第1回ランナーズ
24時間リレーマラソン
in 湘南ひらつか

1991年 5月18〜19日

電車で会場には11時に到着。
車組はとっくに着いていてテントも張り終えて準備がすっかりできていた。
2:00スタート。 第1走者はみんなとんでもなく速く、上位は難しいと思っていた。

しかし、突然『第1位 18周...青梅若草RRC』と平塚陸上競技場の電光掲示板に表示された。 午後4時、スタートして2時間時点での順位発表のときは、なにかの間違いだろうと思っていた。 でもその後何度も何度も第1位と表示される。 そして2位との差は拡がっている。 やっと本気にした。 そしてみんなでできればこのチャンスをものにしよう!と決意をした。 1人1周ずつの交代を基本にしたが I監督の判断で食事の時は2周、眠るときには3周と細かく周回数を変化させた。 しかし、どんなにくたびれた顔をしている人がいても6人全員が同じ距離を、同じ周回数を走った。

「走り終わったときに全員が同じ距離を走っていた、というのがいいよね」という I監督の声はチームワークをより強固なものにした。 優勝した。 思いがけず、というのが本心である。 ピンチは何度もあった。 体調不良、ケガ、スタミナ切れ、脚の痙攣、筋肉の硬直、しかし落ち込む人が出てくると必ず絶好調男が生まれ、カバーした。 人間の可能性について再認識させられた。 人間はすごい。「チームワークが個人の力を最大限に引き出す」という言葉の意味が、よく理解できた。 24時間つきあってくれたスタッフのみなさん、ボランティアのみなさんにお礼を言いたい。 走りの楽しさ、そして走りの世界の奥の深さを教えてくれたみなさん、みんなにお礼を言いたい。 青梅若草RRCは今回の快挙を機にもう一段飛躍する。 今年の秋にはきっと、サブスリーラッシュ!の報が届くと思う。

データ
・エントリーチーム数  109
・完走チーム数     109
・天候         晴れ
・スタート       午後2時
・コース        平塚市総合公園内1,910mのトリムコース
・優勝チーム      No.59 青梅若草RRC 376.53km
・ボランティアの数   約60人




 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ