10度目のサロマ湖100km
(大会は)1995年6月25日

6月24日(土)曇り

今、東急リゾートの414号室。 サロマ湖参加5回目のS藤さんと同室になった。 彼はNIFTY-ServeのフォーラムFWELNSのメンバーである。 今年は大会受付のときに超音波診断装置で心臓をチェック。 ひやひやしながら見ていたが、問題なし。 よかった。 食事のときにA見さんご夫妻に会った。 あんな夫婦になりたい。 夜、手紙とハガキを書いた。 今、8:37P.M. さあ準備をして寝よう。


6月25日(日)曇り、ちょこっと雨

朝、2:00起床。 昨夜はまともに準備をしないで寝てしまったので忙しい。 ドタバタと支度をして3:00にはバスで出発。 スタート前に、いつものようにたくさん出会いがあってうれしい。 走っても折り返しのすれちがいでまたたくさん手と手でパッチンをやった。 レースは20kmくらいまでは良かったものの途中ですっかり脚の動きが悪くなって、サブエイトはあきらめ、8時間台を目標に走った。 8時間32分06秒。 完走はしたがタイムは、、 でもこれは今の自分の力である。 甘受すべし。

ともやさんのギターで歌いました 夜、10年連続の表彰があった。
  1.続けてきてくれた主催者とスタッフ
    と地元の皆様に感謝
  2.毎年毎年送り出してくれた妻
    と子供たちに感謝
  3.10回も走ってくれた脚と身体
    に感謝
という意味のことを言った。

高石ともやさんとまた一緒に歌った。 「陽気に行こう」、「長い道」、「風」を歌った。 楽しかった。
S藤さん以外にも数人のFWELNSの仲間に会った。 帰ったら書き込みをしよう。 夜、A見さんご夫妻とF田さんと一緒にビールをしこたま飲んだ。
今、10:56P.M. さあ寝るか。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ