2日連続で走った42.195km
福知山マラソンは、1991年 11月 23日
つくばマラソンは、1991年 11月 24日

11月 21日(木)晴れ

明日は福知山へ出発である。 今日も残業。 でも遅くはならなかった。 夜 RUN RUN JOURNAL No.320〜323 を配りながら走っていたら帰宅途中の本山さんに会った。 風邪が抜けなくて元気がない。 でも軽症の様子。 大丈夫だと思う。 やるっきゃない!


11月 22日(金)東京は晴れ/京都は曇り

朝9時48分の電車でゆっくりと出発。 青梅特快だったので10時45分には東京駅に着いた。 東海道新幹線ひかり号はすいていて座ってらくらく京都には午後2時前に到着。 着いてすぐに電話で明日の朝6時21分発の福知山行き列車(福知山マラソン号)の予約をした。 京都なまりの係員が対応してくれた。 京都の言葉の優しい雰囲気が好きである。 食事は朝食、昼食(サンドイッチ)、鍋焼きうどん、定食(天ぷら、刺身、茶碗蒸し)、かちん蕎麦の5食。 食いだめはうまくいったと思う。 二人で京都タワーへ行った。 見えないようだ。 つらくなる。 夜、二人でビールを飲んで前祝い。 もちろん本山さんは少しだけ。 コップ半分くらいにとどめた。


11月 23日(土)曇り、ちょこっと雨

朝5時起床。 調子はいい(と思った)。 京都のホテルを6時に出発。 列車(福知山マラソン号)ではのんびり過ごし、8時半に福知山到着(会場には8時50分ごろ到着)。 しかしものすごい人人人で身動きがとれない。 着替えの時間にも余裕がなく、ドタバタと準備をしたのだがなにしろ人が多すぎて前の方に行けない。 スタートライン近くまで行くことはできなくて少し後方からのスタートになってしまった。
天気は暑くもなく寒くもなく絶好。 しかし本山さんのペースは上がらず。 風邪のせいもあったと思う。 体調を最高に持っていくのも実力のうちとは言うが、やはりこの点では悔いを残してしまった。 3時間10分08秒、本山さんの自己ベスト。 しかし目標タイムにも目標順位にも届かず。 不本意なレースだったと思う。 視覚障害者部門での順位は6位。
夜、10時過ぎに帰宅。 今12時。 さあ明日も走るぞ!


11月 24日(日)晴れ

つくばマラソンに参加。 昨夜は寝たのが12時半頃だったと思う。 今朝は4時に起床。 5時04分の電車で出発。 利和子さんとM澤さんと一緒。 つくばではまたいろんな人に会えた。 今日は利和子さんの伴走(併走)。 5kmを28分、30kmを2時間52分30秒で通過し、4時間14分09秒で完走した。

☆☆☆ 利和子さんの、つくばマラソン完走記 ☆☆☆

5月から何かと子供にかかわることで、ずーっと忙しくて走ることがおろそかになってしまい、体が重くなって走り出したころのペースに戻ってしまいました。 11月4日の福生ロード10kmでは50分、つくばマラソンでは完走を目指すのみ。
政俊さんは福知山へ行っての次の日でしたが最初から最後まで何とか時間のロスが出ないようにと涙ぐましいくらい気を配ってくれ、何かお腹が空いてきたみたいと言えば「先に行ってて!!」と自動販売機に走ってジュースを買ってきてくれたり、エイドステーションではバナナ、チョコ、水をとってくれました。 お陰様で4時間14分08秒で完走することができ感謝しています。 しばらく頭があがりません。 あまり走り込みもしないでマラソンに出るなど命知らずで無謀なことをしたものだと反省しました。 とにかく苦しかったです。 この大会で一つ残念なことがありました。 係りの人が「もう4時間すぎたので歩道を走ってください」と言ってコースをショートカット。 30mほど短くなってしまいました。 でも制限時間は5時間なんですよ! なんなんでしょうね。
丹代 利和子


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ