第12回鶴岡100キロマラソン
(大会は)1995年9月16日

9月15日(金)東京は雨、鶴岡は晴れ

朝、ゆっくり寝ていて、あわててNiftyのフォーラムをチェックしてから出発。 8:39の東京行き。 東京駅ではいつもと違って並んでいた電車には乗れなくてガックリ。 次の電車に並んでやっと座れた。 新潟でも30分並んでやっと座れた。 今年は連休のせいかすごく人がいる。

鶴岡には4:00すぎに到着。 あべのりさんが迎えに来てくれた。 厚さんと尚美さんも来てくれた。 今年は実行委員長不在とのこと。 難しくなってきているようだ。 宿ではいきなりビールを飲んでいる人がいる。 食事のときには熱燗まで要求。 飲んで酔っ払っているのは一人だけ。 酔って声もでかいし、困った人だ。


9月16日(土)曇り

朝、4:30起床、5:00に朝食。 ご飯は2杯食べられた。 調子はいいようだ。
7:00スタート。 KMさんとA部さんが飛び出した。 くっついて走っていたらいいペース。 2周でKMさんが遅れた。 A部さんは突然ハイスピードになったり落ちてきたりまた逃げたりの繰り返しで自滅。 あとは一人で走ったが、独走なのか誰かが追ってきているのかが分からなくて不安だった。 ラスト2周(80km地点)で後ろにS橋さんがいることに気付いて飛ばした。 いつもエイドステーションでお礼を言いながら走っていたラスト1周、今年はBステーションのみ立ち寄って、Cステーションはタオルのみ、Dステーションは駆け抜けてしまった(ラスト1周は本人がびっくりの45分)。

ゴールタイム7時間57分59秒は鶴岡でのベスト2番目の好記録。 そして3年ぶりのトップでのゴール。 すごくうれしい。 でも閉会式のあとの二次会はパス(金がない)。

今年は日焼け止めクリームにサングラスに帽子、暑さ対策を万全にしたのだが陽が出なかった。 良いコンディションの一日だった。 走っていて息がまったく乱れない。 体調も良かった。 直前まで昼休みのジョグでさえきつくて自信ゼロだったのだが不思議なものだ。 走ってみないとわからないものだ。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ