別大、その後 ・ ・  
1988年 3月 29日

1988年 3月 29日(火)雨

休暇をとって5人で映画を見に行ってきた。 雨で寒かったー。 吉祥寺の東宝で「ドラえもん」と「エスパーマミ」と「ウルトラB」を見た。 意外と内容はgoodで楽しめたのだが、超満員でひどい目にあった。 特に入れ替えのときの席取り合戦の凄まじさにはがっかりしてしまう。 都会はこわい。

走りの方は最大イベントの別大が終わって少々気の抜けた状態になっている。 別大のあと脚をいためて、青梅30キロはなんとか走ったが、そのあとは長期休養とした。 青梅30キロは自己記録には届かなかったものの力を出し切った走りができて完全燃焼のレースだった。 利和子さんは自己記録を13分以上短縮の2時間49分17秒。 これには素人コーチの俺もびっくりするやらうれしいやら。

青梅のあとは花粉症がひどくて体力が消耗したところで風邪をひいてずいぶんひどい目にあった。 38.8℃の熱で4日間も走れず寝ていた。 5日目の夜に3kmを走ったときはめちゃうれしかった。
そんなわけで3月は300キロ程度しか走れず。 ま、人間休養も必要だ! と自分に言い聞かせてあきらめることにする。

4月からはまた、夏のサロマ湖100キロ、富士登山競走、富士登山駅伝に向けて強化トレーニングに入る。 走り込みと山岳トレーニングを主にしてあまりレースには出ないようにしたい。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ