’95さくら道270kmウルトラマラソン
(大会は)1995年 4月30日 〜 5月 2日

4月22日(土)晴れたり曇ったり

さくら道の地図をじっくりと見たところ、はじめの方のコースが去年と違うこと、去年迷ったあたりはもっと単純になっていることが分かった。 今年は道に迷わないで走れそうだ。 秋留台へは走って行き、スピード練習はしないで(ジョグのみで)また走って帰ってきた。


4月23日(日)曇り、時々雨

ものすごい風でベランダの洗濯物が宙に舞っている。 おまけに雨まで降ってきたので取り込んだ。 体調が最悪。 のどにエヘン虫がいて、頭のてっぺんがズキン(偏頭痛)。 膝もおかしいし、コタツでゴロゴロしていた。 心配だ。 鼻もひどいし。


4月24日(月)曇り

のどがヒリヒリ。 鼻水もよく出るし、微熱(36.7℃)。 左膝もまだおかしい。


4月25日(火)曇りのち雨

のどがひどい。 下痢気味。 会社を休んで寝ていたが蒸し暑くてつらい。


4月26日(水)曇りのち晴れ

体調が上向いている。 のども鼻も昨日よりもかなりいい。 しかし左膝は変わらず。 夜、本山さんと走ったあとPTAの広報委員会へ。 委員長が決まらなくて困っていたがやっと決まった。


4月27日(木)晴れ

鼻も左膝も良くなってきた。 昼休み、左膝が気にならない。 ゴナのタイツのせいか? はたまた暑いせいか? 治ってきたぞ! good! だんだんうきうきしてきた。 風邪も良くなってきたし。 夜、地図に注釈文を貼り付けた。 予備電池も買ったしヤッケも買ったし、さあ行くぞ!


4月28日(金)晴れ/曇り/雨

ゆっくりしか走れないが、なんとか痛みも軽くなってきたし、走れそうな気がしてきた。 夜ビールを500cc飲んでから準備を始めたせいか、かなりひどい忘れ物をしている(明日の荷物)。 せっかく準備した地図を入れ忘れたりサングラスが入っていなかったり、、 今日は鼻水も痰もよく出るがかたまってきている。 左膝も大丈夫そう。


4月29日(土)東京は晴れ、名古屋は雨

朝、ゆっくり寝ていて10:00すぎに出発。 東京駅の「けやき」で昼食。 ひかり73号で出発。 混んでいることを予想して早めに並んだがガラガラ、、 裕子さんが新横浜で乗ってきた。 ミユキステーションホテルにチェックイン後すぐ食事へ。 みそなべきしめんを食べる。 そしてローソンでおにぎりとパンを買って来た(明日の朝食)。 海宝さん、高瀬さん、堀池さん、内山さん、ユノさん、、 ホテルでいろんな人に会えた。 20:00、2度目(今日4度目)の食事。 きしめん天天(天ぷら二つ)とビールを500cc。 そしてホテルへ戻っておにぎり1個+パン(パイロール)。 今20:40、テレビで巨人対横浜戦をやっている(今5対5)。


4月30日(日)〜5月1日(月)雨のち曇りのち晴れのち雨

朝、4:46起床。 昨夜はよく目が覚めた。 スタートは雨の中。 しばらく塩野さん、裕子さんと一緒に走る。 コンビニに寄ったりジュースを買ったり、、 59.5kmの大久後交差点のコンビニで座り込んでおにぎりとパンを食べていたら一人また一人と先に行く人がいて、そのうち荒谷さんも行っちゃって、、 60kmをすぎてまもなく裕子さんとも別れて、そのうちトップに立って一人旅。 白鳥では大歓迎をしてくれた。 ビールを飲んだ(小さな缶1本)。 ループ橋では越田さんが併走してくれた。 ひるがの辺りではまだまだ元気。 荘川桜ではうどんを食べてパンシロンを飲んで(そろそろ胃がおかしくなってきた)、ライトの電池を交換して24:50ごろ出発。 このあとはどんどんペースが落ちたが後ろはもっと落ちていたようだ。 アキレス腱を痛めてラストはずっと歩きになったがゴールできた。 34時間42分。 歩いたわりには好タイムだと思う。

昨年は失敗が4点あった。 一つはペース(とばしすぎ)、一つは暑さ対策の無さ、一つは寒さ対策の無さ、そしてもう一つはライトの不備。 今年はこの4点すべてをクリアした。
スタートして1時間/10kmのペースを守った。 そしてあとは身体と対話しながら少しずつのペースダウン。 暑さ対策、寒さ対策はウエアを一新。 ウエノアートスポーツで見つけたハンカチ帽子とロングタイツを着用した。 タイツは暑いときにも寒いときにも有効で便利なものだった。 ライトは昨年電球の断線があったり照度が不足していて疲れたのだが今年は裕子さんが使っていたナショナルのウオーキングライトを購入。 これが明るくて首振りもできて便利だった。

ところが今年は別のトラブルで、またまた「元気でゴール」というわけにはいかなかった。 大会の10日前に左膝内側の筋を痛めてしまい、ペースを上げるて走ると痛いという状況での参加になってしまった。 名古屋をスタートしてしばらくはこの膝の痛みが気になることはなく、順調!と思っていたのだが、200km近く走ってきて右足首の異常に気付いた。 右脚のアキレス腱が痛くなってきた。 下梨の坂は歩いたり走ったり、、そのうち足首のくびれがなくなってきて(腫れてきて)、福光からの長い上り下りの道を、小川の水でドブンと冷やしては走り、冷やしては走りというパターンでつらい走りだった。 そしてラストの10kmは歩いた。 アキレス腱の痛みを大きな故障にせずに完走だけはしなくてはと歩き続けた。 10kmを2時間かけて歩いた。 金沢の街の中をトボトボと。 真理子さんが迎えに来てくれた。 重森さんが迎えに来てくれた。 海宝さんがあちこちに出没して励ましてくれた。 トボトボと歩いてゴールした。 誰かが「3番ゴールです」と言っていた。 「僕は3位なのだなあ、よくやった!」と思った。


5月2日(火)?(天気を憶えていない)

朝4:00頃、堀池さんの声が聞こえる。 起きて行ってみるときんぴらごぼうをおかずにビールを飲んでいた。 彼は9:50に山口の萩往還(250km)に参加すべく出発して行った。 祝賀会のときに海宝さんから1番早くゴールしたのが私であったことを知らされ、驚いて、うれしくなって、、それならもう少しうれしい顔でゴールすれば良かったかな、などと思った。 「3番」というのは私のゼッケン番号だった。 完走賞としてコンパクトな折畳み傘をもらい、おまけに抽選会でシューズが当たった。 ラッキー♪ 帰りは新潟まわりで家には22:30頃着いた。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ