ウルトラマラソン 雑感

ウルトラマラソンとはフルマラソン(42.195km)を越える距離のロードレースを指すのですが、このごろひとくちに「ウルトラマラソン」と言ってもすごく幅が広いように思います。
いつのことであったかは忘れていますが、パトリック・マックさんが100kmロードレースのことを「ショートタイプ」と呼んでいました。
たしかに250kmとか1000kmとかのロードレースに比べれば100kmは短距離です。 これからは僕も120km程度までをショートタイプ、100マイル(160km)以上をロングタイプと呼ぶことにします。
ショートタイプではスピードがなければ上位を望むことができません。 ロングタイプではスピードに加えてさらにタフな筋肉(脚筋力)とタフな胃腸と、そしてタフでロマンにあふれる心が必要です。 僕は今のところ超欲張って5000mからロングタイプのウルトラマラソンまですべてに挑戦をしていくつもりです。 しかししかし、ウルトラマラソンランナーには「お金持ちでなければ」という条件もあるようです。 頭を抱えてしまいます。
さて、’92サロマ湖100kmに行ってきます(レースは7/5です)。 7度目の参加になりますが、いつもと同じで自己ベストを目指して走ります。
 
記 : 1992年7月1日(水)


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ