第1回ランナーズ
24時間リレーマラソン
in 湘南ひらつか

(大会は)1991年 5月18〜19日
走り終わったとき、全員が同じ距離を走っていました

4月29日(月) 雨のち晴れ

大武さんと二人で24時間リレーマラソン(5月18〜19日に開催)の下見に行ってきた。
大武さんは、この大会に青梅若草RRCで参加しよう! と提案をしてくれた発起人である。
朝7:33の電車で出発。
平塚駅には9:55、会場の平塚市総合公園には10:30に着いた。 電車代は1,090円と思ったより近いところだ。 雨のなかを二人で歩き回って会場のチェック、雨のとき、晴れのとき、それぞれどうするかを決めた。
帰ってきて夕方、利和子さんと走った(永山ハイキングコース)。
12km


4月30日(木) 晴れ
いい天気、と思ったが突風でちょっとつらかった。
朝、身体が重くゴロゴロしていて出発したのは11:00。 走り出しは調子がよくてピョンピョン走っていたが、後半はつらかった(暑かった)。
4月、 たった一人の走りこみ大会が終った。 1006.5km走った。
36km


5月1日(水) 曇り

利和子さんが休暇をとったので二人で山に行ってきた。 六ッ石山へランニング登山である。 ゆっくりゆっくり登った。 利和子さんも走りで登れた。 タラの芽がいっぱい採れた。 15:00前に奥多摩駅に着いたので、蕎麦屋でサシミこんにゃくとビール♪ 帰りの電車は眠りっぱなし。 夜、若草公園へ、本山さんと10周走った。
26.4km


5月2日(木) 晴れ、一時大雨
疲れたのだと思う。 なにもせず、ゴロゴロしていた。
夕方、利和子さんと小曽木の飛行場(ラジコンの飛行場)コースへ。
12.5km


5月3日(金) 晴れ、風強し

朝から Run Run Journal の編集、封書作り。
夕方、利和子さんと永山ハイキングコースへ。
12km


5月4日(土) 晴れ

朝、中学の歌集でみんなで歌った。
今の中学の歌集には いろんなジャンルの歌が入っていて、いい。
10:00からみんなで釣りへ、多摩川へ行くが、さっぱり釣れず。 小曽木へ移動、型の良いウグイ8匹、ヤマベ1匹、小さなウグイはずいぶん釣れたが、リリースした。
走らず


5月5日(日) 晴れ

スーパーのコピー機で Run Run Journal No.264〜268 のコピーをして封書詰め、切手貼り。
夕方、利和子さんと小曽木の飛行場コースへ。
12.5km


5月6日(月) 晴れ

連休最終日。 家族5人で新宿伊勢丹の、いわさきちひろ展へ。 10:00開館直後に入ったのだが人、人、人、だった。 原画が100点以上、観るのにずいぶん時間がかかった。
次に映画「仔鹿物語」。
北海道の自然と酪農の厳しさと小鹿への思いと、、良い映画である。
夕方、利和子さんと永山ハイキングコースへ。
12km


5月7日(火) 晴れ

久しぶりの出勤。 いきなり残業。
夜、鶴岡100キロマラソンの申込書を書いた。
9.7km


5月8日(水) 晴れのち雨

昼休み、1000mインターバル走×3本、3分20秒。
夜、若草公園で田辺さんと5kmタイムトライアル。
19.7km


5月9日(木) 曇り、時々雨
昼休み、5.7kmタイムトライアル、21分45秒、だめだ。
鶴岡の裕子さんから電話、明後日東京に来るとのこと。
上野駅の新幹線改札口で待ち合わせることにした。
8.4km


5月10日(金) 曇り、しかし走ると暑い

昼休み、5.7kmタイムトライアル、21分24秒、だめだ。
8.4km


5月11日(土) 晴れ、暑い

授業参観で中学校へ、一年は書写、三年は英語だった。
あわてて電車で上野へ。 改札口が二つあって、うろうろしたが、なんとか会えた♪ 裕子さんと、たちばなさんと三人で上野動物園や水族館へ。 ずいぶん歩いて、疲れた。
走らず


5月12日(日) 曇りのち雨

チャレンジ皇居マラソン(50kmの部)
朝6:33の青梅特快で出発。 皇居には8:00過ぎに到着。 いつものベンチには先客がいて使えず。 反対側の芝生の前にシートを敷いた。
レースは26番と64番のとびだしで始まり、途中で140番に先行され、ラストは141番にかわされた(26番と64番と140番は落ちた)。
3時間26分52秒、2位だった。 記録も順位もダメダメである。
帰ってから、粂さん、澤田さん、宮澤さん、大武さん、丹代の5人で来週の24時間リレーマラソンの食料・飲料買出しに行ってきた。
50km


5月13日(月) 晴れ

昨日の走りを振り返ってみると、ペース配分を間違えたと思う。 前半に競り合った人は落ちて、ラスト近くで上がってきた141番が優勝だった。 じっくり20分/1周を守っていたら、もう少しラストで競走ができたのではないかと思う。
8.4km


5月14日(火) 晴れ

書類整理をした。 少しはきれいになった。
8.4km


5月15日(水) 曇りのち雨

昼休み、1000mタイムトライアル、まじめに走ったが3分30秒。 疲れがひどい。 夜、若草公園ではジョグのみ。
15.7km


5月16日(木) 曇りのち雨のち曇り
筋肉痛がとれた♪ 疲れも抜けている感覚がある♪ 昼休み、軽い♪
8.4km


5月17日(金) 晴れのち(夜)曇り

昼休み、今日は重い。 昨日の軽さは勘違い?
明日からの24時間リレーマラソン、心配である。 夜、7:00に集合して泉さん、大武さん、澤田さん、丹代の4人で買い物へ(24時間リレーマラソンの買出し)。
8.4km


5月18日(土)〜5月19日(日) 晴れのち曇りのち晴れ

青梅若草RRCが、第1回ランナーズ24時間リレーマラソン in 湘南ひらつか に参加した。

電車で会場には11時に到着。
車組はとっくに着いていてテントも張り終えて準備がすっかりできていた。
2:00スタート。 第1走者はみんなとんでもなく速く、上位は難しいと思っていた。

しかし、突然『第1位 18周...青梅若草RRC』と平塚陸上競技場の電光掲示板に表示された。 午後4時、スタートして2時間時点での順位発表のときは、なにかの間違いだろうと思っていた。 でもその後何度も何度も第1位と表示される。 そして2位との差は拡がっている。 やっと本気にした。 そしてみんなでできればこのチャンスをものにしよう!と決意をした。 1人1周ずつの交代を基本にしたが 泉監督の判断で食事の時は2周、眠るときには3周と細かく周回数を変化させた。 しかし、どんなにくたびれた顔をしている人がいても6人全員が同じ距離を、同じ周回数を走った。

「走り終わったときに全員が同じ距離を走っていた、というのがいいよね」という 泉監督の声はチームワークをより強固なものにした。 優勝した。 思いがけず、というのが本心である。
青梅若草RRCが優勝♪
ピンチは何度もあった。 体調不良、ケガ、スタミナ切れ、脚の痙攣、筋肉の硬直、しかし落ち込む人が出てくると必ず絶好調男が生まれ、カバーした。 人間の可能性について再認識させられた。 人間はすごい。「チームワークが個人の力を最大限に引き出す」という言葉の意味が、よく理解できた。 24時間つきあってくれたスタッフのみなさん、ボランティアのみなさんにお礼を言いたい。 走りの楽しさ、そして走りの世界の奥の深さを教えてくれたみなさん、みんなにお礼を言いたい。 青梅若草RRCは今回の快挙を機にもう一段飛躍する。 今年の秋にはきっと、サブスリーラッシュ! の報が届くと思う。

データ
・エントリーチーム数  109
・完走チーム数     109
・天候         晴れ
・スタート       午後2時
・コース        平塚市総合公園内1,910mのトリムコース
・優勝チーム      No.59 青梅若草RRC 376.53km
・ボランティアの数   約60人
63km


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ