22回目のサロマ湖100km
(大会は)2007年6月24日

6月13日(水)晴れ

朝からいい天気で暑い一日で喜んでいる。 昼休みはさほどでもなかったが(短時間なので)、夕方の伴走ではすごい汗。 体は重い。 歯が不安。 でもサロマは(うまく)走れるような気がする。
31.2km

6月14日(木)雨

ついに入梅。 昼休みも帰りも雨の中。 特に帰りは雨が強くてズボンや携帯や財布を防水ポリ袋に入れてデイパックへ。 去年の日記に一週間前に風邪でダウンと書いていた。 今年は大丈夫だと思う。
昼休み4km、帰宅ラン3.8km

6月15日(金)晴れ

歯医者へ。 会社から直接電車で東青梅へ。 しかし今日の治療ではまだ左奥歯が使えるようになっていない。 今日はいい天気。 秋の空だった。
昼休み4km

6月16日(土)晴れ

朝からとんでもなくいい天気。 空の青さがすごい。 暑すぎるので昼の間は家の中。 夕方5時近くから走ったら涼しくなっていた。 汗がすぐ乾く。 カタクリの湯まで行ってきた。 今日はホームページの更新データ入力もできた(自分史:1992年サロマ)。
15km

6月17日(日)晴れ

晴れてさわやかな一日。 湿度がそんなに低いわけではないが、さわやか〜。 朝早く出発するつもりだったがなんだかんだで手間取り、10:00近くにスタート。 新宿までジョグ。 きついとは思わなかったが日焼けがすごい。
37km

6月18日(月)曇り、時々晴れ

朝からどんより。 湿度が高いようだ。 昨日まではさわやかな汗だったが今日はジトジトの汗。 おまけに仕事が難しくて疲れてしまった。 歯医者へ行ってきた(今日も会社から直接電車で東青梅へ)。
昼休み4km

6月19日(火)曇り

むしあつい一日。 朝、出勤してまずシャツ(汗取り用Tシャツ)を着替えている。 昼休みランのウエアもびっしょり。 帰宅ランのときのデイパックが重い。
サロマを前に気持ちが忙しくなってきた。 明日から準備を始めよう。 歯が治らない。 でもなんとかなると思う。
昼休み4km、帰宅ラン3.8km

6月20日(水)晴れ

朝から暑い。 でも夜から朝にかけてずいぶん涼しくなる。 蒲団とタオルケットの使い分けが難しい。 歯は硬いものを噛まなければ大丈夫。 スーツケースを出しておいた。
夕方、伴走。 暑いが快走♪
31.2km

6月21日(木)晴れ

気持ちが忙しくてきつい。 こんなこともストレスになっている。 早くサロマの宿に着いてのんびりしたい。 のんびりするために忙しくなってストレスをためている。 困ったもんだ。 夜9時近くになってやっと準備完了。
昼休み4km、帰宅ラン3.8km

6月22日(金)東京は小雨、サロマは曇り時々晴れ

朝4:00起床。 早起きができた♪ なにか忘れているような気がするが、ま、いっか。 5:58のバスで福生へ。 座りたくて6:15の青梅行きで河辺まで行ったのだがギリギリアウト。 結局ずっと立っている羽目になった。 羽田には8:45頃到着。 通勤ラッシュで疲れた(浜松町が特にひどかった)。 羽田ではいっぱい会えた。 同窓会のはじまりである。 JAL1187便はちょっと遅れて出発。 座席は窓側だったが雲が多くてがっかり。 受付会場には予定より早く着いたのだが、いつもビールを買っていく酒屋(雑貨屋)は閉店したみたいだし、カニのテントもなかった(カニのテントは明日開くとのこと)。 しかたがないのでホテルの横の「北の蟹屋」でゆでてもらった。 2ハイ送って1パイを部屋で食べた。 めっちゃ美味しい♪ お土産の買い物をして、不要な衣類と一緒に送った。
走らず

6月23日(土)小雨のち曇り

朝6:30起床。 7:00朝食。 雨だったが海宝さんがネイチャーセンターまで車に乗せてくれた。 カメラは持たずにみんなでワッカへサイクリング。 大さわぎのサイクリングだった。 北の蟹屋で昼食(蟹ラーメン)。 14:10のバスで開会式/前夜祭へ。 またいっぱい写真を撮った。 しかし下条さんと橋本さんがいなくてさびしかった。 20回以上の完走者ということでグランドブルーメンバーという称号を与えられ、壇上で記念のポロシャツと楯をいただいた。 夜、めいっぱい食べた。 ワインを一杯ずつ飲んだ。
走らず

6月24日(日)小雨のち晴れ時々曇りのち雨

第22回サロマ湖100kmウルトラマラソン。
5:00、スタートは小雨の中。 しばらくは5分/1kmのペース。 しかし30kmで少し遅くなっていて、35kmをすぎたところでトイレへ。 ここで大きく遅れてしまった。 そのあとは抜かれることが多くなった。 脚や腰や腹に痛みを感じるようになった。 でも重症ではないので、いつものことだと自分に言い聞かせて走り続けた。 しかし、ペースは徐々に落ちていった。
50kmを4時間半以内で通過したので完走はできると思っていたが、雨が上がって暑くなってきたこともあってか眠気におそわれたり足裏に激痛が走ったりで、さらにペースは落ちていった。 54km過ぎのレストステーションで椅子に座って休んた。 ここでミホコさんが首筋にひんやりする薬を塗ってくれた。 目が覚めた。 レストステーションで紅茶を500ml飲んだのも良かったようで、眠気は覚め脚も着実に動くようになっていた。 愛のエイド(斉藤さんの私設エイド)でさらに元気になり、70kmを過ぎた辺りから1kmのタイムをチェックするとなんと6分を切っていた。 このまま6分/1kmのペースで走り続ければ9時間53分で完走ができる! 心に火がついた。 ずっと1kmごとにタイムチェックをしていった。 鶴雅リゾートでそうめんとお汁粉を食べる時間を確保するためにこの区間は特にペースアップをした。 鶴雅リゾートでめっちゃ美味しいそうめんとお汁粉を食べてますます元気になって、ずっとトータルで6分/1kmのペースを維持しようと決めて走った。
80km地点を7時間51分23秒で通過。 このまま6分/1kmのペースで走り続ければサブテンでの完走ができる! 森を抜け、右手にオホーツク海が見えてきて波音が聞こえてきて、そして眼下に雄大に広がるサロマ湖とオホーツク海、あの地点では立ち止まって潮風を感じていたかった。 しかし時間がない。 走り続けた。 キロ6分以内、キロ6分以内と呪文のように心に繰り返しながら夢中で走っていた。 ワッカのエイドではスイカを食べたくて、そのためにペースアップをした。 9時間49分07秒。 サブテンでゴールをすることができた。 新谷さんがゴールで出迎えてくれた。 うれしいゴールだった。
着替えて蕎麦を食べて50kmの部に参加の利和子さんを待った。 雨が降ってきてたいへん。 木の下でカメラを構えていた。 利和子さんが帰ってきた。 今年は脚に痛みが出て厳しい走りだったが粘って6時間10分12秒で完走! 8回目の完走である♪ しかし利和子さんは疲れがひどく、しばらく座り込んでいた。 雨もひどく、早く帰って休みたくて完走パーティーには出席せず、ホテルに戻った。
100km

6月25日(月)小雨のち曇り

朝、8:15出発組(A山さんI井さんたち)を見送ってから8:35のツアーバスで出発(オプショナルツアーで知床へ)。 オシンコシンの滝、船から見る知床半島、、のんびりすごすことができた。 雨が多くて写真を撮るのが難しかったが楽しい旅ができた。 買い物をして衣類やシューズや完走賞や参加賞と一緒に宅急便で送った。
走らず

6月26日(火)北海道は晴れ、東京は曇り

朝、6:30起床。 外は久しぶりの青空(この旅で初めての晴れた朝)。 外の写真を撮ったり、散歩に出て写真を撮ったりしてから朝食。 バイキングでスジコにタラコにシオカラ、ごきげんである。 しかし、あっという間に8:30になり、荷造りをして9:00にバスへ。
知床五湖は熊が出るということで遠くから一湖を見ただけだったが、映像で見た。 巨大スクリーンで知床の四季を見せてくれた。 羅臼岳に登りたくなった。 帰りは流氷館のある天都山へ(21年ぶり)。
空港では沖縄のK城さん親子(82歳のお母さんと51歳のすてきな女子ランナー)と一緒になった。 帰りの飛行機はエアドウ74便(14:45発)。 羽田には16:30着陸。 外は曇り。 雨が降ったようで滑走路は濡れていた。 モノレールまではよかったが東京駅まではラッシュアワーでたいへん。 でも東京からは青梅特快に乗れたのでよかった(座ってきた)。 福生でうどんを食べて、家には20:00前に着いた。 荷物をほどいて、シャワーをあびて、写真データをパソコンに取り込んで、レンズを掃除して、今21:10。 これから掲示板に「ただいまー」と書いてメールのチェックをして、、、
走らず


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ