第26回 青梅マラソン
(大会は)1992年 2月 16日

2月 8日(土)晴れ

なにしろ寒い! 朝(久しぶりに)洗濯物を干したら手が凍えて寒くてたいへん。 午前中はゴロゴロ。 午後はテレビを見ていて3時から秋留台へ。 Bグループで走った。 1500m+3000mを5分16秒と10分23秒。 別大の1week後にしてはgood! 案外らくに走れた。 別大の敢走記を書き始めた。


2月 9日(日)晴れ

9時から走り始めた(111回目の30km+1km)。 途中でK川さんが追いついてきて一緒に走った。 良いペースで走れた(2時間40分)。 足のダメージは軽いようだ。 帰ってから東京国際マラソンを見た。 ラスト、トラックで森下が中山を破った。 早田が3位というのもびっくり。 やはりマラソンは、やってみなくては分からないものだ。 そのあと別大敢走記を書いて、RUN RUN JOURNAL No.349〜354 を書いた。 今12:42 A.M.


2月 10日(月)晴れ

朝10時過ぎに RUN RUN JOURNAL のコピーに行った。 いなげやのコピー機はスパナマークが出ていて使用不能。 誰かが紙を詰まらせたまま放置したようだ。 セブンイレブンでコピーができた。 案外品質もいい。 昼食はラーメンを作って食べ、午後から折って封書詰め。 手紙もいっぱい書いて終わったのは午後4時頃。 それから配達。 今回はずいぶん時間がかかった。 夕方、利和子さんと12.5kmジョグ。


2月 11日(火)晴れ

なーんにもしなくていい休日。 のんびり過ごした。 夕方ワープロに向かって少し24時間走のコメントを書いたが、それ以外はなにもしていない。 午後 12.5kmコースジョグ。 帰り、あの12年前によく走った霞川コースを通った。 なつかしい。


2月 12日(水)晴れ

昼休みは1000mを1本だけ。 T村と一緒にまじめに走って3分13秒、good! 夜は若草公園で3周ジョグのあと本山さんと10周(50分ぐらい)。


2月 13日(木)晴れ、暖かい

昨夜から利和子さんが熱を出してダウン。 38度くらいがずっと続いていて熱くなっている。 夕方一緒に病院へ。 今はあまり熱くないようだ。 薬が効いている。


2月 14日(金)晴れ

バレンタインデーのチョコレート乱舞は国民的行事になっている。 一人平均5〜6個買うということなのでチョコレートメーカーは笑いが止まらないと思う。 今年も義理チョコがいっぱいである。 まぁ悪い気はしない。 利和子さんはだいぶ良くなったようだ。 良かった。 こっちは偏頭痛に悩まされている。 心配だ。 昼休み 5.7kmを20分36秒、だめだー。


2月 15日(土)晴れのち曇り

例によって休暇をとった。 明日は青梅マラソン。 12回目である。 3回目と5回目から11回目まで計8回、青梅工場でトップだった。 毎年毎年かなりのプレッシャーがある。 昨夜も夢見が悪く不安感が頭を占領している様子が分かる。 利和子さんはなんとか走れそうだ。 午後3時過ぎ二人でゼッケンをもらってきた。 夜、A山さんからTEL。 明日は応援に来てくれるそうだ。


2月 16日(日)晴れ

青梅マラソン30kmの部、ずっと青梅工場のNo.1に拘って走ってきたが今年は完敗だった。 最初まずI丸君に抜かれ、S田にも抜かれ、ついて行けずズルズルと後退。 タイムも1時間53分。 ひどい結果である。 今の俺はちっとも強くないのだ。 また出直しだ。
利和子さんは病み上がりできつかったと思うが、無事に完走。 良かった。

   利和子さんのコメントです ↓ 。

☆☆☆ 利和子さんの、青梅マラソンあれこれ記 ☆☆☆

あと4日で青梅マラソンという会社からの帰り道、妙に背中が寒くていやな予感。 早くコタツに入り、熱を計ったら36.8度。 「お母さんだいじょうぶ? おつかいがあったら僕が行くよ」と長男が言ってくれたので任せました。 4人で早めに夕食を済ませ布団に入ったのですが、政俊さんが帰宅した時間には体中が痛く風邪もひどくなって熱が38.4度でした。 政俊さんに氷をのっけてもらい、しょっちゅうのどが渇くので結構水分をとりました。

次の日、熱は下がらず腰、足、あちこち痛い状態。 子供たちは学校へ行き、政俊さんは「夕べジュース類たくさん買って冷蔵庫に入れてあるからネ」と言いのこし会社へ。 心細いものです。 なんやかんやと丸二日間寝込んでしまいました。

さて前日、薬が効いてきたのか36.5度に戻り、体慣らしに午前中だけ仕事をしに出掛けました。 「明日のマラソン、どうするの、走るの」と話しかけられます。 「そうね、夕方には決めるわ」と返事をしました。 毎年応援に来てくれる人が帰り際に「明日は青梅駅前で子供と見てる。 走っても走らなくても見に行くのが好きだから、じゃね、、、」と。 この人の可愛い子供たちは走っていく私の姿を見つけて声をかけてくれて勇気づけてくれます。 タッチや握手をするとキャーキャーさわいで喜んでくれます。 欲を出さないで完走すればいいかな!と心に決めました。

3時になって総合体育館に行きゼッケンを受け取りました。 帰りにいつもの蕎麦屋へ。 しかし食欲がわきません。 政俊さんに「頭で考えて食べるんだよ、ほんとに死ぬぞ」と驚かされて、死ぬわけにはいかないぞ、高校受験生もいるし、と気を取り直して全部食べてしまいました(スゴイ!)。 おかげで熱は下がり、お腹もこわさず当日を迎えることができました。

10時前にはいつも青梅若草RRCがお世話になっている寮に行ったのですが、K地さんとY本さんにお会いしてびっくり。 10時半すぎに10kmの部の応援に出掛けました。 谷川真理さんのカッコ良かったこと! 速さはともかくスリムになるにはあと6kg体重を減らさなければ! ムリかな。 11時、いよいよあと 1時間。 走りきれるかなという不安と自己ベストの目標を捨てた気持ちが、ただ、ただ、残念でなりません。 大会はこれからも数えきれない程あるというのに何かヘンだな。

12時、スタート。 ほとんどキロ6分ペースで折り返し地点が1時間26分。 体も慣れてきて何とかゴールできそうだとファイト、ファイトと心の中で叫びます。 軍畑でK藤さんがカメラを持って走りまわっていたので、宮下美知子さんとパチリと写してもらいました。 きっと良く写ってるぞ! ゴールは2時間58分、ほとんどジョギングでしたが今回は家族や友人達の励ましのおかげで完走できたと感謝しています。

次の大会は京葉レディス10kmです。
風邪を治し、がんばります。


2月 17日(月)晴れ

昨日の結果に少し(かなり)落ち込んで会社へ。 でも、みんな「別大の疲れだなぁ」と言ってくれる。 実績の重さをあらためて感じる。 しかし、身体は今完全におかしい。 鼻水ジャージャー、咽はゴホンゴホン、熱も少し(36.8度)ある。 会社で一日つらかった。 二日酔いもある。 昨夜はかなり飲んでいる。 俺は結果が悪いときほど飲み過ぎてしまう。


2月 18日(火)晴れ

ついに熱が出てきた。 これで峠を越えれば治る。 考えてみると先々週からずっと頭が痛かったり、吐き気がしたり、咳が出たり鼻水がひどかったりだった。 ずっとだましだましで来ていた。 よく青梅を走るまで寝込まなかったものだと思う。 会社で37.0度、夜37.8度。 今は体のあちこちが痛い。


2月 19日(水)?

熱が出て休んだ。 一日中寝ていた。 37.3度〜38.3度。 かなりひどい。 体が痛い。 咳も治らない。


2月 20日(木)?

朝、36.8度。 かなり治ったが大事をとって今日も休んだ。 腰痛がおきないように、なるべく横になって寝ていたのだが、腰が痛い。 夜、36.6度。 明日は出社できそうだ。


2月 21日(金)晴れ

二日間休んでしばらくぶりに出勤。 あまり食べずに寝ていたので体重はかなり減ったのだが、体力も一緒に落ちたようだ。 階段をちょっと上っただけで足がズシンと疲れる。 でも昼休みと帰り、特に帰りは軽く軽〜く走れた♪ 夜、これまた久しぶりにビールをいっぱい飲んだ。


2月 22日(土)曇り、寒い!

午前中はグーグー寝ていた。 よく寝た。 夕方、秋留台へ。 寒すぎて長袖で走った。 それでもあまり汗が出ない。 2000+1500+2000+1500を、6分53秒、5分20秒、7分07秒、5分21秒とタイムはいまいちだが病み上がりの二日目にしてはまあまあだと思う。


2月 23日(日)晴れ

11時頃から走り出した。 久しぶりのLSD(126回目の46km走+6km)。 行きはポカポカ。 咲いた梅の花や青い空を見ながら開放感に浸って走った。 人との比較で評価したがる世間にしっかりとドクされている自分にあきれてしまう。 堂々と自然に走ること、走れること自体が楽しいからと言えるようになりたい。 今日のLSD、6時間かかった。 ラストは夕方になっていて寒かった。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ