第7回 鶴岡100キロマラソン
(大会は)1990年 9月 9日

9月 7日(金)雨

残業をせずに早く帰った。 夜、しっかり荷物をチェックしながら準備。 食いだめもしっかりとできた。 昼休みのタイムトライアルは中止(小雨)。


9月 8日(土)晴れ

朝、5時30分起床、トイレ、風呂、食事、とやっていたら6時15分を過ぎていてドタバタと支度をして出発。 上野でブラインドランナーのN沢さんと落ち合って鶴岡まで二人旅。 午後2時1分に特急いなほは鶴岡に到着。 菊地さんが待っていてくれた。 風邪はあまり重くないようだ。 圭子さんが車で石川屋旅館まで送ってくれた。 石川屋では海宝さん、U田さん、S野さん、S藤さん、A井さん、I口さん、、なつかしい人と出会って楽しい時を過ごした。 N沢さんとCステーションの場所まで散歩に行ってきた。 車が多くて閉口したが、あの懐かしいコースを歩くのはやはり楽しい。 夜、開会式。 今年は実にシンプル。 でも一人一人にスピーチをさせてくれるあの伝統はしっかりと守っている。 「この大会はランナーがお客さんという大会ではない。ランナーとスタッフが協力して一つのイベントをやるという大会だ」という意味のことを言ったつもり。 終わってから菊地さんとパルファンへ。 ビールを小ジョッキで3杯飲んだ。 今11時、さぁ寝るぞ!


9月 9日(日)晴れ

朝、4時半起床。 まずトイレへ。 食事は5時〜しっかり食べた。 6時過ぎに出発。 黄金コミセンには6時40分頃着いて準備。 7時スタート。 一周目二周目は5〜6人の集団で走り、三周目は菊地さんがラップをとった。 こっちはI口さんとずっと一緒。 ペースは遅いが着実な走り。 四周目あたりからすごく暑くなり、水をかぶりながらの走りとなった。 今年はタイムを気にしない、楽しい走りができた。 特にラストの一周はすべてのエイドステーションでゆっくりとお礼の挨拶をしながらの走り。 そしてI口さんと手をつないでゴールテープを切った(8時間31分23秒)。 すごくうれしかった。 最初から最後まで二人旅というのは初めての体験である。 閉会式では利枝ちゃんと一緒になった。 完走コメントは「東京にはこんなすごい大会はない。この大会を支えてくれている鶴岡のみなさんが当たり前だと思っていることが実はすごいことなのだ」という意味のことを言った(つもり)。 閉会式のあと二次会へ。 そして石川屋旅館に戻ってからさらに、るみ子さんのおごりで飲んだ。 今夜は飲み過ぎである。


9月 10日(月)晴れ

朝、昨夜の飲み過ぎでかなりつらかったが、5時半起床。 6時頃からまたジョグに出掛けた。 A井さん、H池さん、I野先生、T橋さんと5人で金峰山神社へ。 涼しい。
やがて宿から一人、また一人と去っていき、寂しくなってきて、自分も出発。 菊地さんが駅まで送ってくれた。 電車ではW辺さん、K田さん、H池さん、F川さん、Y田さんと一緒になり、にぎやかに帰ってきた。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ