第25回 青梅マラソン
(大会は)1991年 2月 17日

2月 9日(土)晴れのち曇り

朝から今日の練習(秋留台トラックでの5000mタイムトライアル)のことが気になってゴロゴロ寝てばかりいた。 午前中、眠るとすぐ変な夢をみて、目をさましてホッとして、また眠って夢の続きをみて、また暗くなっていた。 仕事の夢、死ぬ夢、利和子さんが一人でカナダへ行く夢、なにしろ嫌な夢ばかり。 秋留台では2000mを1本、7分04秒で走ってから5000mのスタート。 K山君はさっさと先に行って16分24秒。 僕はT中さん、W辺さんと競り合いをしながら走り、ラストでは振り切られたが16分42秒。 ベストに近いタイムである。 400m:1分14秒、1000m:3分11秒、1500m:4分50秒とgood!


2月 10日(日)曇り時々小雨

体調が悪く(食べ過ぎ+飲み過ぎ+風邪気味)午前中はゴロゴロしていて11時半頃から走り始めた。 上はジャージで下は短パン。 途中からどんどん寒くなり、つらかったがなんとかうまく走れた(3時間以上)。 帰ってから RUN RUN JOURNAL の封書詰め作業をしながら東京国際マラソンをビデオで見た。 谷口選手が勝てなかった。 別大での中山選手といい、やはり人間のやるスポーツは、やってみなくては分からないものだ。


2月 11日(月)晴れのち曇りのち雨

休日出勤して朝から一日中机の上のinput箱の中の山のような書類を片付けた。 信じられないほどの書類がたまっていて、丸一日かかってしまった。 夕方、帰ろうと思ったら課長が一人で残っていてつい帰りそびれ、6時半ごろまでいた。 昼休みはいつもと逆回りに6.2kmコースを走って帰りにパンを買ってきたのだが一人だとペースが遅く、やっと午後の仕事に間に合った。


2月 12日(火)晴れ

昼休み、ゆっくりと走った。 今回はまったく強いことはやらず、故障しないことだけに気を付けて過ごしている。 カーボ制限も一切気にしていないので体重は66kgくらいだと思う。 ちょっと不安になる。 もう少し軽くしないと、、、
仕事はひどい状態だが今日は定時で帰ってきた。 つきあっているときりがない。


2月 13日(水)晴れ

朝、またS永さんからチョコレートが届いた。 チョコレートメーカーとお店のインボウだとわかってはいても、うれしい。 またしっかりとお返しを考えておかなくては。 仕事は今日もまともにやっていると胃が痛くなる。 いいかげんに無責任にならないと身がもたない。 夜はすぐに帰れずに1時間残業をしてから若草公園へ。 もうみんな走り終えて帰るところだった。 悲しい。


2月 14日(木)晴れ

昼休み、5.7kmコースでタイムトライアル走。 案外いいペースで走り出し、そのまま走りきれた。 19分40秒。 久しぶりの19分台のような気がする。 このコースはかなりむかし(’85年の冬)に19分12秒で走っていて、そのころに比べたらダメなのだが調子は悪くないと思う。
今日も義理チョコがいっぱい。 義理ではあってもうれしい。 そんななかで家族からもらったのが一番うれしい。


2月 15日(金)雨

朝からずっと雨。 特に帰りは土砂降り。 ずぶ濡れで帰った。 明日は休暇なのですぐに帰るわけにはいかず9時過ぎまで仕事。 結局9時20分頃に帰り、家に着いて風呂に入ったら10時になっていた。 昼休みは雨の中を5.7kmジョグ。


2月 16日(土)晴れ(風強し)

休暇をとっていつものようにのんびりと過ごした。 ゲータロード280は3杯。 食事は4食+今サツマイモを食べている。 しっかり食べた。 心配は風邪による下痢だけである。 今日は体育館の帰りにちょっとあわてた(下痢で)。 2時すぎに利和子さんと二人で体育館へ。 ちょっと早すぎて待たされたが、ゼッケンをもらって(今年は294番)、出店を見てまわって、そして力うどんを食べてきた。


2月 17日(日)晴れ(風強し)

第25回 青梅マラソン30kmの部、1時間49分30秒、151位、青梅工場で7年連続8度目のV。 心配していた風は吹いたが、心配していた風邪の方はひどくならず、力一杯走ることができた。 ゼッケンNo.294、スタートはスムースに走れた。 すぐ自分のペースを作ることができる。 17分50秒で5kを通過。 10kは36分05秒。 ここまではなんとかいいペース。 問題はこのあとである。 谷川真理さんが大集団を従えてすてきな走りを見せてくれた。 みとれてばかりではいられないと前に出たのだが、折り返して15kを過ぎてから抜かれ、ジリジリと置いて行かれてしまった。 すっかり気落ちしてしまった。 後半だけの差で彼女は1時間46分49秒。 2分41秒の差は、そのまま力の差だと思う。 この次は勝ちたい。 勝てる力を身につけたい。 しかし、今は休みたい。 しばらく自分のレースには、タイムを狙うレースには出ないことにする。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ