マラソンの良さ   
1980年12月24日

マラソンの良さは、
練習の結果が、レースにそのまま あらわれることである。
「努力すれば、報われる」という言葉が、文字通りに あてはまる。
「マラソンでは、やってきたことの100パーセント以上ということはあり得ない」という名言があるとのこと。 まさに その通りである。
努力しなければ勝てないのである。

今日の昼休み、ゆうべ雪が降って道に残っていることと、雨が降っていることのために、会社のみんなは、ほとんど走らなかった。 走ったのは、俺とY君だけであった。
台風が来て、どしゃぶりだったときも、たしか、彼と俺の二人だけ、びしょぬれになって走った。

俺は、みんなより運動はして来なかったし、体も良くないので、みんなより多くの努力をしなければ勝てない。
努力をしたからといって勝てるとは限らない。
しかし、努力をしなければ「100パーセント以上ということはあり得ない」のだから、なにもできない。

マラソンは、会社の仕事のように、人に認められてどうのこうので成績が良くなるのではない。 また、歌や写真のコンクール、体操競技やフィギュア・スケーティングなどのように、審査員や審判員の判断で勝負が決まることもない。 歌や写真の批評には、主観や偏見を感じて、すごく嫌な思いをしたことがある。

マラソンでは、実力が勝敗を決める。
また、人が みても 自分が みても 勝敗は歴然としている。

それに、マラソンは、負けても一人だけである。
誰にも責任を負う必要がない。
自分に責任を負うだけである。

これが、ソフトボールやバレーボールなどになると、三振や、エラーをすると、みんなに すまないと思う。 また、うまい選手からみれば、俺などは、非常に邪魔な存在であろうと思う。
その点、マラソンは、たまたま一緒に走るというだけで、相手が 早かろうが、遅かろうが、かまわない。 かまわないどころか、一緒の苦しみを味わった仲間として、連帯感が生まれる。 ライバルとして、勝っても負けても すがすがしい関係に なり得る。 これは、マラソンが、単純な勝負事とは違う「両方とも勝つ」という領域を持っているからである。

自分の努力が、細心の注意が、すべて自分に かえってくるマラソンが、俺は好きだ。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ