前歯を1本、失ってしまいました
1989年 8月 15日

8月13日(日曜日)、団地の倉庫で、夏まつりの子供みこしの材料をさがしているときに、ハシゴの使い方を誤ってハシゴと共に落下し、落ちる途中で、たてかけてあった厚手のベニヤ板に右腕でだきついたひょうしに口周辺をしたたかにぶつけて前歯が1本、折れとんでしまいました(折れた歯は見つかりませんでした。まだ倉庫のどこかにあるはずです)。

東青梅の健康センターの休日診療の歯医者へ車で送ってもらい、すぐ診てもらいました。 出血がひどいので2針ほど歯ぐきを縫ったようですが、幸運にもアゴの骨、その他の骨には異常がなく、歯も1本だけで他は軽い震盪を起こしているのみ、ということで無事でした。 でも外見上は、右腕の内側が赤黒く内出血していて、アゴや唇にはキズがあってひどい状態で、今は休みだからいいのですが、17日に会社へ行ったときに説明するのに苦労しそうです。

この事故から今日は3日目ですが、まだ出血は完全に止まっていないし、傷口に食べ物をあてないように食べるのが難しくて食事も楽しくありません。 また、一番こたえたのは行きつけの医者に走るな!と、きつく言われてしまったことです。 この3日間まったく走っていません。 春の八ヶ岳での眉間のキズといい、今回のケガといい、気のゆるみが目立ってきました。

この前歯は子供の頃いじめられる理由にもなった、いわゆる「出っ歯」の最も外に出ていた上側の右の前歯ですが、無くなってみると、いとおしくて・・・、 この歯は僕に安全軽視は事故の元、ということを強烈に教えてくれました。 今回の経験は大きな事故を防ぐための警鐘だったと考えれば僕は幸運だったのかもしれません。 それにカッコイイ義歯を入れれば、もう少しハンサムになれるかも!? と少々期待をしています。 人間、自分だけは安全なのだという変な自信を持つことが多いようです。 今後、常に事故を未然に防ぐ能力をとぎすませていきたいと思っています。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ