2度目の24時間走
(第4回シュリ・チンモイ24時間ランは)1991年 10月 5 〜 6日

9月 28日(土)晴れ

台風19号のせいか急にあたたかくなった。 昼休みはあたたかい日差しの中でジョグ。 かなり汗をかいた。 田舎から利和子さんのお母さん(カアチャン)が来た。 だいぶトシをとったが元気。 まだ働いているとのこと。 いつまでも元気でいてほしい。 今日はビールを2リットル。 少々飲み過ぎ。


9月 29日(日)曇り

小学校の運動会で学校へ。 徒競走、リレー、体操、アナウンスと大活躍の我が子の姿にうれしくなる。 俺の子供時代とはえらい違いである。 運動会は大嫌いだった。 運動会が終わってから御岳ケーブル下まで往復。 3時間以上かけて走った。 筋肉の状態がいまいち。 さて、この一週間でどうなるか。


9月 30日(月)曇り、のち雨

朝、咽の右側が痛い。 去年と同じで風邪気味のまま24時間走に臨むのかと思うと憂鬱になる。 しかも今日S森さんに聞いて分かったことなのだが飛騨150キロは台風で中止になったとのこと。 もしかしたらM川さんが来るかもしれない。 あるいはもっと強い人も、、 すっかり弱気になっている。 いかん、これではいかん。 夜 RUN RUN JOURNAL No.305〜309 の発行準備(記事の貼り付け)。


10月 1日(火)雨

朝からずっと雨。 昼休みは大事をとって走らなかったのだが午後から耳の後ろ(右側)がズキン。 熱は36.6℃、ほんの少し高い。 去年と同じパターンである。 でも去年は偏頭痛はなかったように思う。 夜 RUN RUN JOURNAL No.305〜309 を書いた。


10月 2日(水)晴れ

会社の仕事が一段落。 のんびり過ごすことができている。 昼休み時間は富士見グランドに行くもジョグのみ。 夕方は若草公園で8周。 まだ右太腿がおかしい。 夜、『男はつらいよ』をみながら RUN RUN JOURNAL No.305〜309 を封書詰め。 寅さんのかなわぬ恋の話をみていて、すごく悲しくなってきて、夜中にポストへ RUN RUN JOURNAL を投函してからセブンイレブンまでの道をボーっとして歩いていた。


10月 3日(木)晴れ

すごくいい天気。 しかし、咽は痛いし偏頭痛はあるしで気分はかなり落ち込んでいる。 昼休みは組合の職場大会で出遅れたのと体調が悪すぎるのとで走らず。 夜、2時間残業のあと、直配分の RUN RUN JOURNAL を配りながらジョグ。 途中でクラクラするほどの疲労感があった。 かなりおかしい。 帰りに明後日のために飲み物を買ってきた。


10月 4日(金)曇り

明日のことをかなり意識している。 食べている。 しっかり多く食べている。 24時間の場合、カーボローディングはあまり効かないと思うのだが、どうしても食べてしまう。 咽はまだ痛いが体調はだいぶ良くなっている。 口内炎は治ったし右太腿もなんとかなりそう。 夜、荷物を準備。 ドリンクも準備。 今年はあまり大量には用意しなかった(カロリーメイト×2本、ザバスピットイン×3個、ゲータロード280×4袋、コーヒー×2本、紅茶×1本、パンシロン内服液×2本、リポビタンD×3本、ビタミンCドリンク×2本)。


10月 5日(土)曇り

2度目の24時間走に挑戦。 朝、4時半起床。 5時34分の電車で出発。 受付でいきなり参加料の5000円を返してくれた(招待扱い)。 うれしい。 I 口さんがいた! 優勝したかったので細かく揺さぶる。 給水のとき彼は遅れる。 すかさず前へ出る。 追いついてくる。 というパターンで彼の体力消耗を促す。 かなりうまくいって途中で1周、2周と差をつけた。 3周差をつけた時点で勝てる! と思った。


10月 6日(日)曇り

しかし、ペースが早すぎたようだ。 50kmを4時間22分、100kmを9時間02分、160kmを15時間52分30秒は飛ばしすぎだったと思う。 案の定つぶれた。 I 口さんもつぶれたが、こっちもつぶれた。 ラスト近くはかなり歩いた。 しかし朝方に若いランナーがビンビンと飛ばし始めたのであわてて歩きをやめて走った(これが結果的に脚への大ダメージとなった)。 結果は2年連続優勝。 206.0365kmだった。

午後、M本さんの新居へ(新築祝い)。 歩くのにもかなり苦労する状態なので、行きはK山さん、帰りは I さんの車で送ってもらった。 夜、胃も口の中もひどい状態だが、鶴岡の酒(栄光冨士)で利和子さんと乾杯をした。


10月 7日(月)雨

朝、ゆっくり寝ていて9時25分頃に家を出て歩いて出社したのだが、10時15分には間に合わず、10時45分出社扱いとなった。 昨日は正座はできない、手を使わないと立ち上がることも座ることもできないという状態だったが、今日は少しらくになった。 しかし右太腿をかばう走りで24時間走ったせいか、左太腿に大きなダメージが残っている。 太腿には湿布、左足裏にも湿布をしている。


10月 8日(火)雨

朝、いつものとおり起きたので(こんな体調の割りには)朝の時間に余裕がない。 朝食は少しにして出発。 しかし結局8時15分には間に合わなくて30分遅れの出社。 左足裏がひどく痛む。 深いところにマメができている。 右足の親指の爪が死に、テープでぐるぐる巻きにしている。 朝も夜も雨の中、通勤がつらい。


10月 9日(水)雨

朝、なんとか8時15分に間に合った。 これでやっと平常に戻ったように思う。 しかし左太腿には痛みが残っているし、左足底の深いマメはまだかなり痛い。 冷やそうとして氷をあてるとさらにジンジン痛む。 かなり肉が傷んでいるようだ。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ