楽しく完走を! 青梅マラソン 
丹代 政俊

私の地元、青梅市で開催されている青梅マラソン(30kmロードレース)を、楽しく完走するための、ご案内です。

会場へは、JR青梅線(中央線で来ると立川乗り換えです。ときどき東京駅始発の青梅特快という便利なのがあります。 西武線で来ると、拝島乗り換え)の河辺(かべ)駅下車が便利です。
河辺駅から更衣室のある総合体育館までは、歩いて5分程度です。 当日は、ランナーが多くてあまりすばやい移動はできませんが・・・

ナンバーカードの受け取りは、可能であれば、前日の方が良いです。 当日でも、問題ありませんが、走る前に余計ないらいらをせずに、余裕をもって参加することができます。

スタートは完全にナンバーカード順に整列します。 ということは、早いナンバーカードをもらわないと、レースにならないということです。 3000番以降だったりした場合、記録狙いの走りは難しくなります。
あまり言いたくはないのですが、1000番以内にもゆっくりランナーの方々が、いらっしゃいまして、急ぎたいランナーには、かなり邪魔になります。

話が飛びますが、仮装・扮装については、以前はかなりおおらかだったのですが、このごろ少し厳しくなりました。「一般アマチュア競技者として適したユニホームで参加してください」ということで、競技者登録をしていない一般ランナーに対しても、規制をされる可能性がありますので、ご注意ください。

気象条件は、概ね良かったのですが、このごろは、雪で中止になったり、雪中レースになったりすることもあるので、いろいろな条件での服装を考慮することが必要です。 風が強くなければ、走るのにちょうど良いくらいの寒さなのですが、一応の目安として、

 ・ 2時間以内で走る人 : ランシャツ/ランパン
 ・ 2時間〜2時間半  : Tシャツ/ランパン or タイツ
 ・ 2時間半〜3時間  : 長袖シャツ/タイツ
 ・ 3時間以上      : 長袖シャツ/タイツ+トレパン、上着

が良いと思います。 寒さに強い、弱いの個人差はありますが、午後2時を過ぎると、青梅街道は急激に冷え込んできますので、注意が必要です。

コースは、高低差85.8mの折り返しコース。
坂の多いコース、と言えます。
行きが登り、帰りが下りなので、特に前半でのとばしすぎに注意が必要です。 折り返してからの後半の方がタイム的には良いという走りが、ときどきできてしまうコースですから、最初はじっくり行きましょう。
前述のとおり、スタート位置によっては、超スローでの走り出しになりますので、とばしたくても、無理、という状況の方が多いのですが。

道路の注意としては、センターラインや、道路端の凹凸に気を配ることが、あげられます。 つまずいて転倒することがあります。 道路中央(破線状に盛り上がったセンターラインが、設置されている部分)と、歩道近くを走る場合には、足元にご注意ください。

なお、スタート地点とフィニッシュ地点とは1km近く離れていますので、折り返しは、中間点ではありません。折り返して少し下ったところで15kmです。

通称「青梅の心臓破りの丘」と呼ばれている坂が、軍畑(いくさばた)から二俣尾(ふたまたお)の間(21km付近)にあります。 たいした坂ではないのですが、ずっと下っている復路のなかにあるのでかなり目立ちます。ここは、ある程度のスピードダウンは許して、体力の消耗を最低限に押さえて登りましょう。

あと、目立たないのですが、宮ノ平(みやのひら)手前(24.5km付近)に、もう一つ、最後の坂が、あります。これも、疲れていると、かなり強烈な坂に感じます。

青梅マラソンは、沿道の応援や私設エイドが多いのも特徴の一つです。 いつも、感謝の気持ちで、できる限り、声援に応えるようにしています。 ランナーも、応援も、楽しめる大会でありつづけてほしいと思っています。
2000.01.30 M.Tandai
2007.02.06 M.Tandai

 
 

走りと身体作りのノウハウ集 目録へ

ホームページへ