2011年から2012年へ
2011年12月21日 〜 2012年 1月 5日


2010年12月21日(水)晴れ、寒い!

朝から寒すぎ、霜柱ができている。 昼休み、日向でも寒い。 夜、伴走から帰ってきたときに手が凍えていて動きが悪い。 シューズの紐をほどくのに手間取ってしまった。
20.8km

2010年12月22日(木)曇り

仕事、関連会社の協力を得てやっと今月の集計ができた。 しかし、雑務3と雑務4が終らない。 今日は残業。
7.8km

2010年12月23日(金)晴れ、時々曇り、寒い!

休み♪ 午前中にメダカの水槽の掃除とホームページ更新データの入力。 午後は昭島へ。 自転車は40分、筋トレはフルメニューで行った。 トレーニングルームはあたたかく、汗がいっぱい♪
走らず

2010年12月24日(土)晴れ、寒い!

やっと年賀状を作り始めた。 宛名のチェック/整備完了、通信面の原稿もできた。 これから絵を描いてレイアウトをする。 夕方、飛行場コースへ。 寒すぎる走り。 夕食はキムチ鍋、幸せ♪ 年賀状の仕上げは明日にしようっと。
13.6km

2010年12月25日(日)晴れ、寒い!

年賀状、通信面の原画は午前中に完成。 午後は成木コースへ。 帰ってきて印刷開始。 孫たちが来ていてたいへん。 でもなんとか印刷を完了し、22:00に投函。
21km

2010年12月26日(月)晴れ、寒い!

昨日の年賀状作り、飲んでからやったのがいけなかった。 数が合わなくて、今日はずっと原因を考えていた。 やはりこういうことは飲んだらやらない方がいい。
投函を急がないで今日しっかりとチェックをすればよかった。 反省! これからは仕事を終えてから飲むことにする。
7.8km

2010年12月27日(火)晴れ、寒い!

朝、会社へ向かっているときに年賀状のことを考えていたら一つ思い当たることがあった。 帰宅ランのあとでチェック、しかしそれではなかった。 もう考えないことにする。
6.1km

2010年12月28日(水)晴れ

サーバーのマスターファイルを移動した奴がいる(アクセスできるのはグループのメンバーのみ)。 新人の操作ミスで、修復はすぐにできた。 業務ストップに至らず、幸運だった。
今日は今年の最終日、12:00〜出向元の納会に参加し、飲んできた。
夜、酔いはさめて本山さんの伴走で1時間走。
15.1km

2010年12月29日(木)晴れ、寒い!

今日から連休、走り込み開始である。 奥多摩折り返しの48km、6時間かかった。 膝は大丈夫だったが母趾球が痛くて参った。 外反母趾、手強い。
48km

2010年12月30日(金)晴れ、寒い!

朝、洗濯機を始動し、歯医者へ行ってきて、洗濯物を干して、掃除をして、昼近くになっていた。 12:00出発で新宿まで走った。 母趾球が痛い、寒い、疲れた、で6時間半もかかった。 帰ってきて年賀状受け入れ準備(チェック表の整備)。
40km

2010年12月31日(土)晴れ

今月は400km越えがしたくて、洗濯もしないで走り出した(しかし、ホームページへの年始の書き込み準備で遅れ、11:30に出発)。 体が重すぎて、母趾球が痛くてたいへんだったが奥多摩駅手前のトンネル入口往復の46kmを走った。
帰ったら子どもたち孫たち全員が来ていた。 孫たちが5人、子どもたちが6人、利和子さんと私で総勢13人、楽しい年末である。
46km

2011年 1月 1日(日)晴れ

朝、8:00まで寝ていて、あわてて起きて実業団駅伝の録画セットをして、見て、雑煮を食べて、年賀状のチェックをして、午後から映画へ。

『サラの鍵』を観た。

1942年7月16日、ナチス占領下のパリでフランス警察によって行われたユダヤ人一斉検挙。 この映画は10歳の少女サラが弟ミシェルと笑顔でじゃれあっている朝から始まる。 ドアをたたき、踏み込んでサラの一家を強制連行していく警察。 サラはとっさにミシェルを納戸に隠し、鍵をかける。 このときからサラの笑顔が消える。 連行・収容されたヴェルディヴ(屋内競輪場)でのユダヤ人たちへの扱いは、筆舌に尽くし難い。 そしてサラは両親と引き裂かれて別の収容所へ。 サラはミシェルを救わなくてはという一心で脱出をはかる。

2009年のパリ。 アメリカ人ジャーナリストのジュリアは雑誌の特集記事でヴェルディヴ事件を担当することになる。 ジュリアは自分たちが住む予定のアパートの以前の所有者一家がヴェルディヴ事件の被害者だったことを知る。 それはサラがミシェルを納戸に隠し、鍵をかけたあの部屋だった。 ジュリアはサラの人生を追っていく。

映画はサラの人生とジュリアの調査が交差して進んでいく。 わずかに残った良心に救われた命があり、救えなかった命があったこと。 サラのこと、ミシェルのこと、少しずつ分かっていく。 そしてサラの調査を進めていくなかでジュリアは自分の人生も変えていく。
走らず

2011年 1月 2日(月)曇り、時々晴れ

朝、気付いたら8:00近くになっていて、あわてて起きて、箱根駅伝の録画セットをして、見て、洗濯物を干してパソコンのデータバックアップをして、12:00〜走った。 奥武蔵丘陵のアップダウンのある道を含む41kmを走った。
41km

2011年 1月 3日(火)晴れ

早起きして箱根駅伝を見た。 途中から録画のセットをして10:30〜走った。 秋葉原まで走りたかったのだが時間切れで新宿まで。
夜、突然、東京タワーに行きたくなった。 明日、行く。
40km

2011年 1月 4日(水)晴れのち曇り

東京に来てもうすぐ42年になるのだが、初めて東京タワーに行った。 意外にも混んでいて、上の展望台には行かず(60分待ちの行列だった)。 真ん中の展望台、高くて怖かったが、ぐるぐる回ってしばらく東京を眺めていた。 でも、空気があまり透き通っていなくて遠くは見えにくい。 冬休みではなくて、平日の天気が良くて空気の乾いた日に行くのが良いと思う。
来年、また冬になって、天気の良い日に朝早く出掛けよう。
走らず

2011年 1月 5日(木)晴れ

今日から仕事。 今年も変な夢をみた。 元の職場の仕事に手を出して怒られている夢だった。 未練があるのだと思う。 定年退職まであと三ヶ月。 今の仕事もあと三ヶ月。 今の仕事を引き継がなくてはならない。 たいへんだ。
6.1km


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ