今年のランニングについて   
(年頭の所感 :1982年)   

青梅工場のマラソン第一人者になれる可能性が出てきた。
フルマラソンで3時間を切ったのは、以前、青梅工場にいたY田さんを除けば俺だけである(ライバルのY山さんやK丸さんは、まだフルマラソンを走ったことがなく、D海さんは3時間を切っていない)。
20kmを1時間12分以内というのも、Y沢さんの調子の良いときよりも速いし、こないだ('81.12.26)の青梅30kmコース試走でも、Y山さんに2分近い差をつけて、2時間03分33秒で走っている。

俺は、本当に自信を持っていいのかもしれない。
短い距離だと云々と言われることもあったが、奥多摩渓谷駅伝でそれほど遅れをとらずに走れたし、3団地合同運動会の1000m競走でも、1位になったし、そんなにスピードが無いわけでもない。

俺の弱点は何か、と考えてみると、まず、根性が足りないことで、次に胃腸が弱いことである。 もっともっと鍛えなくてはいかんと思う。 河口湖マラソンのあと、帰りの電車の中で座り込んでしまい、途中下車してトイレに駆け込み、駅のホームのベンチで寝ていたことを思い出すと、どうも俺の身体はまだまだだという気がする。 今も下痢気味である。 尤も、お腹がおかしくなるには原因があって、もっと摂生をすれば治るのだが、それにしてもデリケートすぎるところがある。 根性の方は努力してトレーニングを積んでもっともっと強い自分を作り上げるしかない。

俺は、今年30歳になる。30歳というのは、レーサーとしては、もう、だめな年齢である。 しかし、市民ランナーとしては、まだまだ大丈夫である。
40歳になっても、まだ記録を伸ばし続けている人もいる。 特に、俺は、なにごとにおいても晩生である。 中学生時代にクラスで一番小さい方だった俺が175cmまで伸びたのは、高校生時代だったし、髭も、30歳近くなって、やっと濃くなってきた。 真面目な はなし、俺は肉体的には、まだ若いような気がする。 故障も、他の人に比べると、少ない。

今年もがんばろう。

記 : 1982年1月1日、深夜


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ