続けること   
1981年 6月 4日

続けることの大切さを、あらためて確信する。

運動オンチの俺が、1年半のランニングで、30kmを軽く完走でき、5kmを17分台で走れるようになった。

ギターを手にして11年。
いまだに続けていて、最近やっと歌を歌として歌えるようになった。 というよりも、歌の心が分かりかけてきたような気がする。

なんでも、始めたばかりのときには自信がない。
まわりも かなり ひやかす。 しかし、それも1ヶ月位で、そのあとは、あまり関心を持たなくなる。 そして、1年続ければ、まわりは再び注目する。 本人も、1年続けていれば自信を持ってやるようになる。

自信とは、努力して初めて得られるものである。
「マラソンには根性が必要だ」 などと言う人がいるが、根性は、苦しい毎日毎日の練習を、続けてやってこそ身につくものである。 「練習だから」 と言って途中でやめたり、ゴール前で気を抜いたりしていると、本番のレースでの苦しい競り合いで負ける。

まわりの人を見ていて「もう少し続けてみたら?」 と、言いたくなることがある。 やたらいろいろなことを始めるが、ずっとずっと続けていくという点で弱いのである。 なんでも、続けた人の方が最後は勝ちである。

音痴でギターをマスターした友人がいる。
好きになることが、大事である。 好きでもないのに、まわりがやっているから、流行っているから、という理由で、やったとしても、そのうちいやになってやめる。
楽器をマスターするということは、そんな簡単にできるものではない。
スポーツで一流になるのは、そんな簡単にできるものではない。
でも、好きだから、挑戦したくなる。
簡単ではないから、挑戦したくなる。
簡単に得られるものは、簡単に捨てる。

自分を鍛えることは苦しみである。
しかし、その苦しみの中にこそ、本当の喜びがある。 大事にすべき何かがある。 人を動かすのではない。 自分の体に、自分の頭脳で命令すれば良いのだ。 やる気があればできる。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ