第20回 新春マラソン
(大会は)1993年1月10日
1月2日(土)晴れ

朝6:00前には上野駅に着いたのだが、急行列車の旅は子供たちにきつかったようでお腹の具合が悪くなり長時間のトイレタイム。 家に着いたのは8時過ぎであった。 さっそく大学駅伝を見る。 今年は早稲田大学が強く、久しぶりの往路優勝(大会新)。 見ながら年賀状のチェックと返事書き(出していない人からの年賀状が11枚もあった)。 そしてカップヌードル(小)とカレーうどんを食べて走りに出掛ける。 走りは重かった。 寝不足か?疲れか?


1月3日(日)晴れ

朝から箱根駅伝の復路をテレビ観戦。 今年は早稲田大学が強すぎて山梨学院大学もかなりのタイムだったのにその上をいく完全優勝(大会新)。 12時近くに利和子さんと初詣ラン(御岳山神社)。 利和子さんは疲れがひどくて帰路の御岳駅でダウンして電車で帰宅。 こっちもラスト近くで脚のつけねにズキンと痛みがきてピンチ。 なんとかだましだまし帰ってきた。


1月4日(月)曇り

昨夜から鼻と咽がおかしい。 今朝は4時ごろひどい下痢でトイレへ。 今も鼻と咽がひどい。 風邪だと思う。 今日は家族で映画へ(新宿)。 『釣りバカ日誌5』と『男はつらいよ・寅次郎の青春』、やっぱり寅さんの映画はいい。 みつおと泉のさわやかな恋がいい。 そのあと一人で走って帰ったのだが体調が悪くてつらい走り。 6時間もかかった。


1月5日(火)?(天気を憶えていない)

風邪でダウン。 夕方から熱が出てきて頭も痛くなってきた。 一日中ふとんの中。


1月6日(水)?(天気を憶えていない)

朝でも38℃近くの熱で会社は休んで一日中寝ていた。 利和子さんが水まくら、タオルで頭を冷やしてくれた。 ありがたい。


1月7日(木)雨、時々曇り

朝37.1℃ → 昼37.0℃ → 夕方36.9℃ → 夜37.2℃、熱は下がっていないが頭が痛いのと、鼻と咽の痛みはかなりひいた。 今日は咳がゴホゴホとひどい。 明日はどうなるか分からないが、いいかげん会社に行かないといかん。 ジョグくらいはしておかないと日曜日の30キロはとてもまともには走れない。 なにしろ今日はしっかり食べてエネルギーの貯蔵だけはしておきたい。


1月8日(金)晴れ

初出社。 なんと新年早々2日間も休んでしまった。 そして昼休み、やっと走り出した。 午前中は平熱。 午後4時頃に36.6℃、治ると見ていいと思う。 体重は64.5kgと全然増えない。 しっかり食べているのだが。 夜、RUN RUN JOURNAL No.422〜426 の編集開始。


1月9日(土)曇り、のち雪、のち雨、のち曇り

良くなってきているが、まだ鼻と咽はひどい状態。 昼休み、上下ジャージで走って、たいしたペースでもないのにハーハー言ってる。 肺も弱っているようだ。 でも明日は走るつもりである。 この際、奇跡を期待するしかない。 だめだったら天運だとあきらめる。 夜、RUN RUN JOURNAL の1月1日号(No.422)をやっと書き終えた。 今12:13、また寝不足になりそうだ。


1月10日(日)曇り、ちょっと雨

新体連第20回新春マラソン(於:川崎、30kmロードレース)。 朝7:14の電車で行ってちょうど良かった。 寒かった。 10:30スタート、5km地点でタイムが19分、がっくり。 めいっぱいでこれである。 タイムは早々にあきらめた。 折り返して26位。 ここで順位もあきらめた。 15km以降は太腿が痛くなってきてペースがどんどん落ちた。 目標をサブツーに切り替え。 そしてトラックでスパートしてやっと2時間を切った。 1時間59分56秒、これは今日の僕の全力の走りの結果である(利和子さんは2時間58分27秒)。


1月11日(月)曇り、時々雨

昨日の結果は不思議なことにあまり悔しくない。 変な気分である。 案外"流れの中で生きていく"ことが実践できているのかもしれない(ただのあきらめかもしれないが)。
昼休みは上下ジャージだったのに寒くて寒くて、なにしろ重くて寒くてきつい。 夜、歯医者は休みとのことで(電話してよかった)、昨日完成させておいたRUN RUN JOURNAL No.422〜426 のコピー、折りたたみ、封書詰め、切手貼り、そして投函。


1月12日(火)晴れ

昼休み、かなり軽く走れるようになった。 久しぶりにTシャツ短パンで快走♪ 風邪がずいぶん治ってきた。 朝の鼻詰まりが少なくなってきた。 夜、4時間残業で帰ってきた。 今、もうすぐ11時。


1月13日(水)曇り

スピードが戻ってきた。 昼休み、1000mのインターバルは2本だけだが3分15秒と3分17秒。 夜は若草公園13周。 途中8周をとばした。 快走!


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ