箱根駅伝コース107kmRUN
1995年 3月 17〜18日

3月17日の夜、中学校の親たちによる謝恩会が終わってから電車で出発。 11時すぎに大手町に着いて地上に出たらみんないた。 7人で走り出した。 おまわりさんもガードマンも、わけを話すとみんな応援してくれる。
3月18日、0:05スタート。
花粉症対策のためにサングラスとマスクを準備。 夜はマスク、明るくなったらサングラスを使う。 20kmまではともやくんの先輩が道案内をしながら一緒に走ってくれた。 ともやくんの後輩たちが車でサポートしてくれた。 ともやくんは本当にいい仲間を持っている。 夜明け前にS森さんが自宅方面にコースをとった。 N富さんが途中棄権。 眠い! やたらと眠い。 裕子さんにともやくんに佐恵子さんに、やたら話しかける。 話しているとなんとか走れる。
明るくなって雨。 雨。 ずっと雨。
佐恵子さんは時間の都合で湯本過ぎで帰って3人で箱根の山のぼり。 寒い! 寒い。 びしょぬれのまま山に入ったものだからかなりピンチであった。 長い長い坂をのぼって、そして下って。 途中で霰がバラバラ降ってきて、道端には雪が積もっていて、ラストは雪上ランニング。

箱根駅伝コース107kmRUN、ひたすら寒くて眠かったけどゴールしなくては卒業記念にならん! とばかりにがんばりました。 ともやくんと裕子さんとたんだいの3人が「東京箱根間往復大学駅伝競走 往路ゴール」と書かれたポールの横に到着したのは3月18日午後6時頃だったと思います。 うれしいゴールでした。
ともやくん卒業おめでとうございます。 こんな楽しい企画をしてくれて、誘ってくれて、そして一緒に走ってくれて、ありがとうございます。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ