色をつくっている「メラノサイト」ですが、強力な紫外線が入ってくると、生まれたての表皮細胞を丈夫にするためと、同時に、紫外線が、真皮に入って、組織を破壊しないようにするために、メラニン色素の大量生産をはじめます。 ですから、色が黒くなるということは、からだのメカニズムとしては、「生体防御」の正しい現象なのです。

 紫外線の侵入がおさまると、「メラノサイト」は、ふだんの肌色づくりのメラニン色素産生に戻ります。 これで、正常の新陳代謝がおこなわれていれば、最長28日後には、ふつうの肌色の細胞がいちばん表面にでてくるわけですから、日焼けはなくなっているはずです。 ざんねんながら、一度活発になった「メラノサイト」のはたらきは、すぐに正常に戻らないのです。 ですから、「メラノサイト」のはたらきが、活発なままでいつづけると、なかなか、肌色がもとにもどりません。 しかも、紫外線の影響で、表皮中の水分が少なくなるなどで、正常の新陳代謝が行われないことが多くあります。 この場合、表皮細胞中に、色素が停滞してしまいます。なかなか、日焼けが回復しないときは、これが原因だったりします。
 また、ある部分にかたまって停滞している場合、これが、「シミ」のように見えたりします。

 また、こうして大量のメラニン色素を産生しつづけていると、まわりの表皮細胞だけで受け取り切れないことがおきます。これが、「真皮」にこぼれ落ちたりしたものが、色素沈着「シミ」となったりします。「真皮」は、28日というような速い新陳代謝のメカニズムをもっていないため、いったん、ここに色素沈着をおこすと、なかなか厄介なのです。

 また、「ソバカス」は、生まれもった色素沈着の素因です。 これが、紫外線や、ホルモンバランスの異常などの外因によって、薄くなったり、濃くなったりします。 ですから、予防は可能ですが、完全になくすことはできません。

 日焼けをして、あかくなって、ひりひりしたり、ほてりや熱感があるときは、まず、冷やしましょう。 すぐに「化粧品」類をつけるのは好ましくありません。 シャワーがあれば、まず、ぬるい温度(生暖かい感じ)にして、どんどんかけて熱をとにかくとります。 気持ちがいいからといって、決して冷たい水をかけないようにしましょう。 顔の場合は、洗面に、同様のなまぬるい温度の水(ぬるま湯)を用意して、ばしゃばしゃと腕がだるくなるくらいかけてください。 こうしたことをほてり(熱感)がとれるまでしましょう。 ぬれたタオルやガーゼをのせておくのも効果的です。 ただし、冷たい温度はいけません。 天然水をボトリングしたスプレータイプの化粧品ならば、この目的に使えます。 かならず、余計な化粧品的成分(毛穴ひきしめ成分とか、美白成分とか)が入っていないことを確認してください。 とにかく、はじめはほてりをとることが重要です。

 ほてりがおさまると、つっぱったような感じになってきます。 このままにしておくと、皮がむけたりしますので、保湿効果の高い化粧水などで、水分をたっぷり補給してください。 そしてそのあと、乳液のようなしっとりしたものを使うと効果的です。

 女性にとって、気になるお顔の美白ですが、現在いろいろなところからでている美白のための「美容液」は、それに含まれる美白成分が、活発に活動している表皮基底の「メラノサイト」に対して、もうそんなに必死に産生しなくていいよ。と抑制にかかるものです。 その抑制力が認められているのが、アルブチンとか、コウジ酸などです。 また、昔から、美白効果があるといわれているビタミンCですが、これはおもに、消しゴムのはたらきをします。 いったん濃くなってしまった細胞を、薄くするのです。 ただし、これら美容剤が効果を発揮するのは、表皮基底部までとどくことができた場合のみです。 先に述べましたように、表皮の水分が不足していますし、メラニン色素によって、じょうぶになった細胞によって表皮全体が分厚くなっていたりして、これら美容剤がなかなか浸透しません。 例えて言うならば、鉢植えの花を育てるとき、肥料をいくらあたえても、土がからからに乾いていたら、まったく効果があがりませんよね。まず、土をたがやしてから水をたっぷりあたえます。それとおなじことです。 まず、化粧水でたっぷり水分をあたえて、表皮を柔軟にしないと、せっかくの効果がある高価な美容液も宝の持ち腐れとなってしまいます。 まずは、正常の新陳代謝の状態にもどしてあげないといけないのです。

 食事や、タブレットなどで、ビタミンCを摂取しますが、こうして摂取したビタミンCは、まず、からだの健康の維持に使われていきます。 皮膚のために使われるのは、優先順序がかなりあとのほうですので、かなり大量に摂取しないと、肌にまでまわってきません。ただ、ビタミンCはとりすぎても尿で排泄されますので、とりすぎて害になることはありません。

 細胞が生まれるのは、睡眠中です。 それも連続した睡眠時間中ですので、熟睡することや、夜更かししないことも、よいお肌にとって大切なことです。

 化粧品屋さんの立場でこんなことをいうのは変ですが、お肌を生まれ変わらせるのは、基本的に自分自身の新陳代謝の力です。 化粧品は、その手助けをするにすぎません。 規則正しい生活、3食きちんと食べて栄養をとる、じゅうぶんな睡眠で、からだの健康を保つことが最重要項目です。 そして、美容の面では、まずは、きちんと汚れを落とすこと。そして化粧水での水分補給にこころがけてください。
 こすったり、ごしごしぬりこむような刺激を与えるような使い方はやめましょう。 それが、基本です。値段が高価なものだから、かならず効果がでるというのでなく、自分の肌がきもちよく生まれ変わる環境をつくってあげることで、それらの効果がはじめてひきだされるのだということです。 他力本願にならず、自分の肌をよくみつめて、いたわってあげてください。

 ご質問はPICO宛メールでお気軽に → hi0413@mars.dti.ne.jp
 
 
 

走りと身体作りのノウハウ集 目録へ

ホームページへ