初めてのフルマラソンを走って   
1981年11月24日

昨日、日刊スポーツ河口湖マラソン(フルマラソン:公認コース)を2時間台で走った(2時間54分28秒)。
一昨年の12月に走り始めて、まだ2年弱しか経っていないのに、すごいことである。 しかし、俺は人一倍、努力をしたと思う。
7月に初めて月間400kmを越える415.5kmを走り、その後、先月まで、あの暑い夏も含めて400km以上の走り込みをしてきた。
9月は455kmも走った。
30km走は、18回やった。
46km走は、4回やった。

俺は、自慢じゃないけど、走る能力はみんなより劣ると思う。 扁平足だし、鈍感だし、胴長だし、いいところはない。
でも、長距離走は、中学の頃から好きだった。 それは、じっくり勝負できるからであった。 あまりまじめに走る人が多くなかったので、こんな俺でも勝てることがあった。 今でも、そのことは言える。
好き好んで、単調なランニングトレーニングを続けるには、それ相当の理由が必要である。 俺の場合、それは、他にまともにできるスポーツがなにも無いことへのうらみである。
100mを走ってゴールテープを切ることができる人には、とても理解できない劣等感のかたまりである。

しかし、このごろは、自信を持つことができるようになってきた。
特に、今回の公認コースでの、この記録には自信を持たされた。 もっと伸びる自信もある。 もし、前半で腹痛が起きなくて、後半、足や膝が参らないようなシューズを履いていたら、もっと早く走れたと思う。

さぁ、いよいよ青梅マラソンでは、みんなと決戦だ!
会社で(青梅工場で)1位になることを目指し、がんばりたい。
12月は、まだ走り込みだ。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ