第61回富士登山競走
(大会は)2008年7月25日

7月18日(金)曇り、時々雨、時々晴れ

なんとか仕事の目処が立って1.5時間残業で帰ってきた。 明日から三連休、のんびりすごしたい。
昼休み4km、帰宅ラン2.1km

7月19日(土)晴れ

やっと年賀状お年玉くじのチェックをした。 4枚だけ当選(切手シート)。 当たる確率が低くなったので切手シートしか当たらないが4枚当選は確率どおりである。 今日は富士登山競走に向けて最後のタイムトライアル。 いつものコース(下の鳥居から上の周回路までの坂道)を23分00秒、いまいち。
山道を含む12km

7月20日(日)晴れのち曇り

梅雨が明けて夏本番、暑い! 新宿→秋葉原→御徒町へ買い物に行ってきた。 シューズとランパンを買ってきた。
走らず

7月21日(月)曇り

この三日連休、予定していたことはすべてやった。 今日はゆっくり花木園コースへ。 さほど暑くはないのだが汗がいっぱい出て70.5kgになっていた。 調子は悪くないと思う。 どれだけあの坂道・山道で我慢ができるかである。
15.5km

7月22日(火)晴れ、時々曇り

暑い、と思ったが時々曇っていまいちの夏、それでも汗はすごい。 朝も昼も夜も汗がいっぱいの一日だった。
走りの方は特に故障もなく順調(走力は?だが)。
昼休み4km、帰宅ラン2.1km

7月23日(水)晴れ

めっちゃ暑い一日。 朝の4:00頃目が覚めてしまい、汗がすごいのでシャワーを浴びて、また寝た。 昼休みも夜もすごい汗の走り。 夏である。
仕事は一段落(出図完了)。
昼休み4km、帰宅ラン2.1km、伴走で13km

7月24日(木)晴れ

夜中に暑くて目を覚ましてしまう。 やっと朝になって6:50起床。 河辺発10:37で出発。 高尾で月見蕎麦を食べ、11:49の甲府行きで大月へ。 大月ではずいぶん待ち時間があったが待った。 13:07の富士急行線で月江寺へ。 月江寺の食堂でカツ丼を食べてから富士吉田市役所へ。 ちょっと日が陰っていて涼しい♪ しかしそのあと宿まで歩いたときはとんでもなく暑くてタオルが重くなっていた。 宿は富士急ハイランド駅近くの「なかの」ここは1982年に一度泊まっている(二度目の富士登山競走、雨だった)。
走らず

7月25日(金)晴れ

第61回富士登山競走。 昨夜は蒲団に入ったのが20:00前、眠れたのは24:00すぎだったと思う。 22:00頃まで二階の足音がドタドタとひびいたり、大きな声で話していたり、そのあとは蚊が出てきてしょっちゅう目が覚める(8箇所刺されていた)。

朝4:15起床、4:30〜朝食。 ゆっくり支度をして6:00に宿のバスで出発。 トイレに何度か行ったのだが出が悪くて心配。 また胃液が上がってきて酸っぱい。 体調は良くないようだ。 

スタートラインには25分前に並んだ。 スタートはスムースにできた。 中の茶屋まではうまく走れた(と思っていた)のだが、41分台! 昨年より2分遅れている。 中の茶屋までは最近の5年間、いずれも39分〜40分で通過をしている。 でも気をとりなおして馬返しまでの坂道をコツコツと走った。 またもやうまく走れた(と思っていた)にもかかわらず、時計を見て驚いた。 給水をしてチェックポイントの上を通過したのは1時間14分08秒。 昨年よりも8分以上遅れている。 ここで今年のゴールは五合目にすると決めた。 この遅れを取り戻すことは今の俺の体力では不可能だから。

馬返しから五合目までの4kmの坂道、上を見ながら歩いた。 この区間、今までの26回はいつも下の路面ばかりを見ていた。 この道は富士山への旧登山道、素晴らしい景色だった。 五合目に到着したのは2時間30分34秒。 関門閉鎖時間から10分も経過していた。

五合目から帰ってくるとき、来年のことは考えていなかった。 今年で富士登山競走の山頂コースへの挑戦は終りと思っていた。 しかし、利和子さんからのメールには「また来年挑戦だね」と軽〜く書かれていた。 富士登山競走の厳しさを実感していないから書ける言葉なのだが、その軽さが救いだった。 帰ってきて、今はまた来年のことを考えられるようになった。

今年は完走できるかなーだめかなーということばかり考えていて、完走するためにはどうしなくてはいけないかという工夫と努力に欠けていた。 やはり完走への情熱が大きなものでなければ跳ね返されてしまう。 今年はたしかに暑かったと思う。 スタートしてしばらくしたら木陰に入るのだが、その木陰に入っても暑くて暑くて、、 来年は暑くても完走できる方法を考えなくてはならない。 今年は走っている自分の気持ち(体感ペース)と実際の時計とに食い違いがあった。 身体が変化していることに対して体感ペースを判断する基準がずれている。 このずれが大きな問題だと思う。
富士登山競走15km(五合目まで)

7月26日(土)晴れ

落ち込んでいるが、また来年挑戦、という気持ちになってきた。 今年は体重管理の点、山トレの甘さの点、情熱のなさ、そして筋肉痛がない今の状態(頑張っていない点)、反省点ばかりである。 反省点があるということはまだ改善の余地があるということかもしれない。
来年、またがんばることにする。 がんばってみる。 そして、出場に相応しい体力と気力を作ることができたらまた挑戦する。

走らず


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ